【怪物事変】夏羽(泥田坊)の過去と正体は?ネタバレ&考察まとめ

カテゴリーまとめはこちら:怪物事変

漫画家・藍本松先生が描く「怪物事変」は、人間と屍鬼の間に生まれた半妖・夏羽が、行方不明になっている両親の手がかりを探し求め、仲間と怪物屋としてさまざまな事件を解決するオカルトファンタジーマンガです。今回はそんな「怪物事変」の主人公・夏羽の過去など詳しいプロフィールをまとめてみました。

記事にコメントするにはこちら

アニメ化決定!大注目の「怪物事変」とは?

怪物事変 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

2017年から集英社の「ジャンプSQ.(スクエア)」で連載している「怪物事変(けものじへん)」は、漫画家・藍本松(あいもと しょう)先生が描くオカルトファンタジーマンガです。2020年1月時点で第9巻まで刊行され、最新巻の第10巻は2020年3月に発売が予定されています。

また、2019年12月21日に幕張メッセで開催された「ジャンプフェスタ2020」で、「怪物事変」のアニメ化が発表されました!2020年1月時点では、アニメ「怪物事変」の放送日やキャストなどの詳細は未発表となっていますが、放送が楽しみですね。

そんな「怪物事変」の主人公・夏羽は、血を持たない鬼「屍鬼(クーラー)」と人間の間で生まれた半妖の男の子。夏羽が幼い頃に行方が分からなくなった両親の手がかりを探すため、怪物専門の隠神探偵事務所に入社しました。

そして、両親が夏羽に遺してくれた「命結石(めいけっせき)」をヒントに両親の手がかりを求め、仲間と共に全国各地を飛び回ります。

【怪物事変】夏羽の詳細プロフィール

「怪物事変」の主人公・夏羽(かばね)は、人間の母と血を持たない鬼・屍鬼の父から生まれた半妖の男の子で、本名は日下夏羽(くさか かばね)です。鹿が特産品の鹿の子村出身で、誕生日は不明、身長151cm、体重48kg、得意な作業は薪割り、不得意な作業は接客。

夏羽が1歳の頃に、怪物の渇きを癒し人間を衝動的に襲わなくなる「命結石(めいけっせき)」を遺し、両親は行方不明になっています。また、人間と屍鬼の半妖の子として生まれた夏羽は、首を切り落とされても死にません。

鹿の子村を出るまでは叔母の元で暮らしていた夏羽ですが、学校に行かせてもらえず畑仕事や雑用をこなすだけの毎日。本名で呼ばれることすらなく、周りからは田んぼに住む妖怪の名前「泥田坊(どろたぼう)」というあだ名で呼ばれていました

夏羽の本当の誕生日は不明ですが、「怪物事変」の作者・藍本松先生は自身のTwitterで、「泥田坊が死んで夏羽として生きていく日である6月15日が、夏羽の誕生日でいいのではないか」とツイートされています。

さらに、作者の藍本松先生のTweetを受けて、「怪物事変」のファンが、6月15日になると夏羽の誕生日を祝うTweetをアップ。ファンのお祝いコメントを目にした藍本先生が喜びのツイートをされたというエピソードが話題になりました。

【怪物事変】夏羽のCV(声優)は誰になる?

2019年12月21日に幕張メッセで開催された「ジャンプフェスタ2020」で、怪物事変のアニメ化が発表されました。「怪物事変」の作者・藍本松先生のTwitterでも、アニメ化決定を喜ぶツイートがされています。

2020年1月時点では、アニメ「怪物事変」に登場する夏羽の担当声優さんが誰になるのかはまだ発表されていません。しかし、「怪物事変」のファンの間ではアニメ化が発表されると同時に、担当声優の予想が話題になっています。

夏羽は、少年らしい不器用さを持ちながらもどこか中性的な雰囲気を持った優しい男の子。男性性声優さんだけではなく、少年を演じている女性声優さんも夏羽のCVを担当する可能性もあります。

ネットで夏羽の声優候補予想をチェックしてみると「花江夏樹さん」「小野賢章さん」「斎賀みつきさん」「皆川純子さん」など、名だたる実力派声優さんの名前がズラリ。

あくまでファンの予想や希望にすぎませんが、みなさんはどの声優さんが夏羽のCVを担当すると思いますか?コメントでぜひ教えてください。

【怪物事変】夏羽の性格は?

