【チェンソーマン】悪魔&魔人の能力・登場シーンまとめ【ネタバレ】

カテゴリーまとめはこちら:チェンソーマン

「チェンソーマン」に登場した「悪魔」「魔人」の特徴や能力を徹底解説!登場した話数や、「悪魔」「魔人」に関するエピソードをまとめました。「チェンソーマン」は味方キャラだけでなく、敵である悪魔や魔人も魅力たっぷり!ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

記事にコメントするにはこちら

目次

チェンソーマンに登場する悪魔とは?

「チェンソーマン」における悪魔とは、「トマト」「ゾンビ」「未来」など、ありとあらゆるものの名前を持って生まれてくる怪物です。

「未来の悪魔→未来予知」「血の悪魔→血液を操る」など、悪魔たちはそれぞれ名前にちなんだ能力を有しており、名前になった対象(「トマト」「ゾンビ」「未来」など)が恐れられる対象になるほど、その力は強力になります。

悪魔の大好物は”人間の血”

悪魔の大好物は、人間の血。純粋に好物であることはもちろん、血を補給することで戦闘力や回復力が急激に上昇するので、悪魔たちは人間の血を求めて、人間を殺すことを「生きがい」としているのです。

ほとんどの悪魔が人間の死や苦しみを望み、残虐の限りを尽くす中、人に近い容姿の悪魔は人間と友好的。「チェンソーマン」の主人公「デンジ」が所属している「対魔特異4課」にも、悪魔ながらに人間と共闘して悪魔を討伐する「天使の悪魔」がいます。

そのほかにも、悪魔の中には人間と契約して力を貸してくれる者もいます。契約の内容は悪魔によってさまざまですが、皮膚を食べさせるだけで一緒に戦ってくれる悪魔もいれば、呼び出すたびに寿命を喰らうような悪魔もいます。

魔人は悪魔が人間に憑依した存在

そして魔人とは、そんな悪魔が人間の死体を乗っ取って生まれた存在。悪魔としての能力が低下する代わりに、人間並の知能(人間と話せるなど)を得ています。

なかでも知能が高かったり残虐性が低い魔人は「対魔特異4課」で保護され、「天使の悪魔」と同様に、悪魔を倒す「デビルハンター」として人間とともに悪魔と戦っているのです。

悪魔&魔人1.チェンソーの悪魔(デンジ)

チェンソーの悪魔は鼻の部分がチェンソーになっている、かわいい子犬のような見た目の悪魔。「チェンソーマン」第1話に登場します。ケガをして倒れていたところを、デンジに拾われました。その後「ポチタ」と名付けられ、デンジのパートナーとして一緒に行動します。

「チェンソーマン」第1話にて、ポチタは「ゾンビの悪魔」によって、デンジとともに殺されてしまいます。しかしポチタが自身(チェンソーの悪魔)の心臓をデンジに差し出したことで、2人は融合。「人間」でも「悪魔」でもない存在「チェンソーマン」として復活します。

チェンソーマン 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

チェンソーの悪魔(ポチタ)、つまり現在のデンジの心臓は、作中最強の悪魔「銃の悪魔」と彼に協力する多くの悪魔たちによって狙われています。その理由はまだ語られていませんが、どうやら「チェンソーの悪魔」は、過去に地獄にて悪魔たちを殺しまくっていた極悪人だった様子…。

そんな「チェンソーの悪魔」を野放しにはしておけず、「銃の悪魔」たちは彼の存在を完全に消し去ろうと、デンジの心臓を狙っているのかもしれませんね。

「チェンソーの悪魔」の能力

まだ「ポチタ」だったころの「チェンソーの悪魔」の能力は、鼻の部分についたチェンソーによる攻撃。デンジがポチタをチェンソーのように装備(?)し、悪魔と戦っていました。

デンジと融合してからは、彼が胸のエンジンを吹かすことで「チェンソーマン」に変身できるようになり、変身すれば、

「死んでも復活する(胸のエンジンを誰かに吹かしてもらう必要がある)」

「足や腕など好きな部分をチェンソーに変化できる」

といった能力が追加されます。

ただし、チェンソーマンに変身中は活動するエネルギーとして、常にデンジは自身の血を「チェンソーの悪魔」に与え続けなければなりません。そしてデンジは血を与えすぎて貧血状態になってしまうと、能力が弱体化して戦闘力が大幅にダウンしてしまいます。

悪魔&魔人2.トマトの悪魔

「トマトの悪魔」は、巨大なトマトに複数の目玉と手足が生えた姿の悪魔。チェンソーマン第1話にて登場しますが、「チェンソーの悪魔(ポチタ)」を装備したデンジによって討伐されました。

