【ちはやふる】若宮詩暢役・松岡茉優はオタクで腹筋がすごい?エピソードまとめ

カテゴリーまとめはこちら:ちはやふる

競技かるたに挑む高校生たちの熱い青春の日々が描かれた漫画『ちはやふる』。その中に登場する若宮詩暢は、競技かるた界の現クイーン。小学4年生のときにA級に昇級し、中学3年生のときに史上最年少でクイーンになりました。正確さとスピード両方を兼ね備えた取りが特徴で、性格は絵に描いたようなかなりの「いけず」な京女。そんな若宮詩暢役を実写映画で担当した松岡茉優さんについてご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

『ちはやふる』若宮詩暢とは?

ちはやふる(5) (BE LOVE KC)

『ちはやふる』は、末次由紀さんによる漫画作品。「BE・LOVE」にて2008年2号から連載中の作品で、競技かるたに挑む高校生たちの熱い青春の日々が描かれます。テレビアニメは2011年に第1期が放送された後、2013年に第2期、2019年に第3期が放送。2016年に2部作の実写映画として『ちはやふる -上の句-』『ちはやふる -下の句-』が公開。その後、完結編として2018年に『ちはやふる -結び-』が公開されました。

若宮詩暢(わかみや・しのぶ)は、競技かるた界の現クイーン。小学4年生のときにA級に昇級し、中学3年生のときに史上最年少でクイーンになりました。正確さとスピード両方を兼ね備えた取りが特徴で、試合相手の手の下をかいくぐって札にふれる様は、まるで「糸で結ばれているよう」。京都府にある津咲高校の生徒で、性格は絵に描いたようなかなりの「いけず」な京女。クールな笑みの下に高慢で自己中心的な一面を覗かせます。競技で闘争心を刺激されると、相手に威圧感を与える「クイーンスマイル」と称される妖しい笑みを浮かべることも。

ここからは、そんな若宮詩暢役を実写映画で担当した松岡茉優さんについてご紹介していきます!

実写映画の若宮詩暢役は松岡茉優さん!

Rocket vol.1

松岡茉優さんは、ヒラタインターナショナルに所属する女優。1995年2月16日生まれの24歳(2019年12月現在)で、東京都出身。身長158㎝で、血液型はB型。近年では、ジャニーズのアイドルグループ「Hey!Say!JUMP」のメンバー・有岡大貴さんが彼氏なのではないかと噂されています。

幼い頃、妹の松岡日菜さんがスカウトされ面接に一緒に行ったのをきっかけに、姉妹そろって芸能界入りをすることになった松岡茉優さん。2008年に、なりたいと長く憧れていた「おはガール」として『おはスタ』に出演し、本格的な芸能界デビューを果たしました。2010年に『おはスタ』を卒業後、2015年に放送された『She』の西澤涼子役で連続ドラマ初主演、2017年に公開された映画『勝手にふるえてろ』の江藤良香役で映画初主演を果たしました。

松岡茉優さんのエピソード1:熱烈なモー娘。ファン

フォトテクニックデジタル 2016年 2月号

アイドルが大好きで、その中でも「モー娘。」ことモーニング娘。の熱烈なファンだという松岡茉優さん。2016年に放送されたフェイクドキュメンタリードラマ『その「おこだわり」、私にもくれよ!!』に本人役で主演した際、なんとモーニング娘。’16のメンバーとして一緒にステージに立つことに!

松岡さんは、「Hello! Project ひなフェス 2016」の「℃-ute プレミアム」公演にサプライズ出演。松岡さんの推しメンであるモーニング娘。’16の元メンバー・鞘師里保さんが、初めて本格的なリードボーカルを担当することになった曲「One・Two・Three」を、グループのセンターポジションに立って披露することに。ライブで松岡さんは見事な歌と踊りを披露し、ファンから喝采を贈られたのでした。

松岡茉優さんのエピソード2:腹筋がすごい!?

ケトル VOL.28

上でご紹介したライブに出演した際、松岡茉優さんのシックスバックに割れた腹筋が大きな話題になりました。その腹筋をつくったきっかけは、そのライブに出演することが決まったときに、お腹が見える衣装を着ることになると知ったこと。それならカッコいい体型にしたいと鍛えることを決意。体育大学に通う友人に「見せかけの筋肉をつける方法を教えてほしい」と頼んでレクチャーを受け、それを1ヶ月間ストイックに続けた結果、見事に割れた腹筋を手に入れたのでした。

松岡茉優さんのエピソード3:数多くの実写作品に出演

入間しおり『あまちゃん』

能年玲奈主演 連続テレビ小説 あまちゃん 完全版(新価格版) DVD-BOX1 全4枚【NHKスクエア限定商品】

『あまちゃん』は、2013年度上半期に放送されたNHK連続テレビ小説。「木更津キャッツアイシリーズ」や、大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』などを手がけた宮藤官九郎さんの脚本によるオリジナルストーリーで、東北・北三陸の小さな田舎町で海女を目指すことを決めた主人公・天野アキが、挫折や奮闘の後に、アイドルを目指していく様が描かれます。

松岡茉優さん演じる入間しおりは、アイドルグループ「GMT47」のリーダー。リーダーらしく責任感の強い性格で、「海はないけど夢はある。埼玉在住、GMTの元気印、入間しおり19歳です!」というキャッチフレーズは、視聴者に強いインパクトを与えました。この役を演じた松岡さんは、埼玉県の魅力発信に貢献したことから、埼玉県知事から感謝状を授与されています

