【美少女戦士セーラームーン】必殺技・決め台詞まとめ【オールキャラ】

カテゴリーまとめはこちら:セーラームーン

『美少女戦士セーラームーン』は1990年代に一大ブームを引き起こした大人気作品です。その人気は日本のみならず、海外にも熱狂的なファンがたくさんいるほど。今回はそんな『美少女戦士セーラームーン』シリーズに登場する10人のセーラー戦士の必殺技や決め台詞を一挙にご紹介します。

記事にコメントするにはこちら

目次

『美少女戦士セーラームーン』の必殺技・決め台詞をご紹介!

美少女戦士セーラームーンSuperS セーラー9戦士集結!ブラック・ドリーム・ホールの奇跡

『美少女戦士セーラームーン』とは、1992年~1997年にかけて少女漫画雑誌「なかよし」で連載されていた作品です。同時期にアニメも放送されており、無印『美少女戦士セーラームーン』から『R』『S』『SuperS』『セーラースターズ』とタイトルを変えて5つのシリーズを展開しました。また2014年には原作寄りの新シリーズ『Crystal』も放送されています。

今回はそこに登場する10名のセーラー戦士の必殺技や決め台詞、変身ポーズなどを振り返っていきたいと思います。あなたの好きなあのキャラはどんな技を繰り出していたでしょうか。一緒に見ていきましょう。

なお『美少女戦士セーラームーン』シリーズは原作やアニメで内容が異なるのですが、基本的に初代アニメの内容をご紹介していきたいと思います。

セーラームーン(月野うさぎ/CV.三石琴乃)

セーラームーンの決め台詞・変身ポーズ

美少女戦士セーラームーン フィギュア

まずは主人公・月野うさぎの「セーラームーン」をご紹介します。セーラームーンといえばこの変身ポーズが一番有名なのではないでしょうか。初代アニメが放送されたときはこのポーズを練習したという女の子も多いはず!決め台詞は「月に代わって、お仕置きよ!」でした。

そして変身するときのセリフですが、実はシリーズごとに微妙に異なっていたことをご存知でしょうか。無印は「ムーン・プリズムパワー、メイクアップ!」、『R』は「ムーン・クリスタルパワー、メイクアップ!」、『S』は「ムーン・コズミックパワー、メイクアップ!」、『SuperS』は「ムーン・クライシス、メイクアップ!」、『セーラースターズ』は「ムーン・エターナル、メイクアップ!」でした。

変身するためのコンパクトミラーや、変身後のコスチュームもシリーズごとに豪華になっているので、見比べてみると楽しいですよ。コンタクトミラーのおもちゃは当時の女の子たちに大人気でした。

セーラームーンの必殺技7選

美少女戦士セーラームーン 完全版(1) (なかよしコミックス)

セーラームーンの必殺技ですが、すべて合わせるとなんと24種類もあります。さすが主人公というだけあってとても多いですね。中には作中1度しか登場しなかったものもあります。ここで全部は紹介しきれないので、とくに代表的な7種類の必殺技について見ていきたいと思います。

まず最初にご紹介するのは「ムーン・ティアラ・ブーメラン」です。アニメでは「ムーン・ティアラ・アクション」という名前になっています。これは額にあるティアラを手裏剣のように投げて敵を攻撃する技で、セーラームーンが最初に使っていたものですね。そのあとムーンスティックという武器を手に入れて「ムーン・ヒーリング・エスカレーション」という技を繰り出しました。

セーラームーンの技は敵を浄化したり消滅させるものが多く、『R』では「ムーン・プリンセス・ハレーション」、『S』では「ムーン・クリスタル・パワー」「ムーン・スパイラル・ハート・アタック」、『SuperS』では「ムーン・ゴージャス・メディテイション」、『セーラースターズ』では「スターライト・ハネムーン・セラピー・キッス」という必殺技を出していました。

セーラーマーキュリー(水野亜美/CV.久川綾、金元寿子)

セーラーマーキュリーの決め台詞・変身ポーズ

美少女戦士セーラームーン セーラーマーキュリー フィギュア

次にご紹介するのは水野亜美の「セーラーマーキュリー」です。セーラームーン以外のセーラー戦士はペンやスティック、ブレスレットなどを使って変身します。IQ300もある秀才で、セーラー戦士の中でもその知性を生かして作戦を立てる役割を務めています。

変身時のセリフは「マーキュリー・パワー、メイクアップ!」「マーキュリー。スターパワー、メイクアップ!」「マーキュリー・プラネットパワー、メイクアップ!」「マーキュリー・クリスタルパワー、メイクアップ!」と変化していきます。

