【呪術廻戦】五条悟に最強説!?過去と素顔を暴くエピソード&考察まとめ

アニメ化が決定し、ますます盛り上がりを見せる「呪術廻戦」。人気キャラクター・五条悟のプロフィールや必殺技、過去や正体の考察を【ネタバレ込み】でご紹介します!

五条悟のプロフィール!年齢は?性格は?

呪術廻戦 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

本名 五条 悟(ごじょう さとる)
年齢 28歳
誕生日 12月7日
身長 190cm以上
所属 東京都立呪術高等専門学校1年担任
等級 特級呪術師
好きな食べ物 甘いもの
イメージソング ASIAN KUNG-FU GENERATION「未だ見ぬ明日に」
Avicii「Shame On Me」

五条悟(ごじょうさとる)は、東京都立呪術高等専門学校(都立呪術高専)で1年生の担任を務める人物。呪術廻戦の主人公である「虎杖悠仁(いたどりゆうじ)」の担任です。

View this post on Instagram

simple edit ??

A post shared by Jujutsu Kaisen (@gojousatoru) on

黒い布やサングラスで目隠しをしているビジュアルが特徴的で、性格はマイペース。軽いノリと遅刻癖で、いつも虎杖悠仁や釘崎野薔薇、伏黒恵たちを困らせています。

現在の呪術界を「腐ったミカンのバーゲンセール」と揶揄して嫌っており、上層部が虎杖悠仁に死刑を言い渡した際には、「上の連中全員殺してしまおうか?」と言い放つシーンが印象的です。五条悟が呪術高専の教師となったのも、そんな呪術界を変えるためなんだとか。

しかし。若い呪術師たちには期待を込めて接しており、とくに3年生の秤、2年生の乙骨優太、そして虎杖悠仁に対しては「僕に並ぶ術師になる」と評価しており、成長を見守っています。

五条悟は無限を操る最強能力の持ち主

作中で「最強」と謳われる五条悟ですが、その理由は彼の扱う術式「「無下限呪術」(むかげんじゅじゅつ)」にあります。無下限呪術とは、「無限」を現実化させる術式。

五条悟は周りに無限を作り出すことで、相手は五条悟に近付こうとすればするほど遅く、そして遠くなっていき、触れることすらできない、といった状況に陥ります。

打撃はもちろん、飛び道具や呪術による攻撃も五条悟には届かない…まさに無下限呪術は「絶対防御」の術式なのです。

五条悟の持つ「六眼」は呪力や術式を見破れる

六眼(ろくげん)は五条悟が持って生まれた特別な眼であり、呪力の探知や相手の術式の看破などが可能になる特別な眼です。

また六眼は、緻密な呪力コントロールが必要な無下限呪術の発動にも必要不可欠。「無下限呪術は五条悟以外にも持つものがいる」と言われていますが、未だ五条悟以外に無下限呪術を扱えるものはいません。それは五条悟以外の人間が、この六眼を有していないからなんですよ。

ちなみに無下限術式と六眼の両方を持っている五条悟は、呪術界で数百年ぶりの逸材なのだそう。

術式反転「赫(あか)」

六眼によって無下限呪術を自由に操れる五条悟は、無下限呪術を用いた必殺技も使用します。まずご紹介するのは、術式順転「赫」。

術式順転「赫」は、無下限術式の「近づくほどに遠くなって触れられない」という性質を逆転させ、触れた瞬間に相手を吹っ飛ばす「虚空」を生み出す術式です。

この威力はすさまじく、特級呪霊すら簡単に吹き飛ばしていました。

術式順転「蒼(あお)」

術式順転「蒼」は、無下限呪術の「近づくほどに遠くなって触れられない」という性質を強化、そして球体状に集約して出現させる術式です。近くにあるものを吸い込み、触れた対象は建物・人間・呪霊、どんなものも空間ごと抉り取ります。

虚式「茈(むらさき)」

虚式「茈」は、「赫」と「蒼」を組み合わせた技。蒼で生み出した球体を、赫の吹っ飛ばす力を利用して放つ攻撃です。茈を使用する五条悟自身も「少し乱暴」と言っている強力な技で、実際に茈を受けた伏黒父は、左肩から脇腹のあたりまで抉り取られ、瀕死の重傷を負いました。

五条悟の領域展開「無量空処(むりょうくうしょ)」

領域展開というのは、呪術廻戦における奥義のようなもの。五条悟の無量空処は、無限の中に相手を閉じ込め、相手に「知覚→伝達」のサイクルを強制させる領域展開です。

「知覚→伝達→”行動”」と最終的に行動に移るのが本来のサイクルですが、情報の”伝達”が完結しないために、無量空処をくらった相手は永遠に行動できなくなってしまいます。

