【今際の国のアリス】あらすじをネタバレ込みで紹介!

カテゴリーまとめはこちら:今際の国のアリス

2010年から2016年にかけて連載されていた「今際の国のアリス」は、異世界で行われる心理戦の「げぇむ」をテーマに描いたSFサバイバルマンガです。2020年にはNetflixで実写ドラマ化も決定!「今際の国のアリス」のストーリーや登場キャラクターをネタバレ込みで紹介していきましょう!

記事にコメントするにはこちら

目次

「今際の国のアリス」とは?

今際の国のアリス(1) (少年サンデーコミックス)

2010年から小学館「週刊少年サンデーS(しゅうかんしょうねんサンデースーパー)」で連載していた「今際の国のアリス(いまわのくにのアリス)」は、漫画家・麻生羽呂(あそう はろ)先生の描くSFサバイバルマンガです。

2015年から小学館「週刊少年サンデー」に移籍。「週刊少年サンデー」に移籍する前には、本編とは違う場所で行われていた「げぇむ」を描いた「今際の国のアリス」特別編が掲載されていました。

スピンオフなどのメディアミックスも登場!

今際の路のアリス(1) (サンデーGXコミックス)

2015年~2018年には、小学館の月刊誌「月刊サンデーGX(げっかんサンデージェネックス)」「少年サンデー」の両誌で、原作・麻生羽呂先生、作画・黒田高祥(くろだ たかよし)先生で、スピンオフ「今際の路のアリス(いまわのみちのアリス)」が連載され、全8巻刊行されています。

2013年には、「今際の国のアリス」の第12巻~第14巻の特装版に付属していたOVAがアニメ化。そして、2020年に、動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」で、俳優の山崎賢人(やまざき けんと)さんと、女優の土屋太鳳(つちや たお)さんのW主演で、「今際の国のアリス」の実写ドラマが予定されています。

「今際の国のアリス」のアニメは?

今際の国のアリス 14 OVA付き限定版 (少年サンデーコミックス)

特装版の付属OVAでアニメ化!

2013年に小学館のTVCMシリーズ「サンデーCM劇場」で「今際の国のアリス」のTVCMが制作されました。TVCMのアリス役は、声優の川原慶久(かわはら よしひさ)さんカルベこと苅部大吉(かるべ だいきち)役を声優の高橋英則(たかはし ひでのり)さんが担当しています。

また、2014年に「今際の国のアリス」の第12巻~第14巻にかけて、オリジナルエピソードが1話ずつ入ったOVA付き特装版が発売。OVAでアリス役を声優の細谷佳正(ほそや よしまさ)さんウサギ役を声優の寿美菜子(ことぶき みなこ)さんが担当しました。

今際の国のアリス(2) (少年サンデーコミックス)

2015年には、TOKYO-MXのアニサン劇場枠で、アニメ「今際の国のアリス」が3週にわたって放送されています。全3話が放送されたアニメ「今際の国のアリス」は、特装版に付属されていたOVAを元にアニメ化したもの。

何度も映像化された「今際の国のアリス」ですが、2020年4月時点で、「今際の国のアリス」がアニメ化をするという公式発表はありません。しかし、2020年にはNetflixのオリジナルドラマとして「今際の国のアリス」が放送される予定なので、アニメ化されるかもしれませんね。

「今際の国のアリス」の実写ドラマ化決定!

2020年にNetflixで山崎賢人×土屋太鳳W主演!

動画配信「Netflix(ネットフリックス)」のオリジナルドラマとして、「今際の国のアリス」が実写化することが発表されました。主人公・アリスこと有栖良平(ありす りょうへい)役を、俳優の山崎賢人さん、ヒロインのウサギこと宇佐木柚葉(うさぎ ゆずは)役を女優の土屋太鳳さんが演じます。

さらに、山崎賢人さんの主演で大ヒットした実写映画「キングダム」の佐藤信介(さとう しんすけ)監督がメガホンをとることも決定しました。エキストラを加えた大掛かりな撮影は、2019年12月に撮影を終了しているそう。

2020年配信開始と発表されていますが、2020年4月時点で、配信日やその他のキャストの公式発表はありません。全世界190ヶ国で同時配信されれるというビックプロジェクトとなった「今際の国のアリス」の実写化の配信が待ち遠しいですね!

