【ハイキュー!!】五色工の声優は?名言から性格を分析!

カテゴリーまとめはこちら:ハイキュー!!

強豪白鳥沢学園で唯一の1年レギュラーである五色工。自信家ですが、努力を惜しまない彼に心引かれている方も多いはず。こちらでは、そんな五色工のプロフィールや名言、さらには声優やハイステのことまでたっぷりご紹介します。

記事にコメントするにはこちら

五色工(ごしきつとむ)のプロフィール

一番くじ ハイキュー!! 繋げ!!全国への軌跡!! Q賞 1年ラバーストラップ 五色工

・クラス:白鳥沢学園1年4組
・ポジション:ウィングスパイカー
・背番号:8番
・身長:181.5cm
・体重:69.5kg
・誕生日:8月22日
・好物:カレイの煮付け
・最近の悩み:「もっと鋭いクロスを打てるようになりたいです。」

五色が所属している白鳥沢学園(しらとりざわがくえん)バレーボール部は、スポーツ特待生が多く所属しています。宮城県に設立しているこの高校は、東北で強豪校といえば真っ先に名前が挙がるほどの名門校です。ちなみに烏野高校の影山飛雄(かげやまとびお)は実力がある選手ですが、白鳥沢学園から特待生として推薦されず、一般受験をした結果落ちたと言われています。

そんな質の高い選手が集まるバレー部で、レギュラーに選ばれているのが五色工です。3年生のレギュラーが多い中、1年生で唯一スタメンとして活躍しています。小さな頃から褒められてきたので少々自信家なところがありますが、次期エースとして期待されている選手です。

監督は鷲匠鍛治(わしじょうたんじ)です。他校から“鬼監督”と恐れられるほど指導は厳しいですが、白鳥沢を何度も全国大会へと進出させている腕利きの監督だと言えるでしょう。そんな監督ですが、烏野高校との試合では特に五色に厳しい言葉を投げかけていました。他の選手と比べて人一倍怒られており、その理由が未熟であるからだと凹んでいた五色ですが、メンバーの大平獅音(おおひられおん)は

1番期待されているからだよ。

と厳しく当たる理由を伝えます。伸びしろがあり、より素晴らしい選手に成長して欲しいと考えているからこそ強い言葉で指導をしていたのですね。ちなみにその言葉を聞いた五色は、

さぁっ、こーい!!

とやる気を出し、チームメイトに「単純すぎだろ…!?」と呆れられていました。素直な性格も彼の魅力の1つですね。

特徴的な前髪は天童覚(てんどうさとり)と関係がある?

五色工と言えば前髪が特徴的ですよね。眉毛より短いパッツンな髪型は1度見たら忘れられません。

実はチームメイトの天童も、幼少期はパッツン前髪のおかっぱ頭でした。天童は幼少期の写真を「昔の俺の髪型カッコよくない?」とメンバーに見せていましたが、「工に見せるな!おかっぱにしたくなるぞ!」と言われていたので五色は天童の昔の髪型を見たことがないようですね。

しかし、天童は五色に「前髪がかっこいいね。」と話しているので、2人の髪型に対するセンスは似ているのかもしれません

大エース牛島若利(うしじまわかとし)にライバル心を持っている

牛島若利(うしじまわかとし)は白鳥沢バレーボール部の主将であり、全国3大エースのうちの1人です。U19日本代表に選出されており、その実力は烏野高校のスーパーリベロである西谷夕(にしのやゆう)でも中々太刀打ちできないレベルと言えるでしょう。

そんな大エースの牛島に五色は強いライバル心を抱いています。今まで、その実力から褒められないことがなかった五色ですが、高校で桁違いの実力を持つ牛島に出会ったからでしょう。

試合中にも度々牛島を意識した発言をしています。渾身のストレートを打った際には

見ましたか、俺のスーパーストレート!