デンジに「トマトの悪魔」の討伐を依頼したヤクザは、「闇市でコイツの死体を売りゃ相当いい値(40万円)になる」と言っていたため、意外と珍しい悪魔のようです。

トマトの悪魔の能力

トマトの悪魔の能力は、「種から復活する」こと。倒されても種さえ残っていればまた生き返ることができるようで、トマトの悪魔を討伐したデンジは「種からまた復活するんで、焼いといてください」と、焼き殺すよう提案していました。

悪魔&魔人3.ゾンビの悪魔

「ゾンビの悪魔」は、足は触手、腕はなくて首からは脳みそ丸出し、そして胸には顔がついている、人間の体に寄生したような姿の悪魔。

チェンソーマン第1話にて、デンジの雇い主だったヤクザが力を欲して契約した悪魔で、「ゾンビの悪魔」はそのヤクザを使ってデンジをおびき出し、ポチタとともに殺そうと企んでいました。

しかし先述の通り、デンジとポチタは融合して「チェンソーマン」に。「俺たちの邪魔ァすんなら死ね!」と、「ゾンビの悪魔」は復活したデンジ、もといチェンソーマンに返り討ちにされ、ズタズタに切り刻まれて絶命します。

ゾンビの悪魔の能力

ゾンビの悪魔の能力は、「人間をゾンビに変化させる」こと。

「悪魔の力をあげる」と人間を騙し、力が欲しいと寄ってきた人間を次々ゾンビに変化させていたようです。ゾンビは無限に製造でき、デンジがおびき寄せられた廃工場には数十体のゾンビが待ち構えていました。

悪魔&魔人4.筋肉の悪魔

「筋肉の悪魔」は、巨大な芋虫のような姿の悪魔です。「チェンソーマン」第2話にて、「娘が悪魔にさらわれた」という通報を受けて駆けつけたところ、女の子(娘)と一緒にいたのが、筋肉の悪魔でした。

可愛らしいビジュアルで、デンジを見ただけ怯えてしまうほど気弱な性格。そんな「筋肉の悪魔」を女の子は可愛がっていて、デンジは「筋肉の悪魔」を殺すことをやめました。

しかし、この気弱な性格は「筋肉の悪魔」の演技。スキを突いてデンジを拘束すると、

「オマエ死ぬ前にいいモン見せてやるよ」

「これからこのメスガキと楽しいコトすっからさ」

「そこで大人しくしてな?」

とゲスすぎる本性を現します。そして、女の子に手を出そうとする「筋肉の悪魔」でしたが、デンジはチェンソーマンに変身して一瞬で拘束解除。

そしてデンジは「テメェみてーなクズなら殺しても心は痛まねぇ」と言い放ち、「筋肉の悪魔」はチェンソーでズタズタに引き裂かれるのです。

筋肉の悪魔の能力

筋肉の悪魔の能力は「触れている筋肉を自由自在に操る」こと。デンジを拘束したのも、肥大化させた女の子の筋肉でした。攻撃の際は相手の筋肉をねじってちぎったり、筋肉を膨張させて血管を破裂させたりします。

悪魔&魔人5.昆虫(?)の魔人

「昆虫の魔人」は、中年のおじさんに取り憑き、口がクワガタのハサミのようになった姿をした魔人です。「チェンソーマン」第4話にて、デンジが早川アキとの初任務で訪れた民家で遭遇しました。ちなみに「昆虫の魔人」というのは仮称で、作中で彼の名前は登場していません。

部屋で鳥を貪っていた「昆虫の魔人」は、デンジの手によってあっさり死亡。このときデンジは、チェンソーマンになることもなく倒していたので、「昆虫の魔人」はかなり弱い部類に入る魔人だと思われます。

昆虫の魔人の能力

戦闘描写がなかったので、詳しい能力はわかりませんが、「昆虫の魔人」唯一の武器は、口から生えているハサミ。そのハサミを使って襲い掛かるのが、おそらく彼の戦闘スタイルだったのでしょう。

しかし乗っ取った体が、小太りの中年オヤジ…。身体能力に期待できるはずがありません。つまり「昆虫の魔人」は、ベースになる人間選びの時点で、選択を間違ってしまったのですね。

悪魔&魔人6.血の魔人(パワー)

チェンソーマン 2 (ジャンプコミックス)

「血の魔人(パワー)」は、知能が高いために公安対魔特異4課に保護され、以降デビルハンターとして悪魔を狩る側となった魔人。「チェンソーマン」第4話にて、マキマからデンジのバディに任命されます。

デンジとバディを組んだ当初のパワーは、まだ人間のことを信用しておらず、デンジは彼女に騙されて悪魔に殺されかけたこともありました。

しかしそのとき、デンジがパワーの愛猫「ニャーコ」を助けたことで、パワーは人間(とくにデンジのこと)を信用するように。今ではデンジがパワーのことを「パワ子」と呼ぶほど親しくなり、さながら兄妹のように仲良くしています

