「GALS!」名言&名シーン20選【続編で話題】

カテゴリーまとめはこちら:GALS!

平成を生きるコギャル達の葛藤と成長を描いた「GALS!」。令和の今になっても心に響く名言&名シーンをピックアップしてご紹介します!

記事にコメントするにはこちら

目次

続編で話題の「GALS!」とは?

GALS! 1 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

1998年~2002年まで集英社「りぼん」で連載していた「GALS!(ぎゃるず!)」は、漫画家・藤井みほな(ふじい みほな)先生が描く学園ラブコメマンガ。2001年に「GALS!」を原作としたアニメ「超GALS!寿蘭」が全52話で放送されました。

2001年にはゲームボーイソフト「超GALS!寿蘭」、2002年にはゲームボーイカラーのソフト「超GALS! 寿蘭2」、PlayStationのソフト「超GALS! 寿蘭すぺしゃる〜イケメンゲッチューギャルズパーティー」が発売。当時大旋風を起こした人気少女漫画です。

そして、2019年11月には、集英社のマンガアプリ「マンガmee(まんが みー)」で17年ぶりに「GALS!」が、続編の「GALS!!」となって復活。さらに、期間限定で藤井みほな先生の公式Twitterが開設されるなど、盛り上がりをみせています。

また、「GALS!!」第1巻も2020年4月24日に発売が決定し、令和にもコギャル旋風が巻き起こりそうですね。

「GALS!」のあらすじ

鳳南高校に通う寿蘭(ことぶき らん)は、渋谷でNo.1のコギャル。代々警察警察官一族という家庭に生まれ、充実したコギャル生活を星の蘭は送っていました。そんなある日、寿蘭はクラスメイトの清純派美少女・星野綾(ほしの あや)援助交際をしているという噂を耳にします。

その噂を信じられなかった寿蘭は、元チーマーの友達・山咲美由(やまざき みゆ)と一緒に、星野綾に直接真相を聞き出すことに。その後、寿蘭たちに叱咤激励された星野綾は、寿蘭と山咲美由と行動を共にしていきます。

「GALS!」名言&名シーン1:「モノは痛みなんか感じねえんだよ!!」(寿蘭)

原作版「GALS!」第1巻第1話「コギャルは天下のまわりもの」

寿蘭は、街でクラスメイトの星野綾とばったり遭遇。翌日、星野綾が学校を休んだのを心配した寿蘭は、渋谷の街で星野綾を捜索します。そして見事、星野綾を見つけ出した寿蘭は「オヤジ待ってんの?やめときな援交なんてさ」と諭しました。

しかし、そんな蘭の忠告に対し星野綾は「親が厳しく息苦しかった心さえ売らなければ体なんてどうでもいい」と投げやりな言い訳を口にします。それを聞いた寿蘭は「甘ったれんな!!!モノは痛みなんか感じねえんだよ!!てめー生きてんだろ!?ぶたれりゃ痛いし、切られりゃ血が流れるんだろ!?」と、星野綾の頬を叩いて大激怒。

しまった!つい熱血やっちまった!!」と反省する寿蘭でしたが、星野綾は心を打たれて改心しています。頬を叩くのは確かにやりすぎかもしれませんが、体を売ろうとした友達を心から心配する寿蘭の優しさが伝わってくる名シーンですね。

「GALS!」名言&名シーン2:「美由…無事でよかった」(寿大和)

原作版「GALS!」第1巻第3話「女心と赤メッシュ」

山咲美由は、寿蘭の兄・寿大和(ことぶき やまと)と付き合っています。しかし、現役警察官の寿大和は多忙ですれ違いが続いていました。

そんな山咲美由に、鳳南高校に通うY・Kと名乗る男子生徒・良田健二(よしだ けんじ)が3回も手紙で告白してきました。良田健二の危うさに気づいた寿蘭は寿大和に報告しますが、山咲美由は街で良田健二に襲われてしまいます。

