【呪術廻戦】禪院真希のプロフィールまとめ!強さや妹との関係は?

カテゴリーまとめはこちら:呪術廻戦

【ネタバレ注意】「呪術廻戦」に登場する禪院真希(ぜんいん まき)。今回は、禪院真希の強さの秘密「天与呪縛」の解説や、妹「禪院真依」との関係、これまでの呪霊や呪術師との戦いなどについてご紹介!呪術廻戦の前日譚や最新話など、原作コミックでは描かれていない部分の禪院真希についても徹底解説します。

記事にコメントするにはこちら

目次

禪院真希のプロフィール!身長は?好きな食べ物は?

本名 禪院真希(ぜんいん まき)
性別 女性
身長 170cmくらい<
学年 東京都立呪術専門高等学校2年生
階級 4級呪術師
好きな食べ物 ジャンクフード

禪院真希は、東京都立呪術高等専門学校の2年生。ポニーテールにメガネが似合う、クールな印象の女性です。

「呪術廻戦」の主人公「虎杖悠仁(いたどり ゆうじ)」の先輩にあたる人物で、「乙骨憂太(おっこつ ゆうた)」「狗巻棘(いぬまき とげ)」「パンダ」とは同級生。

後ほど詳しくご紹介しますが、都立呪術高専の姉妹校にあたる「京都府立呪術高等専門学校」には、双子の妹「禪院真依(ぜんいん まい)」がいます。

禪院真希が呪術師になった理由は「禪院家」を見返すため

禪院真希は呪術界の名門「御三家」の1つ「禪院家」の家系ながら、ほとんど呪力を持たずに産まれてきました。禪院家には、

「禪院家に非ずんば呪術師に非ず」

「呪術師に非ずんば人に非ず」

という非常に厳しい家訓があり、呪力をほとんど持たずに産まれた禪院真希と、同じく呪力をほとんど持たずに生まれてしまった妹の禪院真依は一族から「落ちこぼれ」と呼ばれ、肩身の狭い思いをして育ちます。

そして、自分たち姉妹を「落ちこぼれ」とバカにした禪院家の人間を見返すため、禪院真希は「1級呪術師となって自分が禪院家の当主になる!」と宣言して家出。その夢を叶えるために、都立呪術高専に入学するのです。

禪院真希が4級呪術師止まりの理由

ちなみに禪院真希は「4級呪術師」という階級ですが、彼女の実力は本来2級呪術師並みです。それでも彼女が4級止まりなのは、禪院家からの試練。

要は勝手に家を出た禪院真希への嫌がらせであり、そのせいで彼女は実力がありながらも、ずっと昇級できずにいるのです。

面倒見の良い姉御肌!禪院真希の性格

禪院真希の性格は「ザ・姉御肌」。男勝りで少し口の悪いところもありますが、非常に面倒見がよく、後輩の釘崎野薔薇(くぎざき のばら)からは「真希さん」と呼ばれ慕われています。

言動がキツいためにいつも怒っているように見えますが、虎杖悠仁が死んで落ち込んでいる伏黒恵(ふしぐろ めぐみ)と釘崎野薔薇に「お通夜かよ」と発言してしまったときには、「は、や、く、い、え、よ!」と焦るなど、しっかり人の心は持っているようです。

禪院真希には双子の妹「禪院真依」がいる

禪院真希のプロフィールをご紹介した冒頭でも少し触れましたが、禪院真希には「禪院真依(ぜんいん まい)」という双子の妹がいます。双子なので相当仲が良いと思いきや、禪院真依はお姉ちゃんのことが大嫌い。

その理由は、禪院真希が「禪院家の当主になる」と家を出たことで彼女の巻き添えをくらい、「オマエ(禪院真依)も呪術師になれ」と、禪院家で「痛くて怖い」修行を課せられてしまったからでした。

禪院真希ほどではないですが、あまり呪力を持って生まれてこなかった禪院真依。そんな彼女にとって、呪術界名門「禪院家」が考案するような修行は、想像を絶するほどキツく辛いものだったのでしょう。

