【あせとせっけん】感想&キャラクター紹介!【ネタバレ有】

カテゴリーまとめはこちら:あせとせっけん

「あせとせっけん」は、多汗女子の八重島麻子×嗅覚男子の名取香太郎のにおいフェチカップルの日常を描いたラブストーリーマンガ。アニメ・マンガ系のメディアでも注目されている「あせとせっけん」の登場キャラクターやストーリーなどを紹介していきましょう。

記事にコメントするにはこちら

目次

「あせとせっけん」とは?

あせとせっけん(1) (モーニングコミックス)

2018年から週刊漫画誌「モーニング」のWeb版「週刊Dモーニング」で連載されている「あせとせっけん」は、漫画家・山田金鉄(やまだ きんてつ)先生が描く多汗女子×嗅覚男子の超純愛においフェチラブストーリーマンガです。

当初「週刊Dモーニング」の読み切りとして登場した「あせとせっけん」は、配信後のアンケートで好評価を得たため、読み切りを第1話として連載がスタートしました。

2020年3月時点で6巻まで刊行され、電子書籍を含む累計発行部数は100万部を突破。また、「あせとせっけん」は、2019年10月3日に発売された「モーニング」44号に、「ドラゴン桜2」とのダブル表紙&巻中カラーで移籍しています。

移籍後も順調に連載を続けている「あせとせっけん」は、2020年4月23日に第7巻が刊行予定です。

「あせとせっけん」アニメ化の予定は?

2020年3月現在、「あせとせっけん」がアニメ化されるという公式発表されていません。しかし、「あせとせっけん」は宝島社が開催している「次にくるマンガ大賞 2019」Web漫画部門で9位、「このマンガがすごい! 2020」のオトコ編で17位にランクインした話題作。

さらに、イラストコミュニケーションサービス「pixiv(ピクシブ)」の投票企画「WEBマンガ総選挙2019」第10位、日本出版販売主催の「全国書店員が選んだおすすめコミック2020」第6位にランクインするなど「あせとせっけん」が注目を集めている作品であることは間違いありません。

また、日本最大級のアニメイベント「AnimeJapan2020」が発表した「第3回アニメ化して欲しいマンガランキング」でも「あせとせっけん」がノミネートされています。

残念ながら、新型コロナウィルスの影響でAnimeJapan2020は開催中止となってしまったので、「あせとせっけん」が何位にランキングされたのかは不明。

しかし、「第3回アニメ化して欲しいマンガランキング」にノミネートされた100作品はいずれも話題作品ばかりなので、その中にノミネートされていた「あせとせっけん」が、アニメ化が期待されるマンガであることは事実でしょう。

「あせとせっけん」のあらすじ

女性に大人気の化粧品&バス用品メーカー「リリアドロップ」の経理部に勤務している八重島麻子は、地味で控えめな女性です。しかし、重度の汗っかきなのがコンプレックスな麻子は、1日中汗のケアに余念がありません。

デオドラント製品が手放せない麻子の前に現れたのは、リリアドロップの商品開発部でプランナー・名取香太郎。麻子の体臭に惚れた香太郎は、「新商品の石鹸の開発のために、これから毎日、君のにおいを嗅ぎに来ます!」と麻子に宣言!

重度の汗っかきがコンプレックスな麻子にとって、他人に自分の体臭を嗅がれるなんてもってのほか。しかし、麻子は「香太郎ににおいを嗅がれるのがそんなに嫌ではない」と感じるようになり…。こうして麻子と香太郎の恋がスタートします。

「あせとせっけん」ストーリー1:第1巻

麻子の体臭が香太郎のインスピレーションを湧かせる

小さい頃から重度の汗っかきで「汗子(あせこ)」というあだ名で呼ばれていた八重島麻子。麻子は、女性に大人気の化粧品&バス用品メーカー「リリアドロップ」の経理部で働いていても重度の汗っかきは治らず、デオドラントケアは欠かせません。

