【美少女戦士セーラームーン】ダーク・キングダム編の結末は?四天王が可愛い!

カテゴリーまとめはこちら:セーラームーン

「美少女戦士セーラームーン」の中でも人気のダーク・キングダム編。人気の理由は、重厚でドラマチックなストーリーと敵役ダーク・キングダム四天王の魅力のおかげでしょう。この記事では、ダーク・キングダム四天王であるクンツァイト、ゾイサイト、ジェダイト、ネフライトについて解説します。それぞれの性格は?恋のお相手は?魅力は?これを読めば、ダーク・キングダム編の全てがわかります!

記事にコメントするにはこちら

「美少女戦士セーラームーン」ダーク・キングダム編の結末とは?【ネタバレ】

美少女戦士セーラームーン クイン・ベリル&ダーク・キングダム四天王 タペストリー 並行輸入品

「美少女戦士セーラームーン」ダーク・キングダム編とは、主人公月野うさぎがセーラームーンとして目覚めて以来、セーラー戦士たちを探し出し、秘宝である「幻の銀水晶」をめぐってクイン・ベリル率いるダーク・キングダムを滅ぼすまでの物語。

結末を先にお伝えすると、最終的には月野うさぎ(セーラームーン)はいにしえの月の王女プリンセス・セレニティだったと判明し、クイン・ベリルもろともにダーク・キングダムを滅ぼして物語は幕を閉じます。その途中で、セーラー戦士たち4人とタキシード仮面(地場衛)も仲間になります。

ダーク・キングダム編でとりわけ人気なのが、敵サイドであるダーク・キングダムの四天王であるクンツァイト、ゾイサイト、ジェダイト、ネフライトです。

ダーク・キングダム編の人気敵キャラ、四天王とは?

ぷちきゃら! 美少女戦士セーラームーン ダーク・キングダム編

四天王たちは、クイン・メタリアに利用されているクイン・ベリルの配下です。その正体は強力な妖魔であり、人間ではありません。原作版とはそれぞれ大きく設定が異なり、エピソードもキャラクターの描写も大幅に追加されています。テレビアニメ版の放送によって、ダーク・キングダムの四天王ファンは急増しました。

ちなみに原作では、前世でエンディミオンに仕えていた騎士たちが現代に転生した設定もあるんですよ。

【クンツァイト】四天王のリーダー!声優は?

クンツァイトは、四天王のリーダーです。堂々としており自信のある性格で、ゾイサイトと深い愛で結ばれた関係。原作では、前世でセーラーヴィーナスが密かに想いを寄せていた相手でした。白い髪を長く伸ばし、細く吊り上がった目とすっとした鼻筋の端整な顔立ちです。

クンツァイトを語るには、ゾイサイトの存在が欠かせません。90年代アニメには非常に珍しく、男性同士が友達以上と思われる関係を、誰にも咎められずに築いている様子が描写されていました。

セーラー戦士たちによって顔に傷をつけられたゾイサイトに対し「頬の傷の恨み、存分に晴らすがいい」と告げるなど、ゾイサイトの気持ち(顔に傷をつけられたくない)を理解し、尊重している様子が伺えます。負傷したゾイサイトの前に駆け付け、背中に腕を回して体を支えるなど、恋人のようにゾイサイトを慈しんでいる描写もありましたね。

最期はセーラー戦士たちによって倒されますが、「ゾイサイト…おれを…お前の魂が漂う世界に…導いてくれー…!」と叫んで絶命する姿から、先にクイン・ベリルに殺されていたゾイサイトへの強い思いが感じられます。

クンツァイトの演技を担当した声優は、「聖闘士星矢」の双子座のサガ役、双子座のカノン役などで知られる曽我部和行です。主に美男子キャラクターの演技で活躍し、2006年に58歳で亡くなっています。

「美少女戦士セーラームーンCrystal」では、「将太の寿司」の岡村秀政役などで知られる竹本英史がクンツァイトを演じました。

【ゾイサイト】性別は女性?恋人はあの人

ゾイサイトは、主に幻の銀水晶を探索する使命を帯びた四天王の1人。長い髪をポニーテールにし、中性的でやや幼く見える美しい顔立ちをしています。女性口調で話す上に仕草も女性らしく、一見麗しい美女に見えますが性別は男性です。

