【あひるの空】登場人物・キャラクター強さランキングBEST30【ネタバレ注意】

カテゴリーまとめはこちら:あひるの空

「あひるの空」は2004年から週刊少年マガジンにて連載を開始したバスケ漫画。2019年にはアニメの放送もスタートし、今とても勢いのある作品です。今回はそんな「あひるの空」に登場するキャラクターから「強さランキング」を作成!あなたのお気に入りキャラは何位にランクインしているのか。ぜひチェックしてみてくださいね。

記事にコメントするにはこちら

「あひるの空」最強選手ランキング!強さを考察

あひるの空 コミック 1-49巻セット

今回のランキングでは純粋なバスケのうまさはもちろん、諦めない・くじけない精神力や、仲間をまとめる・鼓舞するキャプテンシーなども「強さ」としてランキングしました。

原作にしかまだ登場していないキャラもランクインしているので、アニメでしか「あひるの空」をみたことがない方はネタバレに要注意です!

30位:田中 よしお

田中よしおはクズ高バスケ部に入部してきた1年生。150cmと身長が低く気も小さいことから「プレイヤーとして向いていない」とトビに退部をすすめられますが、3年間諦めずにバスケを続けることを約束してトビから特訓を受けます。

毎日10km以上のランニングをしたりナベの猛特訓に諦めずついていくなど努力家な面があり、千秋やナベから可愛がられている後輩です。

29位:茶木 正広

茶木正広(チャッキー)はクズ高3年生のポイントガード。空からは「ポイントガードの才能がある」と言われ、チームでも茶木のディフェンスは評価されていましたが、、本人は同時期にバスケを始めたナベとヤスの成長に劣等感を感じ、退部してしまいます。

茶木の退部後は明らかにクズ高の失点が増え、「茶木の存在は大きかった」と、改めてチームメイトは茶木の退部を惜しんでいました。

28位:紺野 道郎

紺野道郎(ミチロウ)はクズ高1年のセンター。クズ高バスケ部の練習で唯一逃げ出さなかった新入部員です。緊張により思うようなパフォーマンスが発揮できなくなる「イップス」を抱えていますが、無尽蔵のスタミナと高いジャンプ力で百春の2代目として期待されています。

監督の坂田の指導によってイップスは少しずつ改善の兆しを見せており、これからの活躍に期待大なキャラです。

27位:日高 誠

日高誠は里見西高校2年のスモールフォワード。非常に努力家であり、彼の「走らされるな!!!」というセリフは「あひるの空」のなかでも屈指の名言です。

クズ高との戦いには敗戦した里見西ですが、最終局面で日高誠は空を完全に抜き去り、空から「絶対リベンジする」と宣戦布告を受けました。

26位:鍋島 竜平

View this post on Instagram

#あひるの空 #TheSkyOfTheDuck #AhiruNoSora #SoraTheDuck #KingDevinJoseph #キングデビンジョセフ #おたく #Otaku #オタク #GotoJobin #後藤Jobin #デヴィンジョセフ王 #Weeb #WeebDar #王デヴィンジョセフ 1. Ryuhei Nabeshima CV: Horii Chato Sophomore at Kuzuryu High School Height 173 cm The nickname is Nabe. With the sky coming, the flow will lead to the basketball club. It's also frustrating for me that doesn't get along very well. 2. Ryuhei Nabeshima CV: Horii tea ceremony Kuzuryu High School Second Grader 173cm tall Nickname is “Nabe”. As the sky arrives, it will enter the basketball club in the flow. It can be frustrating to me who doesn't get along well.

A post shared by King Devin Joseph (@king_devin_joseph) on

鍋島竜平(ナベ)はクズ高3年生のフォワードです。同時期に入部したヤスやチャッキーがグングン成長して鍋島を追い越したことで「俺にはバスケの才能がない」と自覚し、猛特訓を開始。

努力の末にボスハンド(両手打ち)のスリーポイントシュートを習得し、チームでの役割を確立しました。

25位:安原 真一

View this post on Instagram

#あひるの空 #TheSkyOfTheDuck #AhiruNoSora #SoraTheDuck #KingDevinJoseph #キングデビンジョセフ #おたく #Otaku #オタク #GotoJobin #後藤Jobin #デヴィンジョセフ王 #Weeb #WeebDar #王デヴィンジョセフ 1. Shinichi Yasuhara CV: Taku Yashiro Sophomore at Kuzuryu High School Height 181 cm The nickname is "Yas". He used to be a member of the karate club, but he hit his seniors and was placed under probation. After that, it hung out in the club room of the basketball club with 100 spring and Chiaki until the sky came. Basically, he has a serious personality and has good motor nerves. 2. Shinichi Yasuhara CV: Taku Yatsushiro Kuzuryu High School Second Grader 181cm tall Nickname is “Yasu”. Formerly enrolled in the Karate club, she is probated for seniors. After that, until the sky came, I hang out in the basketball club with Hyakuharu and Chiaki. Basically a serious personality and good motor nerves.