ある日、リリアドロップの企画商品開発部プランナーの名取香太郎は、麻子のにおいを嗅いで衝撃を受けます。

香太郎は、麻子のにおいが自分のインスピレーションを湧かせ、リリアドロップの新商品のために「これから毎日1週間…俺は君のにおいを嗅ぎに来ます!!」と申し出たのです。驚いた麻子でしたが、香太郎の勢いに負けて申し出を受け入れてしまいました。

麻子は香太郎との交際に戸惑い…

麻子と香太郎は、麻子の体臭がきっかけで交際をスタートさせます。男性と交際するのが初めてな麻子は、職場でも積極的な香太郎にドキドキ…。

香太郎が仮眠場として使用していた倉庫で、人目を忍んでデートしていた時には、同じ会社の椿嶺花(つばきれいか)にバレそうになり、緊張が走ります。

香太郎のとっさの機転でなんとかバレずに済みましたが、「皆から慕われるのもわかる…本当は私とは住む世界が…立場が違う人だって思ってて…」と、自分とは正反対な香太郎との交際への不安を、泣きながら香太郎にぶつける麻子。

その後、麻子と香太郎は初めて会社の外でデートすることに。職場に秘密にしたいという麻子の気持ちを尊重しながらも、どうしても麻子のにおいを嗅ぎたい衝動にかられてしまう、香太郎のデート中の苦悩に笑みがこぼれます。

「あせとせっけん」ストーリー2:第2巻

波乱の熱海社員旅行

麻子と香太郎はリリアドロップの社員旅行で、熱海の月ノリゾートへ。社員旅行中に2人の関係を怪しんでいた一瀬こりすが、わざと麻子と香太郎を引き合わせるという行動に出ます。

こりすの行動に言葉にならなかった麻子に気づいた香太郎は、初対面のフリで麻子に挨拶。「二人って本当に初対面なんですか?」と疑っていた麻子も「私にとっては、雲の上の存在です」と機転を利かせて切り抜けます。

その後、麻子からメッセージアプリで呼び出された香太郎。麻子のにおいを嗅ぎながら「麻子さんにとって俺はまだ、雲の上なんですか?」と、香太郎は麻子がこりすに答えた意味を問いただしています。

この麻子と香太郎の密会場面に経理部部長の大蔵仁が登場し、2人の交際が発覚。恋愛経験が少ない麻子にとって、大蔵部長に2人の交際が発覚したのは、とても重要な出来事となりましたね。

八重島麻子の交際を聞いた家族の反応は?

 

あせとせっけん(2) (モーニングコミックス)

熱海の社員旅行が終わり、しばらくすると、麻子は千葉の実家に帰省します。娘に彼氏ができたと知った母・八重島ゆり子は、香太郎の写真を見ながら「イケメンじゃない…!!」と大興奮しながら好意的。

麻子の弟・八重島桂太も実家に帰省しましたが、麻子のいつもと違う様子を察知し、話を聞かないまま実家から自分の住んでいる東京に帰っていきます。後日、麻子は桂太に香太郎の存在を伝え、桂太の働いているイタリア料理店「トラットリア・クラタ」で2人を引き合わせました。

麻子から電話で恋人の話を聞いた瞬間から、香太郎に強い敵意を持った桂太は、初対面にも関わらず敵意をむき出しにします。しかしその後、香太郎の真摯な態度に絆され、交際を渋々認めています。

この段階で、父・八重島勝臣は麻子の交際を知りません。父である勝臣が知らないままなのはかわいそうですが、娘を持つ父親の宿命なのかもしれません。

「あせとせっけん」ストーリー3:第3巻

波乱の大阪出張

あせとせっけん(3) (モーニング KC)

麻子と香太郎が交際を始めてから、香太郎が3泊4日の大阪出張に行くことになり、2人は初めて離ればなれになります。麻子のにおいが付いたハンカチを持参する香太郎をよそに、麻子はこりすと大阪出張に出かけていった香太郎のことが気になって仕方ありません。

そんな中、こりすは出張先で香太郎と麻子の通話を耳にします。香太郎の歴代の彼女を知っていたこりすは、大阪出張の最終日に香太郎と行った居酒屋で、香太郎に素直な気持ちをぶつけ「ずっと、好きでしたよ…名取さんのこと…」と自分の気持ちを打ち明けたのです。

