【推しが武道館いってくれたら死ぬ】松山空音の詳細プロフィールまとめ

カテゴリーまとめはこちら:推しが武道館いってくれたら死ぬ

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」に登場する松山空音は、岡山県を拠点に活躍する地下アイドル「Cham Jam」のメンバーです。リアルな恋をアイドルに求めるガチ恋を虜にする空音のプロフィールを紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」松山空音とは?

推しが武道館いってくれたら死ぬ 3 (リュウコミックス)

2015年から徳間書店の月刊誌「月刊COMICリュウ」で連載されている「推しが武道館いってくれたら死ぬ」は、漫画家・平尾アウリ先生が描くアイドル系コメディマンガ

2017年に「このマンガがすごい!2017」オトコ編第12位と、2017年第3回「次にくるマンガ大賞」コミックス部門第11位にノミネートされています。

そして、2019年12月時点で原作版「推しが武道館いってくれたら死ぬ」は第5巻まで刊行され、2020年1月からはTBS系列でアニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」の放送が決定しています。

推しが武道館いってくれたら死ぬ(1) (RYU COMICS)

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」は、岡山県で活動している7人の女の子の地下アイドルグループ「Cham Jam(チャム ジャム)」が、武道館を目指して切磋琢磨しているストーリーが軸になっています。

今回紹介するのは、Cham Jamに所属している松山空音は、リアルな恋に憧れるファン=ガチ恋オタクを虜にしている女の子。また、Cham Jamのメンバーの五十嵐れおや伯方眞妃に続く人気を誇るメンバーです。

松山空音の魅力1:プロフィール

ChamJamに所属している松山空音(まつやま そらね)は、2月13日生まれの18歳で、岡山県岡山市出身です。身長157cm、血液型A型、趣味はテニスで学校でもテニス部に所属しています。また、空音は特技はありませんが、自分のことをネットでエゴサーチするのが日課です。

好きな食べ物は辛いもの、嫌いな食べ物は甘いもの、ChamJamでのメンバーカラーはブルーです。また、空音は叔母にすすめられてCham Jamオーディションに応募したのがアイドルになるきっかけでした。

松山空音の魅力2:アニメ版は声優の長谷川育美さんが担当

アニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」で松山空音の声を担当しているのは、声優の長谷川育美(はせがわ いくみ)さんです。長谷川さんは5月31日生まれ、身長164cm、血液型A型、栃木県出身。

趣味は一人カラオケと長風呂、特技は歌うこと、Y字バランス、日本漢字能力検定準2級を取得しているんだとか。長谷川さんは、プロ・フィット声優養成所を卒業し、プロ・フィットに所属しています。

主な出演作品は「アイカツスターズ!」元子役、「ドメスティックな彼女」叶恵役、「ハッピーシュガーライフ」但馬みとり役、「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」ミン役、「白猫プロジェクト」エンマ役、「ちおちゃんの通学路」能條冬実(七本槍)役、「詩季織々『上海恋』」シャオユ役などがあります。

長谷川さんは、2020年1月に放送されるアニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」の公式サイトに寄せたコメントで、初めて原作版「推し」を読んだ時、繊細で綺麗な絵と勢いのギャップに虜になったそう。そして、長谷川さんが担当する空音のアイドルに対する姿勢に惹かれたとも語っています。

松山空音の魅力3:空音の性格は?

推しが武道館いってくれたら死ぬ 4 (リュウコミックス)

松山空音は、何事にも動じないクールでサバサバしている性格です。しかし、ファンレターの話題が登場したエピソードでは、Cham Jamのメンバーの中でファンの少ない市井舞菜(いちい まいな)から、えりからファンレターを一度も貰っていないというのを聞くと、舞菜のためにある提案をします。

その提案とは、空音がMCの担当するライブ中に今欲しいものというテーマでトークを行い、舞菜にファンの人から手紙が欲しいとそれとなくアピールさせるというものでした。

そして、MCを担当したライブ当日、空音は6月の父の日に絡めて、舞菜に欲しいものを聞いています。ところが、シャイで内気な性格の舞菜は、返答に困り「たんざく…」と空音が想像をしていなかった返答をして場の空気を凍らせます。しかし、空音は「七夕だからね??そうだね…ほしいね…」と困りながらもアドリブでうまく切り返し、舞菜をフォローしています。

また、人気投票後に険悪になってしまった横田文(よこた あや)とは、ライブ中に仲の良さをアピールし、プロ意識の高さをみせていました。そんなプロ意識の高い空音ですが、アイドルとして欠かせない大歌詞やダンスの覚えが悪く、Cham Jamのリーダー・五十嵐れお(いがらし れお)と練習に励むシーンも多々見られます。

松山空音の魅力4:Cham Jamでの人気は?

松山空音は、Cham Jamのメンバーの中で五十嵐れおと伯方眞妃(はかた まき)に次ぐ人気を持っています。

そして、原作版「推しが武道館いってくれたら死ぬ」の第2巻から、Cham Jamの人気投票が行われ、最初に発表された人気投票の中間結果で空音は第2位をキープ。しかし、twitterで空音が彼氏といるところを見たという目撃情報が流れると、第4位までランクダウンします。

そして、空音の人気順位の最終結果は彼氏の噂が尾を引き、第5位という順位で終了…。最終結果の順位で組まれたフォーメーションでライブを行うと、「空音に後ろに立たれるの緊張するなあ…」と五十嵐れおが空音に言っています。

それに対し空音は「気にしないで!じっくり見てるから!」と冗談を言っていましたが、すこし寂しそうな表情が印象的でした。その後、彼氏がいるという噂はデマだと判明し、空音の人気は徐々に回復しています。

松山空音の魅力5:ガチ恋専門のアイドル!

