【推しが武道館いってくれたら死ぬ】伯方眞妃の詳細プロフィールまとめ

カテゴリーまとめはこちら:推しが武道館いってくれたら死ぬ

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」に登場する伯方眞妃は、岡山県を拠点に活動している地下アイドル「Cham Jam」のメンバー。セクシーキャラを担当している眞妃の意外な経歴や、水守ゆめ莉との関係などをまとめてみました!

記事にコメントするにはこちら

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」伯方眞妃とは?

推しが武道館いってくれたら死ぬ 4 (リュウコミックス)

2015年から徳間書店の月刊誌「月刊COMICリュウ」で連載されている「推しが武道館いってくれたら死ぬ」は、漫画家・平尾アウリ先生が描くアイドル系コメディマンガです。

2017年に「このマンガがすごい!2017」オトコ編第12位と、2017年第3回「次にくるマンガ大賞」コミックス部門第11位にノミネートされています。

そして、2019年12月時点で原作版「推しが武道館いってくれたら死ぬ」は第5巻まで刊行され、2020年1月からはTBS系列でアニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」の放送が決定しています。

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」は、岡山県で活動している7人の女の子の地下アイドルグループ「Cham Jam(チャム ジャム)」が、武道館を目指して切磋琢磨しているストーリーが軸になっています。

今回紹介するのは、Cham Jamに所属している伯方眞妃。大人っぽい雰囲気で、Cham Jamのお姉さん枠を担当しています。

伯方眞妃の魅力1:プロフィール

ChamJamに所属している伯方眞妃(はかた まき)は、6月2日生まれの19歳で、香川県高松市出身です。身長160cm、血液型O型、趣味は買い物で、特技はありません。

好きな食べ物はミルフィーユ、嫌いな食べ物はありませんが、きびアレルギーを持っています。ChamJamでのメンバーカラーはイエロー。

眞妃は、おでこを見せている大人っぽいロングヘアと、Eカップのナイスバディの女の子です。また、眞妃がアイドルになったきっかけはスカウトなので、スカウトマンの目から見ても、眞妃の色っぽさが目立っていたのでしょう。

推しが武道館いってくれたら死ぬ 5 (リュウコミックス)

そして、原作版「推しが武道館いってくれたら死ぬ」の第5巻に登場したCham Jamのキャンプイベント「ワクワクキャンプ大会」で、眞妃がガールスカウトに所属していたという事実を、眞妃が自分で明らかにしています。

ワクワクキャンプ大会でテントの設営担当になった眞妃は、テントを手際よく設営し、イベントに参加したファンやCham Jamのメンバーを驚かせています。

伯方眞妃の魅力2:アニメ版は声優の榎吉麻弥さんが担当

ドメスティックな彼女(25) (週刊少年マガジンコミックス)

アニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」で伯方眞妃を担当しているのは、声優の榎吉麻弥(えのよし まや)さんです。榎吉さんは、8月4日生まれの愛知県出身。趣味はお笑い鑑賞、料理、日本酒を嗜むこと、フィギュア・靴収集、資格は英検準2級を取得しています。

日本ナレーション演技研究所を卒業後、VIMS(ヴィムス)に所属し、2014年「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」で声優デビューを果たします。

主な出演作品は、「東京喰種トーキョーグール:re」戸賀美帆役、「ドメスティックな彼女」文哉の妹役、「サクラクエスト」三好琴美役、「はんだくん」鈴ノ木広恵役、「フルーツバスケット」先生役などがあります。

榎吉さんは、2020年1月から放送されるアニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」の公式サイトに寄せたコメントで、原作版を読んで、眞妃が演じられたらいいな…と思っていたそう。

また、榎吉さんは「尊い…」と思える瞬間がきっと見つかるので、Cham Jamをえりぴよたちと一緒に応援してもらえたら嬉しいと語っています。

伯方眞妃の魅力3:眞妃の性格は?

推しが武道館いってくれたら死ぬ(6)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

伯方眞妃は、メンバーの中でもひときわ冷静沈着な性格。人気投票の順位を気にしていた水守ゆめ莉(みずもり ゆめり)に対し、「そんなに気にしないでもよくない?1位以外全員卒業ってわけでもないんだし」と静かに語りかけていました。

また、Cham Jamのライブでは、メンバーがそれぞれMC担当をする場面が登場していますが、眞妃は相槌やツッコミを入れているだけで、MCを担当している場面は登場していません。あまり自分から前に出てガツガツおしゃべりするタイプじゃないのでしょう。しかし、岡山県と香川県で放送されているTV番組では何度もゲストリポーターを務めているので、トーク力が乏しいわけではなさそうですね。

また、Cham Jamのキャンプイベント「ワクワクキャンプ大会」では、ガールスカウト経験がある眞妃が「てかオタクたちキャンプ慣れしてなさすぎー」と、オタクたちに冷静にツッコミを入れるシーンも。

そんな性格の眞妃ですが、原作版「推しが武道館いってくれたら死ぬ」の眞妃のプロフィールの短所の部分に「気分屋対応」と書いてあります。眞妃がどんな対応をするのがまだ想像できませんが、アニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」で、オタたちに気分屋対応する眞妃の気まぐれな一面が映像化されるのが楽しみですね!