こりすの気持ちを知った香太郎は、大阪出張から帰ると全て麻子に打ち明けました。しかし、大蔵部長に相談したことで、自分の気持ちに自信を持った麻子は、戸惑っていた香太郎を励まし、こりすとも良好な関係を築いていきます。自分に自信を持てなかった麻子の成長が見られるエピソードですね。

ドキドキの北海道旅行

一瀬こりすの問題が解決し、香太郎が誕生日を迎えようとしていました。麻子は、香太郎の誕生日プレゼントをリサーチしたり、誕生日当日に「香太郎さん」呼びを自分に定着させようと密かに考えていたのです。

そんな麻子の気持ちを知った香太郎は、「旅行に行きたい」と提案します。そして、麻子と香太郎は有給休暇を使って北海道旅行へ。麻子と香太郎は、ネクタイピンと髪留めをプレゼントし合い、宿泊した旅館の部屋に付いていた露天風呂に一緒に入浴するなど恋人モードで北海道旅行を堪能しています。

ラブラブモードの麻子と香太郎の姿がとってもかわいいですが、露天風呂に入浴するシーンの、泡立てた石鹸を手にとって体を洗っていた麻子に、下心を忘れて仕事モードで感心していた香太郎の表情に注目です。

「あせとせっけん」ストーリー4:第4巻

周囲に交際が発覚

あせとせっけん(4) (モーニング KC)

北海道旅行から帰った麻子は、経理部の坂下、三好、そして大蔵部長とランチをしている最中に香太郎との交際を打ち明けます。「薄々感づいていた」という坂下、「最近の麻子はキレイになった」と涙ぐむ三好、「壁を作っていた麻子を心配していた」と打ち明ける大蔵部長。

そして、香太郎は麻子を商品開発部のメンバーに彼女として紹介しています。香太郎が好きだと言っていた一瀬こりすとの関係も良好で、商品開発部の涼村悠二や松苗沙織にも好意的に受け入れられた麻子と香太郎。

ゆっくりとした速度ですが、麻子と香太郎の交際が徐々に周囲の人たちに知られていくのは、読んでいて嬉しくなりますね。

同棲へ向けて…

ある日、香太郎は住んでいるアパートの更新日が近づいているのを知ります。いろいろ考えた結果、香太郎は麻子に「一緒に暮らしませんか…?」と提案しました。しかし、麻子は喜ぶどころか「考えさせてください…」と後ろ向きな返答…。

さすがの香太郎も、麻子との今後を心配し、商品開発部の涼村悠二立石渉に相談を持ちかけます。涼村から「同棲をするということは、その先に結婚を考えているのか?」と問われた香太郎は、真剣に麻子との結婚について考え始めました。

後ろ向きな返答をした麻子も、経理部の坂下に相談。そして、麻子と香太郎は同棲について改めて話をする場を設けたのです。同棲について麻子と香太郎はそれぞれ意見を出し合い、同棲をしようと結論を出し、準備を進めていきます。

「あせとせっけん」ストーリー5:第5巻

香太郎が八重島家に訪問

あせとせっけん(5) (モーニングコミックス)

同棲が決まって準備を進めている麻子と香太郎。麻子は料理の腕を上げようと頑張ったり、香太郎の実家が作ったお茶を出している小料理屋「粋火」でクリスマスデートを楽しんだりと、充実した生活を送っています。

お正月には、八重島家に香太郎が挨拶にやって来ました。お正月の少し前に娘に彼氏がいて、同棲話も進んでいると知った父・八重島勝臣。桂太に香太郎はどんな人物なのかリサーチしてみたり、香太郎を駅まで迎えに来たりと緊張を隠せない姿がかわいいですね。

そして、八重島家で行われた家族麻雀では、麻雀を知らない香太郎に麻子が教えながら大盛りあがり!その後、香太郎が勝臣に同棲の話をし、八重島家公認で2人の同棲が決定しています。

香太郎が八重島家で馴染んでいたので、麻子と結婚しても八重島の人たちと良好な関係を築けるでしょう。

新居探しはどうなる?

