【BLEACH】浦原喜助は最終決戦の後に死亡した?気になる噂の真相は?

カテゴリーまとめはこちら:BLEACH(ブリーチ)

週刊少年ジャンプで人気を博し、実写映画化等のメディアミックスも行われている作品である「BLEACH」。今回はBLEACHの登場キャラクターの中でも一際ミステリアスな人物である浦原喜助の正体や、最終決戦後の生死について解説していきます。

記事にコメントするにはこちら

「BLEACH」浦原喜助とは?

飄々とした雰囲気のミステリアスな人物

浦原喜助のプロフィールは、身長は183cm体重は69kg、誕生日は大晦日の12月31日と設定されています。一人称は「アタシ」で常に帽子と下駄に甚平、という出で立ちで登場し、一見飄々としていて掴みどころのないのが特徴です。

また、浦原喜助はBLEACHの主人公である黒崎一護が暮らす町・空座町にて、「浦原商店」という名の雑貨屋の店主を務めています。店員は彼以外にも握菱鉄裁、紬屋雨、花刈ジン太の3人がいて、古びていながらもそれなりに繁盛しているようですね。

しかし、雑貨屋はあくまで表向きの顔。裏では尸魂界から現世に派遣されてきた死神に対して、彼が製作している対虚用の商品を販売したり、設定されているランクに応じて、虚を退治するごとに、懸賞金を渡す等の死神への援助を行っているんだとか。

謎多き駄菓子屋の店長・浦原喜助の正体とは

壮絶な過去と能力を持つ守護者の一角!

物語の序盤から登場し、一護やルキアを手助けする浦原喜助の正体は、現世を守る死神の組織「護廷十三隊」の隊の一つである十二番隊の元隊長にして、死神にとって有用な技術の開発や研究を行う「技術開発局」の創設者兼初代局長。尸魂界でも相当高い地位にいた人物です。

過去に自身の開発した「崩玉」と呼ばれる物質を巡る事件で、愛染惣右介の奸計により鉄裁共々尸魂界を追放。しかしながら自身を助けてくれた旧友の夜一や、一護の父親である黒崎一心と共に来たる愛染との戦いのために、物語の裏側で準備を推し進めていました。

戦闘能力は元隊長格だったこともあり愛染の部下の十刃級を簡単にあしらうなど、鬼道・白兵共に非常に高い能力を有しています。更に特筆すべきはその頭脳で、作中でも様々な発明品やそれを用いた作戦を披露し、非常識な強さを持つ愛染をして「自分の頭脳を超える唯一の存在」と評されていました。

最終章「千年血戦篇」での浦原喜助

ついに明かされる卍解!そして囁かれる死亡説

BLEACH 24 千年血戦篇5 開門 (SHUEISHA JUMP REMIX)

滅却師に占領された虚圏を救うべく向かおうとする一護達と共に虚圏へと赴き、虚達を狩猟していたキルゲ・オピーを撃破。同時に襲撃を受けていた尸魂界への道を一護に開いた後、「何者か」に襲われます。

その後、一護が霊王宮へと向かう前に通信を行い、織姫達共々自身の無事を告げます。2度目の滅却師の侵攻時にはその類稀なる頭脳から滅却師の欠点を見抜き、開発した「侵影薬」を以て隊長格達の戦闘を補佐しました。

霊王宮が敵の手に落ちた後は「何者か」ことグリムジョーや残った隊長格と共に霊王宮へと突入し、夜一と共に幹部である「アスキン・ナックルヴァ―ル」と交戦。触れたものを作り替えるという強力な能力を持った卍解「観音開紅姫改メ」で撃破しますが、ここで力尽きて倒れてしまいます。

その後の最終回では登場しなかったため、ファンの間では「アスキンを倒した後死んだのではないか」と浦原喜助の死亡説が囁かれることとなりました。

「千年血戦篇」のその後を描いた小説で浦原喜助の生存が明らかに

最終回後を描いた小説でも浦原喜助の活躍する姿が!

最終回のその後の出来事を綴った小説「BLEACH WE DO knot ALWAYS LOVE YOU」と「BLEACH Can’t Fear Your Own World」にて、浦原喜助の生存が明らかとなりました。

ラストノベライズの第一弾、阿散井恋次と朽木ルキアの結婚のエピソードを描いた「BLEACH WE DO knot ALWAYS LOVE YOU」では最終決戦後も生存しており、尸魂界に新しい発明品を提供していることが分かります。

第二弾、決戦後に起きた世界の根幹にまつわる事件の話である「BLEACH Can’t Fear Your Own World」では攫われたり等と一時は窮地に陥るものの、持ち前の頭脳を活かして黒幕の野望の阻止に貢献。更に強力な鬼道を駆使したりと相変わらずの強さを見せつけました。

今までも、そしてこれからも尸魂界を陰から支える浦原喜助

最序盤から一護やその周りの人物を助け、尸魂界を、ひいては世界を守るために101年もの間現世で秘密裏に動き続けた陰の立役者、浦原喜助。

常に変わらないその風貌とミステリアスな雰囲気からファンの人気を集め、最終回を迎えてもついに登場しなかった時は「無事なのかどうか知りたい」という声も多く、安否が気遣われていましたが続編の小説で元気な姿を見せつけ、ファンも胸を撫でおろしました。

浦原喜助の超人的な頭脳、その知恵から繰り出される発明品はこれからも尸魂界を助け、世界の守護の一端を担っていくことでしょう。

記事にコメントするにはこちら