「今際の国のアリス」あらすじ

今際の国のアリス(4) (少年サンデーコミックス)

落ちこぼれだった高校生3年生のアリスこと有栖良平(ありす りょうへい)は、友だちのカルベチョータこと勢川帳太(せがわ ちょうた)と、漠然とした不安を抱えながら、何となく生きていました。

ある日、アリスたちが街をブラつていると、巨大な花火を目撃。花火の衝撃で気を失ったアリスたちが気がつくと、目の前には、人影の見えない廃墟が広がっていたのです。

そんな廃墟と化した街「今際の国(いまわのくに)」で、シブキこと紫吹小織(しぶき さおり)と遭遇。シブキに遭遇した直後にスタートした「げぇむ」が、アリスたちの命まで脅かしていきます。

「今際の国のアリス」基本ルール

プラスチック製 トランプ SPNN642A

 

トランプが今際の国を支配している

「今際の国のアリス」に登場する「今際の国」では、「げぇむ」に登場するトランプが大きく関係しています。「げぇむ」ごとに設定されているトランプの札の数字が難易度を示し、大きければ大きいほど難易度が高いとされ、柄によって4つのタイプに分類されていました。

「♠」は肉体型、「♢」は知能型、「♣」は肉体型と頭脳型の中間のバランス型、「♡」は心理型です。JOKER(ジョーカー)以外の52枚のトランプを「げぇむ」で集めれば、今際の国を脱出できるといわれています。

「げぇむ」

「今際の国」で行われている「げぇむ」は、毎晩日没後に開催され、細かく「るうる」が設定されました。そして、「げぇむ」会場は学校、銀行、工場、駅のホームなどランダムに場所を変えるため、日没とともに該当場所がライトアップされます。

また、「げぇむおおばぁ」になると、開催場所は爆破されるので、その場にいる人間は死亡…。「げぇむ」の開催場所は、ライフラインが通じている不思議な場所でもあります。

「げぇむ」は大きく別けて、アリスたち「ぷれいやぁ」が絵札以外のトランプを集める「ふぁあすとすてぇじ」、絵柄を集める「ねくすとすてぇじ」があります。

「ぷれいやぁ」と「でぃいらぁ」

「ぷれいやぁ」は、アリスやウサギなど、今際の国」で行われる「げぇむ」をプレイする人の総称。

一方の「でぃいらぁ」は、「げぇむ」運営を担当している仕掛け人で、「げぇむ」運営側の人間です。「げぇむ」で「ぷれいやぁ」を殺すことで、殺した人数に応じた日数の「びざ」が手に入ります。

しかし、「でぃいらぁ」が担当している「げぇむ」で「げぇむおおばぁ」になった場合、その時点で、担当している全ての「でぃいらぁ」の「びざ」は全て無効。さらに、「ぷれいやぁ」と接触は自由に行えますが、どんな手段を使っても「でぃいらぁ」が他言した場合は、死亡が確定します。

「ぷれいやぁ」も生死がかかっていますが、仕掛け人である「でぃいらぁ」も生死をかけて「げぇむ」に挑んでいました。

「びざ」

「げぇむ」をクリアすると、近くにあるレジからレシートで発行されるのが「びざ」といわれている今際の国の入局許可証明です。この「びざ」は、「くりあ」した「げぇむ」に設定されているトランプの数字によって増えていき、累計ポイントとして加算。

この累計ポイントが滞在日数になり、累計ポイントが0になった「ぷれいやぁ」は、隠れていても、空からレーザーで攻撃されて死亡します。また、天候は日によって変わるものの「びざ」の日付は、7月を繰り返しているのが明らかになっていました。

「今際の国のアリス」ネタバレストーリー1:アリス、仲間と異世界へ

今際の国のアリス(5) (少年サンデーコミックス)

「おみくじげぇむ」とは?

落ちこぼれ高校生として生きてきたアリスは、カルベとチョータと街をブラついていた時に、巨大な花火を目撃します。あまりの巨大な花火に、気を失ってしまったアリスたち。次に目が覚めると、アリスたちの目の前に広がっていたのは、廃墟と化した街「今際の国」だったのです。

OL風のスーツを着た美女・シブキに遭遇すると、アリスたちの目の前にあったTVから、エントリー数無制限、賞品なし、難易度「♣3」だという「ふぁあすとすてぇじ」「おみくじげぇむ」のスタートが表示されます。

「おみくじげぇむ」の「るうる」は、「おみくじ」を1人1回必ず引くこと、全員が提灯が全て消えるまでに「おみくじ」を引き終えれば、「げぇむくりあ」するというものです。

とても簡単そうに感じますが、「おみくじ」には、クイズが書かれていて、答えを間違えれば誤差の数の火矢に射られるという生死にかかわる罰が与えられます。

「おみくじげぇむ」結果は?

