【Dr.STONE】名言・名シーンランキングTOP20【ネタバレあり】

カテゴリーまとめはこちら:その他

テレビアニメ第2期の制作も決定し、ますます人気が加速する【Dr.STONE】!今回は現時点で発行されている単行本14巻までの間での、名言・名シーンTOP20を勝手に選んでみました。記者の独断と偏見によるランキングですので、少々セレクトに偏りがあるかもしれませんが、どうぞご了承くださいませ。

記事にコメントするにはこちら

目次

全人類が石化!?【Dr.STONE】

Dr.STONE 14 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ある日、謎の光が地球全体を覆い、地上にいた人類とツバメが全てが石になってしまった『石の世界(ストーンワールド)』

このストーンワールドで、3700年以上もの年月を経て見事復活した『石神千空(いしがみせんくう)』を中心に、科学の力で全人類を復活させるために奮闘する姿を描いた作品が【Dr.STONE】です。

【Dr.STONE】名言・名シーン第20位

「人類は科学で『夜』に勝ったんだよ」

「z=25 この手に科学の灯を」にて、電気を作りだした千空が、「クロム」に発したひとことです。村に初めて、炎の灯りではない、科学の灯りがともるその場面は、見開きのページを丸々と使った印象的な光と影のシーンとなっています。

まだ電球が作られていなかったため、科学の灯りはほんの数秒しか持ちませんでしたが、「電気」という、大きな力を手に入れたとことが非情に強く伝わってきました。科学の根幹である電気に、やっとたどり着いた千空の、嬉しさを噛みしめた表情に胸が詰まる思いです。

千空をもっと知りたい方はこの記事をチェック!

【Dr.STONE】石神千空は天才チート主人公?過去と素顔を暴くまとめ

【Dr.STONE】石神千空とは?
主人公・石神千空の基本プロフィール

主人公の名前は『石神 千空(いしがみ せん…

【Dr.STONE】名言・名シーン第19位

「狂気だ 君たちはこの状況でまだなお 世界全人類を救おうとしてる 科学の力で……!!!」

「z=73 極秘のミッション」において、すごすぎる聴力を持つ、『羽京(うきょう)』が放った名言です。

司帝国の人間を科学王国に寝返らせようとする、千空達の作戦に気づいた右京。絶体絶命かと思われますが、ここで羽京が条件付きで味方になってくれます。羽京の条件は「誰も死なないこと」であり、ある光景を目撃した羽京は、科学王国が全人類を救おうとしていることに気づいたのでした。

その光景とは、千空の友人である『小川杠(おがわゆずりは)』が、服を作る作業中に、破壊された石像の修復作業をしている場面。小さな破片を組み合わせ、立体パズルのように組み立てていく途方もない作業は、まさに「狂気」とも言えるものでした。セリフも何もなく、ただひたすら作業を進める、杠の作業シーンが非常に印象深い名場面です。

【Dr.STONE】名言・名シーン第18位

「大好きでした 何百年も 何千年も……!」

「z=1 STONE  WORLD」で、『大木大樹(おおきたいじゅ)』が石化から復活した後、石像の杠を見つけて、涙ながらに告白をするシーンです。

ちょうど石化光線が地上を覆った時、大樹は5年越しの思いを杠に伝えるべく、校庭のクスノキのもとに呼び出していました。告白を途中で遮られた形で、石化してしまった大樹は、「杠に気持ちを伝える」という強い意志を持って、何千年もの間辛抱強く意識を手放さずにいたのです。

【Dr.STONE】名言・名シーン第17位

「再現性(ルール)さえありゃ それは全部 科学だ 科学で闘えんなら 負けねえよ」

「z=106 石化の秘密」にて、宝島の島民である、美少女『アマリリス』から、石化の秘密について話を聞いた千空が放った名言です。

島に着いて早々、仲間のほとんどを石化されてしまいましたが、アマリリスの話を聞き「石化現象にはある程度のルールが存在する」とわかった千空の言葉は、とても頼もしいものでした。

