【美少女戦士セーラームーン】冥王せつなの声優・川島千代子は引退している?真相に迫る!

川島千代子は、「美少女戦士セーラームーン」でミステリアスな大人の女性、冥王せつなを演じた女性声優。川島千代子は既に引退している?そのほかの代表作は?セーラームーンシリーズで、他の役も演じていたって本当?詳しいプロフィールは?1970年代のアニメ業界を支えた、川島千代子についての真相を追求しました!

「美少女戦士セーラームーン」冥王せつなの声優は川島千代子!

「美少女戦士セーラームーン」冥王せつなとは?

美少女戦士セーラームーン 完全版(7)

美少女戦士セーラームーン」の冥王せつなは、主人公の月野うさぎたちより歳上のミステリアスなセーラー戦士。実は「時空の扉」の番人であるセーラープルートが、記憶を持ったまま転生した後の姿です。

原作のプロフィールでは誕生日が10月29日、誕生石はトパーズ。星座はさそり座 で、さそり座の守護星は冥王星です。モチーフとなった冥王星の発見には、海王星と天王星の存在と深い関わりがあります。冥王せつなも、同じく海王星をモチーフとする海王みちる、天王星をモチーフとする天王はるかとの間に密接な関わりがあるキャラクターです。

正確な年齢は不明ですが、原作でKO大学理学部1年、基礎物理学科理論物理学専攻である事実から、転生後の冥王せつなは18~19歳の女性だと想定できます。

「美少女戦士セーラームーン」セーラープルートとは?

美少女戦士セーラームーン(10) 武内直子文庫コレクション (講談社漫画文庫)

セーラープルートとは、時間と空間の狭間にある「時空の扉」をただ一人で守る番人であり、孤独な戦士と呼ばれるキャラクター。

原作では、美しくも悲劇的な境遇の中にいたキャラクターでもあります。「時空の扉」を守る戦士として長い孤独な時を過ごし、報われない愛に生きた一方で、ある禁忌を破った報いを受けて命を落としました。

転生後の冥王せつなが変身したセーラープルートとしては、海王みちる天王はるかと共に戦いました。風のエネルギーを操る必殺技を得意としています。

川島千代子のプロフィールとは?

冥王せつな、セーラープルートを演じた声優さんは、川島千代子です。 1954年6月2日生まれで、2019年現在は65歳です。高校を卒業したあと、放送タレント校のテレビタレントセンターで演技や表現を学びました。アニメ声優としての活躍の他、ナレーション、特撮番組に声での出演、吹き替えでの出演作品も多く残っています。

1974年に「グレートマジンガー」でハルナの母役としてデビューし、翌年の「UFOロボ グレンダイザー」ではメインヒロインの牧葉ひかるを演じました。1976年の「キャンディ・キャンディ」や1978年の「銀河鉄道999」にも声優として出演し、1970年代のアニメが発達した時期を支えた声優さんの1人といえます。

他に有名な役としては、アニメではありませんが1979年と1982年に劇場版「スタートレック」でウラ中尉の役を演じました。

川島千代子は2001年に引退済み

【セーラームーン 文庫 コミック 購入特典】 クリア しおり ブック マーカー セーラー プルート せつな 武内直子 文庫

川島千代子は、2001年に既に引退しています。最後に所属していた事務所は青二プロダクション。1974年から2001年まで、なんと27年間もの長い間活躍していました。2001年当時、川島千代子は47歳だったので、少し声優にしては早めの引退だったかもしれませんね。

最後のアニメ声優としての役は2001年「ドラえもん のび太と翼の勇者たち」と同時上映された「がんばれ!ジャイアン!!」のゲストキャラクター、茂手モテ夫の母役です。

川島千代子がセーラームーンシリーズで担当した役

美少女戦士セーラームーンS

セーラームーンシリーズで川島千代子は、冥王せつな、セーラープルートの他に2役を担当しました。桜田春菜役、月野進悟役です。

桜田春菜は、主人公月野うさぎが通う中学校の担任教師です。うさぎが遅刻して廊下に立たされるのは学校生活の中で印象的ですが、当時はそれが許されていたのですね。月野進悟はうさぎの弟で、小学生です。クラスの人気者ですが、姉であるうさぎに対してはバカにした態度を取る、ちょっと生意気で憎めない性格です。

川島千代子の代表作1:牧葉ひかる【UFOロボ グレンダイザー】

UFOロボ グレンダイザー VOL.4 [DVD]

