【恋する小惑星】キャラクター・登場人物まとめ【アニメ化】

カテゴリーまとめはこちら:その他

『恋する小惑星』は、Quroさんによる4コマ漫画作品。幼い頃にとある男の子と「小惑星を見つける」という約束を交わした主人公・木ノ幡みらが、星咲高校地学部に入り、周囲の地学系女子(ジオジョ)と交流する様がメインで描かれます。2020年1月よりテレビアニメが放送される予定の本作に登場するキャラクターたちについて、声優情報も交えてご紹介します!

記事にコメントするにはこちら

『恋する小惑星』とは?

恋する小惑星(アステロイド) (1) (まんがタイムKRコミックス)

「恋アス」の略称で知られる『恋する小惑星(アステロイド)』は、Quroさんによる4コマ漫画作品。「まんがタイムきららキャラット」にて2017年3月号から連載中で、2019年12月現在の既刊は2巻。2020年1月よりテレビアニメが放送される予定です。そのメインスタッフには、2019年に放送されたテレビアニメ『私に天使が舞い降りた!』を手がけた顔ぶれが再集結し、監督を平牧大輔さん、シリーズ構成を山田由香さん、アニメーション制作を動画工房が担当します。

主人公は、星咲高校に入学した1年生の木ノ幡みら。幼い頃にとある男の子と交わした「小惑星を見つける」という約束を叶えるべく天文部に入部しようとした彼女は、今年から天文部と地質研究会が合併して「地学部」になっていたことを知ってショックを受けるものの、その部に入ることを決意。彼女と周囲の地学系女子(ジオジョ)との交流がメインに描かれます。

ここからは、そんな『恋する小惑星』に登場するキャラクターたちについて、声優情報も交えてご紹介していきます!

『恋する小惑星』キャラクター1:木ノ幡みら

木ノ幡みらは、本作の主人公。地学部天文班の1年生。身長155㎝で、6月13日生まれの双子座。幼い頃に参加したキャンプで真中あおと出会って星空を一緒に見ていたときに、「ミラ」という名前の星は既にあるのに「アオ」という名前の星がまだないことを知り、いつか2人で新しい小惑星を見つけて「アオ」と名づけようと約束を交わして別れた過去があります。

それをきっかけに天文学に興味を抱いて高校生になったみらは、地学部に入部。そこでなんとあおと再会を果たすことになるのです。あまり物事を深く考えずに行動するタイプで、明るく天真爛漫な性格の少女です。

声優は高柳知葉さん

木ノ幡みらの声を担当する高柳知葉さんは、プロ・フィットに所属する声優。1994年10月14日生まれの25歳で、千葉県出身。身長160㎝で、血液型はB型。趣味は観劇・イラストを描くこと・女性アイドルのフリをコピーすること、特技は茶道・ヒップホップ・エレキベースです。

小学生の頃に、『Fate/Zero』のアイリスフィール・フォン・アインツベルン役、『FAIRY TAIL』のエルザ・スカーレット役などで有名な大原さやかさんの声をラジオで聞いて憧れを抱き、声優を志した高柳知葉さん。これまでに『ひなろじ〜from Luck & Logic〜』の藤崎梨乃役、『ウマ娘 プリティーダービー』のオグリキャップ役、『まちカドまぞく』の陽夏木ミカン役などを担当しています。

『恋する小惑星』キャラクター2:真中あお

真中あおは、地学部天文班の高校1年生。身長158㎝で、5月25日生まれの双子座。幼い頃にみらと「小惑星を見つける」という約束を交わした張本人ですが、その頃は短髪でボーイッシュな見た目だったこともあり、高校で再会するまでみらからは男の子だと勘違いされていました。

かつてはよくしゃべるフランクなイメージを持たれていましたが、小学生の頃のとある出来事がきっかけでしゃべることが苦手になってしまいました。そのため、今では周囲からクールなイメージを持たれていますが、みらのこととなるとついにやけてしまうこともあります。

声優は山口愛さん

真中あおの声を担当する山口愛さんは、劇団ひまわりに所属する女優であり声優。1997年5月12日生まれの22歳で、歌・ダンス・絵を描くことを特技としています。元々は子役として数多くの実写作品に出演していましたが、2008年に公開されたディズニーのミュージカル映画『魔法にかけられて』の吹き替えで声優デビューを果たし、その後声優としても活躍していくようになりました。