松山空音は、Cham Jamのメンバーの中で、リアルな恋を求めるアイドルオタクを虜にする「ガチ恋専門」と呼ばれているアイドルです。空音がガチ恋専門アイドルというのは、原作版「推しが武道館いってくれたら死ぬ」第1巻第1話ですでに登場します。

Cham Jamのライブのチラシを配っていた空音は、ガチ恋アイドルオタクで、空音推しの基(もとい)に、「おにいさん、わたし推しですよね。先々週来てくれてたから、久し振りに会えましたね」と話しかけています。そして、空音の言葉を聞いた基は「うそ、まさか覚えてもらえてるなんて思ってもいなくて」と感激していました。

さらに基の言葉を受けて、空音は「覚えていますよ。わたしのこと好きでいてくれる人が好きなんです」と切り返し、基を再び空音の虜にします。

そして、空音にますます夢中になっていった基は、メンバーカラーのブルーを意識した洋服を空音にプレゼント。空音は基の意図を読み取り「ねー、服…もしかして、わたしの色意識してくれた?」と基に告げます。「え!なんで分かるの!?」と喜ぶ基に空音は「ふふー当たり前じゃん!わたしのこと考えながら選んでくれたんだね?」と親しげに話しかける小悪魔な一面を見せていました。

そして、空音に名前を覚えてもらうまでになると基は「余計な予定が入らないように、イブからクリスマスまで全て仕事を入れて欲しい」と言うほど空音にのめり込んでいきます。

松山空音の魅力6:空音に彼氏がいる!?

推しが武道館いってくれたら死ぬ(2)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

「松山空音の魅力4:Cham Jamでの人気は?」で少し触れましたが、Cham Jamのメンバーの中で、松山空音は唯一彼氏がいるのでは!?と噂になったことがあります。

それは、基が新デザインのグッズ情報を見るためにtwitterを開いたことから判明しています。空音が男といたという目撃情報で、基はショックのあまり、その場で倒れこんでいました。

しかし、空音の彼氏がいるという目撃情報はまったくの人違いで、空音は「やばいんだって、わたしの目情出てさ、男と一緒にいたとか言われてて。いないし!うちで優佳に勉強教えてたし!!」と、自分に彼氏がいるというのは間違いであるというのを明らかにしています。

そして、「明日もいつも通りで大丈夫だよ、何かあったら、わたしが守るから」という五十嵐れおの言葉を受けて、空音はいつも通りライブをこなしています。しかし空音の人気は、第2位から第5位までダウン…。その後、空音のスケジュールと照らし合わせた結果、空音が彼氏と歩いていたという目撃情報はデマだったので、空音推しオタはほっと胸をなでおろしました。

しかし、基が空音にプレゼントした洋服が、男女ペアで着る洋服だったので、彼氏とペアなのか!?というのが空音推しオタの間で広まります。そして、ライブ会場に基が空音にプレゼントした洋服のメンズバージョンを着た空音推しオタが大量発生するという珍事件も起こっています。

松山空音の魅力7:五十嵐れおとの関係は?

Cham Jamのメンバーになった松山空音は、五十嵐れおと初めて会話した時に「わたしは、ダンスとやったことないし…歌だって…叔母さんが勝手に応募しちゃって」と自分の気持ちを打ち明けます。

そして、空音に打ち明けられたれおは自分の体験を話しながら「空音ちゃん、可愛いもん!頑張ったら、すぐセンターだよ!」と空音の名前を呼んで励ましています。

空音は、初めてれおと会話た時、「無自覚美少女」とれおを表現していましたが、れおのほうは、空音と仲良くなりたかったから、事前に空音の名前を調べていたというのを明かしています。

空音は、れおを理想のアイドルだと思っています。そして、れおが武道館を目指す気持ちや、グループ活動をしていくなかで不安な気持ちも全部理解し「センターは絶対にれおじゃなきゃいけないんだ」という気持ちでCham Jamの活動をしています。

原作版「推しが武道館いってくれたら死ぬ」の第2巻で、空音に彼氏がいるというデマが流れた時、「結局さあ、好きって言ってくれる人のこと好きになるよね。恋愛とかとは別ものでもさ」と呟く空音に対し、れおは「空音が好きよ」と返します。その言葉を聞いて、「れおはみんなのことが好きなくせにー」と言いつつも「でもそんなれおのことが好きなんだなぁ」と、空音は嬉しそうにしていました。

【おしぶど】松山空音はガチ恋させてくれるアイドルだった

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」に登場する松山空音は、岡山県で活躍する地下アイドルグループ「Cham Jam」に所属している女の子です。空音は、Cham Jamのメンバーの中で、人気No.1の五十嵐れおの次に人気があるといわれているメンバーでした。

空音は、リアルな恋をアイドルに求める「ガチ恋」オタの心をがっちりと掴んでいましたが、彼氏と歩いていたというtwitterの目撃情報から、空音の人気は一時的にダウン。しかし、人気が落ちても落ち込まずに、いつも通りにアイドル活動させている空音が健気でしたね。

2020年1月からスタートするアニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」でも空音は、ガチ恋オタを自分の虜にしています。時々「ハムスターの飼い方を調べてる」とかわいいウソをつきながら、エゴサーチもしちゃうかわいい空音に注目していきましょう!

記事にコメントするにはこちら