禪院真依は本当は禪院真希が好き?置いて行かれたことを根に持っている

…と、ここまでは禪院真依の建前。禪院真依が禪院真希を嫌う本当の理由は、「ずっと一緒にいる」と約束したのに、自分を置いて姉が出て行ってしまったからなのです。

それは「呪術廻戦」第42話で描かれた、禪院真依の回想シーンでのこと。そこにはギュっと強く禪院真依の手を握る、幼い禪院真希の姿がありました。

不安いっぱいに、

「お姉ちゃん手離さないでよ」

「絶対おいてかないでよ」

と、何度も「手を離さないで」「置いて行かないで」と言い続ける禪院真依。

「当たり前だ、姉妹だぞ」

と、そんな禪院真依をなだめる禪院真希でしたが、現実では禪院真依を置いて家を出て行ってしまいました。それが禪院真依にとっては本当に寂しく悲しい出来事であり、「京都姉妹校交流会」で禪院真希に敗れた禪院真依は、そのことを思い出して「嘘つき…」と、1人涙を流すのです。

本当は、禪院真希のことが大好きだった禪院真依。これを聞いた禪院真希は「あのままじゃ私は私を嫌いになってた、ごめんな」と禪院真依に謝罪をしています。

禪院真希は伏黒恵の親戚だった!兄弟ではない?

都立呪術高専の後輩「伏黒恵(ふしぐろ めぐみ)」は、禪院真希と禪院真依の親戚に当たります。彼の使う十種の式神を操る術式「十種影法術(とくさのかげぼうじゅつ)」は、禪院家相伝の術式なんですよ。

呪術廻戦 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

苗字が「伏黒」なので「親戚って…名前違うじゃん?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、伏黒恵の父である「禪院甚爾(ぜんいん とうじ)」が伏黒家に婿入りしたために、伏黒恵の苗字は「伏黒」になっているのです。

「親戚」とはいえ、伏黒恵は伏黒(禪院)甚爾が伏黒家に婿入りしてから生まれた子供であるため、禪院家の人々とはまったく関わりがありません

伏黒恵が自ら打ち明けていなければ、禪院真希もおそらく彼が自分の親戚であることは知らないでしょう。(2020年2月時点、作中ではまだ伏黒恵が禪院真希にそのことを打ち明ける描写はありません)

禪院真希に呪力がないのは天与呪縛の代償だった

禪院真希の人物像や人間関係についてご紹介したところで、ここからは気になる禪院真希の能力についてご紹介!…といっても、禪院真希は呪力をほとんど持たずに生まれてきたため、「呪術廻戦」におけるキャラクターの必殺技「術式」も使うことができません。

では、なぜ禪院真希は呪力をほとんど持たずして生まれたのか。それは特異体質「天与呪縛」の代償だったのです。

禪院真希に呪力がない理由「天与呪縛」とは

天与呪縛とは「生まれながら肉体に強制された”縛り”」のこと。「呪術廻戦」における縛りとは、「術式の能力を開示する代わりに効果が上昇する」というように、なにかに制限をかけることによって、もう一方の能力が上昇する行為を指します。

つまり禪院真希は天与呪縛の「縛り」によって、呪力をほとんど持たずに生まれてきてしまったのです。

禪院真希が天与呪縛で入手したのは驚異的な身体能力!

天与呪縛に”縛り”によって、呪力をほとんど持たずに生まれた禪院真希。対して、そんな彼女が天与呪縛によって得た”恩恵”は「身体能力の強化」でした。

この身体能力の強化、どれほどのものかというと、

「戦闘中に無傷で相手の刀を奪い取る」

「術式で生み出された銃弾を素手でキャッチする」

「呪力で操るピッチングマシーン(メカ丸)の豪速球をホームラン」

など、まさに異次元。

この人間離れした身体能力のおかげで、禪院真希はほとんど呪力を持たずとも呪霊や呪詛師と対等に渡り合っているのです。

禪院真希と伏黒甚爾(伏黒父)の天与呪縛の違い

禪院真希と同じく”呪力を代償に身体能力が向上する”天与呪縛の恩恵を受けているのが、「パパ黒」「伏黒父」こと伏黒甚爾。しかし、彼の天与呪縛による身体能力の向上は、「攻撃」「防御」「回避」「反応速度」など、どれを取っても禪院真希以上。さらに