クンツァイトを「クンツァイト様」と呼んで心から慕い、彼にも愛されていました。肩を抱き寄せられ、満足げに微笑むシーンもあり、恋人に可愛がられている女性のように振る舞います。

セーラー戦士たちによって顔に傷をつけられた時には「覚えてらっしゃい!」と激昂するなど、美意識の高さが見て取れます。その一方で、タキシード仮面と「セーラームーンは傷付けない」と約束した直後に背後からセーラームーンを攻撃するなど、戦い方は割と卑怯ですが、クイン・ベリルに対しては恐れを抱いており、意外と小心者な一面も。

最終的には、命令に背いた̚罪で、クンツァイトの目の前でクイン・ベリルに処刑されました。その瞬間のクンツァイトの悲壮な表情が、2人の関係を物語っています。

ゾイサイトは、光に溢れ、花びらが舞い散る美しい景色に囲まれ、恋人の腕の中で死んでいきました。ゾイサイトの最期の願い「美しく死にたい」をクンツァイトは叶えてあげたのですね。

【ジェダイト】四天王の一番手!性格は?

ジェダイトは、ダーク・キングダム四天王の一番手。短い金髪で、やや小柄。よく皺の寄る眉間が特徴的な美少年です。

性格はとことん冷血漢で、気性が激しく、女性蔑視的。セーラー戦士たちに向かって「女はしょせん男がいなければ何も出来ない」という旨の発言をして嘲笑ったり、女性への嘲りを顔に出したりといった描写があります。しかし、セーラー戦士たちは負けじと言い返し、きっちり技での反撃もしています。

クイン・ベリルに失敗を指摘されて顔を歪め、震える拳を握りしめて悔しさをあらわにするシーンもあり、負けず嫌いでプライドが高いといえるキャラクターです。また、このシーンでクイン・ベリル自身を慕う気持ちはあまりないことが伺えます。

「幻の銀水晶」を手に入れるための作戦上、変装する機会が多々ありました。豪華客船の船長や、スポーツジムのトレーナー、ラジオ番組のDJなどに扮してセーラー戦士たちに近づこうとしては失敗を繰り返しました。

ジェダイトは、失敗が重なった件に関してネフライトに何度もバカにされており、クイン・ベリルに「失態を犯しすぎる」と詰られるシーンもあります。一見すると、四天王で最弱のようにも見えますし、実際、少なくとも最強ではありません。

とはいえ、身体能力も知能もとても高く、タキシード仮面を圧倒したシーンもありました。他の四天王と比べると失敗の回数が多かっただけで、実力はあるキャラクターだと言えるでしょう。

最終的には、クイン・ベリルに氷の柱に閉じ込められて「永遠の眠りの刑」に処されました。

【ネフライト】禁断の愛。最後はどうなる?

第24話 なるちゃん号泣!ネフライト愛の死

ネフライトは、四天王の中で二番手として登場しました。長く波打つ濃い色の髪、真面目そうで大人っぽい風貌が特徴的です。性格は非常に計算高く、基本的には論理で動きます。

アニメ版では、最後にうさぎのクラスメートで親友である大阪なると恋に落ちます。最初は、セーラームーンの正体を探るためだけに、大阪なるに近づきました。そのときの肩書きは青年実業家の三條院正人。高級車に乗り、実際に会社も経営していました。

大阪なるは、上品で眉目秀麗な歳上の男に恋心を抱きます。ネフライトは敗れる直前あたりまで、なるに関して「くだらん」といった発言をしていましたが、妖魔に攻撃され、逃げ延びたあとでなるに傷の手当てをしてもらうシーンで心からの笑顔を見せます。

しかしその直後、妖魔が再び襲い掛かってきます。ネフライトはなるを庇って致命傷を負い、なるの目の前で生命を吸い取る棘にむしばまれてしまいました。ネフライトは最後に「君と会えて…よかっ…た…」と呟き、優しい笑みを浮かべたまま絶命します。わずか数分間の逢瀬でした。

【クイン・ベリル】かわいそうな悪の女王?