UFOロボ グレンダイザー」は、永井豪の漫画を原作とし、1975年から1977年にかけて放送されたテレビアニメです。有名なテレビアニメ「マジンガーZ」と同じ世界が舞台の物語で、当時「UFO(未確認飛行物体)」や、宇宙人との出会いを描く物語が大流行していた背景から制作されました。

物語は、宇宙征服を企むベガ大王が率いる勢力が、平和に暮らしていた惑星フリード星を侵略し、滅亡させるところから始まります。フリード星出身の主人公デューク・フリードは辛くも地球に逃げ延び、その後葛藤しながらも第2のふるさとである地球を守るために巨大ロボ「グレンダイザー」に乗って戦うようになります。

牧葉ひかるは「UFOロボ グレンダイザー」のメインヒロインで、主人公デューク・フリードに好意を寄せる17歳の少女です。運動神経抜群で、物語が進むと牧葉ひかる自身もロボットに乗って戦います。初登場は第1話でした。上品でおしとやかな声は、牧葉ひかるのキャラクターに良く合っていました。

川島千代子の代表作2:パトリシア・オブライエン【キャンディ・キャンディ】

キャンディ・キャンディ (9) 講談社コミックスなかよし (325巻)

キャンディ・キャンディ」は、原作を水木杏子が担当し、作画をいがらしゆみこが担当した世界的に有名な少女漫画です。原作漫画は 1975年から 1979年に渡って連載され、テレビアニメは 1976年から 1979年に渡って放送されました。ジーン・ウェブスターの小説「あしながおじさん」とルーシー・モード・モンゴメリの小説「赤毛のアン」をコンセプトにストーリーが練られ、1970年代の少女たちのバイブルともいえる作品です。

舞台は1900年代のアメリカとイギリス。孤児である主人公キャンディ(本名キャンディス・ホワイト)の数奇な運命、友情、恋愛を描いた、明るくもドラマチックな物語です。

川島千代子が担当したパトリシア・オブライエンは、パティと呼ばれるイギリス人の女の子です。キャンディがロンドンの学校に入学してから、初めに出来た友達でした。おしとやかで従順な性格ですが、生き物を守るために学校の規則を破る一面も持ち合わせています。

川島千代子の代表作3:浜野タタミ【あさりちゃん】

あさりちゃん」は、室山まゆみのギャグ漫画を原作として、 1982年から 1983年にかけて放送されたテレビアニメです。原作の漫画は 1978年から2014年までの36年間の長期に渡って連載され、単行本は全100巻にものぼりました。2019年7月からは公式Twitterも運用され、ごく普通の小学生の日常ツイートを思わせる投稿から、実用的な知識を含んだ投稿まであり、多くの人に親しまれています。

主人公は、小学校4年生の浜野あさり。あさりの身の回りで起こる様々な出来事をほのぼのと描いたギャグ作品です。アニメ化するにあたって、キャラクターが大勢追加されています。原作ではなかなか辛辣な結末も多くありましたが、アニメ版では大幅にほのぼの路線に変更されました。

浜野タタミは、主人公あさりの姉で、小学校6年生です。身長は148cmで、体重は36kg。桜貝小学校開校きっての秀才で、知識や頭の回転は子供とは思えないレベル。趣味はなかなか渋く、勉強と読書と貯金です。外で秀才として振る舞う姿と、家であさりと大喧嘩する姿とは落差が激しすぎて、あさり曰く「ねこかぶりのオニタタミ」。

いまだに語り継がれる川島千代子

残念ながら、今後は川島千代子がアニメ声優として出演することはなさそうです。しかし、SNSの投稿を見ると、いまでも川島千代子の演じたキャラクターや担当したナレーションについて語っている方がたくさん見受けられました。

特にセーラープルート(冥王せつな)は根強い人気を誇るキャラクターですし、いまだに人々の記憶に残っているのでしょう。

川島千代子の演技を見るなら【美少女戦士セーラームーン】

川島千代子が演じたキャラクターの中で、冥王せつなセーラープルートは特に人気です。川島千代子は知的な女性、おしとやかな女性の声がとても良く似合っていた声優さんでした。現在は引退していますが、川島千代子の演技に心惹かれる人も多いはずです。

この機会に、「美少女戦士セーラームーン」をぜひ視聴してみてくださいね!