【Dr.STONE】名言・名シーン第16位

「仲間なら言葉などなくても 心で通じる!!!」

Dr.STONE 10 (ジャンプコミックス)

「z=118 SILENT  SOLDIERS」にて、海の中でいきなり復活させられた大樹の言葉です。

当初の目的は、『七海龍水(ななみりゅうすい)』『ソユーズ』で、凄腕職人『カセキ』の石像を回収することでしたが、その石像が海底の底に埋まって動かなくなってしまったため、急遽、体力無限大の大樹を復活させることにしたのです。

酸素ボンベの限界も近づいていたため、説明もないままに海の中で復活させられ、最初は「!?」と混乱した大樹でしたが、一瞬にして龍水の気持ちを汲み取ってくれました。「何の根拠もない」と、心の中で言っている大樹ですが、龍水にはキッチリと伝わったようです。

【Dr.STONE】名言・名シーン第15位

「欲しい=正義です!!」

Dr.STONE 11 (ジャンプコミックス)

「z=92 欲しい=正義」にて、龍水の執事である『フランソワ』が復活します。自分たちの手で小麦を栽培し、本格的に自給自足の道へと走り出した科学王国民でしたが、実際にできあがったストーンワールド初の石窯パンは、真っ黒な炭の塊のような、とても食料とは呼べない代物でした。

そこで、おいしいパンを作るべく、復活させられたのがフランソワ。もてなしの美学を持つプロフェッショナルであり、龍水の「欲しい」という欲望に、今まで何度も応えてきました。完璧なおもてなしで全ての『欲しい』にお応えするのが私共の仕事」というフランソワの理念は、尽きることのない科学への欲求をもつ、千空のそれとも通じます。

【Dr.STONE】名言・名シーン第14位

「テメーに約束してやれんのは1つだけだこの最期の歌だけは 俺が必ず護ってやる 科学の力で…‼」

「z=66 ウソつきと正直者」では、司王国で大樹たちの監視役であった『ニッキー』が、仲間に加わります。

元々柔道選手として活躍していたニッキーは、監視役という役目をきっちりこなしていましたが、大ファンの『リリアン・ワインバーグ』本物の歌声を聞き、心を動かされるのです。

千空たちの作戦では、リリアンが生きていると思わせて、敵勢力をごっそり寝返らせる作戦でしたが、リリアンのガチファンであるニッキーに、偽物であることが見抜かれてしまいました。

しかし、千空の父親『石神百夜(いしがみびゃくや)』が残した、「硝子のレコード」に入っていた歌声だけは本物で、この歌を護るという約束の代わりに、ニッキーは仲間になってくれたのです。千空の、「科学にだけは嘘をつかない」という姿勢が、ハッキリと現れた場面の1つです。

【Dr.STONE】名言・名シーン第13位

「だが今!この逃げ場もない極限の石の世界で それを伝えるのは男として卑怯な気がしてならん」

「z=8 狼煙をあげろ」では、はるばる箱根までやってきた千空、大樹、杠の3人が、ひとまず温泉につかって、旅の疲れを癒します。千空は早々に素材集めに向かってしまい、2人きりになる大樹と杠。

杠が思い切った様子で、クスノキの下に呼び出されたとき、何を言おうとしたのかと大樹に問いかけます。ここで、バカ正直な大樹は、上記のように言って告白を延期しますが、続いて「俺たちは文明を取り戻す!人類をみな助ける‼その時こそ!3700年ごしで 俺の話の続きを聞いてくれないか 杠!」と伝えました。

不器用ではありますが、心底誠実な大樹の性格がよくわかりますね。杠も、薄々大樹の気持ちには気がついているようですし、この言葉に「わかった」と答えていますから、2人がくっつくのも時間の問題ではないでしょうか。

杠をもっと知りたいならこの記事をチェック!