決め台詞は「水でもかぶって反省しなさい」が有名ですね。しかし原作や実写版ではセリフが変わっています。原作の前半では「水星に代わって、頭を冷やしてあげる」になっています。『セーラームーン』シリーズを見返すうえで決め台詞にも注目するとより楽しめちゃいますね。

セーラーマーキュリーの必殺技3選

300ピース ジグソーパズル 美少女戦士セーラームーンCrystal SAILOR MERCURY(26x38cm)

セーラーマーキュリーはチームのブレーン的な存在のため、基本的には攻撃力が低い技が多くなっています。アニメや原作では他のセーラー戦士と比べて必殺技も少ないのです。。しかしセーラーマーキュリーの必殺技をすべて見返してみると19種類もありました。これは実写やゲームのみで登場した技が非常に多くなっていたためです。

ここではセーラーマーキュリーの代表的な3つの必殺技についてご紹介します。まず最初に繰り出した技は「シャボン・スプレー」です。シャボン玉のような水の玉を敵にぶつけて攻撃します。しかし攻撃力はそこまで高くないため、相手を足止めする程度の技となっています。

『R』になるとこれの強化版として「シャボン・スプレー・フリージング」になります。「シャボン・スプレー」に、相手を凍らせる効果がプラスされています。さらに「シャボン・アクア・イリュージョン」と技も繰り出します。こちらは大量の冷たい水を敵に浴びせ、時に凍らせることもできる技となっています。

セーラーマーズ(火野レイ/CV.富沢美智恵、佐藤利奈)

セーラーマーズの決め台詞・変身ポーズ

S.H.フィギュアーツ セーラーマーズ

 

次にご紹介するのは火野レイの「セーラーマーズ」です。他のセーラー戦士はブーツなどの靴なのに対し、セーラーマーズはハイヒールを履いている点が大人っぽいですよね。

変身時のセリフは「マーズ・パワー、メイクアップ!」「マーズ・スターパワー、メイクアップ!」「マーズ・プラネットパワー、メイクアップ!」「マーズ・クリスタルパワー、メイクアップ!」と変化していきます。

決め台詞は「火星に代わって折檻よ!」でしたね。子どもには少し難しい言葉かもしれませんね。これが原作では「ハイヒールでお仕置きよ!」になります。踏まれたら痛そうですね…。アニメと原作では性格も異なりますが、勝ち気で大人っぽい点はどちらも同じなので、レイにはピッタリのセリフです。

セーラーマーズの必殺技5選

150ピース ジグソーパズル 美少女戦士セーラームーン Crystal セーラーマーズ ミニパズル(10x14.7cm)

火を使った技を得意とするセーラーマーズですが、実家が神社ということもあってお札を使った技も使うことができます。セーラーマーズの必殺技は17種ありますが、今回はその中の4種類をご紹介します。

まず最初にご紹介するのは「悪霊退散」です。アニメでは「臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前」という呪文を唱えた後にお札で相手を封印します。原作では炎技も伴うようですね。この呪文を練習した当時の女子たちも多かったのではないでしょうか。

炎技としては「ファイヤー・ソウル」があります。陰陽師のように手で印を組んで炎の玉を繰り出すのです。この技がどんどんパワーアップしていき、「バーニング・マンダラ―」では炎が曼荼羅の絵になり、「蛇火炎(マーズ・スネイク・ファイヤー)」では炎の蛇が敵に襲い掛かります。

巫女といえば弓や破魔矢を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、「マーズ・フレイム・スナイパー」という技では炎の矢も放っています。

セーラージュピター(木野まこと/CV.篠原恵美、小清水亜美)

セーラージュピターの決め台詞・変身ポーズ

美少女戦士セーラームーン Girls Memories figure of SAILOR JUPITER セーラージュピター フィギュア プライズ バンプレスト

次にご紹介するのは木野まことの「セーラージュピター」です。身長が高く、運動神経も抜群でかっこいいタイプのまことですが、実は女子力が高いという一面を持ちます。

変身時のセリフは「ジュピター・パワー、メイクアップ!」「ジュピター・スターパワー、メイクアップ!」「ジュピター・プラネットパワー、メイクアップ!」「ジュピター・クリスタルパワー、メイクアップ!」と変化していきます。

決め台詞は「しびれるくらい、後悔させるよ!」ですが、「木星に代わってヤキ入れてやるよ!」というレアなセリフもあります。亜美にヤンキーと間違われていただけあってまことらしいですが、なんとなく時代を感じますね。懐かしい気持ちになります。