「呪力まで視認できるの視力」

「呪霊を飲み込める胃腸の強さ(お腹に呪霊を飼っている)」

など、体のありとあらゆる器官が強化され、さらに呪いに対する耐性も得ています。これは、禪院真希の天与呪縛にはない恩恵。一見同じに見える禪院真希と伏黒甚爾の天与呪縛ですが、一体どこに違いがあるのでしょう。

禪院真希と伏黒甚爾の天与呪縛の違いは呪力の量

禪院真希と伏黒甚爾の違い、その答えは「生まれつきに持っていた呪力の量」にありました。「”ほとんど”呪力を持たずに」生まれた禪院真希に対して、伏黒甚爾は「”まったく”呪力を持たず」に生まれているんです。

つまり、 伏黒甚爾は禪院真希以上に「呪力がない」という縛りが大きいため、それに比例して「身体能力が向上する」という恩恵も禪院真希以上に大きく得ているのでしょう。

禪院真希にない「呪いへの耐性」が伏黒甚爾にあるのはなぜ?

呪術廻戦 8 (ジャンプコミックス)

「呪術廻戦」第77話の九十九由基(つくも ゆき)の話によると、

「天与呪縛によって呪力が一般人並みになるケースはいくつか見てきたけど、呪力が完全に0なのは世界中探しても彼1人だった」

「呪力を完全に捨て去ることで肉体は一線を画し、逆に呪いの耐性を得た」

とのこと。作者の芥見下々先生も伏黒甚爾に関して、

「珍しい天与呪縛の中で、一周回ったさらに珍しい存在」

とコメントしています。つまり伏黒甚爾は天与呪縛による恩恵が大きすぎて、呪いまでも受け付けない強靭な肉体を手に入れており、そのために呪力が視認できたり、お腹に呪霊を飼うことができているのです。

禪院真希の眼鏡は呪力を視るための呪具だった

メガネ姿が特徴的な禪院真希ですが、実はこのメガネの正体は、呪力の宿ったアイテム「呪具」。

通常の呪術師であれば、自身の呪力で呪霊や呪力が使われた痕跡を視認することができますが、天与呪縛によってほとんど呪力がない禪院真希にはそれができません。

そこで呪具(メガネ)を装備して呪力を纏うことで、禪院真希は呪力が並みにある呪術師と同様に呪力を視認しているのです。

禪院真希は呪具の扱いが学年一!三節棍すらも使いこなす

自身のメガネすらも呪具である禪院真希。そんな彼女は伏黒恵に「呪具の扱いは学年一」と言わしめるほど呪具、とくに武器の扱いが非常に上手な呪術師なんです。

「京都姉妹校交流会」では、自身の身長(170cmくらい)ほどの長さがある薙刀を、障害物の多い木々が生い茂る森のなかで軽々振り回し、戦っていた「三輪霞(みわかすみ)」を圧倒しました。

また特急呪霊「花御(はなみ)」との戦いでは、特急呪具「遊雲(ゆううん)」も使用。扱うのが難しい三節棍(3本の棒を鎖で連結させた武器)型の武器で、しかも初めて「遊雲」を使った禪院真希でしたが、そんなことは微塵も感じさせない三節棍さばき(?)で、耐久力に自信があった花御に何度もダメージを与えました。

関連記事をご紹介!

呪術廻戦・全キャラクタープロフィール一覧まとめ【2020最新版】

アニメ化が決定した「呪術廻戦」のあらすじをご紹介
https://twitter.com/livedoornews/stat…

禪院真希の強さがわかる3つの戦い

禪院真希の天与呪縛による能力や呪具を扱う戦闘スタイルについて解説したところで、ここからは実際に「呪術廻戦」で描かれた禪院真希の呪霊や呪術師との戦いをご紹介していきます。

