【推しが武道館いってくれたら死ぬ】五十嵐れおの詳細プロフィールまとめ

カテゴリーまとめはこちら:推しが武道館いってくれたら死ぬ

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」に登場する五十嵐れおは、Cham Jamのリーダーであり、絶対的エースの女の子です。武道館でライブをしたいと強く願い、Cham Jamのメンバーの面倒も良くみるれおのプロフィールをまとめてみました。

記事にコメントするにはこちら

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」五十嵐れおとは?

推しが武道館いってくれたら死ぬ(2)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

2015年から徳間書店の月刊誌「月刊COMICリュウ」で連載されている「推しが武道館いってくれたら死ぬ」は、漫画家・平尾アウリ先生が描くアイドル系コメディマンガ

2017年に「このマンガがすごい!2017」オトコ編第12位と、2017年第3回「次にくるマンガ大賞」コミックス部門第11位にノミネートされています。

そして、2019年12月時点で原作版「推しが武道館いってくれたら死ぬ」は第5巻まで刊行され、2020年1月からはTBS系列でアニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」の放送が決定しています。

推しが武道館いってくれたら死ぬ(1) (RYU COMICS)

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」は、岡山県で活動する女の子7人の地下アイドルグループ「Cham Jam(チャム ジャム)」が武道館を目指して切磋琢磨する姿と、それを支える「オタク」の関係性を描いたストーリー。

今回紹介するのは、Cham Jamのリーダー・五十嵐れお。Cham Jamの不動のセンターでありながら、グループのまとめ役として頑張っているれおの魅力をご紹介していきます。

五十嵐れおの魅力1:プロフィール

ChamJamに所属している五十嵐れお(いがらし れお)は、岡山県勝田郡出身、10月25日生まれの22歳。

身長156cm、血液型AB型、趣味はくまグッズ集め、特技は書道、好きな食べ物は桃、嫌いな食べ物は漬け物。ChamJamでのメンバーカラーはピンクです。

れおは、口元の左側にほくろがあり、ロングヘアを高い位置でツインテールにしているのが特徴。また、れおは自分から応募してアイドルの世界に入っています。Cham Jamのリーダーで、ライブはもちろん、新曲やグッズ、イベントの告知、さらには運動会のMCなどあらゆる場面で仕切っています。

推しが武道館いってくれたら死ぬ 4 (リュウコミックス)

Cham Jamで中心的存在のれおですが、体が弱く、運動会で両足を骨折してしまったという経験があります。また、Cham Jamが行ったキャンプイベント「ワクワクキャンプイベント」で、れおは、上手な包丁さばきを見せて、ファンに「いいお嫁さんになれるよ」と褒められています。

五十嵐れおの魅力2:アニメ版は声優の本渡楓さんが担当

こみっくがーるず 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

アニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」で五十嵐れおの声を担当しているのは、声優の本渡楓(ほんど かえで)さんです。本渡さんは3月6日生まれの愛知県出身。趣味はヘアアレンジをすること、特技は赤ちゃんの演技です。

本渡さんは、日本ナレーション演技研究所を卒業後、アイムエンタープライズに所属し、2019年「第13回声優アワード」新人賞を受賞しています。

推しが武道館いってくれたら死ぬ 6 (リュウコミックス)

主な出演作品は「ゾンビランドサガ」源さくら役、「こみっくがーるず」恋塚小夢役、「魔女の旅々」イレイナ役、「刀使ノ巫女」衛藤可奈美役、「ヒナまつり」三嶋瞳役、「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」ライカ役、「可愛ければ変態でも好きになってくれますか?」桐生瑞葉役などがあります。

本渡さんは、2020年1月に放送されるアニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」の公式サイトに寄せたコメントで、「夢に向かっている女の子はキラキラしていて可愛い」と語っています。

五十嵐れおの魅力3:れおの性格は?

推しが武道館いってくれたら死ぬ 3 (リュウコミックス)

五十嵐れおは非常に優しい性格の持ち主で、人気投票が行われた時には、途中結果で最下位になった市井舞菜を「ファンの人のこと信じてみて」と優しくフォローしています。

また、れおは、「ファンの人のこと好きになったことがあるか?」という質問に、「ファンの人たちのこと裏切ることになるじゃない?そういうのってさ」と返答するほどファンを大事にしており、同時に責任感も伝わってきます。

優しいだけでなく、れおは場の雰囲気に合わせて冗談やメンバーを叱ったりできます。そのあとのアフターフォローも欠かさず、ファンやメンバーに常に気を配っているので、れおはCham JamのメンバーだけではなくCham Jamのファンにも慕われています。

五十嵐れおの魅力4:ChamJamの不動のセンター

推しが武道館いってくれたら死ぬ 4 (リュウコミックス)

五十嵐れおは、Cham Jamの中で最も人気のあるメンバーです。人気投票を行えば、中間結果から第1位になり、最終結果で他のメンバーを大きく引き離し、第1位を獲得しています。さらにれおは、Cham Jamのライブでは常にセンターで歌いCham Jamの選抜メンバーとしてTV番組に出演します。

そして、Cham Jamの選抜メンバーとして岡山ガールズフェスタに参加したれおは、れおを知らない観客がほとんどでありながらも、笑顔で会場を魅了していました。

 

また、幼い頃に児童劇団で演技の勉強をしていた経験があるれおは、岡山県と香川県限定で放送されるドラマのゲスト出演を果たしています。

ローカル局で放送されるドラマのゲスト出演というオファーでしたが、岡山県の地下アイドルとして活動しているれおの名前を印象付けるのに、十分なドラマ出演となったのは間違いありません。

五十嵐れおの魅力5:メンバーだけに見せる姿がかわいい!

