【推しが武道館いってくれたら死ぬ】横田文の詳細プロフィールまとめ

カテゴリーまとめはこちら:推しが武道館いってくれたら死ぬ

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」に登場する横田文は、岡山県を拠点に活躍している地下アイドル「Cham Jam」のメンバーです。幼く見える容姿で、ちゃむの妹キャラ&ロリ枠を欲しいままにしている文のプロフィールを詳しく紹介していきましょう。

記事にコメントするにはこちら

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」横田文とは?

推しが武道館いってくれたら死ぬ 6 (リュウコミックス)

2015年から徳間書店の月刊誌「月刊COMICリュウ」で連載されている「推しが武道館いってくれたら死ぬ」は、漫画家・平尾アウリ先生が描くアイドル系コメディマンガ

2017年に「このマンガがすごい!2017」オトコ編第12位と、2017年第3回「次にくるマンガ大賞」コミックス部門第11位にノミネートされています。そして、2019年12月時点で原作版「推しが武道館いってくれたら死ぬ」は第5巻まで刊行され、2020年1月からはTBS系列でアニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」の放送が決定!

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」は、岡山県で活動している7人の女の子の地下アイドルグループ「Cham Jam(チャム ジャム)」が、武道館を目指して切磋琢磨し、彼女たちを支えるオタクたちの絆を描いたストーリー。

今回紹介するのは、Cham Jamに所属している妹&ロリキャラ担当の横田文です。

横田文の魅力1:プロフィール

ChamJamに所属している横田文(よこた あや)は、7月21日生まれの18歳で、岡山県新見市出身です。身長147cm、血液型B型、趣味はアニメ鑑賞、これといった特技はありません。

好きな食べ物はパンケーキ、嫌いな食べ物は野菜で、愛称は「あーや」、Cham Jamでのメンバーカラーはグリーンです。文推しオタからよく緑色のカエルグッズをプレゼントされる文ですが、かえるはあまり好きじゃないんだとか。

文は、セミロングヘアツインテールにしている女の子で、自分からCham Jamのメンバーに応募してアイドルの世界へ足を踏み入れました。また、これといった特技はないと公言していますが、秋の運動会のリレーで「あーや、あんなに走るの速かったっけ!?」とえりに驚かれるほど足が速いです。

横田文の魅力2:アニメ版は声優の伊藤麻菜美さんが担当

アニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」で横山文を担当しているのは、伊藤麻菜美(いとう まなみ)さん。伊藤さんは、2月9日生まれの神奈川県出身で、ゆーりんプロに所属しています。

趣味はお菓子作り、歌、手芸、ジャグリング、小動物とたわむれること、特技は珈琲をおいしく淹れること、洋裁。また、伊藤さんはグレーのうさぎの「すなだ」ちゃんを飼っていて、うさぎグッズも集めるなどうさぎが大好きです。

 劇団東少「アルプスの少女ハイジ」などの舞台出演、日本展示会協会 創立50周年記念ビデオ「大官大寺~仏 教の伝来と国づくり~」タイガ役などのナレーション活動もされています。

主な出演作品は「監獄学園」生徒役、「感染×少女」落合おぼれ役、「妖怪百姫たん」キジムナー役・花子役、「ウチの姫様がいちばんカワイイ!」シェリア・ハープ役などがあります。

伊藤さんは、2020年1月から放送されるアニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」の公式サイトに寄せたコメントで、愛に溢れている原作版「推しが武道館いってくれたら死ぬ」のファンであり、魅力的なキャラクターたちが動き回るのが楽しみでならないと語っています。

横田文の魅力3:文の性格は?

推しが武道館いってくれたら死ぬ(2)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

横田文は、気分屋で物事をはっきり言ってしまう性格。Cham Jamのメンバーとして加入してきた文は「はじめまして!横田文!絶対ナンバーワンとりまーす!」と自己紹介で宣言しています。

また、原作版「推しが武道館いってくれたら死ぬ」第2巻から行われたCham Jamの人気投票で文は、「絶対センターとるし、このチャンス諦める方が無理だから!」と公言し、センターになる夢を語っていました。

さらに、人気投票のエピソードで文は、自分の順位を上げるために自分でCDを購入していると伯方眞妃(はかた まき)が作中で明らかにしています。

なりふり構わずにセンターを目指している文でしたが、残念ながら文の人気投票の最終結果は、第6位と後列組からの脱出もままならない順位…。そして、上位の人気を誇っていた松山空音(まつやま そらね)が、彼氏がいるのではないかというデマが空音推しオタの間で流れたため、人気が落ちた空音は第5位にランクダウン。

さらに、文と仲の良い寺本優佳(てらもと ゆうか)が第3位になるという波乱の結果になります。すべての結果を知った文は「なんでわたしがはじっこなの!!」と叫び、空音に「まあ、落ちて当然よね」と八つ当たりするなどCham Jamのメンバーに素直すぎる感情をあらわにしています。

横田文の魅力4:Cham Jamの妹&ロリ枠担当!

推しが武道館いってくれたら死ぬ(4)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

横田文は、Cham Jamのメンバーで一番背が低く見た目も幼いため、妹キャラでロリコン枠担当と呼ばれています。文自身も自分が妹キャラでロリコン枠であるのを認めていました。

しかし、文推しオタから「センターになるには妹&ロリ枠では難しい」と指摘されると「妹キャラで、1位はきびしいっていみ!?」と語気を強めています。その後「ロリに需要はない…!?」と焦った文は、胸の谷間を描き、ツインテールをほどいて髪をおろし、お姉さんキャラにイメチェン!