A post shared by King Devin Joseph (@king_devin_joseph) on

安原真一(ヤス)はクズ高3年生のスモールフォワード。県大会に出場するほどの空手の実力があり、バスケ初心者ながらも空手で培った運動神経でめまぐるしい上達を見せました。

主にシックスマンとして活躍し、安原のセンスの良さは横浜大栄の酒巻監督も認めるほど。トビとの特訓の中で「スクープショット(遠距離から放つレイアップ)」を身につけ、より強力な選手に成長ました。

24位:柏木 一至

柏木一至は新城東和の3年生。ポジションはポイントガードです。元は不良だった柏木ですが、スラムダンクを読んでバスケに興味を持ち、バスケ部に入部。最終的にはキャプテンを務めるまでに成長したキャラクターです。

シュートは少し苦手ですが、尊敬している一つ上の先輩「高橋克己」に似たスタイルのドライブは強力な武器です。

23位:五十嵐 行太

五十嵐行太は新城東和の1年生。中学時代に高橋と児島から指導を受けたメンバーの1人で、パスの鋭さやスリーポイントも狙える得点力、さらにはスピードも兼ね備えたポイントガードです。

しかし生意気な性格で調子に乗りやすく、さらにプレーにはムラが多いという欠点あります。そのせいでクズ高との試合では足手まといとなり、最後は空とのマッチアップに敗北して決勝点を献上してしまいました。

22位:桜井 一義

桜井一義は新城東和の1年生。23位の五十嵐とは幼馴染で、彼も児島と高橋から指導を受けたメンバーです。1年生ながらも物怖じせず、強引に得点をもぎ取るフォワード

オフェンスが課題だった新城東和にとって、桜井は児島と高橋の意志を継いだ期待のルーキーです。

21位:千葉 淳

千葉淳は新丸子高校の1年生センター。千葉真一の弟で、兄を上回る身体能力を持つパワープレイヤーです。中学時代には1試合平均36得点、ブロック・リバウンドで2ケタをマークするなど、身体能力のみならずバスケのセンスも驚異的。

気性が荒くファールが多いのが欠点ですが、将来の丸高を担う大型新人です。

21位:梶 直樹

梶直樹は川崎菊川高校3年のシューティングガード。同級生の熱血メンバー沖田と対をなす知的な選手で、2人のコンビネーションは絶妙です。ドライブの技術に長けており、マッチアップしたヤスはまったく相手になりませんでした。

実力が高いことはもちろん、試合の流れを引き寄せる「運」のようなものも持ち合わせており、ここぞというときに必ずスリーポイントを決めて、試合の流れを一気につかみます。

20位:沢 賢人

沢賢人は丸高の3年生。ポジションはシューティングガードで、スリーポイントシュートやライン側でのドライブなど、アウトサイドのプレイが得意な選手です。

横浜大栄との試合では得意のスリーポイントが炸裂し、酒巻監督からも要注意人物として認定されていました。

19位:香取 慎吾

香取慎吾(画像右)は北住吉高校のポイントガード。個の能力に優れ、とくにチームメイトの蒲地太郎とは息の合ったコンビネーションを見せます。

またディフェンスのセンスが高く、クズ高との練習試合では千秋を徹底マークで苦しめ、横浜大栄のエース白石からも「曲者」よばわりされていました。

18位:花園 百春

あひるの空(15)

花園百春は九頭龍高校のセンター。189cmの高身長に高いジャンプ力を兼ね備えており、リバウンドとブロックでクズ高のピンチを何度も救いました。

その実力は千葉や八熊など他校の強力なセンターたちも認めるほど。実際にマッチアップしたときも、花園百春は他校の猛者とも互角に競り合っていました。

17位:茂吉 要

あひるの空(19)