現実を受け入れられなかったアリスでしたが、クイズを間違えるたびに放たれる火矢を前に体が動けません。しかし、カルベの叱咤により、「おみくじげぇむ」を「くりあ」しようと決意したアリスは、優しい問題が書いてある「大吉」を狙いますが、「大凶」を引いてしまいます。

2010年時点での地球の人口は何億人?というクイズに、69億人の正解を68億人と答えてしまい、アリスたちに1億本の火矢が放たれることに…。絶体絶命のピンチに、アリスは「おみくじ」に書かれた「方角」から、火矢が飛んでくる方向を推理し、地下室を発見します。

そして、地下室で「おみくじげぇむ」を「くりあ」するポイントを発見。見事「げぇむくりあ」を果たします。1億本の火矢が放たれた状態での「くりあ」は、アリスの洞察力や推理力が発揮された結果ですね。

「今際の国のアリス」ネタバレストーリー2:姿を現した「でぃいらぁ」

今際の国のアリス(6) (少年サンデーコミックス)

「おにごっこげぇむ」とは?

仲間を守るために強くなりたいと、カルベの意見に賛同したアリスは「おにごっこげぇむ」に参加。「おにごっこげぇむ」は、エントリー数無制限で、賞品はなし。難易度は「♠5」となっています。

「おにごっこげぇむ」の「るうる」は、マンション内でただ一室鍵のかかっていない「おに」のいる「じんち」部屋があるので、制限時間30分以内に「おに」のいる部屋を見つけて室内の「じんち」にタッチすれば、「げぇむくりあ」というもの。

しかし、制限時間を過ぎた場合と、「おに」に参加者が全員殺されてしまうと「げぇむおおばぁ」です。途中で怖くなって逃げても、マンション周辺に地雷があり、死亡…。さらに、「おに」に勝たなければ、マンションが爆破されるので参加者全員の死亡は確定となっています。

ウサギ登場

最初の場所選びが重要な鍵を握る「おにごっこげぇむ」。「おに」が有利な状態で「げぇむ」は進んでいきます。そして、制限時間もギリギリになった時、カルベのアシストで「じんち」部屋に入るのに成功したアリスは、「くりあ」ボタンが2個あるのを目にします。

しかし、アリスがウサギと一緒に、制限時間ギリギリの1秒前にボタンを押し「おにごっこげぇむ」を「げぇむくりあ」しました。

チシヤこと苣屋駿太郎(ちしや しゅんたろう)は、「げぇむ」に負け死亡した「おに」から、トランプと「びざ」を発見。「おに」も別のゲームの「ぷれいやぁ」だったのにチシヤは気づいています。

「おにごっこげぇむ」で「おに」に追いかけられる時のドキドキする臨場感がたまりませんでした。

「今際の国のアリス」ネタバレストーリー3:仲間の死

「かくれんぼ」とは?

「おにごっこげぇむ」に参加した後、アリスとカルベは、チョータ、シブキと合流します。エントリー数無制限、賞品はラム肉、制限時間は10分、難易度「♡7」の「かくれんぼ」

自由に武器が使えますが、首輪を装着するのが条件の「かくれんぼ」の「るうる」は、参加者の1人が「おおかみ」になり、残りの参加者が「ひつじ」として、「おおかみに」見つからないように隠れます。

「おおかみ」が肉眼で「ひつじ」を確認すると、首輪のセンサーが反応して、「おおかみ」と「ひつじ」が入れ替わり、交代した「おおかみ」が「みっつ」数える間に「ひつじ」たちが隠れるというもの。

制限時間の10分を過ぎた時点で「おおかみ」になっている人だけが「げぇむくりあ」となり、他の「ひつじ」は、首輪が爆発して死亡します。必ず1人は生き残れますが、残酷なルールですね。

4人が生き残るには?

アリスは、「かくれんぼ」で4人が生き残れる方法を考えました。しかし、どうしても4人が生き残れる最善な方法は見つかりません。極限状態になると、カルベがシブキを殺そうとしたり、アリスがその場から逃げ出してしまいます。

さらには、チョータが、自分の弱さから逃げるためにシブキと体の関係を持っているのが明らかになったりと、どんどん最悪な状況に…。しかし、アリスは、悪友のチョータとカルベと過ごした日々を思い出し、仲間を助けるために自分の命を犠牲にすると宣言。

すると、カルベ、チョータ、さらにはシブキまでも自分の命を犠牲にしようとします。この時、「おおかみ」だったのは、アリスでした。10分の制限時間が過ぎ、「おおかみ」のまま残されたアリスは、「げぇむくりあ」。アリスは、賞品のラム肉を見て、「げぇむ」を仕組んだ何者かを殺そうと決意しています。