【Dr.STONE】小川杠はスパイもこなすタフな美少女?秘密に迫る6つの知識

【Dr.STONE】小川杠とは?
ヒロイン・小川杠のプロフィールをご紹介!

『小川 杠(おがわ ゆずりは)』は、広…

【Dr.STONE】名言・名シーン第12位

「……できないよぅできるわけないよぅだってそんなの金狼が死んじゃうじゃんか」

「z=46 STONE WARS」から、石神村の門番である『金狼(きんろう)』『銀狼(ぎんろう)』の名シーン。

司帝国からの刺客、『氷月(ひょうが)』が石神村にやってきて、村の入り口で金狼と一騎打ちになります。圧倒的な力の差により、金狼は氷月の槍の前に倒れますが、村を守るために、自分もろとも橋を切り落とすよう、銀狼に伝えます。

金狼の想いを汲んで、1度は橋の綱に手をかけた銀狼でしたが、どうしても金狼を犠牲にすることができませんでした。普段はおちゃらけた印象の銀狼が、涙を流して気持ちを吐露する場面に心打たれます。金狼と銀狼は、兄弟ということもあって、他にも絆の強さを感じさせるシーンが多く存在します。

【Dr.STONE】名言・名シーン第11位

「私は全然大丈夫 でも千空くんだけは みんなの未来のために 絶対死んじゃダメだから…!」

「z=9 千空VS司」で、司に人質に取られてしまった杠のセリフがこちらです。

喉元に石器の刃を突きつけられながらも、気丈に振る舞う杠の勇気がすばらしいです。直前に脅しで髪の毛も切られているため、内心とても恐ろしかったはずですが、さすがはヒロインですね。

【Dr.STONE】名言・名シーン第10位

「私の姉者の命を救いたいのだ」

「z=27 とある科学者の願い」での『コハク』のセリフです。姉の『ルリ』のことを気づかう、コハクの健気すぎる気持ちが伝わりました。面とむかっては素直に心配していることを伝えられないコハクですが、その実、最もルリのことを気にかけているのです。

「御前試合」での優勝者が、ルリの夫になるため、村1番の乱暴者である『マグマ』が優勝しないよう、勝機のある金狼、銀狼に試合への参加を頼むコハク。真面目実直な金狼に理由を聞かれたコハクは、ようやく自身の素直な気持ちを伝えました。「分かった」「それ以上の説明は」「いらないよぅ」という、金狼・銀狼の返答もすばらしい名場面です。

【Dr.STONE】名言・名シーン第9位

「クククテメーの科学土産無きゃ詰んでたとこだ」

Dr.STONE 6 (ジャンプコミックス)

「z=44 百の夜と千の空」では、石神村の創始者が、なんと千空の父・百夜であることが判明しました。

村の巫女であるルリに案内されて、創始者のお墓にたどり着いた千空は、1人になってから、今は亡き百夜に向かって語りかけます。「数千年越しでありがたくいただくぜ……‼」というぶっきらぼうなことばとは裏腹に、熱いモノがこみ上げるのか、目を押さえる仕草の千空に、ジンとするシーンです。

【Dr.STONE】名言・名シーン第8位

「『これで友達が死んでもOK!!』そんなプランに手ェ貸す気はさらさらねえってことだよ……!!」

「z=31 背中合わせの仲間たち」では、千空とクロムの、熱い友情が描かれます。超難関素材である「硫酸」をとりにいこうとする千空は、万が一の時のために、自分の知識をクロムに託そうとします。しかし、それを聞いて怒りをあらわにするクロム。

千空が死んでしまうかもしれない、そんな可能性のあるプランには乗れないというクロムは、「100%!!生きて戻んなきゃなんねえんだ」「千空テメーはよ……!!」と、男同士の熱い友情を見せつけてくれます。「俺にテメーの命を預けろ」「おぅよ!!!千空そっちもな……!!」という、2人の掛け合いが、最高にかっこいいシーンです。