パワーちゃんはマキマに血抜きされている

そうしてデンジと仲良くなったパワーですが、実は夜な夜なデンジの血を勝手に吸っている模様…。そのせいで悪魔としての性質が濃くなってしまうため、パワーはマキマによって定期的に「血抜き」をされています。

パワーはこの「血抜き」が相当イヤらしく、血抜きの行為そのものはもちろん、マキマのことも恐れているようです。

性格はかなりのポンコツでナルシスト。「ワシが〜」「〜じゃ」と老人語を話す姿も相まって、「Fate/Grand Order」の織田信長や、「物語シリーズ」の忍野忍を彷彿とさせるキャラクターです。

血の魔人(パワー)の能力

血の魔人であるパワーの能力は、「血液の操作」。自身の血をハンマーや斧などの武器に変化させたり、傷を負った部分の血を固めて止血することができます。

自分の血であれば、あらかじめ用意しておいたものでも変化させることができ、最強のデビルハンターと呼ばれる「岸辺」に特訓をつけてもらったときには、バケツに貯めておいた血をトラップのように仕掛け、その血を岸辺の頭上で武器に変化させて攻撃しました。

悪魔&魔人7.ナマコの悪魔

「ナマコの悪魔」は、巨大なナマコから人間の指が多数生えた姿をしている悪魔。「チェンソーマン」第5話にて練馬駅の前に出現しましたが、パワーの急襲により一瞬で討伐されてしまいました。

ナマコの悪魔の能力

ナマコの悪魔は一瞬で死亡したため、能力は不明です。大きな口がついたビジュアルだったので、その口で相手を捕食して戦っていたのかもしれませんね。

悪魔&魔人8.コウモリの悪魔

「コウモリの悪魔」は、超巨大なコウモリの姿をした悪魔。「チェンソーマン」第6話にてパワーの愛猫「ニャーコ」を人質に取り「返して欲しければ人間を連れてこい」と、パワーを奴隷にように従わせていました。

その後、パワーが連れてきたデンジと直接対決しますが、最後はチェンソーの餌食になってしまいます。

コウモリの悪魔の能力

「コウモリの悪魔」の能力は、「大きな翼による飛行」や「超音波攻撃」といった、コウモリに由来するもの。超音波は衝撃波となって対象を襲い、その威力はビルをも倒壊させるほどです。

また体の大きさに比例して、素のパワーも圧倒的。片手で車を軽々と投げ飛ばし、捕まってしまったデンジは握力だけでボキボキと骨を砕かれました。

悪魔&魔人9.ヒルの悪魔

「ヒルの悪魔」は、足が4本に腕が2本、胸があって髪の生えたヒルの姿をした悪魔。「チェンソーマン」第9話にて、コウモリの悪魔を倒した直後、疲弊したデンジたちの前に、

「アンタでしょオ、コウモリちゃん殺したのォ〜」

「私の男だったのに!」

と言いながら現れました。かなりの恋愛脳(?)なようで、

「あら…よく見るとカワイイ顔…」

「好みの顔してるから逃がしてあげる」

と、デンジのことを気に入り、殺す気満々だった態度を一変して逃がそうとします。しかしデンジ以外のパワーやニャーコは「殺す」と答えたため、それに納得がいかないデンジと戦闘に。

「コウモリの悪魔」との戦いで力を使い切った電デンジはまったく歯が立たず、危うく殺されそうになりますが、すんでのところで早川アキが到着し、彼の契約する「狐の悪魔」によって討伐されました。

ヒルの悪魔の能力

ヒルの悪魔の能力は、「長い舌を自由自在に操る」こと。「ヒルの悪魔」の舌は、ムチのように柔らかくしなって相手を攻撃することもあれば、人体を貫通するほどの硬度で、相手を貫くこともできます。

攻撃速度も非常に早く、力を使いすぎて弱体化していたデンジはなす術なく、一方的に攻撃されていました。

悪魔&魔人10.狐の悪魔

「狐の悪魔」は、グルグルと渦を巻いた眼が特徴的な、大きな狐の悪魔。「チェンソーマン」第10話にて早川アキに召喚され、デンジのことを食い殺そうとする「ヒルの悪魔」を一瞬で嚙み殺しました。

味にはうるさいグルメな性格なようで、彼が噛み殺すのは悪魔だけ。早川アキが人間と悪魔が融合した「サムライソード」を食べさせたときは、「早川アキ…私の口にとんでもないモノを入れてきたねぇ…」と大きな嫌悪感を示し、「狐の悪魔」はそれ以来、一切早川アキの召喚に応じなくなってしまったのです。