セーラージュピターの必殺技4選

208ピース ジグソーパズル 美少女戦士セーラームーンCrystal SAILOR JUPITER アートクリスタルジグソー(18.2x25.7cm)

元々武闘派のまことは肉弾戦で戦うことが多いのですが、電気を使った技も繰り出します。必殺技の種類は18種類です。今回はその中から4種類をご紹介します。まず最初にご紹介するのは「シュープリーム・サンダー」です。これは雷雲からの電撃を集めて相手に打ち放つ技です。

これがどんどん進化していき、「シュープリーム・サンダー・ドラゴン」では電撃がドラゴンの姿になります。「ジュピター・ココナッツ・サイクロン」では電気と共に旋風が巻き起こり、「ジュピター・オーク・エボリューション」では電気と共にオークという植物の力を使って攻撃します。

セーラーヴィーナス(愛野美奈子/CV.深見梨加、伊藤静)

セーラーヴィーナスの決め台詞・変身ポーズ

バンプレスト 美少女戦士セーラームーン Girls Memories figure of セーラーヴィーナス

次にご紹介するのは愛野美奈子の「セーラーヴィーナス」です。セーラーヴィーナスは「セーラーV」として、セーラームーンより先に世界で活躍していました。その様子が作中でアニメや映画になっており、うさぎもセーラーVのゲームをしているシーンがあります。

そんなセーラーヴィーナスの変身時のセリフは「ヴィーナス・パワー、メイクアップ!」から「ヴィーナス・スターパワー、メイクアップ!」「ヴィーナス・プラネットパワー、メイクアップ!」「ヴィーナス・クリスタルパワー、メイクアップ!」と変化していきます。

決め台詞は「愛の天罰、落とさせていただきます!」ですが、「金星に代わって、愛の奇跡を見せてあげる!」というレアなセリフもあります。

セーラーヴィーナスの必殺技3選

208ピース ジグソーパズル 美少女戦士セーラームーンCrystal SAILOR VENUS アートクリスタルジグソー(18.2x25.7cm)

ビームでの攻撃が多いセーラーヴィーナスですが、必殺技は13種類あります。セーラーVの時の必殺技も含めるとなんと26種類もあるのです。主人公のセーラームーンの技数をも超えてしまいましたね。ここではそのうちの3種類をご紹介します。

まず最初にご紹介するのは「クレッセント・ビーム」です。名前の通りビーム攻撃なのですが、原作とアニメではその出し方に違いがあります。原作では月の光を充電したコンパクトを使用してビームを出しますが、アニメでは自分でエナジーの塊を作り出します。

このクレッセント・ビームがどんどん強化されていき、「ヴィーナス・ラブ・ミー・チェーン」になるとビームをチェーンにまとわせて攻撃します。さらに「ローリング・ハート・バイブレーション」では、ハート型のエネルギー弾を回転させながら敵に放ちます。

セーラーちびムーン(ちびうさ/CV.荒木香恵、福圓美里)

ちびうさの決め台詞・変身ポーズ

S.H.フィギュアーツ 美少女戦士セーラームーン セーラーちびムーン 約100mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア

アニメでは『R』の後半から登場するちびうさは本名が「プリンセス・うさぎ・スモールレディ・セレニティ」といいます。名前からも想像できるかもしれませんが、未来のうさぎの娘です。とある事情で未来からやってきたちびうさですが、「セーラーちびムーン」変身して共に戦うこととなります。

最初の変身時のセリフは「ムーン・プリズムパワー、メイクアップ!」でした。うさぎと同じだというのが親子らしくていいですね。そこから「ムーン・クライシス、メイクアップ!」「ピンクムーン・クリスタルパワー、メイクアップ!」と変化していきます。

決め台詞は「未来の月に代わって、お仕置きよ!」です。こちらもうさぎに寄せてきていてとても微笑ましいですね。ちびうさは当時アニメを見ている女の子たちにも近い年齢だったので、感情移入した人も多かったのではないでしょうか。

ちびうさの必殺技3選

美少女戦士セーラームーン セーラーちびムーン タペストリー ちびうさ(布製ポスター)並行輸入品

セーラーちびムーンの必殺技は10種類ありますが、今回はそこから3種類の技をご紹介します。最初にご紹介するのは「ムーン・プリンセス・ハレーション」です。なんとセーラームーンの必殺技と同じ技ですね。こちらはセーラーちびムーンが母親のムーン・ロッドを借りて同時攻撃したときの技です。時代を超えての親子攻撃、感動的なシーンですね。