2016年から2018年にかけて放送されたテレビアニメ『アイカツスターズ!』の七倉小春役で、声優としての本格的な活動を開始しています。他にもこれまでに『NEW GAME!』の滝本ひふみ役、『賢者の孫』のリン=ヒューズ役、『Z/X Code reunion』のムラマサ役などを担当しています。

『恋する小惑星』キャラクター3:森野真理

森野真理は、地学部天文班の高校3年生。地学部初代部長で、「モンロー先輩」というあだ名で呼ばれています。身長162㎝で、2月19日生まれの水瓶座。基本的におっとりとした性格でマイペース。みんなのお姉さん役として個性豊かな部員たちをまとめていますが、時にはしたたかになることもあります。

地質研究会と合併する前の天文部時代最後の文化祭では、「セクシープラネタリウム」と称して、バニーガールのコスプレでお客さんを集めていたことも。将来の夢は宇宙飛行士になること。いつか祖母が購入した月にある土地に降り立つことを夢に見ています。

声優は上坂すみれさん

NEO PROPAGANDA【初回限定盤A】

森野真理の声を担当する上坂すみれさんは、スペースクラフト・エンタテインメントに所属する声優。1991年12月19日生まれの27歳で、神奈川県出身。ロシア・昭和歌謡・メタルロック・戦車など多方面に興味を抱いていますが、高校1年生の頃たまたま耳にしたソ連国歌「祖国は我らのために」に感銘を受けて始まったロシアに対する興味関心は特に強く、日本とロシア両国の架け橋になれるような活動をしたいという希望を語っています。

声優としては、2012年に放送されたテレビアニメ『パパのいうことを聞きなさい!』の小鳥遊空役で本格的に活動を開始。この他にも、『スター☆トゥインクルプリキュア』のユニ(キュアコスモ)役、『アイドルマスター シンデレラガールズ』のアナスタシア役、『中二病でも恋がしたい!』の凸守早苗役などを、これまでに担当しています。

『恋する小惑星』キャラクター4:猪瀬舞

猪瀬舞は、地学部地質班の高校2年生。身長145㎝で、9月12日生まれの乙女座。初代地学部会計で、「イノ(先輩)」というあだ名で呼ばれています。地図が大好きで、それを見ながら街の飛び地などを探検することを趣味としていますが、夢中になってしまうあまり目的地にたどりつく前に迷子になってしまうこともあります。入部のきっかけは、文化祭のときに1学年上の桜井美景から地質図を紹介されたこと。それ以来、美景のことを慕っています。

声優は指出毬亜さん

猪瀬舞の声を担当する指出毬亜(さしでまりあ)さんは、WITH LINEに所属する声優。1998年9月20日生まれの21歳で、埼玉県出身。身長163cmで、血液型はAB型。歌・声楽・ダンス・ピアノを趣味としています。アニメ好きの母親の影響でよくアニメを観ていたことがきっかけで、自然と声優という職業を意識するようになり、周りから声が「変わっている」「特徴的」と言われたことからこの声を活かしてみたいと思い、声優を目指すことを決めました。

これまでに、『私に天使が舞い降りた!』の白咲花役、『ラブライブ! スクールアイドルフェスティバルALL STARS』のエマ・ヴェルデ役、『デュエル・マスターズ プレイス』のコッコ・ルピコ役などを担当しています。

『恋する小惑星』キャラクター5:桜井美景

桜井美景は、地学部地質班の高校3年生。身長160㎝で、7月20日生まれの蟹座。地学部初代副部長で、「桜先輩」というあだ名で呼ばれています。部長を務める森野真理のおっとりとした性格とは対照的に、真面目で勝気な性格で、言い方がつい厳しくなってしまうこともあります。気になる石を見つけると観察したくなってしまうほど地質学が大好きで知識も豊富なのですが、それ故に空回ってしまうこともあります。

声優は東山奈央さん

群青インフィニティ(BD付初回限定盤)

桜井美景の声を担当する東山奈央さんは、インテンションに所属する声優。1992年3月11日生まれの27歳で、東京都出身。身長152㎝で、血液型はA型。歌唱・ダンス・エレクトーンを特技としています。テレビアニメ『鋼の錬金術師』に感動して声で人の心を動かせることに興味を抱き、中学生の頃に声優志望の友達と台本の掛け合いをするうちに演技をすることの楽しさにも目覚め、声優を志すことになりました。

これまでに、『神のみぞ知るセカイ』の中川かのん役、『マクロスΔ』のレイナ・プラウラー役、『アイドルマスター シンデレラガールズ』の川島瑞樹役などを担当しています。