狐の悪魔の能力

「狐の悪魔」は人間と契約して、頭や腕など体の一部を貸し付け、契約者が手で狐の形を作って「コン」と唱えることで召喚されます。例えば早川アキなら、「狐の悪魔」から「頭」を借りる契約をしているので、彼が「コン」と唱えると「狐の悪魔」の頭が顕現し、敵を噛みちぎって攻撃するのです。

「狐の悪魔」は、作中でまだ体の一部しか登場しておらず、物理的な攻撃以外、特殊な能力は一切不明です。今後もし「狐の悪魔」本体が戦うようなことがあったり、「狐の悪魔」を丸ごと召喚できるような契約を結ぶ者が現れれば、そのときは「狐の悪魔」の真の強さが判明するかもしれませんね。

ちなみに、「狐の悪魔」は人間に友好的な悪魔で、早川アキ以外にも公安デビルハンターの数人が「狐の悪魔」と契約しています。しかし「狐の悪魔」は面食いで、体の中でもとくに強力な「頭」の部分は、イケメンにしか使わせないそうですよ。

契約の条件はかなりゆるいようで、契約者は召喚するごとに自身の皮膚を食べさせるだけで、「狐の悪魔」は戦いに参加してくれます。

関連記事をご紹介

【チェンソーマン】早川アキ先輩の寿命は?ネタバレ&考察まとめ

早川アキのプロフィール!年齢は?能力は?

本名
早川アキ(はやかわ あき)

年齢
?(デンジよ…

悪魔&魔人11.銃の悪魔

「銃の悪魔」は、13年前のとある事件(おそらくアメリカ同時多発テロ)をきっかけに生まれた悪魔。以前から名前は出ていましたが、「チェンソーマン」第13話にて初めて、詳細が語られました。

「銃の悪魔」の正体は、たった5分の間に世界中で120万人を超える死者を出した、最強の悪魔。世界中で残虐の限りを尽くした後は一瞬で姿をくらまし、それ以降姿を現していません。

そのあまりの凶悪さゆえ、民間デビルハンターは「銃の悪魔」に関わることを一切禁じられており、「銃の悪魔」を見つけ出したい、倒したいという人間は、公安のデビルハンターになるしかないんだそう。

そのため、公安デビルハンターの人間には「銃の悪魔」に家族や恋人を殺され強い恨みを持っている人が非常に多く、デンジの先輩である早川アキも「銃の悪魔」に家族を殺され、「銃の悪魔」を憎んでいる人間の1人です。

「銃の悪魔の肉片は集まって大きくなることで、元の体に戻ろうとする」という性質を利用し、公安対魔特異4課では肉片を集めて「銃の悪魔」の居場所を突き止めようとしています。

そんな「銃の悪魔」の本体は「チェンソーの悪魔(デンジの心臓)」を狙っていますが、彼らがデンジを狙っている理由は不明。現時点で分かっているのは、「チェンソーの悪魔」が、地獄で「銃の悪魔」を含む悪魔たちを殺して回っていたという事実だけです。

銃の悪魔の能力

いまだその姿が登場していない「銃の悪魔」。詳しい能力は一切不明です。しかし5分の間に世界中を駆け巡り、秒単位で数万人の死者を出しているわけですから、「並外れた高い攻撃力」に「超高速の移動速度」を有していることがわかります。

実際こんなバケモノを相手に、デンジたちはまともに戦うことができるのでしょうか…?「チェンソーマン」の今後の展開に大注目ですね!

悪魔&魔人12.魚(?)の悪魔

「魚の悪魔」は、マグロのような体に6本の足が生えた姿の悪魔。「チェンソーマン」第13話にて早川アキと姫野が討伐し、体の中からは「銃の悪魔」の肉片が出てきました。姫野いわく「雑魚悪魔にしちゃあ強かった」とのことで、どうやら「銃の悪魔」の肉片を食べて、パワーアップしていたようです。

ちなみに「魚の悪魔」というのは仮称であり、作中では名前が登場する間も無く、早川アキと姫野によって倒されてしまいました。

魚の悪魔の能力

「魚の悪魔」は初登場の時点で、すでに早川アキと姫野に討伐されており、そのため能力は一切不明です。巨大な魚の形で、鋭利な歯が生えそろっていたので、海の中を高速で泳ぎまわり、相手を錯乱させたところでガブリ!と噛み付くような戦闘スタイルだったのかもしれません。

悪魔&魔人13.永遠の悪魔

「永遠の悪魔」は、複数の人間がグチャグチャになって融合したような見た目の悪魔。「チェンソーマン」第14話にて登場し、姫野率いる対魔特異4課のメンバーを全員、自身が拠点としているホテルの8階に閉じ込めました。