そんな山咲美由のピンチに駆けつけたのが、彼氏である寿大和。良田健二に自分が美由の恋人だと念を押し、「美由…無事でよかった」と抱きしめました。

山咲美由を抱きしめながら「美由の過去もひっくるめて好きだ」と伝える寿大和の包容力と男らしさが印象的なシーンです。 

「GALS!」名言&名シーン3:「誰のためでもねえ、自分のために生きるこったな!」(寿蘭)

原作版「GALS!」第2巻第5話「それがコギャルの生きる道!」

GALS! 2 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

学校の成績が下がってしまい、職員室に呼び出されてしまった星野綾は、心配していた寿蘭や山咲美由を冷たく突き放します。しかしその後、学校から親に連絡がいき、さらに塾をサボっていたのがバレてしまいました。

すると、星野綾の両親は「悪い仲間がいるに違いない」と、一晩中お説教を続けます。その話を聞いて落ち込むなと軽く言う寿蘭に対し「成績が落ちたことを知った時の両親の顔を見た時の、私の気持ちがわかるの!?」と、激しく反論する星野綾。

星野綾の反論を聞いた寿蘭は「わかるわけねーじゃん、あたしの人生、親の所有物じゃねーもん。おめーと違ってな」と言い切ります。そして「誰のためでもねえ、自分のために生きるこったな!」と、自身のポリシーを突きつけました。

親友の星野綾に、自分自身で人生を切り開いて欲しいという寿蘭の気持ちが込められた名言です。

「GALS!」名言&名シーン4:「初恋は…重い」(乙幡麗)

原作版「GALS!」第2巻第8話「踊る!お台場大捜査線!!」

お台場の遊園地にみんなで遊びに来た乙幡麗(おとはた れい)は、寿蘭から「おまえさ、綾のことどー思う??」と問われます。さらに、「期待をもたせるよーなことはやめてくれよな。…初恋なんだよ。あいつ」と寿蘭は乙幡麗に釘を差しました。その後、乙幡麗は星野綾と2人で別行動へ…。

乙幡麗と2人きりになった星野綾は、告白をしようとソワソワし始めます。すると、乙幡麗は「…綾、…おまえを彼女にするのも、今ここでおまえにキスするのも俺にとっては、カンタンかもしれない。でも初恋は…重い」と星野綾に話したのです。

乙幡麗と2人きりになって浮かれていた星野綾を、ドン底まで落とした乙幡麗の言葉。気持ちがないのにズルズルと気を持たせる関係を続けるよりも…と考えた、乙幡麗の言葉に誠実さを感じます。

「GALS!」名言&名シーン5:「いいの。そばにいさせてもらえるだけで、しあわせなの」(星野綾)

原作版「GALS!」第3巻第10話「イケメン探しも楽じゃない⁉」

GALS! 3 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

寿蘭と山咲美由を連れ、明匠第一高校の文化祭へ行った星野綾は、文化祭の選曲を担当している乙幡麗のいる放送室へ…。

「見てても別におもしろくはないだろうけど、好きなだけいていい」と言う乙幡麗に、星野綾は「いいの。そばにいさせてもらえるだけで、しあわせなの」と嬉しそうな笑顔を見せます。

そんな綾の言葉を聞いた乙幡麗は、自分勝手に行動するタイプの自分と純情な星野綾とは違うな…と感心します。そして「…俺、知らないうちに、おまえのこと傷つけるかもしれねーぞ。それでもいーのか?」と星野綾に問いかけると、「…いい…傷ついても…好き…」と答えます。こうして2人は、晴れて交際をスタートしたのでした。

「GALS!」名言&名シーン6:「それがギャルのパワーってもんだろッ?」(寿蘭)