そのあとは独自の必殺技を生み出しています。「ピンク・シュガー・ハート・アタック」は自分の武器からハート型のエナジーを放つ技です。さらに「トゥインクル・エール」では一角天馬(エリオス)というペガサスを召喚させます。これはセーラームーンとの連携技としても使われるものですので、とても重要な技となっています。

セーラーウラヌス(天王はるか/CV.緒方恵美、皆川純子)

セーラーウラヌスの決め台詞・変身ポーズ

美少女戦士セーラームーン Girls Memories figure of SAILOR URANUS セーラーウラヌス フィギュア

次にご紹介するのは天王はるかの「セーラーウラヌス」です。アニメでは『S』から登場しました。変身する前は男性のような振る舞いや服装をしていたため、当時見ていた女の子たちは混乱してしまったのではないでしょうか。はるかは女性ですが、男を演じているという設定です。

変身時のセリフは「ウラヌス・プラネットパワー、メイクアップ!」から「ウラヌス・クリスタルパワー、メイクアップ!」と変わっていきました。

決め台詞は「天王星の風騒ぐ、新たな時代に誘われて、セーラーウラヌス、華麗に活躍」です。「新たな時代」というのが良いですね。セーラーウラヌスも含め、これから紹介するセーラー戦士は外部太陽系戦士と呼ばれています。そのキャラたちが登場してから雰囲気がガラリと変わりました。

セーラーウラヌスの必殺技3選

品 セーラームーン カード Q-pot ノベルティ キューポット 天王はるか ウラヌス

セーラーウラヌスの必殺技は9種類ありますが、今回はその中から3種類の技をご紹介します。まず最初にご紹介するのは「天界震(ワールド・シェイキング)」です。アニメと原作では技の効果が異なっているのですが、アニメでは地面を叩きつけて地割れを起こさせるような技です。原作では超振動波を繰り出す技となっています。

次は「宇宙剣乱風(スペース・ソード・ブラスター)」です。これは外部太陽系戦士にのみ与えられている「魔具(タスマリン)」を使用した技です。セーラーウラヌスのタスマリンである「宇宙の剣(スペース・ソード)」を使用し、風を味方にして戦います。「宇宙乱気流(スペース・タービュレンス)」では気流の渦も引き起こします。

セーラーネプチューン(海王みちる/CV.勝生真沙子、大原さやか)

セーラーネプチューンの決め台詞・変身ポーズ

美少女戦士セーラームーン Girls Memories figure of SAILOR NEPTUNE セーラーネプチューン フィギュア プライズ バンプレスト

次にご紹介するのは海王みちるの「セーラーネプチューン」です。アニメでは『S』から登場しています。はるかの良きパートナーで、まるで百合カップルのような絡みが特徴的です。海外では、同性愛を思わせる表現を軽減するために従姉妹という設定にするほど少し刺激的でした。

変身時のセリフは「ネプチューン・プラネットパワー、メイクアップ!」から「ネプチューン・クリスタルパワー、メイクアップ!」に変化していきました。

決め台詞は「海王星の潮騒ぐ、新たな時代に誘われて、セーラーネプチューン、優雅に活躍」です。言葉のリズムがはるかと似ているのがなんとも尊いですね。2人が一緒にいるシーンが好きだった方も多いのではないでしょうか。わたしも「よくごっこ遊びをしたな」と思い出しました。

セーラーネプチューンの必殺技3選

美少女戦士セーラームーン セーラーネプチューン タペストリー 海王みちる(布製ポスター)並行輸入品

セーラーネプチューンの必殺技は9種類ありますが、今回はその中から3種類の技をご紹介します。まず最初にご紹介するのは「深水没(ディープ・サブマージ)」です。この技は大津波を引き起こし、水圧で相手にダメージを与えていきます。凍らせるタイプのセーラーマーキュリーとは異なり、セーラーネプチューンは圧力で勝負を仕掛けていきます。

また、タスマリンを使った必殺技には「深海鏡射(サブマリン・リフレクション)」があります。セーラーネプチューンのタスマリンは「深海の鏡(ディープ・アクア・ミラー)」。ここから光を放って敵を攻撃します。また、得意のバイオリンを弾いて「深海提琴潮流(サブマリン・ヴィオロン・タイド)」という技も繰り出します。

セーラープルート(冥王せつな/CV.川島千代子、前田愛)