「銃の悪魔」の仲間であり、彼も「魚の悪魔」と同様に「銃の悪魔」の肉片を取り込み、パワーアップしています。「チェンソーの悪魔」の存在は昔から知っていたようで、デンジと戦った際に「昔より弱くなってる!哀れ!」と叫ぶシーンも。

永遠の悪魔の能力

「永遠の悪魔」の能力は、「永遠を操る」こと。

「”永遠に”ホテルの8階から出られない」

「”永遠に”ときが流れない」

「”永遠に”死なない(無敵)」

など、逃げることや仲間を呼ぶことはもちろん、殺すこともできないチート級の能力で対魔特異4課を追い込みました。

そんな「永遠の悪魔」の唯一の弱点は、「痛みを感じてしまう」こと。永遠に死なないとはいえ、攻撃されれば痛みを感じることに気づいたデンジは、3日3晩「永遠の悪魔」をチェンソーで切り刻み続けます。

やがて痛みに耐えきれず精神が崩壊した「永遠の悪魔」は、

「もう痛いの無理…。」

「早く殺してください…。」

と、自ら心臓を差し出し、見事デンジたちはホテルからの脱出に成功するのでした。

悪魔&魔人14.幽霊の悪魔(ゴースト)

「幽霊の悪魔」は、無数に足が生えた女性の姿をした悪魔。おぞましい見た目なのに、常に笑っているところが不気味で怖い悪魔です。「チェンソーマン」第15話にて登場し、姫野が契約している悪魔であることが発覚しました。

「狐の悪魔」よりも契約の代償が大きく、姫野は「幽霊の悪魔」の腕を1本自由に使える代わりに、「幽霊の悪魔」から右目を丸ごと奪われています。

幽霊の悪魔(ゴースト)の能力

姫野が契約している「幽霊の悪魔」の腕は、「好きなところに召喚できる」「相手から視えない」という能力を持っています。この能力を使って、姫野は空中をフワフワ浮かんで逃げ回る「永遠の悪魔」を捕獲したり、遠くで死亡したデンジのエンジンを吹かして生き返らせる、といったファインプレーを見せました。

姫野と幽霊の悪魔の最終契約

「幽霊の悪魔」と、腕を1本借りる契約しか結んでいなかった姫野。しかし「チェンソーマン」第25話にて、サムライソードの襲撃を受けて、デンジや早川アキもろともピンチに陥ってしまったことをきっかけに、

「私の全部をあげるから…ゴーストの全部を使わせて」

と、命を賭けて「幽霊の悪魔」と再契約!すると「幽霊の悪魔」は腕だけではなく、足のたくさん生えた本来の姿で顕現し、圧倒的な力でサムライソードを追い詰めます。

しかし、あともう一歩のところで、サムライソードの仲間「沢渡アカネ」の使役する「ヘビの悪魔」に丸呑みにされてしまい、「幽霊の悪魔」は姫野とともに、早川アキたちの前から姿を消してしまうのでした…。

悪魔&魔人15.刀の悪魔(サムライソード)

「サムライソード」は、デンジと同じく悪魔と融合した存在。「チェンソーマン」第1話にて、「ゾンビの悪魔」と契約したヤクザの孫にあたる人物が、「刀の悪魔」と融合してサムライソードになりました。

初登場は「チェンソーマン」第23話。デンジと早川アキ、姫野、パワーが食事をしていたレストランに待ち伏せていて、彼らに奇襲を仕掛けました。その強さは圧倒的で、パワーは戦う前に敵前逃亡。残った3人も、早川アキ以外殺されてしまいます。

あとは殺したデンジから心臓を回収するだけ…という場面で、サムライソードは公安対魔特異4課のマキマ、そして東山コベニに邪魔をされ、撤退を余儀なくされます。

そして後日、デンジとサムライソードは再戦を果たすも、そのときのデンジは最強のデビルハンター「岸辺」との特訓によってパワーアップ済み。1度勝った相手と油断していたサムライソードは、パワーアップしていたデンジに敗北しました

その後、デンジに拘束されたサムライソード。デンジと早川アキの「サムライソードのキンタマを蹴り合って、1番デカい悲鳴をあげさせた方の勝ち」という最低な大会に巻き込まれ、キンタマをボコボコに蹴りあげられるのでした…。

刀の悪魔(サムライソード)の能力

「刀の悪魔」の能力は、デンジと同じく変身すること。左手の隠し刀を抜刀することで変身でき、変身すれば

「死んでも復活する」

「好きな部位を刀に変化させる」

という能力が追加されます。「物理的な死」以外にも、呪いによる呪殺からも復活し、戦うときは両手・頭から刀を出現させて、三刀流で戦います。

悪魔&魔人16.呪いの悪魔(カース)

