【チェンソーマン】全キャラクター&登場人物まとめ!【2020最新版】

カテゴリーまとめはこちら:チェンソーマン

【ネタバレ注意】週刊少年ジャンプで好評連載中の「チェンソーマン」。人気の秘密は個性豊かなキャラクター達にあり!人気キャラであるデンジやパワー、アキ先輩やマキマさんはもちろん、ちょっとマイナーなキャラクターのプロフィールまで詳しくご紹介します。

記事にコメントするにはこちら

【チェンソーマン】とは?

チェンソーマン 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

チェンソーマンは「ファイアパンチ」などで知られる藤本タツキが手がけるファンタジーアクション漫画「週刊少年ジャンプ」で2019年1号から連載され、2020年1月時点で単行本1~5巻が好評発売中です。

「悪魔」と呼ばれる存在がいる世界が舞台となっており、父親が遺した多額の借金のせいで貧乏な生活を送っていた主人公・デンジは、悪魔を駆除するデビルハンターの職で、なんとか生計を立てていました。

しかし、悪魔に騙され一度死んだことにより、少年と悪魔が合体し「チェンソーマン」として復活。その後、公安のデビルハンターとなって個性豊かなキャラクター達と協力しながら悪魔を退治していくストーリーです。

ポジティブ童貞主人公・デンジ

チェンソーマン 5 (ジャンプコミックスDIGITAL)

デンジは、チェンソーマンの主人公で16歳の少年です。死別した父親の借金をヤクザに肩代わりさせられたため、幼い頃から働いていて自分の臓器をも切り売りしていました。

ずっと極貧生活をしていて、学校にも行っていないため教養も学力もないですが、小さい頃から苦労してきたおかげかやけに肝が座っていてタフな性格。また、非常に明るく自分に素直で、特に可愛い女の子への好意と嫌いな人に対しての敵意は全く隠しません

デンジはチェンソーの悪魔になれる

デンジは、借金の返済がなかなかできず死のうとしていた時に瀕死だった悪魔・ポチタと出会い、血を与えたことで契約を交わします。それ以降はヤクザに仕事を回してもらい、デビルハンターとして働くことで生計を立てていました。

しかし、そのヤクザがゾンビの悪魔に取り憑かれてデンジは殺されてしまいます。その時にポチタがデンジの心臓に寄生したことによって復活し、デンジはチェンソーの悪魔へと変身する能力を得ました。

その後、悪魔とヤクザを皆殺しにしたあと、マキマに拾われて公安に所属するデビルハンターとなるのです!

デンジと契約した悪魔・ポチタ

ポチタはデンジの瀕死を救ったチェンソーの悪魔です。犬に似た姿をしていて、頭に生えたチェンソーで木を切ったり悪魔を倒したりすることができます。デンジと合体する前は基本的に「ワン」と鳴き、意思疎通もできていて仲良く暮らしていました。

デンジが死んだ後は、デンジの心臓となる代わりにデンジの夢を見させてもらうという契約を交わしてデンジと一心同体に。そのためデンジの胸から生えているスターターグリップはポチタの尻尾になっています。

小悪魔美人エリート・マキマ

マキマは、公安退魔特異課を取り仕切る美人な女性で、内閣官房長官直属のデビルハンターという超エリート。デンジの才能を見出し公安のデビルハンターとしてスカウトした、いわばデンジの命の恩人です。

デンジには、自分の犬として飼われる事と引き換えに彼に職と食事を与えました。(しかし公安を辞めるか問題を起こした場合はデンジのことを殺処分にするという条件付き

マキマが契約している悪魔は?

マキマの契約している悪魔はまだ明らかになっていませんが、「悪魔と人間の匂いがわかる特殊能力」「遠隔で人間を圧潰して殺すことができる」「銃撃されても死なない」「睨み付けるだけで相手の顔面から出血させられる」など、かなりハイスペックな能力です。

基本的には優しく寛容ですがしたたかでシビアな発言が目立ち、冷静を通り越して冷徹でなんでもハッキリ言う一面もあるので悪魔より怖いといわれることもまた、とにかく美人でスタイルもよく、小悪魔な言動でデンジを翻弄するマドンナ的存在です。

我が名は「パワー」!愛猫はニャーコ

チェンソーマン 2 (ジャンプコミックス)

パワーはデンジの同僚のデビルハンターで、ファンからは「パワーちゃん」の相性で親しまれています。「血の悪魔」が人間の死体に憑依した「魔人」と呼ばれる存在で頭にはツノが生えているのが特徴。

ちなみに、見た目はとてもかわいらしい美少女ですが、一人称は「ワシ」でなぜか広島弁。理性を手に入れた魔人のため公安で働いていますが、トイレを流さず風呂にもなかなか入らないなど非常識な行動が目立ち、短絡的で協調性もあまりないです。

