【呪術廻戦】第92話ネタバレ!五条奪還を目指す術師たち【93話考察】

カテゴリーまとめはこちら:呪術廻戦

【呪術廻戦92話ネタバレ】五条先生が封印された一方で、渋谷駅の周りから三班に分かれた術師たちが帳の中へと突入。虎杖はメカ丸の指示により七海へ五条先生が封印されたことを伝えました。今後術師たちが総力を上げてこちらへ向かってくることを察した夏油たちは、今後の方針を話し合います。今後どのような展開になるのか、93話も考察していきます!

記事にコメントするにはこちら

【呪術廻戦】前話(91話)までのあらすじ

ハロウィンの日に出現した2つの帳の中にそれぞれ潜入した五条先生と虎杖たち。五条先生は大量の人質を取られた状態でも非術師に影響を与えずに改造人間1000体を全て屠ってみせましたが、かつての親友・夏油傑の登場に動揺し、獄門彊(ごくもんきょう)に封印されてしまいます。

一方、虎杖は1人で準1級以上と思われるバッタの呪霊をあっさりと倒しましたが、メカ丸から五条先生が封印されたことを知らされます。この緊急事態を術師全体に伝えるために動き出そうとしましたが、それを阻もうとする2体の呪霊と遭遇するのでした。

第92話ネタバレ:三班に分かれて待機していた術師たちも参戦!

三班に分かれて帳の外に待機し、様子を伺っていた術師たちでしたが、改造人間が非術師を襲い始めたことを受け、それぞれ帳の中へと突入します。また同時に、伊地知が中と連絡を取ろうと画策しますが、呪霊の妨害によって瀕死の状態に陥ってしまいます。

そして、厳しい状況に追い討ちをかけるように、封印された五条先生の情報を処理しきれない獄門彊が床に食い込んで動かせなくなってしまいました。そんな夏油たちの様子を確認したメカ丸は、渋谷駅に術師たちを集結させる作戦を立てます。

虎杖はこの作戦を伝えるため、帳から抜け出し、東京メトロ渋谷駅にいた七海班へ大声で五条先生が封印されてしまったことを伝えました。また夏油たちも今後の作戦を考えますが、真人の意見により虎杖は殺害する方向で決定してしまうのでした。

呪霊と術師の総力戦に突入!第93話を考察!

封印された五条先生の奪還なるか

92話で七海班へ五条先生が封印されたことが伝わりましたので、今後術師全体へこの情報が伝わり、呪霊たちと術師の総力戦へ向かっていくことが考えられます。五条先生が動かせない以上、渋谷駅で敵味方が入り乱れ戦闘する展開になるかもしれません。

脹相は野薔薇と虎杖に弟を殺された恨みを抱いているので、このどちらかとの対決が行われるでしょう。また、以前虎杖は宿儺にするために生かす方向にありましたが、真人の発言により状況が変化しましたので、今後呪霊たちとの全力の戦闘が楽しみです。

冥冥と琢磨は現在も2体の呪霊と戦闘中?

91話の最後で2体の呪霊と遭遇していたので、92話では冥冥や琢磨と共に呪霊と戦う様子が描かれるのかと思っていましたが、なぜか虎杖だけが帳から抜け出していました。恐らく冥冥と琢磨は現在も呪霊たちと戦闘中であることが考えられます。2人とも無事だとは思いますが、現在どんな状況になっているのか気になりますね!

【呪術廻戦】第92話ネタバレまとめ

91話で虎杖たちはすぐに帳を抜け出しそうと予想しましたが、想像以上に早く抜け出し術師たちへ情報が伝わりましたね。また伊地知が大きなダメージを受けるなど毎回呪術廻戦の展開には驚かされます。

今後過熱していくであろう五条先生争奪戦では一体どんな驚きの展開があるのか、今後も注目していきたいと思います!

記事にコメントするにはこちら