「呪いの悪魔(カース)」は、早川アキの釘状の刀に宿っている悪魔。骸骨のような見た目で、両肩にはツノが生えたドクロがついています。「チェンソーマン」第24話にて、サムライソードと対峙した早川アキが召喚しました。

呪いの悪魔(カース)の能力

「呪いの悪魔」の能力は、その名の通り「呪殺」。早川アキが「呪いの悪魔」の宿る釘状の刀で、「打て」と対象を3度突き刺すことで本体が顕現し、相手を問答無用で殺します。

どんな敵でも3度突き刺すだけで殺せてしまう強力な能力ですが、使用するためには、数年分の寿命を代償として捧げなければなりません。ちなみに、早川アキは作中で初めて「呪いの悪魔」の能力を使った時点で、残りの寿命がわずか2年しかありませんでした。

悪魔&魔人17.ヘビの悪魔

「ヘビの悪魔」は、人間を数人折り重ねて作ったような特殊な口を持つ、超巨大なヘビの姿をした悪魔。サムライソードと行動を共にし、公安デビルハンターへの襲撃を計画した「沢渡アカネ」が使役しています。

蛇の悪魔の能力

蛇の悪魔にはとくに特殊な能力は備わっておらず、大きな口で相手を飲み込んで戦います。人間はもちろん、悪魔でも飲み込むことができるようで、「チェンソーマン」第25話では、姫野が命を賭けて召喚した全力の「幽霊の悪魔」も、蛇の悪魔によって丸呑みされてしまいました。

契約の代償として沢渡アカネが支払っているのは、「指の爪」。蛇の悪魔を呼び出すごとに、沢渡アカネは1つずつ爪がなくなっていきます

悪魔&魔人18.未来の悪魔

「未来の悪魔」は、お腹に大きな目玉がついた姿をしている悪魔。「チェンソーマン」第31話にて、「狐の悪魔」が召喚できなくなってしまった早川アキが、新たに契約したのが「未来の悪魔」でした。

性格は超ハイテンションで、「未来!最高!」が口癖。契約する際は「契約希望者の未来を見る」ため、目がついたお腹の中へ頭を突っ込ませます。

早川アキは”最悪な死に方をする”

ちなみに「未来の悪魔」いわく、早川アキは最悪な死に方をするんだそう

「未来の悪魔」は「寿命の半分」「両目と味覚、嗅覚」など、過酷な代償を要求することで有名な悪魔ですが、早川アキの未来のあまりの凄惨さに「こいつのゆく末をこの目で見届けたい…!」と思ったらしく、右目に住まわせるだけの非常に軽い代償で契約を結びました。

未来の悪魔の能力

「未来の悪魔」の能力は、その名の通り「未来予知」。右目に「未来の悪魔」が宿ることになった早川アキは、その目で「少し先(数秒後)の未来」が視えるようになりました。

しかし、この能力はあくまで「視えるだけ」。これから起こりうることに干渉はできませんし、攻撃を先読みしても、それが反応速度を上回るものであれば、避けきれずダメージを受けてしまいます。

悪魔&魔人19.サメの魔人(ビーム)

「サメの魔人(ビーム)」は、頭がサメの形をした魔人。「血の魔人(パワー)」と同じく対魔特異4課に保護され、以降デビルハンターとして活動しています。「チェンソーマン」第34話にて初登場し、ビルの一室を埋め尽くす大量のゾンビを、「蜘蛛の悪魔」「天使の悪魔」「暴力の魔人」とともに一掃しました。

「チェンソーマン」第39話では、パワーが血抜きをおこなうためにバディがいなくなってしまうデンジに、ビームは自ら「デンジとバディを組みたい」とマキマに申し入れ、2人は簡易的なバディになります。

なんでもビームは「チェンソーの悪魔」に心底惚れ込んでいる様子。「チェンソー様!最強!最高!」と、デンジ、もとい憧れの「チェンソーの悪魔」を崇め奉り、バディを組めたことに至上の喜びを感じるのでした。

サメの魔人(ビーム)の能力

「サメの魔人(ビーム)」の能力は「どんな場所でも泳ぐことができる」というもの。水の中はもちろん、地面や壁にも潜り込んで泳ぐことができます。バディとしてデンジと行動を共にしているときも、ビームは基本的に地中に潜っており、敵が現れたときだけ姿を現して戦います。

そして彼は、魔人のなかでも珍しく、少しの時間だけなら悪魔の姿に変身することもできます。「チェンソーマン」第49話では、コンビネーションで攻撃を仕掛けてくる「台風の悪魔」と「ボム」に対抗すべく、ビームは「サメの悪魔」に変身し、背中にデンジを乗せて戦いました。