八重島家の公認となった麻子と香太郎の同棲計画は、いよいよ新居探しへ突入していきます。大蔵部長のアドバイスのもと、麻子と香太郎は不動産「スズキ不動産」へ。しかし、「におい」に強いこだわりを持つ麻子と香太郎の新居は、なかなか決まりません。

不動産の営業マン・浦沢(うらさわ)は、麻子と香太郎を見てチョロいと当初は軽めに対応していました。しかし、麻子と香太郎は「におい」に強いこだわりを持つカップルで、一筋縄ではいきません。本気を出した浦沢は、麻子と香太郎の要望を叶えられる隠し玉の部屋を紹介。

本気になった浦沢のおかげで、麻子と香太郎の新居は決定しています。新居探しでは、麻子の経理部としての優秀さが垣間見れるのと、香太郎の超人的な嗅覚も描かれていますので、思わず見入ってしまった人も多いでしょう。

「あせとせっけん」ストーリー6:第6巻

香太郎が麻子に送るオリジナルせっけん

あせとせっけん(6)限定版 (プレミアムKC)

麻子がバレンタインに…と、香太郎のためにかわいい下着とチョコを準備します。そして、ここで一足先に香太郎が新居に引っ越し。さらに麻子の誕生日には、香太郎がオススメの香水の工房「ヴォトラトリエ」に足を運び、麻子が選んだ香水を香太郎がプレゼントしています。

この誕生日プレゼント選びは、香太郎が麻子のために作りたいせっけんのリサーチも兼ねたもので、香太郎の真剣な表情が随所に描かれていました。

しかし、ヴォトラトリエからの帰り道、ヘンリック・コールセンという外国人に麻子がナンパされ、香太郎との間に不穏な空気が流れてしまいます。

同棲生活スタート!

そして、いよいよ麻子と香太郎の同棲生活がスタート。多忙な香太郎が、家事のフォローをしてくれるのを申し訳なく思った麻子は、経理部の坂下に相談しています。一方、相談を受けた坂下は「同棲生活がスタートしたばかりだから、香太郎が張り切っているのでは?」と麻子に明るくアドバイス。

しかし、麻子は「同棲前より香太郎に気を遣われていることが悲しい…」とどんどん思いつめていきます。あまりにも気を遣ってくる香太郎に、たまらず自分の気持ちをぶつけた麻子。

すると、香太郎は麻子の誕生日に、不穏な空気が流れたのは自分のせいだと感じていて、それ以来ずっと麻子に気を遣っていたと語ります。香太郎の気持ちを知った麻子は、「腫れものみたいに扱わないで!!」と、珍しく怒りの感情をあらわにしました。

香太郎に怒りをぶつけた後、麻子は自己嫌悪に陥っていましたが、その後無事に仲直り。一緒に暮らしていく上で、お互いの気持ちをぶつけていくのは大切ですね。

「あせとせっけん」登場キャラクター1:八重島麻子

八重島麻子(やえしま あさこ)は、メガネをかけた26歳の女性。3月28日生まれのおひつじ座、身長156cm、体重51kg、血液型O型。好きな食べ物は和食、豆乳、ハーブティー、苦手な食べ物は豚の脂身です。趣味は石鹸集め、特技は特にありません。

女性層の人気を誇る化粧品・バス用品メーカー・リリアドロップの経理部に勤務し、人より汗っかきな麻子は、小さい頃から「汗子(あせこ)」と呼ばれからかわれていました。それ以来、制汗・消臭ケア用品を手放せない生活を送っています。

引っ込み思案で控えめな性格の地味系女子・麻子。香太郎と交際し始めてから、どんどんきれいになっていく姿に注目です!

