アニメ【うちタマ?!〜うちのタマ知りませんか〜】第8話ネタバレ&感想まとめ

カテゴリーまとめはこちら:うちタマ?!

アニメ【うちタマ?!】第8回では、孤高の野良猫・ノラの過去が明かされました。切なくもあたたかい、ノラと飼い主さんのエピソードに注目です。

記事にコメントするにはこちら

うちタマ?!第8話『まつりばやし』

うちタマ?! ~うちのタマ知りませんか?~ アクリルスタンド ノラ

蝉時雨のうるさい朝。いつも根城としている公園の祠で、ノラが寝ています。うちタマ?!8話は、「俺の名前はノラ」という静かなノラのモノローグから始まりました。

今日はお祭り。どこか遠くからまつりばやしの音色が聞こえてきます。3丁目の仲間たちは、お祭りのワクワク感から、みんなで公園に駆け出していきました。しかし、公園の祠には、いつもいるはずのノラの姿がありません。3丁目の仲間たちは少し戸惑いますが、「後からノラも来るかもしれない」と、仕方なくノラ以外の仲間だけでお祭りの会場に向かいます。

ノラに「余計なこと」を思い出させるまつりばやし

初めてのお祭りに興奮を隠せないコマが、ふと木の上に何かの気配を感じます。「気のせいかな?」とすぐに駆けだしてしまうコマですが、コマの見ていた木の上には、ノラの姿がありました。

ノラは、「余計なことを思い出させる」まつりばやしが嫌いな様子。そんなノラの脳裏に、「ノラ」と優しい声で呼びかける、女性の姿が蘇ります。

ノラがまだ子猫だったある夏、しばらくの間だけ一緒に暮らした人がいました。その頃のノラは、自分がなぜ1人ぼっちなのかを考える余裕もなく、生きるためになんとかしてお腹を満たそうと必死でした。しかし、お店の食べ物に近づけば、水をかけられたり、ホウキで脅かされる毎日…。

ノラがやっとの思いで手に入れた食べ物も、大きな身体の野良ネコたちに取られてしまう有様。それでもノラは、小さな身体で一生懸命、涙をこらえて生き抜いていました

フラフラのノラを助けてくれたお姉さん

お腹も減って、喉も渇いて、フラフラになってしまったノラ。水を飲みたくても、ネコの手では蛇口をひねることもできません。そしてとうとう倒れてしまったノラですが、どこからか優しそうな女性が現れ、手のひらをお椀代わりにして水を差し出してくれます。

女性はその後、なんとか意識を取り戻したノラを抱き上げますが、ずっと野良ネコとして生きてきたノラは、本能的に女性の腕に爪をたてて抵抗します。引っかかれた傷からうっすらと血が浮かびますが、女性はその血をサッとなめ、「生きるのよ」とノラに語りかけて、やさしく抱きしめます。いい匂いに包まれたノラは警戒心をとき、安心したように女性の胸の中で目を閉じるのでした。

そんな回想シーンから、再び現代のノラの姿に戻ります。夏は、昔のことを思い出させるため、仲間たちと騒ぐ気分にもなれず、ノラは町内を歩き回ります。しかし、カキ氷屋の前を通りかかると、その昔、女性にカキ氷を作って食べさせてもらったことを思い出す始末。

いたずらっ子だった子猫のノラ

ノラを助けてくれた女性は、そのままノラを飼い猫にしてくれました。庭で遊ぶノラを探して、「タビ」と呼びかける飼い主さんでしたが、ノラはちっとも反応しません。すっかり、「ノラ」というのが自分の名前だと、思い込んでしまったようで、ノラと呼べばよい子でお返事をしてくれます。

そこから、「ノラ」という名前もかわいいからまあいいか、と納得したおおらかな飼い主さんとの新しい生活が始まりました。しかし、わんぱくなノラは、お土産にトカゲやセミを持ってきてくれたり、カーテンにのぼって得意げになったり、障子を突き破ったりと、イタズラの毎日。

ほとほと困り果てた様子で、ため息をつく飼い主さんでしたが、「いいのよ、子猫は元気な方がいいんだから」と言ってくれます。すると、安心したように、今度は柱で爪を研ぎ始めてしまうノラ。
とうとうおかしくなってしまって、「ノラ、ノラ、ノラちゃん、ノラくん」と嬉しそうに笑う飼い主さんと、それに応えるように「にゃんにゃん」と鳴くノラの姿は、幸せそのものです。

ノラの飼い主さんが倒れた日

しかしある日、飼い主さんが倒れてしまいます。心配そうに手をなめるノラに、「大丈夫よ」と答える飼い主さんですが、重い病気にかかってしまったようで、容態は悪化するばかり。

ここでコマに声をかけられて、はっと我に返ったノラ。そのままコマに連れられて、仲間たちの集まるお祭り会場へとやってきました。すっかり日も暮れて、屋台も賑わい、タマやモモ、ブルの飼い主である、たけしくん、えみちゃん、倉持君も、浴衣を着て遊びにきているようです。