夏羽は、幼い頃から虐げられてきた人生を歩んできた男の子で、「怪物事変」が始まった当初は感情の起伏がほとんどなく、無機質な性格をしていました。その後、「隠神探偵事務所」に入社した夏羽は「夏羽と申します。死ぬ以外ならなんでもやります。よろしくお願いします」と、ここでも無表情で自己紹介をしています。

また、夏羽は恐怖や嫌悪などの感情がなく、敵への攻撃もためらわずに行う強さを持つキャラクターです。しかし、そんな夏羽をそばで見ていた隠神鼓八千は「哀しいな…」と、強さを認めながらも密かに心を痛めていました。

そんな夏羽も、隠神探偵事務所で働き続けるうちに感情こそ表情に出ないものの仲間思いな言動が多く見られるように。しかし、世間と隔離した環境で育ってきた夏羽はまだまだ極度の世間知らずです。

怪物事変 5 (ジャンプコミックス)

また、虫などを殺さない理由として夏羽は「やむおえない時以外は殺さない。殺す時は殺す。むこうもそのつもりで襲ってきているから、お互いさまだと思うようにしている」と、語っています。

【怪物事変】夏羽と隠神鼓八千の関係は?

怪物事変 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

隠神鼓八千は「隠神探偵事務所」の所長で、東京で怪異・霊障などの怪物専門の仕事を請け負う怪物屋です。夏羽は、鹿の子村に怪物退治に来た隠神の滞在していた「鹿の子荘」で、給仕係を担当したことがきっかけで親しくなります。

自分に目をかけてくれた隠神に深い恩義を感じている夏羽は、晶に好きな子のタイプを聞かれると、間髪入れずに「隠神さん…」と答えていました。

また、世間知らずな夏羽は恋は光だと考え「俺は隠神さんに生きる意味を教えてもらいました。すなわち、光だと思います。あとなにか相手のためになる物を贈ったりもするようでした」と、恋に対する独自の考えを披露。隠神への深い愛情と尊敬を、恋だと思い込んでいる様子です。

怪物事変 6 (ジャンプコミックスDIGITAL)

さらに「ティッシュは便利なので、”ためになる物”かと」と発言し、隠神に新宿で配っていたポケットティッシュをプレゼントしています。ちょっとズレているような気がしますが、これも夏羽なりの愛情表現なのかもしれません。

一方、隠神は飯生妖子に電話で「(夏羽は)希望の星かもわからんぜ」と打ち明けています。「怪物事変」の第9巻時点で隠神が夏羽を助けた本当の意図は明らかになっていませんが、なんだか気になる発言ですね。

【怪物事変】三角関係!?夏羽は女性にモテモテ

紺の初恋相手は夏羽

怪物事変 3 (ジャンプコミックス)

無機質な性格で独特な存在感を放つ夏羽ですが、実は「怪物事変」に登場する年頃の女の子にモテモテ!まず1人目は、警視庁の飯生妖子の部下だった女狐の紺(こん)

紺は、夏羽の首を持ってくるという任務に失敗し、妖子に見捨てられてしまいました。母と慕っていた妖子に、あっさり捨てられて絶望していた紺に「飯生さんの元へ帰りづらいなら…隠神さんの所へ来る?」と夏羽に優しくされたのをきっかけに、紺は恋心を抱きます。

おませな綾は夏羽が大好き

2人目は8歳の女の子・蓼丸綾(たでまる あや)です。綾は、蜘蛛の怪物・蓼丸組(たでまる くみ)と怪物の間に生まれた子で、治癒できる「金の糸」の能力を持った女の子。

隠神探偵事務所の従業員で綾の父親違いの兄・蓼丸織(たでまる しき)のために尽力し、綾と価値観が近かった夏羽に綾は「夏羽さんて、カノジョいるの?あたしと付き合って!」と積極的に交際を申し込んでいます。

無表情な夏羽ですが、紺や綾にはいつも優しく、ピンチになると圧倒的な強さで助けに入るかっこよさを見せます。夏羽が紺と綾のどちらが好みなのかは分かりませんが、かっこよくて頼りになる夏羽がモテモテなのは当然のことなのかもしれません。

【怪物事変】夏羽は過去に泥田坊と呼ばれていた

隠神鼓八千に「生きているよりましですよ…好きにしてください…」と言って夏羽の殺しを依頼したのは、鹿の子村で「鹿の子荘」を営んでいる女将さんです。夏羽の叔母にあたる女将さんは、夏羽が1歳のころに姉から夏羽が半妖であることを打ち明けられています。

周りにはずっと黙ってきた叔母でしたが、息子の日下弥太郎(くさか やたろう)への影響も考え、夏羽にまともな生活をさせませんでした。さらに、毎日畑で土や肥料まみれで働かせ、田んぼに住む妖怪の名前をとって「泥田坊」と名付けられても知らないフリをしていたのです。