「あせとせっけん」登場キャラクター2:名取香太郎

名取香太郎(なとり こうたろう)は、29歳のイケメン男性。10月1日生まれの天秤座、身長175cm、体重63kg、血液型B型。好きな食べ物はサンドイッチ、パスタ、ハンバーグ、苦手な食べ物はセロリ、四川風麻婆など辛いものや刺激の強いもの。

趣味は、いい匂いのする藻を探す、調べる、くつを見ること。恋人の麻子からは「名取さん」と呼ばれています。リリアドロップ商品開発部第一企画室でプランナーを担当している香太郎は、売れ筋商品の立役者として社内でも有名人。

元々ハーブなどが好きだった香太郎は、家のシャンプーなどにもこだわりを持っています。あらゆるにおいを嗅ぎ分けられる嗅覚を持つ香太郎にとって、プランナーはまさに天職といえるでしょう。

「あせとせっけん」登場キャラクター3:一瀬こりす

一瀬こりす(いちせ こりす)は、リリアドロップ商品開発部に所属しているショートカットの女性。5月10日生まれのおうし座、身長152cm、体重42kg、血液型B型。好きな食べ物はトマトラーメン、苦手な食べ物はかずのこです。

装丁やラッピングフェチなので、ペーパーショップやラッピング用品店めぐりをするのがこりすの趣味。特技は、POPカード作り、反復横跳びです。

こりすが入社1年目に教育係をしていたのが香太郎で、その後、こりすは香太郎のアシスタントとして働いています。

「あせとせっけん」作者の山田金鉄先生によると、こりすのイントネーションは「こ↑りす」だそう。地味系女子の麻子と対称的な明るいリア充女子・こりすとの恋の対決も必見です!

「あせとせっけん」登場キャラクター4:大蔵仁

大蔵仁(おおくら )は、オネエ言葉を話す顎ヒゲの生えた男性です。12月24日生まれのやぎ座、身長187cm、体重88kg、血液型A型。リリアドロップ経理部に所属し、部長を務めています。

麻子の上司で、麻子のミスを厳しく叱咤するものの、体調不良になった麻子のために半休申請をして休ませてあげるなどフォローも忘れません。また、大倉は、麻子が名取香太郎と交際しているのを最初に知った人物。

経理部の自分のデスクの横にアクアリウムを設置し、大蔵は「今日もカワイー♡」と鑑賞するのが好き。また、大蔵は社内旅行で行われた部署対抗温泉卓球大会で、優勝するほど抜群の運動神経を持っています。

大蔵部長は、麻子と香太郎のカップルに重要なアドバイスをし、麻子だけではなく、香太郎にも頼りになる上司ですね。

「あせとせっけん」登場キャラクター5:椿嶺花

椿嶺花(つばき れいか)は、コスメ部門のカリスマ的存在の女性。仕事をバリバリこなし、女性社員からの信頼が厚い一方で、嶺花はルールに厳しく、ストイックな性格をしています。

ルールにゆるい性格の香太郎とは反りが合わず「私の目の届かないところにぶっ飛ばしたい」と嶺花が呟いたことも。また、嶺花は、社内旅行で行われた部署対抗温泉卓球大会で、経理部と白熱した戦いを繰り広げています。

香太郎とはライバル同士の嶺花ですが、麻子の肌を褒めるなどキレイなお姉さんとして登場。嶺花は登場回数は少なめですが、誰もが認める憧れの女性といっても過言ではありません。

「あせとせっけん」登場キャラクター6:八重島勝臣

八重島勝臣(やえしま かつおみ)は、八重島麻子の父親で年齢は51歳。東京で1人暮らしをしている麻子をとても心配しているようで、「いつでも帰ってきていいんだぞ?」が口グセです。勝臣は、家族4人でする麻雀が何よりも楽しみ。

そんな八重島勝臣は、大学時代の先輩だった妻・八重島ゆり子に「結婚してくれ」と必死に迫った過去を持つまっすぐな性格。

「あせとせっけん」第5巻で、麻子の彼氏・名取香太郎と初対面した勝臣の言動は、年頃の娘を持つお父さんなら痛いほどわかるはずでしょう。

「あせとせっけん」登場キャラクター7:八重島ゆり子

八重島ゆり子(やえしま ゆりこ)は、八重島麻子の母親で年齢は52歳。凝った料理や高級な食材を使用しないゆり子ですが、さっと出てくる料理が美味だと麻子が言っていました。