とても大切に飼っていた猫「ニャーコ」を悪魔にさらわれてしまったことからデビルハンターになり、いつか戦って取り返すことを目標としていました。

血を操ることができ、血を固めて武器を生成することも可能。また、悪魔であった頃はかなり有名だったため、匂いで他の悪魔が逃げてしまうという悩みがあります。

パワーちゃんをもっと知りたいならこの記事

【チェンソーマン】パワーの胸はパッドで虚言癖?プロフィールまとめ

パワーのプロフィール!角が生えた魔人で老人語を話す

本名
パワー

種族
魔人

所属

早川アキ先輩は悪魔も認めたイケメン

チェンソーマン コミック 1-4巻セット

早川アキは、デンジより3年先輩の公安退魔特異4課に所属するデビルハンターです。銃の悪魔に家族を殺された過去があり、悪魔を酷く憎んで強い復讐心を持っています。そのため能天気にデビルハンターをしているデンジには厳しく接していますが、戦力としては期待しているよう。

早川アキもデンジと同じようにマキマに命を救われていて、恋心を抱いています。復讐に燃えるあまり自分の命を軽視してしまうところがあるようで、作中では代償の重い危険な悪魔と契約しました。狐の悪魔とは、自身の皮膚を食わせる条件で契約しました。

また3度刺すと対象を殺せる代償に寿命が縮むという呪いの悪魔の力が宿る刀・カースを持っています。サムライソードとの戦いを終えたあと、寿命が残り2年にまで縮まってしまったため、さらに未来の悪魔と”右目に住まわせる”という条件で契約を交わしました。

早川アキをもっと知りたいならこの記事

【チェンソーマン】早川アキ先輩の寿命は?ネタバレ&考察まとめ

早川アキのプロフィール!年齢は?能力は?

本名
早川アキ(はやかわ あき)

年齢
?(デンジよ…

デンジのファーストキスの相手・姫野

チェンソーマン 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

姫野はデンジの先輩で早川アキのバディをしているデビルハンターです。右目を幽霊の悪魔に喰わせて契約を結んでいて、不可視の腕を自由自在に操ることができます。デビルハンターとしての経歴は長いのですが、過去に姫野と組んだバディ5人が全員殉職しているという経験も。

明るくノリのいい性格で、男女問わずやたらスキンシップをする癖があり、特に酔っぱらうと誰とでもキスをしてしまう癖があり、デンジのファーストキスを奪った人物でもあります

巨乳な上に美人だったので、ファンからの人気も厚いキャラクターでしたが、サムライソード襲撃の際に全身を幽霊の悪魔に捧げて死亡しました

東山コベニ&荒井ヒロカズ

東山コベニはデンジの同僚で新人のデビルハンター。貧乏な9人兄妹の末っ子で、お金のために風俗に行くかデビルハンターになるしかなかったそう。臆病な性格でおどおどしていますが、「引っ込み思案だが動ける」と評され、対人戦闘力は非常に高いです。

荒井博一は、デンジの同僚で新人のデビルハンターです。姫野には「実力不足だけどやる気は十分」と言われていて、行動が空回りしているタイプのキャラクター。狐の悪魔と契約しています。

堅物で真面目かつ優しい性格で、当初はデンジのことを嫌っていましたが、永遠の悪魔との戦いでデンジに助けられたことでデンジを認めました。

天使の悪魔

天使の悪魔は公安に所属する悪魔で、早川アキのバディです。

中性的な天使の姿をしていますが、性別は男性。特殊な悪魔で、人に危害は加えないですが直接触れると寿命を吸い取って武器に変える能力を使うことができます。「人間は苦しんで死ぬべき」という人に対する嫌悪感を持っているよう。

ビーム

ビームは公安に所属するサメの魔人です。

頭上の半分がサメの頭に擬態していて、戦闘時には頭全体が巨大サメに変身して、壁や地中を潜ってすり抜けることができます。普段は非常に凶暴で会話もできないのですが、なぜかデンジには懐いていて子犬のようにじゃれています。

未来の悪魔

未来の悪魔は公安に囚われている悪魔です。

お腹に頭を入れるとその者の未来が見えるという悪魔で、契約者の未来に応じて契約の対価を決めます。ちなみに、公安では2人が契約済み。

姫野と早川アキの師匠・岸辺

岸辺は公安の指導者で、初老の男性姫野と早川アキの師匠でもあります。多くのデビルハンターを指導していることから先生と呼ばれています。最強のデビルハンターを自負していますが、常時飲酒しているアルコール中毒者。しかし戦闘能力は本当に高いようです。

公安対魔特異課退魔2課:野茂

野茂は早川アキの先輩で、狐の悪魔と契約しているデビルハンターです。右頬から口にかけて大きな傷痕があります。早川アキに期待していて、自分が副隊長になったら早川アキを2課に引き抜こうと言っていましたが、レゼの襲撃にあった際に死亡してしまいました。

公安対魔特異課退魔2課:加藤/田辺

加藤と田辺はカビの悪魔と契約しているデビルハンターです。遠隔で相手の内臓にカビを生やすという必殺戦法を持っていますが、レゼの襲撃を防げず消息不明になっていしまいました。