【Dr.STONE】名言・名シーン第7位

「この石の世界で作れる?千空ちゃん コーラを1本…」
「ああ作れる 俺ならな!」

「z=26 薄っぺらの同盟」では、メンタリスト『朝霧幻(あさぎりげん)』との友情が描かれています。もともと司の指示で、千空が死んでいるかを確かめにやってきたゲンでしたが、千空と司、どちらに味方した方が、自分にメリットがあるのかを見定めていました。

ゲンは、調子のよいことばかりを言い、のらりくらりとはぐらかす性格のため、一見非常に軽い、薄っぺらな男だと思われがち。しかし実は心の奥底には、非常に熱いモノをもった男なのです。

本当の気持ちは、すでに千空率いる科学王国へと傾いていたのですが、言い出すタイミングをつかめずにいたその時、千空を邪魔者扱いするマグマに襲われて、重傷を負ってしまいます。そんな状態の中で、ゲンが千空に問いかけたのが、こちらのセリフです。コーラ1本の薄っぺらい同盟を結び、次の日には、ゲンはコッソリと司帝国に戻って、「千空ちゃんは死んでいた」と嘘の報告をするのでした。

ちなみに、ルリに飲ませるための「サルファ剤」を作る過程で、コーラはしっかりとゲンに渡されていました。とても美味しそうに飲んでいましたね。

【Dr.STONE】名言・名シーン第6位

「俺がこの手で テメーを殺す」

Dr.STONE 9 (ジャンプコミックス)

「z=83 Dr.STONE」の対氷月戦にて、瀕死状態となってしまった司を救うためには、1度石化させて復活時の回復能力を利用するしか方法がありません。そこで、千空は、石化の方法が解明するまで、司を冷凍させることを考えます。

「俺を信じて殺されろ」と、千空は、努めて冷静に、司に話しかけていますが、アップになった千空の手は、血管が浮き出るほどにギュッと結ばれ、冷や汗だらけです。敵対していたとはいえ、基本的には価値観の合う千空と司の間には、深い繋がりが存在しますから、この作業はとてもきつかったことでしょう。

冷凍庫ができあがり、いよいよ司を冷凍させる時、千空は、とりとめのない無意味な話をして、司が凍ってしまうまでの間、ずっと語りかけています。

そんな千空の姿は、この作業から気を紛らわしたいかのようにも見えますし、「無意味な話はダメなのか」という千空の背中のコマからは、ただ司とどうでもいい話を続けたいという気持ちも感じらます。

【Dr.STONE】名言・名シーン第5位

「この石の世界のアダムとイブになってやる」

このセリフから物語が始まった、と言っても過言ではない、「z=1 STONE  WORLD」での千空のセリフです。数千年の眠りから復活した大樹が出会ったのは、大樹よりも先に、既に復活していた親友の千空でした。

第1話は、基本的に大樹目線で語られていましたが、ラストシーンのここにきて、主人公の登場です!千空の口癖、「そそるぜこれは!」の初登場でもありますね。

【Dr.STONE】名言・名シーン第4位

「テメーがいなきゃダメなんだ 戻ってこい大樹…!!!」
「戻ってこい千空ー!!!」

「z=14 信ずるもの」では、千空と大樹の強い絆が描かれていました。まだ大樹が復活する前、千空1人だけで生活していたころの回想と現在が交錯します。

司に首の骨を折られ、死んでしまった千空ですが、千空には望みをかけたワンチャンがありました。千空の首には、復活しきれなかった石化が残っており、その部分を復活液で復活させれば、石化解除時の回復能力によって、砕けた骨ももとに戻ると考えていたのです。