原作版「GALS!」第3巻第11話「うちらのパワーはハンパなーい!」

鳳南高校で行われた体育祭。体育会系のメンバーを揃え、気合いの入っていた群青(ぐんじょう)先生のクラスと騎馬戦で対戦している最中、寿蘭は、群青先生のクラスの高沢(たかざわ)から悪い噂を耳にします。そして後日、寿蘭は高沢の異変に気が付きました。

騎馬戦で高沢が寿蘭に負けたから体育祭で優勝できなかったと、群青先生がクラスをけしかけ、高沢がクラス中に無視されている事実が発覚。そして、寿蘭のクラスで道徳の授業を担当した群青先生が寿蘭を集中攻撃し、暴力まで振るってきました。

すると、寿蘭も暴力と啖呵で群青先生に応戦。その後、群青先生は担当していた生徒の証言も加わり別の学校へ…。そして、寿蘭も反省文50枚付きの5日間の自宅謹慎を言い渡されています。

ペナルティを受けても「それがギャルのパワーってもんだろッ?」と言い切った寿蘭がかっこよすぎです!

「GALS!」名言&名シーン7:「好きになっちったから、彼女になって!!」(黒井達樹)

原作版「GALS!」第3巻第12話「アーチーチー!DEクリスマース!!」

クリスマスを控えて、中学生にパラパラ講座を開いていた寿蘭の前に、タツキチこと黒井達樹(くろい たつき)が登場。黒井達樹は小麦色の肌が印象的で、町田のパラパラキングを自称するタツキチは、寿蘭たちにパラパラの指導を熱心に始めました。

パラパラの指導を終えた後、寿蘭と黒井達樹は2人きりに。自分の話を聞きながら楽しそうにしている寿蘭に、黒井達樹は「好きになっちったから、彼女になって!!」と突然告白します。

どんな人にでも臆すること無く啖呵を切ってきた寿蘭も、黒井達樹の突然の告白に大笑い。さらに、寿蘭は「てめーすっげーヘンな奴ー!!おもしれーから、つき合ってやる!」と、黒井達樹の告白にOKしています。会ったばかりの黒井達樹との交際を、あっさりスタートさせた寿蘭。

とてもびっくりしますが、寿蘭の価値観に黒井達樹がピッタリだったのでしょう。しかし、寿蘭にアプローチを続けている2位こと麻生裕也(あそう ゆうや)の顔が浮かんでくるのは気のせいでしょうか…。

「GALS!」名言&名シーン8:「…大丈夫…美由は、大丈夫…」(山咲美由)

原作版「GALS!」第4巻第14話「SWEET16BLUE」

GALS! 4 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

山咲美由はいつも、母から高額なお小遣いをもらっていました。しかし、2ヶ月前から母の恋人の会社が経営不振となり、山咲美由へ渡すお小遣いもほとんどゼロに…。そこで美由は髪の毛を黒く染め、「自分でお金を稼いで自立しよう」と考え始めます。

そんな矢先、山咲美由が、鳳南高校の学費が2ヶ月支払われていないことを母に追求すると、「お金がないから、彼氏にでも頼んでどうにかすればいい」と冷たくあしらわれてしまいました。

「なんで一度も美由の目を見ないの!?」と言った山咲美由に母は「…あんたの顔をみてると、別れた旦那の顔を思い出してムカつくのよ…!」と言って立ち去ります。母が立ち去った後、寿大和に電話で何気ない会話をして気持ちを落ち着かせた山咲美由ですが、その心は深く傷ついていました。

電話を切った後、「…大丈夫…美由は、大丈夫」と、自分を励ました山咲美由の姿が健気すぎます。

「GALS!」名言&名シーン9:「俺が一生をかけて証明するよ」(寿大和)

原作版「GALS!」第4巻第14話「SWEET16BLUE」

寿蘭と星野綾と一緒に、バレンタインデーのチョコを販売するアルバイトを始めた山咲美由でしたが、風俗に流されそうになって大立ち回り。その後、寿大和に呼び出された山咲美由は、別れ話だと暗い気持ちになりながら寿大和の家に向かいます。