ご紹介するのは以下の3つ。

対戦相手 収録話数
三輪霞 39~40話
禪院真依 42話
花御 46~47話

それぞれ詳しくご紹介していきます。

禪院真希の強さがわかる戦い1.刀を奪って完封!VS三輪霞

最初にご紹介するのは「呪術廻戦」第39~40話にて描かれた、三輪霞との戦い。

このとき呪術高専は、東京校と京都校による呪術合戦「京都姉妹校交流会」の真っ最中。呪術高専の敷地内の森にて、両校の生徒たちがぶつかり合います。

禪院真希の最初の相手は、京都呪術高専の2年生「三輪霞(みわ かすみ)」。自身の半径2.21m内に侵入したものを自動で斬りはらう術式「シン・陰流『簡易領域』」の使い手です。

禪院真希は「シン・陰流『簡易領域』」の「自動で斬りはらう」という特性を活かし、遠距離からクナイを囮として投擲。クナイに三輪霞が反応したところで一気に間合いを詰め、三輪霞の唯一の武器である刀を奪うのです。

そうして刀を奪われた三輪霞は戦うすべがなくなり敗北。禪院真希の呪具(クナイ)の扱いや、戦闘の最中に刀を奪ってしまう尋常ではない反射神経(天与呪縛)が如実に表れた戦いでした。

禪院真希の強さがわかる戦い2.銃弾を素手でキャッチ!VS禪院真依

お次にご紹介するのは「呪術廻戦」第42話にて描かれた、双子の妹「禪院真依」との戦い。こちらも三輪霞のときと同じく「京都姉妹校交流会」での一戦です。

禪院真希の扱う術式は「構築術式」と呼ばれる、呪力によって0から物質を生み出すもの。この「構築術式」によって禪院真希は、リボルバーの弾丸を生成します。

「アンタ(禪院真希)は知らない」と禪院真依が言っていたため、おそらく「構築術式」は真依が禪院家での修行によって身につけた術式。奥の手として隠し持っていたもので、妹と疎遠になっていた禪院真希はその存在を知りませんでした。

不意をついた「構築術式」による銃撃は禪院真希の額を捉えますが、なんと禪院真希はその銃弾を素手でキャッチ!

禪院真希ほどではありませんが、並みの呪術師と比べればはるかに呪力の量が少ない禪院真依は、「構築術式」による銃弾の生成は1発が限界。結局、丸腰になってしまい禪院真希に敗北するのです。

素手で銃弾をキャッチする」という、天与呪縛の身体能力強化がいかに人間離れしているのかが、よく分かるシーンでした。

禪院真希の強さがわかる戦い3.特急呪霊に特急呪具で応戦!VS花御

最後にご紹介するのは「呪術廻戦」第46~47話にて描かれた、特急呪霊「花御(はなみ)」との戦い。

花御は「京都姉妹校交流会」の最中、呪術高専に保管されている特急呪物「両面宿儺の指」「呪胎九相図」を狙って襲撃を仕掛けた夏油傑・真人が、呪術高専侵入の陽動役として連れてきた特急呪霊です。

禪院真希は伏黒恵ともに花御に応戦。さまざまな呪具を持って攻撃するも「そんなナマクラでは私は切れませんよ」と、全身が樹木のように硬い花御には、ほとんどダメージを与えることができませんでした。

すると「もっといいのがあるぜ」と、禪院真希になにかを渡す伏黒恵。それは禪院真希が呪術高専の武器庫からくすねて伏黒恵に渡していた特急呪具、三節棍の「遊雲」でした。

「遊雲」を手にした禪院真希は、華麗な三節棍さばきで花御に連続攻撃。ほとんどダメージを与えることができなかった花御にも少しずつダメージを与えられるようになり、伏黒恵とのコンビネーションアタックでついに花御の一部をえぐるほどの攻撃に成功!

その後は花御の反撃によって戦闘不能になりましたが、禪院真希の華麗な呪具さばきが披露された名シーンでした。

【ゆたまき】乙骨憂太には赤面するかわいい姿も見せる禪院真希

乙骨憂太とは「呪術廻戦」の前日譚「東京都立呪術高等専門学校」の主人公。「呪術廻戦」にも都立呪術高専の2年生として在籍していますが、現在は海外にて行動中です。

呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校 (ジャンプコミックスDIGITAL)