『恋する小惑星』キャラクター6:鈴矢萌

鈴矢萌は、木ノ幡みらの幼馴染でありクラスメート。パン屋「スズヤベーカリー」の看板娘で、その手伝いが忙しいために地学部には入部していません。みらのことが大好きで、みらに悪い虫がつかないか常にチェックしていますが、女の子同士が仲良くしているところを見るのは好きで、あおのことはかわいい女の子なので大丈夫認定をしています。

声優は上田麗奈さん

RefRain

鈴矢萌の声を担当する上田麗奈さんは、81プロデュースに所属する声優。1994年1月17日生まれの25歳で、富山県出身。身長157 cmで、血液型はA型。水彩画やボールペン画を特技としていて、テレビアニメ『てさぐれ!部活もの』の企画ではリアルなライオンとうさぎの絵を描いたことがありました。声優を職業として意識したきっかけは、中学時代の尊敬する友人が声優を目指していたこと。「自分の性格を変えたい」という気持ちも目指したきっかけの1つとなりました。

2011年に開催された「第5回81オーディション」で準グランプリを受賞し、2012年に放送された『イナズマイレブンGO クロノ・ストーン』の子供役で声優デビュー。その後、『SSSS.GRIDMAN』の新条アカネ役、『ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-』のグレイ役、『鬼滅の刃』の栗花落カナヲ役など、さまざまな役を担当しています。

『恋する小惑星』キャラクター7:遠藤幸

遠藤幸は、地学部の顧問の先生。みらたちを部室に紹介したあとに空き室で寝ていたり、勝手にバーベキューを企画したりするなど不真面目そうな印象を与えますが、根は真面目で努力家。教師になりたての頃は苦労が多く、かなり荒れていたこともありました。農家である祖父も天文好きで、農協の「JA」のロゴのある帽子に手書きで「XA」を書き加えて「JAXA」のロゴにして被っています。

声優はLynnさん

遠藤幸の声を担当するLynnさんは、アーツビジョンに所属する声優。日本人とアメリカ人のハーフで、神奈川県に生まれ新潟県で育ちました。趣味は映画鑑賞・写真・卓球。声優という職業に興味を抱いたきっかけは、『名探偵コナン』の工藤新一役と『犬夜叉』の犬夜叉役を山口勝平さんが共に演じていると知ったことでした。

高校生の頃に日本ナレーション演技研究所に通い、『NARUTO -ナルト- 疾風伝』のアカデミーの生徒役でテレビアニメデビューを果たしました。『風夏』の秋月風夏役、『約束のネバーランド』のギルダ役、『君の膵臓をたべたい』の山内桜良役など、さまざまな役をこれまでに担当しています。

『恋する小惑星』キャラクター8:木ノ幡みさ

木ノ幡みさは、星咲高校の3年生で、木ノ幡みらの姉星咲高校の生徒会長を務める才女で、周りからは本当に姉妹なのかと疑われたほど。妹のみらのことが大好きで、彼女からもらったプレゼントを飾るための神棚をつくったことも。鈴矢萌にとっての憧れの人で、彼女からは「みさ姉」と呼ばれて慕われています。

『恋する小惑星』キャラクター9:伊部

伊部は星咲高校の2年生で、猪瀬舞のクラスメート。男っぽい口調で話す少女で、裕福で不自由のない家に生まれ育ちましたが、それ故に刺激の少ない生活に退屈してしまい、新聞部に入りました。ドラマチックなことが大好きな少女です。

『恋する小惑星』キャラクター10:宇佐美

宇佐美は星咲高校の1年生で、真中あおのクラスメート。小説家志望で文学部に入ろうとしていましたが、部員たちとウマが合わず、新聞部に入りました。マイペースな性格で部の先輩である伊部のことを慕っており、彼女のことを「イヴちゃん先輩」と呼んでいます。

『恋する小惑星』キャラクター11:鈴矢芽

鈴矢芽(すずや・めぐ)は中学3年生で、木ノ幡みらの幼馴染である鈴矢萌の妹。ひょろっと背の高い女の子で、「〜ッス」という語尾をつけて話します。姉の萌のことをよく気遣っていて、彼女のことを「お姉」と呼んでいます。

『恋する小惑星』のかわいいキャラクターから目が離せない!

恋する小惑星 (2) (まんがタイムKRコミックス)

ここまで『恋する小惑星』のキャラクターをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。漫画でかわいく描かれているキャラクターたちが、テレビアニメではいったいどんな魅力を発揮してくれるのか。2020年1月より始まるテレビアニメが楽しみです!

記事にコメントするにはこちら