しかし、寿大和は別れ話どころか、自分の両親に山咲美由を紹介したのでした。結婚話がトントン拍子に進んだ山咲美由は「…美由なんかでいいの?」と寿大和に問いかけます。

すると寿大和は、時々一人で孤独に耐えていた山咲美由を心配していていたのを打ち明け、婚約指輪をプレゼント。さらに「おまえは1人じゃない。友達や俺がそばにいる。絶対に1人じゃない。俺が一生をかけて証明するよ」とプロポーズをしたのです。

「GALS!」名言&名シーン10:「どんな瞬間でもさ、あたしは生きてんのが大好きだからに決まってんじゃん!」(寿蘭)

原作版「GALS!」第5巻第18話「ギャルはいつでもマンボでサンバ!!」

学校で孤立している鳳鳳南高校1年の三品亜貴(みしな あき)が気になっていた寿蘭は、優しい言葉をかけ続けていました。しかしある日、渋谷の街で同級生に襲われた三品亜貴が「殺してやる」とナイフを振り回し大騒動!

実は、寿蘭が後輩たちを使って自分からお金を巻き上げたと勘違いし、不可解な事件や出来事を起こしていた人物こそが三品亜貴だったのです。

「寿蘭が羨ましかった」と語る三品亜貴に、寿蘭はナイフを持っているのは自分の心を守るための行動だと諭していきます。そして「どんな瞬間でもさ、あたしは生きてんのが大好きだからに決まってんじゃん!」と抱きしめながら優しくアドバイスし、三品亜貴を立ち直らせていったのです。

誰も親身にならなかった三品亜貴に、ただ一人真剣に向き合ってきた寿蘭のアドバイスだからこそ、素直に受け入れることができたのでしょう。

「GALS!」名言&名シーン11:「わかったよ。マミちゃんの気持ちはよくわかったから!」(麻生裕也)

原作版「GALS!」第5巻「夏×3!!イケメンゲッチュは命がけ!!」

「2位」こと麻生裕也から割引券を貰って、向ヶ丘遊園のプールに遊びに来た本多マミは、麻生裕也が寿蘭のことを好きだと聞くと「寿めぇ~」と怒りをあらわにしました。

そして、本多マミは寿蘭がプールに遊びに来ていることを知ると、プールで本多マミvs寿蘭のコギャル対決が開始。コギャル対決が始まり1時間が経過したころ、本多マミの体力を心配した麻生裕也は「わかったよ。マミちゃんの気持ちはよくわかったから!蘭ちゃんもスゴイけど、マミちゃんもカッチョイーギャルだと思うよ」と割って入ります。

さらに「…男だったら思わずホレるだろ」と言った本多マミに「うんうんホレるね」と麻生裕也が言いました。すると、本多マミが「おまえみたいないい奴、蘭にはもったいねーよ。おまえ『2位』とか言われてっけど、今んとこあたしの中では1位だぜ!」と麻生裕也にラブコール。

さらに「ホレられたら、仕方ねーな。彼女になってやる!そのかわり、浮気はぜってー禁止!!OK!?」と、本多マミは麻生裕也と交際宣言したのです。

麻生裕也の何気ない褒め言葉から、交際に持ち込んでしまう本多マミのコギャルパワーには敵いません。

「GALS!」名言&名シーン12:「おまえ『自分』ってもんがないわけ?」(乙幡麗)

原作版「GALS!」第6巻第20話「遊ぶのイノチ!!夏オンナ!!」

GALS! 6 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

夏休みに入ると、寿蘭の海の家でのアルバイトが決定。星野綾は予備校があるのにも関わらず、参加をする発言しています。

しかし、星野綾は乙幡麗がバイトがあるから行かないと聞くと、行くのをためらい始めました。意見をコロコロ変化させる星野綾に乙幡麗は「おまえさあ、そーやってすぐ周りに流されんのやめれば?おまえ「自分」ってもんがないわけ?」とチクリ。