ぷちきゃら! 美少女戦士セーラームーン ダーク・キングダム編

原作設定の場合、前世では地球の魔術師であり、地球の王子エンディミオンをずっと想っていた女性でした。赤い髪と鋭い目を持ち、優れたプロポーションの美人で、恋心と嫉妬をクイン・メタリアに利用されたある意味かわいそうなキャラクターでもあります。

テレビアニメ版では、いにしえの月と地球の戦争の際に、クイーン・セレニティによって、クイン・メタリアと一緒に封印された設定です。実体を持たないクイン・メタリアに代わり、四天王たちの指揮を執って「幻の銀水晶」を奪還しようとたくらんでいました。

テレビアニメ版最終話では、クイン・ベリルによって洗脳されたはずの地場衛がうさぎの呼び掛けに応え、正気に戻ってうさぎを守ろうとします。

クイン・ベリルからすれば、前世よりずっと愛していた男が取るに足らない小娘(クイン・ベリルはうさぎを「小娘」と呼びます)を守るために、ためらいなく命を懸ける姿を目撃する…この時のクイン・ベリルの気持ちを考えると、とてもかわいそうで胸の痛くなるシーンです。

原作でも、仲良く楽しそうに話すプリンセス・セレニティとプリンス・エンディミオンを陰でそっと覗き見て、「ずっとあなたを見ていたのに」と独白するシーンがあります。

【クイン・メタリア】大いなる支配者。実力は?

第13話 Act.13 決戦-REINCARNATION-

クイン・メタリアは、太古の昔に太陽の黒点から生まれた悪魔。クイン・ベリルの恋心につけ込んで操り、幻の銀水晶を奪う目的がありました。人の体に入り込む(乗り移る)ことが可能で、テレビアニメ版最終話では、クイン・ベリルと完全に一体化してセーラームーンと一騎打ちをしました。

実体を持たないため肉弾戦は出来ませんが、邪悪な魂を持ち、人々を扇動したり凶行に走らせたり出来るといった点では、非常に強く恐ろしい敵です。

最終的には、セーラー戦士たちの魂の力を得たセーラームーンの最終奥義「ムーン・ヒーリング・エスカレーション」によって、クイン・ベリルもろともに滅ぼされました。

「美少女戦士セーラームーン」ダーク・キングダム編のストーリー

セーラー戦士としての覚醒

第1話 泣き虫うさぎの華麗なる変身

主人公月野うさぎは、ちょっぴりドジで泣き虫な中学2年生の女の子。ある日、ふとしたきっかけでしゃべる猫のルナと出会います。そこで、うさぎはルナに「月のプリンセス」「彼女を守るセーラー戦士たち」を探す使命を告げられました。

原作版では第2話目で仲間の水野亜美(セーラーマーキュリー)と出会ったのに対し、テレビアニメ版では第8話になるまで最初の仲間(亜美)は出来ません。そのため、序盤はうさぎが1人で仲間やプリンセスの手がかりを探っています。

仲間との出会いと「幻の銀水晶」

美少女戦士セーラームーン(1) 武内直子文庫コレクション (講談社漫画文庫)

クイン・メタリアが憑依したクイン・ベリルによって、人間たちが次々と攻撃され始めました。

人間たちを守るために戦う中で、仲間が増えていきます。水野亜美(セーラーマーキュリー)に続いて、第10話で火野レイ(セーラーマーズ)、第25話で木野まこと(セーラージュピター)、第33話で愛野美奈子(セーラーヴィーナス)、そして謎の男、タキシード仮面…

仲間が増えていくのと同時に、テレビアニメ版で追加されたキャラクターたちの恋愛模様、「幻の銀水晶」の謎についても描かれます。

「幻の銀水晶」とは、月の王国に伝わる秘宝です。森羅万象を清める不思議な力があり、テレビアニメ版では「虹水晶」と呼ばれるかけらを7つ集めると「幻の銀水晶」が入手出来るとされていました。

「幻の銀水晶」を求めて三つ巴の戦い

ミニチュアリータブレット セーラームーン2 [4.幻の銀水晶](単品) (食玩・清涼菓子)

セーラームーンをはじめとするセーラー戦士たちが「幻の銀水晶」を探す中で、ダーク・キングダムのクイン・ベリル(と配下の四天王)も「幻の銀水晶」を求めて争います。クイン・メタリアを完全に復活させるためには、「幻の銀水晶」の力が必要だったのです。