文が参考にしたのは人気投票第2位の伯方眞妃のお姉さんキャラらしいのですが、五十嵐れお(いがらし れお)には「やっぱり反抗期…!!」と心配され、文推しオタには「あーや…自分のキャラ分かってないよ」「ロリ枠大事にしてほしいね…」と言われ、聞こえてくるのは不評ばかり…。

文のイメチェンは思いっきりスベッてしまったため、すぐに妹&ロリキャラに戻すという、文のかわいいエピソードとなっています。

横田文の魅力5:五十嵐れおに対抗心!?

文は、ChamJam当初はセンターに強いこだわりを持っていました。そして、Cham Jamのリーダーで絶対的センターである五十嵐れおと初めて会った時、キャラがかぶっているという感想を文は持っています。

さらに、文は、自分のメンバーカラーがセンターとは程遠いグリーンに決まると「うそ!緑なんて!着たことないんですけど!」と激しく抵抗します。結局、センターの立ち位置もメンバーカラーもれおに奪われた文は「グリーンなんて、絶対にセンターになれない色じゃん」と激しく落ち込んでいました。

しかし、しばらくすると文は、「ツインテは同じグループに2人もいらないでしょ。ファン取り合いたくないし。れおにはかなわないということ、わかってたんだと思う」と、考え、れおと同じ位置で結んでいたツインテールを低めの位置に変えています。

また、センターになるために妹&ロリ枠からイメチェンを図った文は、れおの路線を選ばずに、第2位の人気を誇っていた伯方眞妃のお姉さん路線を参考にしていました。文はれおの路線を選ばなかった理由を「れおは元々キャラかぶり気味だったし」と語っています。

原作版「推しが武道館いってくれたら死ぬ」第4巻で文は、わたしの夢はセンターになることじゃないと自分の気持ちを明らかにしています。また、れおに「れおやめないでね」」という発言から、文はれおに対抗心を持つどころか、れおを大切な仲間だと思うようになったようですね。

横田文の魅力6:文と仲の良いメンバーは?

横田文がCham Jamのメンバーの中で仲が良いのは寺本優佳です。文と優佳は性格がとても良く似ているので、気がついたらいつも一緒に過ごしているという関係でした。

しかし、秋の運動会のリレーでこけてしまった文を、心配した優佳が手を差し伸べると、文は人気投票前の票稼ぎを優佳がしていると感じ「考え丸出しだぞ。バカだから」と、立ち上がって叫んでいるというエピソードが登場しています。

また、文は優佳が「最下位の人は、いち抜けの人のCDを5枚買って投票するー」という冗談に「はんたーい!下位組に5票の差はでかいでーす」と答えています。そして、優佳が「じゃあ、最下位の人は楽屋の床食べるー」と言うと、文は「それならいいけど…」というコミカルなやりとりを続けていました。

文と優佳はコミカルな絡みが多いですが、上位の人気を誇っていた松山空音が彼氏がいるというデマのせいで第5位になり、優佳が第3位にランクインすると、「優佳が上がれたのは空音が落ちたからじゃん」と文の感情が爆発します。

しかし、広島県を拠点にしているシカアイドル「めいぷる♡どーる」のライブに偵察に行ったり、落ち込んだ優佳を文が慰めるなど、文と優佳の仲の良い姿が登場しています。

横田文の魅力7:メイドカフェでバイト

推しが武道館いってくれたら死ぬ(2)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

横田文は、市井舞菜推しオタのえりや、五十嵐れお推しオタのくまさも通っているメイドカフェでバイトをしています。メイドカフェで文に初めて会ったえりとくまさが文はファンの顔なんか覚えいていないと動揺していると「いや、分かるよ…れおと舞菜にチクっとくし…」と冷静に対応します。

その後、文は、えりの頼んだおまかせパフェに舞菜のメンバーカラー・サーモンピンクである鮭の切り身を入れ、「舞菜も3位喜んでいたからっこれからも応援してあげてよねっ」という言葉付きでえりを喜ばせています。

しかし、「わたしに1票ずつ入れてくれたら、ここに来たこと黙っててあげる」と、自分をアピールするのを忘れないのも文らしさが出ていました。

また、Cham Jamの握手会に、メイドカフェに来ているお客さんが訪れると文は「こっちにも来てくれたんだー!?また店にも来てよね!」とメイドカフェの営業活動も欠かしません。

えりにツンデレ接客をしていた文ですが、バイトをしているメイドカフェに、シャイで内気な市井舞菜(いちい まいな)を紹介するなど面倒見が良く優しい一面も登場しています。

【おしぶど】横田文はCham Jamの妹キャラである!

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」に登場する横田文は、岡山県で活躍する地下アイドル「Cham Jam」」に所属している女の子です。文は思った事をはっきり言うタイプで、Cham Jamで妹&ロリキャラを担当していました。

また、文は人気投票に誰よりも固執し、順位が思った通りにならないと、周囲に八つ当たりをして困らせています。しかし、ツインテールかぶりだった五十嵐れおには、全てにおいてかなわないと感じ、ツインテールの結び位置を変えていました。

2020年1月からスタートするアニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」でも文は、元気な妹キャラ&ロリ枠アイドルとして登場します。周囲を困らせながらも、本当は優しい性格の文の登場を楽しみにしましょう!

記事にコメントするにはこちら