さらに女将は、物の怪に殺された家畜の死体の始末を夏羽に命令していたことも判明しています。そして、息子の弥太郎も「あいつ、生まれつきなのか、体臭がきつくて、人前に出る仕事は任せられない」「あいつ、自分の名前も書かれんのんで」と、夏羽を卑下するばかり。

また、弥太郎は5歳のころ、夏羽をふざけて用水路に突き落とし殺しかけています。鹿の子村で疎まれ、虐げられてきた夏羽は、「嬉しい」「楽しい」という明るい感情を知らずに育ってしまいました。

【怪物事変】夏羽の両親の正体は?

夏羽の両親は、母が人間で父が屍鬼です。夏羽が1歳になった頃、母は鹿の子村で「鹿の子荘」という宿を女将として営んでいる自分の妹に「人間として育てて欲しい」と預けて消息を絶っています。

その後12年間、夏羽の母は叔母と音信不通になりました。夏羽の過去を叔母から聞いた隠神鼓八が、父の消息を叔母に訪ねましたが、叔母は「夏羽の父の顔も見たことがない」と証言しています。

夏羽は隠神に「親に会いたいか?」と銃口を向けられて問われた時、「いいえ、殺してください」と無表情で答えていました。しかし、東京にある「隠神怪物相談事務所」の一員になり、再び隠神に「両親に会いたいか?」と聞かれると、夏羽は「会いたいです」と、決意に満ち溢れた表情で答えています。

【怪物事変】夏羽はただの人間だった!?【ネタバレ】

怪物事変 8 (ジャンプコミックスDIGITAL)

屍鬼の父と人間の母の間から生まれた半妖の夏羽は、怪物の渇きを癒し人間を衝動的に襲わなくなる「命結石」を持っています。この命結石ができる前、人間と怪物が垣根なく暮らしていた時代に、大きな争いとなった「怪物事変」が起こりました。

醜い争いの後、怪物の長たちがそれぞれの力を込めた結石を生み出し混沌を治めた時に、夏羽が両親に遺された命結石は、数ある結石の一つとして誕生します。

また、大きな闘いとなった「怪物事変」を治めたのと同時に、怪物同士が牽制し合い力の均衡を保つ意味としても結石を作ったのです。大きな争いとなった「怪物事変」後、怪物たちは戦争が起こらないように、人々の記憶など全てをなかったことに創り変え、人間に紛れて生きるようになります

夏羽は屍鬼の炎を分け与えられた人間の可能性がある

結石の歴史から、命結石を夏羽に遺して行方不明になった夏羽の両親が高名な怪物一族の長であるのではないかと、晶の兄・結(ゆい)が推理します。それと同時に、怪物の結石は全国各地に点在し、結石を受け継ぐ怪物はその土地で強い力を持つ種族であるという手がかりも明らかになりました。

「怪物事変」第6巻で隠神は、屍鬼は「血液の代わりに体をめぐる屍鬼の炎。それを別の生き物に分け与えることで屍鬼は同胞を増やす。…が…分け与えることで炎は弱まり…いつか消える。死なない屍鬼の一生」だと語っています。

そんな隠神の発言を耳にした四国屋島狸の頭領・太三郎(たさぶろう)は、夏羽のことを屍鬼と人間の半妖ではなく、屍鬼の炎を分け与えられた人間の可能性を示唆する発言をしていました。命結石の全てが明らかになった時、夏羽の本当の正体が半妖なのか、それとも屍鬼の炎を分け与えられた人間なのか明らかになりそうですね。

【怪物事変】夏羽(泥田坊)の活躍から目が離せない!

怪物事変 9 (ジャンプコミックス)

「怪物事変」の主人公・夏羽の性格や過去を紹介しましたが、いかがでしたか?血の繋がっている親戚に虐げられていた夏羽でしたが、隠神鼓八千と知り合ってから、その人生は劇的に変化しました。

それまでの夏羽は世間知らずで常に無表情でしたが、大切な仲間たちを守るため、今はその強さに必死で磨きをかけています。そんな仲間思いの優しい夏羽の両親の手がかりを探すために、シキやアキラなどの仲間たちも夏羽を全面的にバックアップ。

人間と屍鬼の間に生まれた半妖の子だと思われていた夏羽が、もしかしたら屍鬼の炎を分け与えられた人間ではないか?という考察も浮上してきました。これからますます面白くなりそうな「怪物事変」の主人公・夏羽の成長と活躍を、一緒に見守りましょう!

記事にコメントするにはこちら