ノラがやってきたことで「ブル以外は全員揃った」と喜ぶ一行でしたが、はしゃぐ仲間たちに背を向けて、再びノラはどこかに行ってしまいます。

あの夏、病気になってしまった飼い主さんは、そのままどんどんと弱ってしまいました。縁側に座る飼い主さんの手に、頬をすり寄せたノラは、その冷たさにビックリしてしまいます。カサついた唇に爪をたてると、そこに少しだけ赤い血が浮かび上がり、ノラはその赤い粒をそっとなめとりました。

ノラの心からの叫び「死んじゃダメだ!」

どこからともなく子猫の鳴き声が聞こえてきて、再び我に返ったノラは、段ボールの中で震える小さな子猫に気づきます。

ノラを探してやってきた仲間たちも、そんな子猫の様子にビックリし、タマ、モモ、ポチは、「たけし君たちに知らせよう」と駆け出します。
コマが子猫に触ってみると、その身体はとても冷たくなっていました。思わず口に出ていた「この子、死んじゃうの?」というコマの言葉に、ノラは冷たかった飼い主さんの手を思い出し、「死んじゃダメだ!」と必死で子猫を抱きしめ、その身体を温め始めます。

あの時と同じ、冷たい身体を、どうにかして救いたいという気持ちだったのでしょうか。飼い主さんが冷たくなってしまった後、ノラは結局何もすることができず、その家を去って、また野良ネコへと戻ることになったのでした。ノラにとっては、優しく暖かい思い出であると同時に、思い出したくないほど辛くて悲しい過去だったのですね。

ノラの涙とコマのあたたかさ

その後、タマたちが連れてきてくれたたけし君たちのおかげで、子猫は動物病院へと運ばれていきます。そのまま、またどこかに行ってしまおうとするノラでしたが、コマが後を追いかけ、ノラの手をとりました。

あったかいコマの手に、ハッとした様子のノラは、追いかけてきた仲間たちから、子猫は助かったという報告を聞いて、ホッとして涙を浮かべます。

そんなノラを見て、トラが「泣いてるのか?」と言うと、機転をきかせたゴンが、とっさにトラの足を踏んづけます。さすが、みんなよりお兄さんのゴンは、いろいろとよくわかっていますね。
耳を澄ますと虫たちの声が聞こえてきて、もう夏も終わりです。新しい季節がやってくるという言葉に、「うわあ、楽しみ!ね、ノラ!」と無邪気に笑うコマ。ここで、「ああ、そうだな」と、ノラもようやく笑顔を見せてくれました。

俺の名前は、ノラ。あの人がつけてくれた」悲しいけれど、暖かい思い出を胸に、ノラも新しい季節へと歩き出します。

うちタマ?!第8話のEDは『なんてことない唄』

うちタマ?! ~うちのタマ知りませんか?~ ぷちキャンバスコレクション ノラ

今回のエンディングは、ノラを演じる梶裕貴さんが歌う『なんてことない唄』。

「なんてことない」なんて表現が、いかにもノラらしいですね。静かなメロディにのせて、悲しい気持ちのままではない、新しい一歩を踏み出そうとする、ノラの気持ちが伝わります。

「忘れたいほどに守りたかった」「ただもう一度あなたに触れたい」「もらってばかりだった もしもいつかってくだらないだろう ただ次は必ず」

うちタマ?!ネタバレ記事まとめはコチラ

【うちタマ?!】第1話あらすじネタバレ&感想まとめ

【うちタマ?!】第1話「うちのタマ知りませんか?」
暖かな春の日、公園のベンチでお昼寝中のタマは、子ネコの頃の夢を見ています…

【うちタマ?!】第2話あらすじネタバレ&感想まとめ

【うちタマ?!】第2話あらすじネタバレ

第2回は、ブルの恋心を描く『俺さまはブル』、平和だけど平和じゃないある日の日…

アニメ【うちタマ?!〜うちのタマ知りませんか〜】第3話ネタバレ&感想まとめ

うちタマ?!『3丁目最強の男』

公園の鉄棒の上を、バランスをとりながら得意げに歩くトラに続き、コマも挑戦します。しか…

アニメ【うちタマ?!〜うちのタマ知りませんか〜】第4話ネタバレ&感想まとめ

うちタマ?!アニメ第4話は誰が主役?

『タマ&フレンズ 〜うちのタマ知りませんか?〜』のなつかしいキャラクタ…

アニメ【うちタマ?!〜うちのタマ知りませんか〜】第5話ネタバレ&感想まとめ

うちタマ?!第5話『トラの初恋』

たけし君と倉持君が、3丁目の外れにある、大きな家の噂をしています。その家に「化け猫…

アニメ【うちタマ?!〜うちのタマ知りませんか〜】第6話ネタバレ&感想まとめ

うちタマ?!第6話『仁義なき犬猫・前編』

このお話は、「3丁目クレイジーキャッツ」の戦いの記録である…極道映画のよう…

記事にコメントするにはこちら