禪院真希とは同級生ですが、乙骨憂太は編入生のため呪術師としては後輩。そのため禪院真希は五条悟から、編入してきた乙骨憂太の指導役に任命されました。

最初は禪院真希のキツい言動やスパルタ教育に苦手意識を持っていた乙骨憂太ですが、呪術高専での生活や任務を通して、禪院真希が本当は優しくまっすぐな性格であることに気づきます。

そうして禪院真希に対する苦手意識がなくなった乙骨憂太は、得意の天然ぶりで「真希さんみたいになりたい」など、恋愛感情を持っていてもおかしくはない言動を頻繁に発するように。

乙骨憂太といるときは少し丸くなる禪院真希

そんな乙骨憂太の無垢な好意に、禪院真希もまんざらではない様子。彼女の「禪院家の当主になる」という目標に対して「僕に手伝えることがあったらなんでも言ってよ」と乙骨憂太が言ったときには、

「バカか私は…」

「ちょっと興奮してんじゃねーよ」

と、自分のことを想ってくれる乙骨憂太に頬を赤らめて赤面するのです。実際に禪院真希が乙骨憂太に好意を寄せているのかは不明ですが、2人の同級生であるパンダは、「憂太といるときは少し丸くなるよな〜」と、乙骨憂太の前では態度が違う禪院真希をからかっていました。

乙骨憂太をもっと知りたいならこの記事をチェック!

【呪術廻戦】乙骨憂太は里香に呪われてる?過去に迫る8つのネタバレ

乙骨憂太のプロフィール
https://twitter.com/nicoxander32/status/1213278959…

乙骨憂太の好意は本物?禪院真希のことをとても大切にしている

乙骨憂太の禪院真希に対する感情は、無垢な彼の性格から出た「純粋な好意」だと思われましたが、物語が進むに連れて、

「禪院真希に重傷を負わせた呪詛師(夏油傑)に激怒する」

「負傷した禪院真希を『蝶よりも花よりも丁重に扱え…!!』と里香(乙骨憂太に憑く呪霊)に預ける」

など、「本物の恋愛感情なのでは?」と思われるシーンがたくさん出てきました。

乙骨憂太も「禪院真希が好きだ」と明言したわけではないので本当の気持ちはわかりませんが、もし乙骨憂太が今後「呪術廻戦」に登場するようなことがあれば、2人の関係が発展するような出来事が起こるかもしれませんね。

【ネタバレ】最新話の禪院真希は禪院直毘人と行動中!

2020年2月時点「呪術廻戦」最新話での禪院真希は、夏油傑の引き起こした呪霊テロ「渋谷事変」によって封印されてしまった五条悟を救出するべく、後輩の釘崎野薔薇と「禪院家」の現当主「禪院直毘人(ぜんいん なおびと)」と共に「禪院班」として行動中。

五条悟が封印されている渋谷駅の地下鉄ホームへの侵入を阻む結界「帳(とばり)」を解除するために、帳を降ろしている呪詛師の探索にあたっています。

禪院直毘人もとい「禪院家」の当主といえば、禪院真希に嫌がらせをして昇級を阻止し、妹の禪院真依に過酷な修行を課した張本人。禪院真希にとっては憎むべき相手ですが、どうやら今回は味方のようです。

とはいえまだ「禪院班」の活動は詳しく描かれておらず、禪院真希と禪院直毘人が絡むシーンもありません。禪院真希は禪院直毘人はお互いのことをどう想っているのか、うまく共闘できるのか、今後の「呪術廻戦」の展開からますます目が離せません!

頼れる姉御な禪院真希!天与呪縛の身体能力おばけだった

今回は「呪術廻戦」の姉御キャラ「禪院真希」についてご紹介しました。呪力をほとんど持たない禪院真希ですが、天与呪縛による身体能力の強化に「学年一」と謳われる呪具の扱いで、ほかの呪術師に引けを取らぬ強さを発揮しています。

アニメ化も決定している「呪術廻戦」。禪院真希が戦うその姿がアニメで視聴できる日が、今からとても楽しみです!

あなたへのオススメ記事

【呪術廻戦】煽り上手な釘崎野薔薇のプロフィールまとめ【アニキ】

釘崎野薔薇のプロフィール!誕生日や出身地は?

本名
釘崎野薔薇(くぎさき のばら)

性別
女性…

 

記事にコメントするにはこちら