そして、いつもどこからか現れてうさぎを助けてくれるタキシード仮面も、「幻の銀水晶」を手に入れたがっている事実が発覚し、タキシード仮面、ダーク・キングダム、そしてセーラー戦士たちの三つ巴の戦いが始まりました。

うさぎは、セーラームーンとして「幻の銀水晶」を求める気持ちと、月野うさぎとしてタキシード仮面と「幻の銀水晶」を奪い合う可能性の間で悩みます。

明らかになる前世の記憶

美少女戦士セーラームーン 完全版(9) (なかよしコミックス)

ダーク・キングダムとの戦いが激化する中で、タキシード仮面はセーラームーンを庇って致命傷を負います。悲嘆するセーラームーンが流した涙に、クイン・ベリルに奪われたはずの虹水晶が集まり、それが「幻の銀水晶」に変わりました。

そして、ついに前世の記憶が明らかになります。月野うさぎこそが月の王女プリンセス・セレニティであり、タキシード仮面の正体は何かとうさぎにちょっかいをかけていた地場衛。そして地場衛の前世は、地球の王子エンディミオンだったのです。

プリンセス・セレニティとプリンス・エンディミオンは、深く愛し合った仲であり、月野うさぎと地場衛の恋は、前世からの運命だったのです。

しかし、前世の記憶が明かされた直後、エンディミオンはクンツァイトに連れ去られてしまいます。

セーラー戦士、タキシード仮面の死

セーラームーン率いるセーラー戦士たちは、ダーク・キングダムの拠点である北極圏に向かいますが、クイン・ベリルの部下である妖魔に攻撃され、なんとマーキュリー、マーズ、ジュピター、ヴィーナスが次々と命を落としてしまいます。

仲間を失ったセーラームーンは、息を引き取ったタキシード仮面を膝に抱いて、しばし思いを馳せました。そして、決着をつけるために、単身ダーク・キングダムの奥へ進みます。

ダーク・キングダムでの最終決戦、そして…

第46話 うさぎの想いは永遠に!新しき転生

クイン・メタリアと一体化し、地球を滅ぼす力を持ったクイン・ベリルは、「幻の銀水晶」を持ったセーラームーンを追い詰めます。

1対1の直接対決に挑むセーラームーンは、大切な友達であるセーラー戦士たちの魂の力を借り、愛する人地場衛への想いを込めて最期の一撃「ムーン・ヒーリング・エスカレーション」を放ちました。

その結果クイン・ベリルは滅び、依り代がなくなったクイン・メタリアは封印されます。セーラームーンの命と引き換えに、地球には平和が訪れました。

セーラームーンとしての使命をまっとうした月野うさぎの最期の願いは、「今度こそ普通の女の子として暮らしたい」

そして後日、ダーク・キングダムとの記憶をなくした状態で転生し、普通の女の子として学校に遅刻する月野うさぎの姿がありました。その後、水野亜美、火野レイ、木野まこと、愛野美奈子、そして地場衛とまた出会い、ダーク・キングダム編は、まだ知り合っていないうさぎと衛がすれ違うシーンで幕を下ろします。

やっぱりセーラームーンは面白い!

テレビアニメ「美少女戦士セーラームーン」スーパーベスト

テレビアニメ版「美少女戦士セーラームーン」の魅力は、大きく分けて3つ挙げられます。

まずは、多様でロマンチックな恋愛模様。原作ではちょっとイヤミな奴だった海野が、意外な勇気を見せて恋を叶えたり…親友の大阪なるが、悲しすぎる恋に泣いたり…クンツァイトとゾイサイトが、男性同士で咎められもせず笑われもせず愛し合ったり…もちろん、セーラー戦士たちの恋も見逃せません。

次に、多彩で愛すべきキャラクターたち。セーラー戦士たちは原作より設定が追加され、エピソードも大幅に追加されました。ゲストキャラクターやサブメインキャラクターも増え、キャラクター同士の掛け合いを楽しむ観点では、原作版よりテレビアニメ版の方が向いているといえます。

そしてなんといっても、ドラマチックで壮大な物語。日常的エピソードの微笑ましさもありながらも、前世からの因縁がある運命を長い時間をかけて描いたテレビアニメ版は、実に見ごたえがあります。

原作もテレビアニメも、是非この機会に触れてみてください!

記事にコメントするにはこちら