さらに、「俺の顔色をうかがったりするのはウザい」と乙幡麗は別れに近い発言をほのめかし、星野綾を追い詰めます。その言葉を受けた綾は「義理とか同情で…つき合ってもらうこと…ないからねっ」と涙ながらに自分の考えを伝えています。

乙幡麗が、自分に初めて自分の意見をぶつけてきた星野綾に、満足気な表情を浮かべていたのが印象的でした。

「GALS!」名言&名シーン13:「あたしはタツキチでいいんじゃなくて、タツキチがいいんだよ」(寿蘭)

原作版「GALS!」第6巻「Funky Monkey X’mas!!」

クリスマスで浮かれていた寿蘭は、試しに作った手作りクッキーを渋谷で雑誌の撮影をしていた乙幡麗に食べさせます。寿蘭の笑顔をこっそり目撃してしまったタツキチはショックを受け、2位こと麻生裕也と本多マミのカップルに相談。

本多マミから「乙幡麗にタツキチは勝てない」と言われたタツキチは、「オレってちゃんと蘭の彼氏の役割はたしてるかな~」と落ち込んでいきました。

クリスマス当日、タツキチが落ち込んでいるのを本多マミから聞いた寿蘭は、渋谷から町田に帰ろうとしていたタツキチを発見し鉄拳制裁!

「あたしはタツキチでいいんじゃなくて、タツキチがいいんだよ!」と言った後、交際をスタートして1周年記念に、苦労して作った手編みのマフラーをプレゼント。普段は好きと照れくさくて言えない寿蘭の気持ちが、全て込められたエピソードですね。

「GALS!」名言&名シーン14:「…乙幡君は、蘭のことが…好きなんでしょ?」(星野綾)

原作版「GALS!」第7巻第26話「バレンタイン’Sバトル!!」

バレンタインデーに、乙幡麗へチョコレートを送った星野綾。しかし、寿蘭も乙幡麗に手作りチョコレートを差し出します。

しかし、乙幡麗は寿蘭の手作りチョコをもらうのを拒否。「どーせ義理だし」と言った乙幡麗の様子を見た星野綾は、「義理だからもらわないってこと…?じゃあ本命だったら…」と考え始めます。

気になった星野綾は、乙幡麗に「…乙幡君は、蘭のことが…好きなんでしょ?」と核心の質問を投げたのです。「隠されるよりはっきり言って欲しい」という星野綾に対し、「ーああ、好きだよ」カミングアウトする乙幡麗。

しかし、星野綾に「おまえは俺に辛そうな目を向ける。自分で崩しといて、俺のせいにするつもりか?自分で可能性を切り捨てんのあんまよくないと思うけど」と立ち去っていった乙幡麗の言葉が意味深ですね。

「GALS!」名言&名シーン15:「そんなの、俺がなんとかするさ」(寿大和)

原作版「GALS!」第7巻第27話「教師中西、汗と涙の奮闘記!」

GALS! 7 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

奨学金制度の基準をクリアし、短大の推薦も狙える成績を獲得した山咲美由。担任の「中セン」こと中西先生(なかにし せんせい)からも、短大に進むなら保母さんなどの資格を得られる大学がいいのでは?と山咲美由は提案されています。

保母さんもいいかな…と考え始めた山咲美由は、恋人の寿大和に相談。山咲美由は「ホントは、美由、卒業したら働こうかなって思ってたんだ。短大なんか行ったら、お金かかるよね」と、お金の心配をしていたと打ち明けます。

すると、寿大和は「そんなの、俺がなんとかするさ。美由が幸せなら俺も幸せだし、なにより美由がやりたい事をやって輝いてる顔を見てたいよ。大丈夫、俺はちゃんと将来の準備をしてるから好きな事をやりなさい」と山咲美由の進学を後押ししました。