伯方眞妃の魅力4:Cham Jamのお姉さんキャラ担当

推しが武道館いってくれたら死ぬ(2)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

Eカップの胸をチャームポイントにしている伯方眞妃は、Cham Jamのお姉さんキャラ担当です。ファンの掛け声は「セクシーイエロー」で、眞妃が眞妃推しオタに大人っぽくレスする姿が印象的でした。

また、ハロウィンライブの衣装が色っぽい看護師さんのものだったり、他のライブなどの衣装もチャームポイントの胸を活かしたセクシーな衣装が多いですね。

さらに眞妃のブログでは、胸の谷間を見せながらにっこりと微笑む眞妃の画像がアップされるなど、お姉さんキャラとしての魅力を存分に披露しています。

推しが武道館いってくれたら死ぬ(3)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

また、松山空音(まつやま そらね)に彼氏がいるのでは…という疑惑がtwitterで出て慌てていた空音に、眞妃は「気にしすぎでしょ。ファンのコト」と落ち着かせる言葉を投げかけます。

エゴサーチまでして気にしている空音は「眞妃は気にしなさすぎ!」と怒っていましたが、眞妃は「だって、わたしはー…別に…見られて困るような事してないし?」と水守ゆめ莉を見ながら語っています。この空音とのやりとりから、眞妃には気になる男性や彼氏は存在しないのが分かります。しかし、ゆめ莉との関係は「営業」なのか「ガチ」なのか…気になるところですね!

伯方眞妃の魅力5:五十嵐れおに続く人気を誇る

伯方眞妃は、Cham Jamのメンバーの中で、No.1の人気を誇っているリーダー・五十嵐れおに次ぐ人気メンバーです。岡山県で開催された「岡山ガールズフェスタ」で、Cham Jamのメンバーの中で、No.1の人気を誇っているれおですら「かわいいけど誰?」と言われていたアウェイの雰囲気が漂う会場でも、眞妃は堂々としていました。

そして、眞妃は普段着用していないメガネを着用し、いつもと違う雰囲気でランウェイを歩くと、「まきー!」と、会場に駆けつけていた眞妃推しオタの声援を受けています。

また、Cham Jamの人気投票の中間結果で眞妃は、市井舞菜(いちい まいな)に負け第4位にランクダウンしていましたが、最終結果で第2位にランクアップし、眞妃の人気の高さをみせつけています。

そして眞妃は、人気順位は気にしていないと何度か作中で言っていますが、眞妃の後ろにいたいと言った水守ゆめ莉に「前列に立ってみたらいいのに。きもちいーよ」と、前列でパフォーマンスをする楽しさを語っていました。

上位の人気を誇っている眞妃ですが、舞菜推しオタのえりや、五十嵐れお(いがらし れお)推しオタのくまさ、松山空音推しオタの基(もとい)のように、特定の眞妃推しオタは登場していません。

伯方眞妃の魅力6:何よりも水守ゆめ莉が大切!

伯方眞妃がCham Jamのメンバーで仲が良いのは、水守ゆめ莉です。ゆめ莉は、岡山ガールズフェスタに出場しなかったメンバーでしたが、眞妃の応援のために密かに会場に来ています。そしてもちろん眞妃は、ゆめ莉が会場に来ていたことに気づいており、「分かるよ。ゆめがどこにいたって分かる」と優しく伝えていました。

また、秋の運動会でゆめ莉と別々のチームになった眞妃ですが、ゆめ莉が自分のチームよりも眞妃のチームの勝敗を気にしているのを察知し、ゆめ莉に「去年は同じチームだったけど、今年は私のことなんか気にしなくていいんだからね」という優しい言葉をかけています。

推しが武道館いってくれたら死ぬ(6)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

さらに、Cham Jamの人気投票で眞妃は、ゆめ莉に前列でパフォーマンスする楽しさを知って欲しくて、密かにCDを購入してゆめ莉に票を入れています。その後、眞妃はゆめ莉に前列でパフォーマンスをさせることに成功。

そして、眞妃が購入したCDに付いていたゆめ莉の握手券で、握手する代わり、眞妃はゆめ莉と手を繋いで帰路についたというエピソードも、眞妃とゆめ莉の仲の良さをあらわしています。

伯方眞妃の魅力7:眞妃に執着する松井夏未とは?

伯方眞妃には、女性ファンの多い香川県のアイドルグループ「ステライツ」に所属している村井夏未(むらい なつみ)という従姉妹がいます。夏未は、眞妃と一緒に岡山県に遊びに来た時にスカウトされ、芸能界デビューを果たしますが眞妃と夏未は特に交流がありませんでした。

しかし、夏未がレギュラー出演しているTV番組に眞妃がゲストリポーターで出演すると、夏未は大興奮。そして、眞妃が所属している事務所の場所を調べ、眞妃に会い来るようなアグレッシブさを持つ女の子です。

そんな夏未は、ブログやCham Jamの情報などで眞妃が水守ゆめ莉と仲が良いという事実を知ると、ゆめ莉に対抗意識を持つようになります。そして、原作版「推しが武道館いってくれたら死ぬ」第6巻で、眞妃とゆめ莉が百合営業をしているという結論に至った夏未は、それを真似してかステライツのメンバー・涼菓(りょうか)と百合営業を始めています。

【おしぶど】伯方眞妃の今後の展開に注目!

推しが武道館いってくれたら死ぬ(2)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」に登場する伯方眞妃は、岡山県で活躍する地下アイドルグループ「Cham Jam」に所属している女の子です。Eカップの大きな胸と、ロングヘアが色っぽく、Cham Jamのお姉さんキャラを担当しています。

大人っぽいお姉さんキャラで、五十嵐れおや松山空音に続いて3番目の人気を誇っている眞妃ですが、彼氏や気になる人はいません。眞妃がなによりも大事にしている存在は、Cham Jamのメンバー・水守ゆめ莉です。

そんな眞妃の活躍が見たい方は、2020年1月からスタートするアニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」をぜひチェックしてくださいね!

記事にコメントするにはこちら