悪魔&魔人20.暴力の魔人

「暴力の魔人」はロングコートで身を包み、顔にペストマスクを装着している魔人。「チェンソーマン」第34話にて初登場し、「サメの魔人」たちとともにゾンビと戦いました。

マスクを装着している理由は「毒で弱体化させる」ため。魔人は本来、元の悪魔の姿よりも能力が弱体化した存在ですが、「暴力の魔人」は魔人になっても強大な力を持っていたため、毒が出るマスクを装着させられているのです。

魔人になっても抑えられないほどの力を持っている「暴力の魔人」。その名前も相まって、凶悪な魔人だと思ってしまいますが、性格は名前と対照的に、スーパー温厚的なのです。

「チェンソーマン」第47話からは、公安対魔特異4課の「東山コベニ」とバディを組んでおり、お互い優しい性格の2人の間には、とっても優しい空気が流れています。

暴力の魔人の能力

暴力の魔人は、まだ特殊な能力は披露していません。2020年2月現在、分かっているのは「とにかく力が強い」こと。

ビームたちと一緒にゾンビと戦った「チェンソーマン」第34話では、他の悪魔や魔人たちが自身の能力を駆使してゾンビを倒すなか、暴力の魔人はキックだけでゾンビの首を跳ね飛ばしていました。

悪魔&魔人21.蜘蛛の悪魔

「蜘蛛の悪魔」は、足が8本生えた女の子の悪魔。「チェンソーマン」第34話にて登場し、ビームや「暴力の魔人」とともにゾンビと戦いました。

人間に近い容姿なので、比較的人間には友好的な悪魔です。しかし「癇癪(かんしゃく)で人を殺すこともある」と言われており、かなり情緒不安定な性格であることが伺えます。

蜘蛛の悪魔の能力

蜘蛛の悪魔は詳しい戦闘シーンが描かれていないため、能力は不明です。ただ「蜘蛛」ということなので、糸を吐いたりできるのかもしれませんね。

対ゾンビ戦では「鋭利な刃物のようになっている足」を使い、頭をスパッと切断したり、腹部にグサッと突き刺して攻撃していました。

悪魔&魔人22.天使の悪魔

「天使の悪魔」は、頭に輪っか、背中に羽が生えた姿の悪魔。公安対魔特異4課に所属するデビルハンターです。初登場は「チェンソーマン」第34話。ビームたちともに、ゾンビと戦いました。

人間に敵意がない悪魔であり、そのため姫野が死亡してからは彼女に代わって、早川アキのバディとして行動します。しかし人間に敵意がないとはいえ、性質は悪魔。

「僕は天使である前に悪魔だよ?」

「人間は苦しんで死ぬべきだと思ってる」

という考えを持っており、バディを組んだ当初は早川アキとギクシャクした関係でした。

しかし、早川アキが身を呈して「天使の悪魔」を守ったことで、彼は早川アキのことを信用するように。2人きりで一緒にご飯を食べたり、早川アキの苦手そうな任務は単身で遂行するなど、早川アキのことを考えて行動するようになりました。

ちなみに「天使の悪魔」は、女の子のような可愛らしい見た目ですが、実は男の子。天使は性別がないものとされているので、「天使の悪魔」も女の子か男の子か判別しづらい、中性的なビジュアルで描かれているのかもしれませんね。

「天使の悪魔の能力」

「天使の悪魔」の能力は、「人間の寿命を吸い取り武器に変える」というもの。そうして生まれた武器はさまざまな特殊能力を持ち、早川アキが持つ「天使の悪魔」が作った日本刀は、実態のない幽霊を切ることができます。

しかし「天使の悪魔」は自分の意思に関わらず、触れてしまった、または触れられてしまったときにも寿命を吸い取ってしまいます。そのため早川アキの寿命を吸い取ってしまったことがあり、早川アキは一瞬で2ヶ月もの寿命が縮まってしまいました。

悪魔&魔人23.豚(?)の悪魔

「豚の悪魔」は、巨大な豚の姿をした悪魔。「チェンソーマン」第41話にて、市街地に現れたところを早川アキに討伐されました。「豚の悪魔」は仮称で、作中では名前が登場しませんでした。

豚の悪魔の能力

戦闘シーンが描かれる前に討伐されてしまったため、能力は不明。しかし「豚の悪魔」のお腹の中からは、下半身を噛みちぎられた人間がでてきていたので、強靭なアゴを持っていたのかもしれません。

悪魔&魔人24.台風の悪魔

「台風の悪魔」は、脳みそがむき出しの赤ちゃんのような姿をした悪魔。「チェンソーマン」第41話にて、「銃の悪魔」の指示でデンジの心臓を狙いに来た殺し屋が契約していました。殺し屋がレゼに殺されてからはレゼの元につき、彼女と共闘してデンジたちと戦います。