何があっても、山咲美由を守ろうと考えている寿大和の男気が素晴らしいです。

「GALS!」名言&名シーン16:「おまえさぁ、オレがなんも知らないとでも思った?」(黒井達樹)

原作版「GALS!」第8巻第30話「恋文POSTに想いを込めて♡」

GALS! 8 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

自分より寿蘭からのメールが来ないのをきっかけに、「おまえさぁ、オレがなんも知らないとでも思った?」タツキチこと黒井達樹の不満が爆発します。

さらに、乙幡麗を星野綾から寿蘭が奪ったというデマ情報が流れた「はーと事件」に言及。自分の彼女である寿蘭から、乙幡麗との噂はデマだったと話して欲しかったと打ち明けるタツキチ。その言葉に「…ワリィ、タツキチが知らねーんなら、それはそれでいーかと思ってサ…」とさすがの寿蘭も謝罪します。

タツキチの追求で、世紀のバカップルの間に一瞬不穏なムードが流れました。結局、場の空気を読んだタツキチの「おわびのチュ~♡」発言でいつもの2人に戻りましたが、タツキチなりにいろいろ考えていたんですね。

「GALS!」名言&名シーン17:「どうせ…どうせ死ぬ覚悟なら、もうちょっと生きてみよ?」(寿沙夜)

原作版「GALS!」第8巻「CROSS ROAD」

鳳南高校に入学した寿沙夜のところに、メル友から脅迫メールが届いて困っている女子生徒がやって来ます。女子生徒に脅迫メールを送ってきたのは、「鳳南の寿蘭が乙幡を元カノから奪った」というデマを流した「はーと」という謎の人物。

しばらくすると、「はーと」の正体が、寿沙夜の同級生・原澤葉子(はらさわ ようこ)であると判明。原澤葉子は、鳳南高校の学校主任で数学を担当している父・原澤先生(はらさわ せんせい)との関係がうまく行かず、リストカットを繰り返していた女の子でした。 

何度冷たくしても優しく接してくれた寿沙夜に、「はーと」である事実がバレてしまった原澤葉子は、自殺しようとビルの屋上へ…。間一髪のところで原澤葉子を救出した寿沙夜は、リストカットの傷は生きたいと思っている証拠だと説得します。

さらに、寿沙夜は「どうせ…どうせ死ぬ覚悟なら、もうちょっと生きてみよ?」と涙をこらえながら原澤葉子を諭したのでした。いつも中坊刑事としておちゃらけていた沙夜ちゃんが、大活躍したエピソードですね。

「GALS!」名言&名シーン18:「マミが俺のこと『1位』って言ってくれたように、俺にとっても今はマミが1番大事だよ」(麻生裕也)

原作版第9巻第33話「ギャルで神輿で大決戦!?♪ダンシ~ングギャル祭!!」

GALS! 9 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

タツキチと寿蘭とイチャイチャしている姿を見て、以前ほど心がざわつかなくなったのは、2位こと麻生裕也です。「あきらめがついたのでは?」と乙幡麗に言われた麻生裕也は、寿蘭を好きだったのは過去のことだったと気づきます。

そして、麻生裕也は、寿蘭に自分の気持ちを伝え、ケリをつけようとしました。しかし、麻生裕也が寿蘭に告白をすると勘違いした本多マミは、寿蘭と命をかけた戦いをさせて欲しいと懇願します。

そこから、渋谷町内会主催で開催されるお祭りで、寿蘭と「ギャル神輿対決」がスタート。派手な最終決着を収めようとした麻生裕也に、本多マミは「どうせポイされるなら、完全燃焼して散ってやる!!それだけあたしは裕也が好きだってコトだぞ!!女のチリ際その目でよーく見とけ!!バカ!!!」と啖呵を切ったのです。