つまり相手を一度無量空処で閉じ込めてしまえば、どんなに恐ろしい能力を持った相手でも完全に無力化が可能。無量空処は成功した時点で五条悟の勝ちが確定してしまう、まさにチート級の奥義なのです。

反転術式を用いて自己回復もできる

反転術式とは、「マイナスエネルギー」である呪力を掛け合わせて、「プラスエネルギー」を生み出す術式。反転術式で生まれたプラスエネルギーは、人間を治癒する効果があります。

五条悟はこの反転術式を自動化しており、いかなる場面で攻撃を受けても首を飛ばされない限りは死ぬことがないそうです。

五条悟は性格や能力がNARUTOのカカシ先生に似ている

五条悟は「NARUTOの”はたけカカシ”に似ている」と言われています。ここからは、多くの共通点を持つ2人がどれくらい似ているのかを検証していきましょう!

目隠しをした見た目と特別な眼

まずは見た目。カカシも五条悟も、お互い目隠しをしており、確かにそのビジュアルには既視感があります。また2人が目隠しをしている理由は、カカシは「写輪眼」、五条悟は「六眼」を持っているため。敵と遭遇すれば目隠しを外して戦う、といった戦闘スタイルも似ていますね。

主人公の指導者である

2つ目は2人の役割です。カカシは「ナルト」たちを指導する上忍であり、五条悟も「虎杖悠仁」たちを指導する特級術師。つまり2人とも主人公を指導する先生です。

マイペースで遅刻癖のある性格

カカシと五条悟は性格まで瓜二つ。マイペースでつかみどころがない点はもちろん、「遅刻癖」があるところまで一緒です。

これは性格と言えるか分かりませんが、「ピンチのときにはカッコよく真面目に戦う」というギャップがあるところも、2人の共通点と言えるでしょう。

必殺技が似ている

カカシの必殺技といえば、写輪眼を用いた瞳術「神威(カムイ)」。視界に映った相手を異世界に強制転移させ、部分的(腕や足)に命中させれば、当たった部分を空間ごと抉り取ることも可能です。

対して五条悟の必殺技は無下限呪術。こちらも虚式「茈」で相手を空間ごと抉り取ったり、術式展開「無量空処」によって生み出した別次元に閉じ込めることができます。

改めてみると、2人には共通点が盛りだくさん!実際に呪術廻戦の作者「芥見下々」先生も、

「影響を受けた方は漫画家さんだと数えきれない」

「いい意味でも悪い意味でも既視感が多いと思います」

と、コメントしています。芥見先生のいう”影響を受けた漫画家”の1人が、NARUTOの作者「岸本斉史」先生なのかもしれませんね。

五条悟は過去に一度死亡している?

 

最強と謳われている五条悟ですが、過去には1度「死んだのでは…?」と思わせるエピソードがありました。それは呪術廻戦の前日譚である「東京都立呪術専門高等専門学校」でのエピソード。伏黒恵の父である、「伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)」と戦ったときのことです。

五条悟は伏黒父の不意打ちにより死亡…?

伏黒甚爾は、「術師殺し」の異名を持つ、お金で殺しの依頼を受ける殺し屋。お互い一歩も譲らない激闘を繰り広げますが、一瞬の隙をつかれた五条悟は、伏黒甚爾の持つ特級呪具「天逆鉾(あまのさかほこ)」で喉を突き刺されてしまいます。

天逆鉾は、発動中の術式を強制的に解除する効果がある呪具。普段は無下限呪術の効果によって、相手に触れられることすらない五条悟でも、天逆鉾による攻撃は守るすべがありませんでした。

その後、伏黒甚爾は喉だけに止まらず、胸や足など身体中をメッタ刺し。最後は五条の額にナイフを突き刺し、五条悟は血の海の上へ倒れ込んでしまうのです…。

死亡したと思われた五条悟が復活!術式反転を会得していた

五条悟を倒し、自身の任務を遂行していた伏黒甚爾。すべての任務を終えて帰ろうとしたそのとき「よぉ久しぶり」と、目の前に五条悟が現れるのです!

天逆鉾によって無下限呪術を無効化され、メッタ刺しされた五条悟。確実に死に至るダメージを受けていたはずですが、「死に際で呪力の核心(反転術式)をつかんだ」と、死に至る直前に反転術式を会得していたのです。

おさらいすると、反転術式はマイナスエネルギーである呪力を掛け合わせて、治癒効果のあるプラスエネルギーに変換する技。この反転術式によって致命傷を負った五条悟は死ぬことなく、回復を果たせたのですね。