と牛島に向かって話しかけていましたが、当の本人は他のメンバーと雑談しており気付いていませんでした。「いちいち張り合って疲れないのお前。」とメンバーに突っ込まれるほど牛島を気にしているのですね。

しかし、そのプライドが成長のきっかけを邪魔することも。宮城県の実力のある1年生を集めて行われた擬似ユース合宿では、牛島など白鳥沢のメンバーが練習相手として参加することがありました。その合宿に押しかけた烏野高校の日向翔陽(ひなたしょうよう)は牛島にアドバイスを求めに行っていましたが、五色はプライドが邪魔をしてアドバイスを聞きに行けません

しかし、白鳥沢のセッターである白布賢二郎(しらふけんじろう)に「少なくとも“行動を起こす”という点で、今お前は烏野10番(日向のこと)に確実に1歩出遅れたワケだ。」と指摘をされ、ようやく牛島の元へ走っていったのです。

更なる高みに登るためには、高い実力があるからこそ持っているプライドも時には押し殺さなければいけないことがよく分かりますね。

五色工はかわいい?名言(迷言)を紹介

「誰が来たって力でねじ伏せればいいだけです。」

これは烏野高校との試合の前に言ったセリフです。春高出場枠をかけた決勝戦に、強豪の青葉城西高校(あおばじょうさいこうこう)ではなく烏野高校が来たということを話したメンバーに対して果敢に主張していました

しかし、まだまだ強さにムラのある五色。お前がそれを言うのかと呆れるメンバーもいましたが、天童は

相変わらず言う事と前髪がカッコイイね。

と声を掛けます。褒めているのかは微妙なところですが、フォローに入ったと言う点では五色のことを気に入っているように感じられますね。このように堂々と周りの目を気にせず大口を叩いてしまうところがありますが、それも自分の実力に自信を持っているからでしょう。

「この決勝で俺の方がエースと呼ばれるに相応しいと証明してみせます。」

烏野高校との試合が始まる際に、大エース牛島に向けて放った言葉です。五色の中で、牛島は絶対的な存在であり、チームのみんなにとっても“エースといえば牛島”という評価だと分かっています。しかし、彼は向上心が高く負けず嫌いなのでそんな牛島を越えていきたいのですね。

ちなみにこの言葉を受け取った牛島は「ああ、頑張れ。」と静かに答えています。これは決して嫌味を言っているわけではありません。「頑張って活躍しろ。」と本気で鼓舞をしているのです。五色はこの答えに少し驚いているようでした。

「マグレ?まさか。奇跡を起こしてこそのエースですよ!」

疲労も溜まってくる試合終盤の4セット目に、五色は目を見張るようなキレキレのストレートを打ちます。そのスパイクを見ていた天童に、「今のはマグレでしょ。内心ドキドキしてんでしょ。」と指摘された際に、

マグレ?まさか。奇跡を起こしてこそのエースですよ!

とドヤ顔で決めます。“奇跡”という言葉を使っていることから想像するに、本人も驚くようなスパイクが打てたのではないでしょうか。それをマグレと呼ばずに奇跡と堂々と発言するところに、自信満々な彼の性格がよく出ていますね。このようなところが”かわいい”と巷で称される所以でしょうか。

余談ですが、五色の言葉を受けて天童は「カッコ良く言い換えてんじゃないよ!」と100点満点のツッコミを入れていました。

牛島若利とのエピソード

牛島のセリフ、「お前のその実力で何を焦る必要があるんだ。」の心理

試合の5セット目、烏野高校の追撃に焦った五色はタッチネットをしたり、アウトになるサーブに触れてしまったりと様々なミスをしてしまいます。「あーくそ!」と言いながら焦りで我を忘れてしまいそうになる五色を見て、監督がタイムを要求しようと席を立った瞬間。牛島が次のようなセリフを五色に向けて話すのです。

どうした五色。お前のその実力で何を焦る必要があるんだ。

これは鼓舞ではありません。牛島から見た五色の純粋な評価なのです。このやり取りを見ていた大平は、

飾らず何の含みも他意もない。鼓舞ではなく事実、大エースからエースへ、これ以上の言葉はきっと無い。

と感じています。ただ事実のみを話す牛島の言葉に五色は冷静さを取り戻し、サーブで点を取り返しました。それを見て白鳥沢の瀬見英太(せみえいた)は、

工は白鳥沢で唯一の1年スタメンだ。なめんなよ。」と話しています。手のかかる後輩だと思われながらも、裏では五色の実力を認めていることがよく分かりますね。

牛島若利に対する熱い想い

五色は牛島に対して強いライバル心を持っていますが、同時に強い憧れも抱いています。烏野高校との試合5セット目ラスト、ここを取られてしまえば終わりという場面で、白布は五色ではなく牛島へと当然のようにボールをあげます。天高く飛ぶ牛島を見て五色は、