大樹と杠は、千空がさりげなく残していたわずかなヒントから、その思惑にたどり着き、千空の復活を試みます。千空が、大樹の復活を待っていたのと同じように、今度は大樹が千空の復活を信じて待つのでした。クールな千空が、大樹にだけ見せる表情が、胸に迫ります。

【Dr.STONE】名言・名シーン第3位

「俺の 言葉だけだ 科学に嘘はつかねえ 足りねえか」

こちらは、千空と司との絆を感じさせるワンシーンです。「z=78 壊すもの救うもの」では、科学王国が奇跡の洞窟を制圧し、司帝国と一時停戦状態となります。千空は、司の妹、「獅子王未来(ししおうみらい)」がまだ生きている可能性を提示し、未来の復活と引き換えに停戦を要求します。

千空と司は、この世界において敵同士となってしまいましたが、本質ではお互いのことを認め合う”友人”と呼べる存在。利害さえ一致すれば、再び手を取り合って、この世界で共存していける…そう信じた千空の提案でした。

千空の提案に対して、司は信じる根拠を問いただしますが、その答えがこちらのセリフです。かつて、司が千空を殺した時と同じ問答が繰り返されたこのシーンは、千空と司との関係を決定づける、非常に重要なシーンといえるでしょう。

【Dr.STONE】名言・名シーン第2位

「関係ねえんだ んなことは」

「z=114 そして科学は静かに石を穿つ」における、千空と百夜との、強い絆が語られるシーンです。未来に復活するであろう、千空のために、1人地道に川底から砂金を探し出す百夜の姿に、涙せずにはいられません。百夜は、天然の砂金を集めるだけでも大変なのに、さらにレアな素材である「白金(プラチナ)」を、何十年もかかってかき集めてくれました。

何の役にも立たないかもしれない、その作業を続けたのは、「宇宙飛行士だからー 地球最後のな 科学の未来のために働く それが俺の仕事だ」という想いからでした。

「繋ぐんだよ 次の飛行士に」と語る百夜の”繋ぐ相手”とは、何千年もの先の未来で復活した、息子の千空だったのですね。千空と百夜との間に、血の繋がりはありませんが、千空と百夜は、確かに繋がっていたのです。

【Dr.STONE】名言・名シーン第1位

「わからねえことにルールを探す そのクッソ地道な努力を 科学って呼んでるだけだ……‼」

TVアニメ「Dr.STONE」第2クールエンディングテーマ「夢のような」

独断と偏見で選んだ、【Dr.STONE】の名言・名シーン第1位は、「z=2 FANTAZY VS SCIENCE」での、このひとことです。

何度ものトライ&エラーを繰り返し、ようやく「復活液」が完成しました。復活液をかけたツバメが、見事に飛び立ったところでの千空のこの言葉が、「科学」というものを非常に的確に表現しているように感じ、こちらを1位とさせていただきました。

【Dr.STONE】は、決してあり得ないファンタジーではない、地道な努力の結晶でできあがっている世界なのだと感じられる名言です。

アニメ第2期が待ち遠しい!【Dr.STONE】は名シーンだらけ!

【Dr.STONE】の名言・名シーンはいかがでしたか?今回無理矢理20位までを選抜してみましたが、【Dr.STONE】は名シーンだらけなので、とても悩んでしまいました。

こちらを読んだ方の中には、「あのシーンは!?」「あの名言がランクインしていないなんて、おかしい!」というご意見もあるかと思いますが、ぜひコメント欄であなたの名言・名シーンを教えてくださいね。

アニメ第2期も決定し、原作の漫画では新たに新章を迎える【Dr.STONE】は、今後ますます名場面を増やしていくことでしょう。これからも、そんな【Dr.STONE】から目が離せません!

あなたへのオススメ記事

【Dr.STONE】石神千空は天才チート主人公?過去と素顔を暴くまとめ

【Dr.STONE】石神千空とは?
主人公・石神千空の基本プロフィール

主人公の名前は『石神 千空(いしがみ せん…

記事にコメントするにはこちら