台風の悪魔の能力

台風の悪魔の能力は「暴風を生み出す」というもの。むき出しの脳みそから伸びている腸(?)を体にまとって高速回転させ、名前の通り台風のような風を巻き起こします。その破壊力は抜群で、「台風の悪魔」の軌道上にあった家や道路はすべて、跡形もなく消し飛びました。

悪魔&魔人25.爆弾の悪魔/ボム(レゼ・レジェ)

「ボム」は、デンジやサムライソードのように変身できる存在。「チェンソーマン」第41話に登場した「銃の悪魔」の仲間であり、ソ連出身のレゼに宿っている悪魔です。

レゼはデンジの心臓を狙っており、デンジの油断を誘うために「デンジに好意を寄せる女の子」を演じて彼に急接近。かなり親密な仲になりましたが、デンジが告白を断ったために関係が破綻。そこで本性を現し、デンジや公安デビルハンターと敵対します。

街を巻き込んだ大接戦を繰り広げますが、最後は「海に沈めて爆発させないようにする」というデンジの機転を利かせた作戦により敗北。嘘だったとはいえ友達以上、恋人未満の関係をしばらく続け、情が移ってしまったデンジはレゼにトドメを刺せずに逃げられてしまいます。

爆弾の悪魔と契約したレゼの最期

一度は逃走したレゼですが、デンジへの想いが断ち切れず、逃げることをやめてデンジが「待っている」と言った喫茶店へ。しかし、その道中で対魔特異4課のトップ「マキマ」に捕まり、デンジに会うことなく殺されてしまうのです。

爆弾の悪魔/ボム(レゼ・レジェ)の能力

「爆弾の悪魔」の能力はデンジとサムライソードと同じく、レゼが「ボム」に変身すること。変身すると、

「死んでも復活する」

「体の好きな部位を爆弾に変化させる」

「当たると爆発するビームが出せる」

ようになります。ボムは能力の扱い方を熟知しており、

「爆発の推進力を応用して高速移動・空中浮遊」

「体の一部をわざと切断させて爆発させる」

など、テクニカルな攻撃でデンジたちを苦しませました。

レゼをもっと知りたいならこの記事

【チェンソーマン 】レゼ(レジェ)は死亡した?ネタバレ&考察まとめ

レゼ(レジェ)とは?プロフィールまとめ
https://twitter.com/DTcztOqsBxrn8XN/status…

悪魔&魔人26.カビの悪魔 46

「カビの悪魔」は「チェンソーマン」第46話にて、公安対魔2課の田辺と加藤が使役していた悪魔です。名前のみの登場でしたので、その姿は不明。「カビ」なので、目に見えない細菌レベルの悪魔なのかもしれませんね。

カビの悪魔の能力

「カビの悪魔」の能力は、「対象の体内にカビを生やす」というもの。カビを生やされたものは内臓などの器官を侵され、吐血しながら絶命します。

「カビの悪魔」は、生きているものにであれば何にでも寄生し、宿主が死ぬまで活動をやめません。悪魔たちは血を飲めば、怪我や傷が急速に回復しますが、カビはいくら血を飲んでも消えないとのこと。「カビの悪魔」は悪魔たちにとって、まさに天敵ともいえる相性なのです。

悪魔&魔人27.ブドウ(?)の悪魔

「ブドウの悪魔」は、巨大な目玉がブドウのようにたくさんついている悪魔。「チェンソーマン」第57話にて、東山コベニと「暴力の魔人」が遭遇し、討伐しました。「ブドウの悪魔」というのは、ぶどうのような見た目であることから「暴力の魔人」が勝手に名付けたものです。

ブドウの悪魔の能力

「ブドウの悪魔」は戦う前に討伐されてしまったため、その能力は一切不明。ただ目玉がたくさんついているだけなので、戦闘力はそこまでなさそうです。索敵などのサポート向きな悪魔だったのかもしれませんね。

今後のチェンソーマンにはもっと強力な悪魔や魔人が登場する?

チェンソーマン 5 (ジャンプコミックスDIGITAL)

今回は、「チェンソーマン」に登場する悪魔・魔人の特徴や能力についてご紹介しました。「チェンソーマン」は主人公側のキャラクターがカッコいいことはもちろん、個性豊かな悪魔たちの姿も非常に魅力的です。

今後も新しい悪魔の登場に期待すると共に、いまだに謎に包まれた作中最強の悪魔・銃の悪魔の正体にも期待しましょう!

あなたにオススメの記事

【チェンソーマン】全キャラクター&登場人物まとめ!【2020最新版】

【チェンソーマン】とは?

チェンソーマンは「ファイアパンチ」などで知られる藤本タツキが手がけるファンタジーアクション…

記事にコメントするにはこちら