公安対魔特異課退魔2課:副隊長

副隊長は狐の悪魔と契約しているデビルハンターです。戦闘中に合コンの心配をするなどお調子者でしたが、レゼの襲撃にあって死亡しました。

最強の敵・サムライソード

サムライソードはデンジを雇っていたヤクザの孫です。サムライソードはあだ名で本名は不明。刀の悪魔を心臓にすまわせる契約をしていて、人間でも悪魔でもないデンジと同じような存在です。腕を引き抜いて、仕込まれた刀を抜刀するとサムライソードに変身します。なんと殺しても復活でき、ものすごい速さで対象を両断することができます。

デンジを誘惑した敵・レゼ

レゼはデンジが街で出会った女の子です。

喫茶店でアルバイトをする女学生で、やたらとデンジにアプローチしてきたため、デンジはイチコロ。しかし、実は銃の悪魔の仲間「ボム」に変身するソ連の「モルモット」の一員で、デンジの心臓を奪うために近づいてきたのでした。レゼもデンジと同じ悪魔でも人間でもない存在で、首についたピンを引き抜くことで爆発し攻撃と高速移動ができます。

レゼをもっと知りたいならこの記事

【チェンソーマン 】レゼ(レジェ)は死亡した?ネタバレ&考察まとめ

レゼ(レジェ)とは?プロフィールまとめ
https://twitter.com/DTcztOqsBxrn8XN/status…

 

沢渡アカネ

沢渡アカネは民間のデビルハンターで、自身の爪などを代償にヘビの悪魔と契約しています。銃の悪魔と契約しデンジを雇っていたヤクザに銃を流し、サムライソードを改造して公安へ襲撃させた張本人です。捕らえられた後は口封じのためかヘビの悪魔の力で死亡しました。

台風の悪魔

台風の悪魔は巨大な赤子の姿をしていて、その破壊力は悪魔の中では最強ともいえます。銃の悪魔の仲間でデンジの心臓を狙いに来た暗殺者が契約していた悪魔でした。公安の部隊に死を覚悟させるほどの苦戦をさせますが、デンジとビームによってバラバラにされました。

ゾンビの悪魔

ゾンビの悪魔はヤクザと契約した悪魔でデンジとポチタが融合するきっかけとなった悪魔です。契約すると人間をゾンビに変え、操ることができます。デビルハンターを抹消することを使命としていたようですが、チェンソー化したデンジに抹消されました。

筋肉の悪魔

筋肉の悪魔はデンジが公安のデビルハンターとなってから初めて戦った悪魔でした。全身が筋肉のようになっていて、触れたものの筋肉を操ることができる悪魔です。登場時には女の子の体を乗っ取ってデンジを誘い出しました。

コウモリの悪魔とヒルの悪魔

コウモリの悪魔はニャーコを人質にとり、パワーに人間の血を引き換えにしようという取引を持ちかけた悪魔です。ヒルの悪魔はコウモリの悪魔の恋人です。早川アキが呼び出した狐の悪魔によって飲み込まれ抹消されました。

狐の悪魔

狐の悪魔は人間に協力的な悪魔で、多くの人間と契約しています。手で狐の形をつくり「コン」と唱えることで現れ、対象を食いちぎります。

永遠の悪魔

永遠の悪魔は銃の悪魔の肉片を食べた悪魔です。空間と時間を支配することができ、ダメージを与えても無限に増殖します。しかし痛みは感じるため、デンジたちに攻撃され続けた結果、自ら殺してくれと心臓と差し出しました。

銃の悪魔

銃の悪魔は悪魔の中で最強と言われ、圧倒的な強さを誇る悪魔です。13年前に米国に出現、世界中を数秒ごとに駆け巡り、その一瞬で120万人近くを殺しました。そのため多くのデビルハンターが銃の悪魔への復讐心をもっています。

円は公安に所属のデビルハンターだった男性です。特異課が狙われた襲撃の際に生き残りましたが、後に辞表を出していなくなりました。

黒瀬と天童

黒瀬は京都府の公安に所属するデビルハンターの男性です。元々は早川アキなどと同じように銃の悪魔に恨みを持ってデビルハンターになったようですが、現在は一線ではなくサポート役として公安にいます。天童は黒瀬とともに特異4課の指導に来た女性のデビルハンターです。

【チェンソーマン】これからの展開に目が離せない!

チェンソーマンのキャラクターについて紹介してきました。様々なキャラクターがいますが、どのキャラクターも個性が強いですね。すでに死んでしまったキャラクターもいますが、どのキャラクターもかなり印象的でした。

チェンソーマンはまこれからもどんどん悪魔や魔人などが増えていきそうで楽しみな作品。アニメ化も決定し、ますます盛り上がりを見せるチェンソーマンの展開から目が離せません!

あなたにオススメの記事

【1巻〜最新刊ネタバレ】チェンソーマンのあらすじ&ストーリーまとめ

「チェンソーマン」とは?

2019年から集英社「週刊少年ジャンプ」で連載されている「チェンソーマン」は、漫画家・藤本…

記事にコメントするにはこちら