この本多マミの愛の告白を聞いた麻生裕也は「マミが俺のこと『1位』って言ってくれたように、俺にとっても今はマミが一番大事だよ」という最高の言葉で受け入れています。

本多マミの勘違いから始まった寿蘭との最終決戦ですが、麻生裕也との絆が深まって良かったですね。

「GALS!」名言&名シーン19:「返事の代わり、これでいい?」(乙幡麗)

原作版第9巻第36話「ココロのカタチ」

クリスマスに、受験勉強を頑張っている星野綾をデートに誘い出した乙幡麗は、クロムハーツのペンダントをプレゼントされました。プレゼントを用意していなかった乙幡麗は、「なんか欲しーもんある?」と星野綾に尋ねます。

すると、星野綾は何もいらないと答え、「たったひとつ、私のお願いを聞いてもらえるなら、もう一度…告白させてください。心から…あなたが好きです」と乙幡麗に告白。

星野綾から告白の返事を問われた乙幡麗は「よく考えたら…俺も不器用かもな。気の利いたセリフとか浮かばねーし。…返事の代わり、これでいい?」と言って、キスをしようとしています。

結局、このキスは未遂となってしまうのですが、星野綾にとって乙幡麗の行動は、何よりもうれしいプレゼントになったはず。

「GALS!」名言&名シーン20:「さあおいで、美由」(寿大和)

原作版第10巻最終話「最終回ダヨ‼全員集合!!!」

「GALS!」の最終回は、メインキャラクターが勢揃いしたハワイです。寿蘭と星野綾が音頭を取って行われた山咲美由と寿大和の結婚式は、直前まで山咲美由には秘密で準備が進められていました。

いよいよ結婚式当日になると、ドタバタしながらも、山咲美由はウエディングドレス姿に…。突然の結婚式に驚いている山咲美由を、寿大和は「さあおいで、美由」と言って会場にエスコートしていきます。

幼い頃から家族に苦しめられ、最後には自分の母から見捨てられてしまった山咲美由。寿大和や寿蘭たちのおかげで、ようやく本当の幸せを手に入れたのでした。誰もが「美由ちゃん、お幸せに!」と言いたくなってしまう最終回でしたね。

「GALS!」を読んだ感想

「GALS!」は、1998年~2002年に連載された作品で、ガングロ、パラパラ、厚底ブーツなど、令和時代と少しかけ離れた時代背景となっています。しかし、「GALS!」の主人公・寿蘭の正義感のある一本筋の通った啖呵は、どのシーンも心に響きます。

また、星野綾と恋人の乙幡麗が価値観の違いでギクシャクしてしまうのは、どんな恋人同士でも少なからずあるもの。そして、恋人ばかりに意識がいき、自分の娘をおざなりにしてしまう母親と山咲美由の関係は、とても切なくなる会話ばかりでしたね。

さらに、援助交際やリストカット、いじめなどの重い問題を、ポジティブに解決しようとする寿蘭の姿に勇気がもらえます。服装や持ち物などは変わっても、令和の今でも共感できるエピソードが多く登場し、「GALS!」は世代を超えて愛される作品だと改めて感じました。

【GALS!】平成のコギャルのバイブル!

渋谷のコギャル・寿蘭が活躍する「GALS!」から、名言と名シーンを紹介しました。豪快に啖呵を切る寿蘭にスカッとする人も多かったと思いますが、いかがでしたか?

「GALS!」は平成時代のコギャルのストーリーなので、現代とは違う時代背景ですが、明るく元気にコギャル生活を満喫している寿蘭たちの活躍は、令和になってもパワーと勇気を与えてくれるもの。

2019年には「GALS!」の続編「GALS!!」が集英社のマンガアプリ「マンガmee」で連載を開始。鳳南高校を卒業し、警官になるため、本格的に動き出した寿蘭の活躍を楽しみにしていきたいですね!

記事にコメントするにはこちら