【鬼滅の刃】第192話・本誌連載ネタバレ!日の呼吸十三の型が判明

カテゴリーまとめはこちら:鬼滅の刃

【鬼滅の刃192話ネタバレ】無残の一瞬の攻撃で柱たちが戦闘不能に陥る中、ついに復活を遂げた炭治郎。夢の中で縁壱が炭吉たちに見せた正確な日の呼吸十二の型を見た炭治郎は、無残の体の造りを見て、十三の型の意味に気づくのでした。今後どのような展開になるのか、193話も考察していきます!

記事にコメントするにはこちら

【鬼滅の刃】前話(191話)までのあらすじ

瓦礫から救出された愈史郎から血清を何本も打ち込まれ、ついに炭治郎は目を覚まします。一方無惨と戦う柱たちは、自身の刀の赫刀化と善逸たちの加勢により、余裕が生まれ始めていました。

そんな中、悲鳴嶼は「無残は複数の脳と心臓を持っていて、それらを自由に移動させられること」に気づきます。悲鳴嶼は急いでこれを仲間たちに知らせ、脳と心臓を一斉に攻撃できないかと呼びかけました。

しかし、無惨はこれまで以上に素早く重い攻撃を放ち、一気に全員を戦闘不能にしてしまいます。そして、無惨がカナヲを殺そうとしたその時、覚醒した炭治郎が新たな日の呼吸の型を伴って、無惨の前へと姿を現すのでした。

第192話ネタバレ:怒涛の伏線回収回!

炭治郎は夢の中で、縁壱が炭吉たちにより正確な「日の呼吸の動き」を教えているのを見て、日の呼吸に対する理解度を一段と深めていました。また、それと同時に炭吉がこれを神楽として子孫へと伝えていくことで、日の呼吸を絶やさないようにしていたことも判明します。

そして、日の呼吸を伝えた縁壱は炭吉に自身の耳飾りを託し、鬼になった自分の兄である黒死牟を討つべく旅立ちました。炭治郎は、縁壱が見せた「日の呼吸・十二の型」と無惨の体の造りを見て、日の呼吸・十三の型は円のように十二の型を繰り返し、夜明けまで脳と心臓を切り続ける技だと気づきます。

炭治郎はこの十三の型で無惨へと切りかかり、激しい猛攻を繰り返しますが、型は3つ目で無惨に防がれてしまいました。しかし、日の呼吸の技は全てが繋がっていて、繰り返していくための技であることに確信を持った炭治郎は、縁壱に十二の型すべてを繋ぐことを誓うのでした。

十二の型を繋ぐことはできるのか!?193話を考察!

型を繋ぐためには柱たちの協力は必須!

無惨を倒すためには、日の呼吸十二の型を円のように繋げ、夜明けまで脳と心臓を切り続ける必要があることが分かりました。しかし、現在炭治郎は無惨の妨害により3つの型までしか繋げられていません。

また、愈史郎から血清を打ち込まれているとはいえ、無惨の毒の影響もあり満身創痍の状態です。そのため、今後は生き残っているであろう柱たちや善逸・伊之助・カナヲと助け合いながら技を繰り返し繋げていくことになりそうです。

とは言え、191話の描写では悲鳴嶼の左足が無くなっていたり、富岡の右腕が切り落とされていることが発覚。鬼殺隊も相当なダメージを受けているため、すんなり無惨に勝利できる状況ではありません。

愈史郎と蜜璃が参戦する可能性も

恋柱・甘露寺蜜璃も無惨との総力戦に参加していましたが、大きなダメージを受けて戦線を離脱しています。愈史郎は炭治郎の治療が終了しているので、現在は蜜璃の治療を行っていると考えられます。

ここからは、炭治郎を含め生き残っている人達での総力戦になることが予想されるので、遅かれ早かれ二人も合流することでしょう。無惨から攻撃を受け大ダメージを受けているメンバーと比べると、二人とも比較的軽傷なので、炭治郎のピンチに駆けつけて大活躍してくれそうですね!

禰豆子の合流ももう間もなく!

ここ数話は禰豆子の動向が不明ですが、炭治郎が復活し、いよいよ最終決戦も大詰めの予感。メタ的ではありますが、禰豆子の合流も、恐らく数話と経たずに実現しそうです。

炭治郎はどんどんと死亡フラグを立てまくっている状態ですが、毒の浄化もできる禰豆子の合流によって回避されてほしいところ。「繋いでいく」という言葉は作中のテーマとして何度も登場しているので、どうか二人で生き残って子孫に繋いでいく…なんてエンディングを迎えてほしいですね!

【鬼滅の刃】第192話ネタバレまとめ

192話は竈門家に伝わる神楽・耳飾り、日の呼吸・十三の型など、これまで謎とされてきた部分がかなり明らかになった重要な回でした。しかし同時に無惨を倒すためには、一度使うだけでも大きな反動を受ける日の呼吸を、炭治郎が使い続けなければいけないことも判明。

愈史郎の治療によりある程度は回復しているものの、まだ毒も残っている可能性もあるため、炭治郎が戦いの後に生き残れるか心配ですね…。果たして炭治郎や鬼殺隊の面子が無事生き残れるのか、今後の展開にも注目していきたいと思います!

記事にコメントするにはこちら