セーラープルートの決め台詞・変身ポーズ

美少女戦士セーラームーン セーラープルート フィギュア

次に紹介するのは冥王せつなの「セーラープルート」です。彼女は、時空を司る神・クロノスの血を引く者として、たった一人で「時空の扉」を守ってきました。アニメでは『R』の途中から登場しています。原作では一度禁忌を犯して死亡し、冥王せつなとして転生するという描写がありますが、アニメではそのような設定はありません。

変身時のセリフは「プルート・プラネットパワー、メイクアップ!」から「プルート・クリスタルパワー、メイクアップ!」に変化していきます。

セーラー戦士としては珍しく決め台詞が無いのですが、セーラーウラヌスやセーラーネプチューンと共に登場する際に「時空の星、冥王星を守護に持つ、変革の戦士セーラープルート」というセリフを言っています。

セーラープルートの必殺技4選

『美少女戦士セーラームーン×TeNQ企画展』 缶バッジ (セーラープルート [冥王せつな]) TeNQ(テンキュー) オリジナルグッズ セーラームーン

セーラープルートの必殺技は全部で10種類ありますが、今回はそのうちの4種類をご紹介します。セーラープルートの必殺技は主にタスマリンである「時空の杖(ガーネット・ロッド)」やその先に付いている「時空の珠(ガーネットオーブ)」を使用しています。

「時空の扉」の番人であるセーラープルートは、先代のクイーン・セレニティから3つの禁忌を承っていました。それは「1.時間を移動するべからず」「2.守るべき扉から決して離れるべからず」「3.時間を停めるべからず」というものです。セーラープルートはその中の最大の禁忌である時間を停める技「時間よ止まれ(タイム・ストップ)」を使ってしまいました。これにより原作では1度死亡しています。

この他の必殺技には、タスマリンを使って竜巻を繰り出す「時空嵐撃(クロノス・タイフーン)」、球体状のバリアを張る「時空球(ガーネット・ボール)」、異世界同士の通路を封印する「冥空封印(ダーク・ドーム・クローズ)」というものがあります。

セーラーサターン(土萠ほたる/CV.皆口裕子、藤井ゆきよ)

セーラーサターンの決め台詞・変身ポーズ

S.H.フィギュアーツ セーラーサターン

最後にご紹介するのは土萠ほたるの「セーラーサターン」です。初登場は『S』の後半でした。父子家庭で病弱なほたるは、以前にビル火災に巻き込まれた経験があります。原作ではそこで母親を失い、さらに自身の命を取り留めるためにサイボーグ化もさせられてしまいました。戦いの中で命を落としますが、再び赤子として転生します。

テレビアニメではセーラー戦士の中で唯一変身シーンが描かれていませんが、原作や『Crystal』、ゲームでは見ることができます。変身時のセリフは「サターン・プラネットパワー、メイクアップ!」から「サターン・クリスタルパワー、メイクアップ!」に変化していきます。

決め台詞は「沈黙の星、土星を守護に持つ、破滅と誕生の戦士セーラーサターン」です。

セーラーサターンの必殺技3選

美少女戦士セーラームーン セーラーサターン タペストリー 土萠ほたる(布製ポスター)並行輸入品

セーラーサターンは「破滅と誕生の戦士」と呼ばれており、当初は「覚醒すると世界が破滅してしまう」と思われていました。そのため外部太陽系の3人に命を狙われていたこともあります。そんなセーラーサターンはタスマリンよりも強力な「沈黙の鎌(サイレンス・グレイブ)」を使って攻撃します。

セーラーサターンの必殺技は8種類ありますが、今回はそこから3種類をご紹介します。まずご紹介するのは「死世界変革(デス・リボーン・レボリューション)」。この技は世界そのものを消滅させてしまう禁断の技とされています。その他、「不動城壁(サイレンス・ウォール)」というバリア技や、「沈黙鎌奇襲(サイレンス・グレイブ・サプライズ)」という電撃技を持ちます。

『美少女戦士セーラームーン』にはかっこいいキャラがたくさん!

美少女戦士セーラームーンR

ここまでセーラー戦士たちの必殺技や決め台詞、変身ポーズをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。『美少女戦士セーラームーン』シリーズは、各メディアによって内容やセリフ、技も変わってくるのでとても見ごたえのある作品となっています。それぞれの設定の違いを比べてみるのもおもしろいのではないでしょうか。

この機会に、あなたのお気に入りのシリーズを見返してみてはいかがでしょうか。今まで見たことが無かったシリーズに挑戦してみるのもおすすめですよ。

記事にコメントするにはこちら