推しが武道館いってくれたら死ぬ 1 (リュウコミックス)

責任感があって、Cham Jamメンバーのフォローを欠かさない優しい性格の五十嵐れおですが、Cham Jamメンバーにはファンに見せない姿を見せています。

伯方眞妃が香川のさぬきうどんをお土産で買ってきたのを知ると、「一体、この楽屋のどこでゆがけば…」と楽屋でうどんを食べようと、真剣に悩んでいたれおの困った表情も印象的です。

また、「ごめん、ちょっとまだ自信なくて…次のライブの前に、練習付き合ってもらえないかな…」と、松山空音にライブの個人レッスンを不安そうに頼んだりしています。

舞菜との朝の練習では、自信のない舞菜を励ましつつも「頑張ってもダメだあったこといっぱいあったし」と自分の気持ちを舞菜に打ち明けていました。

また、インディーズアイドルの頃に一緒だったメイの所属している「めいぷる♡どーる」のライブを観て、れおは寺本優佳や横田文に動揺した姿を見せています。

Cham Jamファンにはしっかりたリーダー兼絶対的センターを見せているれおも、Cham Jamのメンバーだけになると、喜怒哀楽をはっきりと出しているのがかわいいですね。

五十嵐れおの魅力6:れお一筋!くまさとの関係は?

アイドルオタクのくまさは、五十嵐れおの最大のファンです。れおはCham Jamに所属する前、ブレイク寸前のインディーズアイドルグループに所属していました。しかし、そのアイドルグループが突然解散して、れおは地下アイドルのCham Jamのメンバーの1人になりました。

くまさは、れおがCham Jam前に所属していたアイドルグループの頃からのオタクで、Cham Jamのファンの間でも有名な存在。いわゆるトップオタク、TOと言っても過言ではないほど熱心にれおを応援しています。

また、れおも前にいたアイドルグループの頃かられお推しオタのくまさに感謝をしていて、れおとくまさの信頼関係は原作版「推しが武道館いってくれたら死ぬ」のストーリーが進むとより深くなっていきます。

推しが武道館いってくれたら死ぬ(2)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

年末年始のカウントダウン番組ににれおが1人で出演した時に駆けつけたくまさは、日付が変わってすぐに見つめ合っています。そんな様子をTVで見ていた伯方眞妃は「れお、日付変わってすぐに自分のファンの事見てたの。いいなっておもった。ファンとの年越しみたいな意味なんだろうなって」と語っています。

また、バレンタインイベントに訪れたくまさが「れおちゃんが武道館に行ってくれる」とれおに言った時、「一緒に行こうね」とれおがCham Jamのメンバーも見たことのない笑顔で返したのも、れおとくまさの信頼関係が強固であるというのが伝わってきます。

五十嵐れおの魅力7:松山空音が憧れたれおの過去

推しが武道館いってくれたら死ぬ 6 (リュウコミックス)

五十嵐れおが前のアイドルグループにいた頃、テニスを楽しんでいる普通の女の子だった松山空音はれおをたまたま見かけています。その後、所属していたアイドルグループが解散し、れおはCham Jamのメンバーへ…。そして、空音は叔母が勝手に応募したのをきっかけにCham Jamのメンバーになります。

アイドルの土台が出来ていたれおは、歌もダンスも他のメンバーよりも優れていました。アイドルらしいれおをみた空音は「れおちゃんは…なんでも出来るね」と褒めていますが、「出来ないよー。出来るように頑張ってはみてるけど、それだけだよ」と謙虚な返答をするれおの姿が印象的です。

Cham Jamのメンバーが7人になり、初ライブを無事成功させたれおは「わたしたちは武道館にいこう」とCham Jamのメンバーに伝えます。しかし、空音は「不安なんだ。前のグループが解散しているから、ずっと隣にいたから分かっちゃった」とれおの手を見ながら考えていました。

この頃からずっと空音はれおを尊敬し、「わたしは、れおを尊敬しているし、理想のアイドルはずっとれおだけだ」とれおに伝えています。

また、れおも空音に彼氏がいるのではないかというデマが流れた時、「空音はアイドルだもん。アイドルらしくないことなんてやるわけないじゃない?」と言って、空音を元気付けていました。さらに「何かあったら、わたしが守るから」と空音を守る発言をするれお。れおと空音の、強い絆が感じられますね。

【おしぶど】五十嵐れおは頼れるリーダーである!

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」に登場する五十嵐れおは、地下アイドルのCham Jamに所属するアイドルです。Cham Jamでリーダーを務め、メンバーの中で1番の人気を誇っています。

しかしれおは、インディーズでブレイク寸前だったアイドルグループに所属していて、一番人気のないメンバーだったというつらい過去が…。そして、前のアイドルグループで最下位だったつらい経験を思い出し、「わたしはあんまり好きじゃないかな…こういう順位付けみたいなの…」とこぼしていました。

2020年1月からアニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」でもれおはCham Jamのリーダー兼絶対的センターとして登場します。過去の苦い経験を活かし、Cham Jamで武道館ライブを目指すれおを応援しましょう!

記事にコメントするにはこちら