八重島家の中で、麻子に彼氏がいるというのをいち早く知り、香太郎の写真を見て「イケメンじゃない…!!」と大感激しています。その後、香太郎と初対面したゆり子は、自分の息子のように優しく香太郎を迎えます。

麻子と香太郎、そして、息子の桂太が帰ってしまった後、いろいろな感情が溢れ出してしまい、涙をポロポロとこぼす姿が印象的です。ゆり子が涙を流したシーンは、麻子の気持ちを尊重しながらも、娘が巣立っていく母親の寂しさが垣間見れて切なくなりますね。

「あせとせっけん」登場キャラクター8:八重島桂太

八重島桂太(やえしま けいた)は24歳の青年で麻子の弟です。7月25日生まれのしし座、身長171cm、体重57kg、血液型AB型。専門学校を卒業後、イタリア料理店「トラットリア・クラタ」で料理人をしています。

好きな食べ物は、見た目と味の調和が取れているもの、苦手な食べ物は高野豆腐。また、桂太は千葉の実家で、母・ゆり子の作った豚の角煮を食べるのを楽しみにしています。趣味は、好きなバンドのライブに行くことで、桂太のメッセージアプリのアイコンは、好きなバンドのステッカーであるゴリラ。特技はけん玉。

口数こそ多くないものの、桂太は引っ込み思案な性格の麻子を気にかける優しい弟です。さらに、勘の良い性格の桂太は、麻子の何気ない会話から男の存在を察知していました。

香太郎に敵意をむき出しにしていた桂太ですが、それも引っ込み思案な性格の麻子を心配していたから。姉思いの優しい桂太に、キュンキュンしちゃいますね。

「あせとせっけん」登場キャラクター9:坂下

坂下(さかした)は、リリアドロップの経理部に勤務しているおかっぱ頭の女性。麻子の同僚にあたる坂下さんの趣味はゲームで、坂下と同じくゲーマーの彼氏と同棲中です。

坂下は、麻子と名取香太郎が交際しているのを知っている数少ない人物の1人。会社での麻子の変化で、「香太郎と何かあったのでは?」と察知するのも得意で、大蔵部長と同じく恋愛初心者の麻子の良き相談相手です。

からかうのではなく、的確なアドバイスをしてくれる、坂下さんのような同僚がいる麻子が羨ましくなりますね。

「あせとせっけん」登場キャラクター10:三好

三好(みよし)さんは、リリアドロップ経理部に勤務しているショートカットの女性。麻子の同僚にあたる三好は、麻子と香太郎が交際しているのを知っている数少ない人物の一人です。

麻子がキレイになったと涙ぐむ三好は、熱海の社員旅行で大蔵部長と卓球のペアで出場し、優勝したほどの運動神経を持っています。そんな三好さんはセリフが少なく、いわゆるモブキャラクター的な存在ですね。

「あせとせっけん」登場キャラクター11:橋谷修

「あせとせっけん」第18話の外伝で登場した橋谷修(はしたに おさむ)は、リリアドロップの経理部に勤務している男性。突然登場した橋谷ですが、第16話にちょっとだけ顔を出しています。

橋谷は、麻子が香太郎と弟の桂太の働いているトラットリア・クラタで食事をするために、着ていたワンピース姿を見て恋心を抱いています。麻子に経理部の大蔵部長のイタリア旅行のお土産・マロングラッセを渡したのも橋谷です。

まだ、麻子と香太郎の交際を知らない橋谷は、失恋は確実。麻子と香太郎の交際を知った時、橋谷はどんな表情でショックを受けてしまうのでしょうか…。

「あせとせっけん」登場キャラクター12:松苗沙織

松苗沙織(まつなえ さおり)は、リリアドロップの商品開発部に勤務しているロングヘアの大人の雰囲気を持った女性。沙織は、香太郎の同僚で商品開発部で「苗さん」というあだ名で呼ばれています。