ここでトスが上がるのは俺じゃない。…悔しい。でも、この人のスパイクを見たいとも思うから…それも悔しい。

と思いながら牛島のブロックフォローに入るのです。

彼は自信家であるように見えますが、自分はまだまだ未熟であると誰よりも自覚しています。だから大切な試合最後の場面で、自分にトスが上がらない理由まで理解しているのです。まだ牛島には到底敵わないと感じている五色。いつか大エースになることを信じて走り続けてもらいたいですね。

引き継ぎ式での出来事

烏野高校との試合に敗北してしまった白鳥沢学園。泣きながら会場を後にして、それぞれの想いを抱えたまま高校へと戻ります。

後日、引退する3年生から後輩への引き継ぎ式で、牛島は後輩全員に対してそれぞれアドバイスをしていくのです。「サーブを強化しろ。」「フォームを安定させろ。」など大エースからのアドバイスにみんなまっすぐ前を向いて聞きいる中、五色は1人俯いています。

レシーブ、ブロック、メンタル、課題を上げたらキリがない。“エース”なんて大口を…俺が。

と自身の不甲斐なさを実感していると、牛島から名前を呼ばれ、次の言葉を伝えられます。

頼むぞ。

この1言に五色は驚き涙を流してしまうのです。五色が真摯にバレーボールと向かい合い頑張っていることは、牛島も気付いていました絶対王者と呼ばれる白鳥沢学園バレーボール部も五色になら任せられると感じたのでしょう。思わず涙が溢れるこのシーンはアニメではカットされてしまっているので、ぜひ単行本でチェックしてみて下さい。

五色工の現在は?

本誌では、白鳥沢学園を卒業して大学4年生になった五色が登場していました。Azuma Pharmacy(アズマファーマシー)グリーンロケッツというチームに所属し、アウトサイドヒッターとして活躍をしているようです。

アウトサイドヒッターはウィングスパイカーと同じような働きをするポジションです。白鳥沢学園での牛島のポジションもウィングスパイカーでした。憧れていた人と偶然にも同じポジションで試合に出場する五色。彼はやはりバレーボールを辞めてはいませんでしたね。

声優は土屋神葉(つちやしんば)さん

・誕生日:1996年4月4日
・出身:東京都
・所属:劇団ひまわり
・主な出演作
:『ボールルームへようこそ」富士田多々良(ふじたたたら) 役
:『K SEVEN STORIES』楠原剛(くすはらたける) 役
:『アイドルファンタジー』橋爪大我(はしづめたいが) 役

アニメで五色の声を担当しているのは声優の土屋神葉(つちやしんば)さんです。1996年生まれと、とても若い声優さんですね。過去にはジュノンボーイコンテストで100位圏内に入ったことがあるほど、容姿端麗な方です。

姉は何と女優の土屋太鳳さんです。彼女とは映画の吹き替えで共演したこともあるとか。ちなみに1番上の姉は大手企業に勤めています。

ハイステでは誰が演じているの?

ハイステとは『ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」』の略です。ハイキュー!!の演劇バージョンということになりますね。

このハイステで五色工を演じているのは菊池修司(きくちしゅうじ)さんです。プロフィールを紹介します。

・誕生日:1995年11月10日
・出身地:東京都
・所属:劇団番長ボーイズ☆
・主な出演作
:劇団番長ボーイズ☆ オフィスクレッシェンドプロデュース「マネキンライフ」トム 役
:「劇団シャイニングfromうたの☆プリンスさまっ♪『JOKER TRAP』」 CAMUS 役
:日本コカ・コーラ「い・ろ・は・すスパークリングぶどう/れもん」TV-CM

舞台で多く活躍する俳優さんです。タガログ語(フィリピン語)を話せるという珍しい特技を持っています。趣味は海外ドラマ鑑賞と人間観察だそうです。

菊池さんが演じる五色は、ハイステの“飛翔”、“最強の場所(チーム)”にて活躍しており、“最強の挑戦者(チャレンジャー)”では映像出演を果たしています。“飛翔”、“最強の場所(チーム)”はBlu-ray・DVDで発売されているので、ぜひチェックして下さい。

次期エースの五色工はこれからの活躍が楽しみ!

次期エース五色工の魅力は伝わったでしょうか。熱血で常に真っ直ぐ走り続ける五色は強豪白鳥沢を支えるメンバーの1人です

アニメでは白鳥沢編が終わってしまいましたが、単行本や本誌ではまだまだ活躍しています。自信家で人一倍自分に厳しい五色から目が離せませんね。

記事にコメントするにはこちら