五条悟と伏黒甚爾の再戦!虚式「茈」初披露

そして五条悟と伏黒甚爾のリベンジマッチ。伏黒甚爾は無下限術式「赫」「蒼」の射程範囲外から攻撃すべく、天逆鉾に鎖を巻きつけ、リーチを伸ばして攻撃。

しかし五条悟はここで、虚式「茈」を発動。無下限呪術の射程外だと油断していた伏黒甚爾は、左の脇腹から腕のあたりをごっそり抉り取られ、敗北するのです。

夏油傑と五条悟は同期で親友だった

夏油傑(げとうすぐる)は、呪術師でありながら呪霊と手を組み、五条悟を封印、そしてすべての非術師(一般人)を皆殺しにしようといている、最悪の人間です。

そんな夏油傑ですが、実は元呪術高専の生徒。五条悟とは同級生であり、「たった1人の親友」と信頼しあう仲だったんです。呪術は人間を守るためにあると考える優しい人物でしたが、人が死んでも笑顔でいる人間がいることを知って、嫌悪感を抱くように…。

そのその結果、夏油傑は自分の肉親もろとも100人以上の人間を惨殺し、村を壊滅。それが原因で呪術高専を追放となり、呪霊たちと手を組む今の夏油傑となったのです。

今後、五条悟と夏油傑は必ず戦うときがくるでしょう。もとは同級生であり親友だった2人。彼らの戦いがどんな結果になるのか、今からとても楽しみですね。

【考察】五条悟が敵である可能性

View this post on Instagram

. すき。

A post shared by ちこii (@ti_ko__2) on

主人公たちの頼れる先生であり、作中最強の呼び声高い五条悟ですが、数々の行動から「五条悟は敵なのでは…?」という考察が飛び交っています。

五条悟が敵である可能性1.一般人を危険に晒すことが多い

五条悟は、

「呪いの蔓延する廃ビルに迷い込んでしまった子供を放置」

「呪いに取り込まれている小学生を助けず監視」

など、一般人を危険に晒している描写がいくつかあります。どちらも”あえて”やったことで、結果的に被害は出ずに済みましたが、通常の感覚なら子供を囮に使うような行動はあり得ませんよね。

五条悟が敵である可能性2.呪霊が強化される状況を喜んでいた

五条悟は、「呪術協会の上層部がしょーもない地位や伝統のために塞き止めていた力の波」が押し寄せて、呪術師、そして呪霊が強化されていることを喜んでいました。

呪術師の力が強化されるのは良しとして、呪霊まで強化されてしまうのは、人間にとって良くないこと。いくら呪術師も強くなるとはいえ、呪霊による被害が増えてしまう可能性は高いですからね。

仮に呪術協会の上層部が、本当に”しょーもない地位や伝統のため”に力の波を抑制していたとしても、結果的には呪霊の力も封じ込めていました。その力の波が解放されてしまいつつある状況を100%喜べてしまう五条悟は、本当に人間側の人物なのでしょうか…?

五条悟は夏油傑と同じ思想を抱いているのでは?

上記の「五条悟が敵である可能性」2つを交えて考えると見えてくる五条悟の思想は「呪術協会が塞ぎ止める力の波を解放することで、呪術師の強化、そして霊長の進化を促す」というものなのではないでしょうか。

これは呪術師でありながら呪いと手を組んでいる夏油傑の、「強者(呪術師)が弱者(非術師)に適応しているせいで、霊長の進化が止まっている」という思想に似ています。

夏油傑は非術師を皆殺しにしようとしているために、五条悟はこの考えを「イカれた思想」と一蹴しました。しかしやり方は違えど、五条悟と夏油傑が目指す未来は一緒なのではないでしょうか。

五条悟は、非術師を皆殺しにしようとまでは思っていなくとも、

「どんなに強力な呪霊が生まれても、それ以上に強力な術師が払えばいい」

「その間に出てしまう被害は仕方がない」

と思っているんです。

この「目的のためなら多少の犠牲は仕方がない」という考え方の持ち主であれば、子供を囮にしたりした行動にも納得がいきますよね。五条悟が呪術高専の教師になったのも、”強力な術師”を育てるためなのではないでしょうか。

アニメ「呪術廻戦」で五条悟の声優を務めるのは中村悠一

呪術廻戦はアニメ化が決定しており、五条悟の声を演じるのは声優の「中村悠一」さんです。

中村悠一さんは、「CLANNAD(クラナド)」の岡崎朋也や「おそ松さん」の松野カラ松、「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」のブローノ・ブチャラティなどの声を務めた大人気声優。

2019年のアニメでは「PSYCHO-PASS」3期の炯・ミハイル・イグナトフ、「Dr.STONE」の獅子王司なども演じていました。

最強の五条悟はラスボス?今後の呪術廻戦から目が離せない!

今回はアニメ化も決まっている大人気マンガ「呪術廻戦」から、主人公たちの先生である五条悟について、彼のプロフィールや必殺技、過去についてご紹介しました。とにかく強くて頼もしい五条悟ですが、敵である可能性も濃厚…。今後の展開が楽しみで仕方がありません!

気になる方はぜひ、アニメが始まる前に原作を読んでみてくださいね。