「香太郎が好き」というこりすの秘密を知っていた沙織は、失恋したこりすに優しい言葉をかけていたのが印象的ですね。

「あせとせっけん」登場キャラクター13:涼村悠二

涼村悠二(すずむら ゆうじ)は、リリアドロップの商品開発部に勤務しているメガネをかけた男性です。涼村は熱海の社員旅行で運動音痴な香太郎に代わって試合に出ようとしていました。

また、涼村は麻子と北海道へ旅行するために、有給休暇を申請した香太郎に気づいています。基本的に涼村は、真面目な表情で面白いコメントを言う人物ですが、香太郎に絶大な信頼を寄せていました。

義理チョコを持っていたのを麻子にバレてしまった香太郎に、さりげなくフォローを入れていたのが、涼村のできる男っぷりを表現しています。

「あせとせっけん」登場キャラクター14:立石渉

立石渉(たていし わたる)は、明るくてテンションの高い性格の男性です。リリアドロップの社員で、香太郎の同期。立石は、熱海で行われた社員旅行の時に司会を担当していました。

社員旅行の時に立石は、3年間付き合った彼女「シホ」にフラれたとのを明らかにしていましたが、実は社員旅行よりもかなり前に別れています。

元カノ・シホに未練タラタラな立石が、はやく幸せになって欲しいと願っているファンも多いのではないでしょうか。

「あせとせっけん」登場キャラクター15:ヘンリック・コールセン

ヘンリック・コールセンは、麻子の誕生日プレゼントを購入した帰りに、麻子をナンパしてきた外国人男性です。職業はフローリストで、麻子をナンパした時に名刺を渡し、麻子と香太郎のケンカの原因になっています。

その後、「あせとせっけん」第61話で、ヘンリックは香太郎が関わったイベント会場の装花担当者として登場。麻子をナンパした時に、香太郎に挑戦的な態度だったヘンリックでしたが、イベント会場で香太郎が「香りの動線」にこだわったのに興味を示し、お茶に誘っています。

ヘンリックは麻子と香太郎に会ったのを覚えていませんでしたが、今後何らかの関わりを持ってくるのかもしれませんね。

「あせとせっけん」同棲後の麻子と香太郎はどうなったの?【ネタバレ】

「あせとせっけん」第6巻で、無事に同棲生活をスタートさせた麻子と香太郎は、その後どうなっているのでしょうか。

香太郎は麻子のためのオリジナルせっけんを完成させ、麻子を喜ばせています。その後、麻子は香太郎と一緒に名取家に挨拶へ。

名取家で麻子は、茶園を営んでいる父・名取真太郎(なとり しんたろう)、目の見えない母・名取奏(なとり かなで)、妹・名取柚香(なとり ゆか)に快く迎えられていました。

きっとこのまま結婚するであろうと予想される麻子と香太郎。早く麻子のウェディングドレス姿や、2人の子供が見てみたいと思っているファンも多いでしょうね。

「あせとせっけん」感想&みどころ

汗っかきの八重島麻子×超人的な嗅覚の名取香太郎

「あせとせっけん」の見どころといえば、やっぱり八重島麻子と名取香太郎のカップルでしょう。汗っかきで、自分の体臭を気にして生活している麻子と、超人的な嗅覚を持っている香太郎は「におい」にこだわりを持っているカップル

特に、ストーリーとともに麻子と香太郎の関係がステップアップしていくと、香太郎の嗅覚は進化。

麻子のちょっとした心の変化さえもにおいで嗅ぎ分け、新居探しでもいかんなく発揮させています。一方の麻子は、汗っかきのままであるものの、コンプレックスが香太郎のおかげで薄らいでいるという印象を受けました。

【あせとせっけん】においフェチの超純愛ラブストーリー!

あせとせっけん(6)限定版 (プレミアムKC)

「あせとせっけん」は地味系OL・八重島麻子が、仕事ができるイケメン・名取香太郎に体臭を気に入られたことから始まるラブストーリー。

汗っかきでコンプレックスを持って生きてきた麻子が、香太郎に愛されることでどんどん綺麗になっていく姿は、見ているだけで勇気がもらえます。

「におい」から始まる新感覚ラブストーリー「あせとせっけん」の今後の展開に、これからも目が離せません!

 

記事にコメントするにはこちら