茂吉要(モキチ)はクズ高2年のセンターです。198cmの身長はクズ高ナンバーワンで、得意のスカイフックはほぼ100%ブロック不可能な魔法のシュート。千秋のトリッキーなパスに反応するなどバスケのセンスもピカイチです。

加入当時は不安があったスタミナやメンタル面も物語が進むにつれて少しずつ改善し、千秋とは異なるタイプのテクニシャンセンターとして成長しました。

16位:友利 嵐士

友利嵐士は藤沢菖蒲高校のセンター。チームメイトの緒形賢とは双璧をなす藤沢菖蒲の主力メンバーで、両手で狙えるスリーポイントが驚異的な選手です。

ディフェンス能力にやや難ありですが、それを補う高いオフェンスセンスで、藤沢菖蒲のエースとして活躍しています。

15位:深沼 綾

深沼綾は藤沢菖蒲のパワーフォワード。チームの司令塔として攻守の要を担い、チームのスコアラー友利と緒方に正確なパスを出してアシストを量産します。

非常に冷静でクレバーな選手であり、丸高のトキワは「彼(深沼)がフリースローを外すところは見たことがない」と語っています。

14位:高橋 克己

高橋克己は新城東和のポイントガードです。ポストアップからの素早いドライブインや、クイックモーションで放つスリーポイント、191cmの高身長を生かしたダンクシュートが得意技。ディフェンシブなポジションであるポイントガードながら、非常にオフェンス能力が高い選手です。

もちろんディフェンスも優秀で、理論上届かないとされる茂吉のスカイフックをブロックしたり、千秋のトリッキーパスを読むなど、対クズ高ではそのディフェンスセンスで、空たちを苦しめました。

13位:車谷 空

あひるの空(1)

車谷空は九頭龍高校のポイントガード。「あひるの空」主人公の高校2年生です。身長150cmとバスケをするには非常に大きなアドバンテージを抱えている空ですが、低身長を活かした超低姿勢のダックインドリブルや、成功率の高いスリーポイントシュートが得意技です。

物語が進むにつれてストップ&ジャンプやクイックモーションなどさまざまなシュートフェイントを会得し、監督が坂田に変わってシュートフォームを矯正してからは、「一瞬スローモーションに見える」という空にしか打てないシュートも手に入れました。

12位:上木 鷹山

上木鷹山(画像右)は横浜大栄高校のポイントガード。幼少期に出会った空の母からバスケを教わっており、得意技は空も使ったボスハンドのスリーポイントシュートです。

キャプテンの守山とポジションが被っていて出場機会に恵まれない鷹山ですが、途中出場したクズ高戦ではたった6分間で10得点4アシスト3スティール。圧倒的な存在感を見せつけ、ライバル視していた空からも認められました。

11位:間久見 芳武

間久見芳武(マグミ)は鶴金工業高校3年のセンターで、中学時代には万年1回戦敗退のチームを県大会へ導いた名プレイヤー。

横浜大栄の横山とともに「シューターの理想形」として名前が挙げられており、空は「シュートとわかっていても止められない」と評価していました。多摩川学園との試合では13本のフリースローをすべて決めており、バスケの名門「清州大学」からスカウトもされる実力です。

10位:花園千秋

あひるの空(26) (講談社コミックス)

花園千秋は九頭龍高校の3年生。天才的なバスケセンスの持ち主で、とくにパスセンスに秀でており、エルボーパスやビハインドバックパスなど、難易度の高いトリッキーなパスで敵を翻弄します。

また相手選手の動きを読んで、出されるパスをパスカットしたり、フリーの選手をあらかじめ把握した上でノールックパスを出すなど幅広い視野と洞察眼、頭の回転も持ち合わせた選手です。

9位:夏目 健二

夏目健二(トビ)は九頭龍高校2年のスモールフォワードです。卓越したバスケセンスを持っており、1人でも強豪校と渡り合えるクズ高の絶対的エース。強豪の横浜大栄からもスカウトの話を持ちかけられたほどです。

右膝の怪我に苦しんだ時期もありましたが、怪我のリハビリをかねて励んだ筋トレによって、弱点だった体幹を強化。より鋭いドリブルと安定したシュートフォームを手に入れ、ムラのないプレイができるようになりました。

8位:児島 幸成

児島幸成は新城東和のパワーフォワード。同級生の高橋とは中学からのチームメイトです。得意技はゴールを背にした状態から鋭いターンで前を向いて放つターンアラウンドシュートで、左右に振るフェイントが特徴的です。