江藤良香『勝手にふるえてろ』

勝手にふるえてろ [DVD]

『勝手にふるえてろ』は、2017年に公開された映画作品。『インストール』『蹴りたい背中』を執筆した綿矢りささんによる同名の小説を原作としていています。

松岡茉優さんは、主人公・江藤良香役を担当。中学時代の同級生「イチ」に長い間片思いを続けてきた女性で、絶滅した動物をネットで調べることを趣味とした生活を送っていましたが、ある日同じ会社で働く同期「ニ」から交際を申し込まれます。初めての本気の告白を喜んだものの、正直「ニ」はタイプの男性ではありませんでした。恋愛経験のない良香は、片思いしてきた「イチ」と、いま傍にいる「ニ」との間で思い悩むことになるのです。

柴田亜紀『万引き家族』

万引き家族 通常版DVD(特典なし) [DVD]

『万引き家族』は、2018年に公開された映画作品。『誰も知らない』『そして父になる』『海街diary』などを手がけてきた是枝裕和さんが監督を務めています。第71回カンヌ国際映画祭において最高賞のパルム・ドールを獲得し、第76回ゴールデングローブ賞において外国語映画賞にノミネート、第91回アカデミー賞において外国語映画賞にノミネートされるなど、大きな評価を得た作品です。

高層マンションの谷間にぽつんと建つ平屋を舞台に、犯罪でしかつながりをもつことができなかった家族の絆が描かれた本作。松岡茉優さん演じる柴田亜紀は、その家族の一員。「さやか」という源氏名で、マジックミラー越しに客と接するJK見学店で働いています。「4番さん」と名づけた常連客にシンパシーのようなものを抱いた亜紀は、彼と交流を始めていくことになるのです。

栄伝亜夜『蜜蜂と遠雷』

祝祭と予感

『蜜蜂の遠雷』は、2019年に公開された映画作品。『六番目の小夜子』『夜のピクニック』などを執筆した恩田陸さんによる同名の小説を原作としています。第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞をダブル受賞した作品で、国際ピアノコンクールを舞台に、世界を目指す4人の若きピアニストたちが成長していく様が描かれています。

松岡茉優さんは、その4人のピアニストのうちの1人・栄伝亜夜役を担当。幼い頃に天才少女として将来を期待されていましたが、13歳の頃に母親が突然亡くなったことがショックでピアノを弾けなくなり、音楽界から遠ざかることに。それから7年後、20歳になった亜夜は、再起をかけてピアノコンクールに挑むことになるのです。松岡茉優さんはこの映画の公開に向けて期間限定でInstagramの公式アカウントを開設。2019年12月現在も延長されてInstagramの更新が続けられています。

松岡茉優さんのエピソード4:声優としても活躍

キミア王女『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ』

ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ [DVD]

『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ』は、2016年に公開されたアニメーション映画作品。テレビアニメ『ポケットモンスター』の劇場版作品の第19作目にあたります。今作では、ポケモンマスターを目指すおなじみの主人公・サトシが、人間をきらう幻のポケモン・ボルケニオンとともに、500年前に生み出された人造ポケモン・マギアナを守るために奮闘することになります。

松岡茉優さんは、本作のゲストヒロイン・キミア王女の声を担当。アゾット王国の王女で、じっとしていることが大嫌いな活発な性格。大臣のジャービスのことを不審に思い、彼に心酔している弟のラケルのことを心配しながら、内密で調査を進めています。

石田将也(小学生)『映画 聲の形』

映画『聲の形』DVD

『映画 聲の形』は、2016年に公開されたアニメーション映画作品。「週刊少年マガジン」にて2013年36・37合併号から2014年51号まで連載され、全7巻で完結した大今良時先生による同名の漫画を原作としています。小学生の頃に聴覚障害を理由にいじめを受けた少女・西宮硝子と、彼女をいじめていた中心人物の少年・石田将也が高校生になってから再会し、悩み葛藤しながら交流する様が中心となって描かれます。

松岡茉優さんは、小学生時代の石田将也の声を担当。無鉄砲なガキ大将タイプの少年で、クラスのなかで自分が中心となって耳の聞こえない硝子をいじめていました。学級会で糾弾され全ての責任を押しつけられたことをきっかけに、今度は自分がいじめられる側に回ってしまった将也は、転校してしまった硝子に対して強い後悔と罪悪感を抱くことになるのです。

上杉アカネ『バースデー・ワンダーランド』

バースデー・ワンダーランド(完全生産限定版) [Blu-ray]

『バースデー・ワンダーランド』は、2019年に公開されたアニメーション映画作品。柏葉幸子さんによる小説『地下室からのふしぎな旅』を原作とし、『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲 』『河童のクゥと夏休み』『百日紅 〜Miss HOKUSAI〜』などを手がけた原恵一さんが監督を務めています。

松岡茉優さんは、主人公のアカネの声を担当。なかなか自信をもつことができない内気な性格で、「できっこない」が口癖。誕生日の前日に、謎の大錬金術師・ヒポクラテスとその弟子・ピポから「私たちの世界を救ってほしい」と頼まれたアカネは、その世界で人生を変える大きな決断を下すことになるのです。

松岡茉優さんの今後の活躍にも期待!

ここまで松岡茉優さんのエピソードや出演作品などをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。『万引き家族』の柴田亜紀役、『蜜蜂と遠雷』の栄伝亜夜役を担当するなど、さまざまな作品で活躍している松岡茉優さん。これからの活躍にも期待です!

記事にコメントするにはこちら