インターハイ予選前に靭帯を痛める不運に見舞われ、初戦のクズ高戦ではベンチスタートでしたが、負けそうなチームを見て途中出場し、怪我をかばいながらも新城東和を勝利へ導きました

怪我をしていなければより強力なプレイヤーで、モンスターバッシュにて登場した際にはキレのあるフェイントや華麗なスリーポイントで空たちを圧倒。193cmの高身長にテクニックを兼ね備えた恐ろしい選手です。

7位:八熊 重信

八熊重信(ヤック)は横浜大栄3年のセンター。手首がリングを超えるほどの驚異的なジャンプ力の持ち主です。細身ながら体感も強く、百春との競り合いにも負けずに押し返していました。

チームの事情でポジションはセンターになっていますが、元はフォワードの選手。そのためオフェンス能力も高く、フリーであればスリーポイントを放ち、ディフェンスの寄せにあってもベビーフックで華麗にシュートを決めます。

6位:蒲地 太郎

蒲地太郎は北住吉高校3年のスモールフォワード。高い身体能力があり、174cmの身長にしてもう少しでダンクができるほどの跳躍力を持っています。

パス・ドリブル・シュートとなんでもできるオールマイティなプレイヤーで、とくにストップ&ジャンプで緩急をつけて放たれるシュートは驚異的。空の使うストップ&ジャンプも蒲地のプレイングを見て学んだものです。

5位:千葉 真一

千葉真一(画像左)は新丸子高校3年のセンターです。200cmを超える身長でゴール下を制し、リバウンドやブロックでゴールを死守。オフェンスでは豪快なダンクで得点をもぎ取ります。

熱い性格と力強いプレイでチームからは熱い信頼を寄せられており、バスケの能力に加えて高いキャプテンシーも持ち合わせた選手です。

神奈川で5本の指に入る選手」と称され、インターハイでは敗北したにも変わらず、バスケの強豪「城北大学」からスカウトを受けました。

4位:二ノ宮 照人

二ノ宮昭人(ニノ)は川崎菊川2年のポイントガード。中学時代は全中の最優秀選手に選ばれた実力者です。ストリートで鍛えたテクニックがずば抜けており、その技術を生かしたパスが得意技。

キープ力が高く、ボールを持っていても相手からスティールされることはほぼなく、ひとたび動き出せば人間離れしたフェイントとスピードで敵を置き去りにします。

3位:常盤 時貴

常盤時貴は新丸子高校2年のポイントガード。丸高のエースプレイヤーで、北住吉との対戦ではトリプルダブル(ポイント・アシスト・リバウンド・スティール・ブロックショットの5部門のうち3部門で2桁の成績)を達成した天才です。

バスケセンスはもちろんのこと観察眼も凄まじく、試合のなかで相手の弱点を見破ることができます。クズ高との練習試合では空の苦手なエリアを見極め、得意としていたスリーポイントシュートを完全に封じ込めました。

2位:不破 豹

不破豹は横浜大栄高校2年のスモールフォワードで、バスケの本場アメリカ帰りの帰国子女。中学時代には1試合で80点という驚異的な成績を残しており、強豪校である横浜大栄にいながら1年生にして唯一スタメン入りした実力者です。

ストリートに近いバスケスタイルで、キレのあるフェイントや多彩なシュートなど個人技が得意。トビに挑まれた1on1ではテクニックを存分に発揮したドリブルを披露し、トビは体重移動が追いつかずに足が動かなくなる「アンクルブレイク」を起こし、尻餅をつかされました。

1位:白石 静

白石静は横浜大栄高校2年のスモールフォワードで、横浜大栄のエースにしてポイントゲッター。「関東屈指の実力者」と言われており、感情を表に出さないポーカーフェイスとストイックな性格に、七尾は「千秋の理想形」と語っていました。

コートに立つだけで場の雰囲気を一変させるほどの圧倒的強者感があり、「お前らの現在地を教えてやろうか」と、マッチアップした千秋をボコボコにして絶望させたシーンは、作中屈指の衝撃です。

クズ高だけじゃない!あひるの空には強いキャラが盛りだくさん

「あひるの空」の強さランキングBEST30を発表しました。主人公「車谷空」のいるクズ高だけでなく、ライバル校にはさらに強力なキャラクターが盛りだくさんでした。2019年12月現在「あひるの空」のアニメは始まったばかり。これから出てくるさまざまなライバルたちとクズ高のマッチアップが今から楽しみですね。

記事にコメントするにはこちら