「今際の国のアリス」ネタバレストーリー4:「ビーチ」は楽園ではない

今際の国のアリス(7) (少年サンデーコミックス)

あらゆる人材が揃っている桃源郷

カルベ、チョータ、シブキを為す術もなく失ってしまったアリス…。ウサギに助けられ体調が復活すると、アリスは死んだカルベが言っていた「ビーチ」を目指します。

リゾートホテル多摩パシフィックビーチにある「ビーチ」にたどり着いたアリスとウサギは、廃墟と化した今際の国にあるのが信じられないくらい明るく、活気があり、まさに理想の桃源郷(ユートピア)。弁護士、医者など、人材も取り揃っているため、廃墟化した「今際の国」と思えません。

「ビーチ」を支配しているボーシャこと弾間剛(だんま たける)アグニこと粟国杜園(あぐに もりぞの)、クズリューこと九頭龍慧一(くずりゅう けいいち)、ニラギこと韮木傑(にらぎ すぐる)、マヒルこと真昼祐二(まひる ゆうじ)、クイナこと水鶏光(くいな ひかり)など、「今際の国のアリス」にとって、重要なキャラクターが登場しています。

トランプの秘密が明らかに

「ビーチ」では、「JOKER」以外の52枚のトランプを全て集めると、今際の国から脱出できるといわれていました。そのため、「集めたトランプは全てビーチの財産」というのが「ビーチ」のルールとなっています。

そして、集めたトランプで今際の国から脱出させるのに成功すれば、大量にダブったトランプのカードを利用し、第2、第3の出国者を出すことができると考えていたのです。そのため、「ビーチ」にいる「ぷれいやぁ」には順番に、脱出するためのナンバーが割り振られています。

ボーシャがアリスとウサギに熱弁した「大義に反するものは裏切り者には死を」というルールもある「ビーチ」は、決して楽園ではありませんね。

ボーシャとクズリューが死亡

ある日、行われた「げぇむ」で、「ビーチ」のNo1.ボーシャ、N03.クズリューが死亡します。「ビーチ」の中でもカルト派と言われていたツートップの死亡で、次にNo.1になったのは、武闘派のアグニでした。しかし、ボーシャが何者かに銃殺されたのが判明。

「ビーチ」が騒動に巻き込まれている最中に、「ビーチ」のメンバーになっていたチシヤが、「ビーチ」が集めてきた大量のトランプを奪う計画を立てました。トランプが保管されている金庫の電子ロックの暗証コードが記されている「黒の封筒」を奪うため、アリスが金庫があるロイヤルスイートルームに潜入し、チシヤと連携して暗証コードを入手しています。

しかし、トランプ強奪作戦は、アリスを囮に使ったチシヤの罠…。すぐにアグニたちに見つかってしまったアリスは、拘束されてしまいます。拘束されたアリスの「びざ」の日数はわずか1日となり、絶体絶命に…。

「今際の国のアリス」ネタバレストーリー5:「ビーチ」が地獄となる

今際の国のアリス(9) (少年サンデーコミックス)

「まじょがり」とは?

アリスの共犯として目を付けられたウサギも、ニラギに拘束されています。絶体絶命のピンチに、突然始まったのが、エントリー数無制限、賞品はなし、制限時間は120分、難易度「♡10」「まじょがり」です。

「まじょがり」は、モモカこと井上萌々香(いのうえ ももか)を包丁で殺した犯人の「まじょ」を見つけ、野外ステージの篝火を使い、裁きの「ごうか」で浄化すれば「げぇむくりあ」となります。「まじょがり」となっていますが、犯人の性別は不明。これまでとは違い、突然「ビーチ」始まった「げぇむ」「まじょがり」の意図が分かりませんね。

集団ヒステリー発生

「まじょがり」が始まると、ニラギは、モモカの親友・アサヒこと九条朝陽(くじょう あさひ)を「まじょ」だと疑います。さらに、ニラギは、アサヒを庇ったウサギも巻き込んで、その場にいた人間の恐怖心を煽って集団ヒステリーを発生させます。

しかし、1人の男性が、ボーシャとクズリューが殺されたと暴露すると、ラスボスこと佐村隆寅(さむら たかとら)が、男を殴り殺してしまいました。成り行きを見ていたアグリは、ニラギのやり方を非難しながらも、自分の仲間以外は全て「まじょ」だと決定。

パニックになって逃げ惑う人間たちを、アグリは仲間たちと1人ずつ殺していきました。死闘が繰り広げられる中、アリスがウサギに救出されます。

そして、アリスは「まじょ」は、「げぇむ」を運行している側の人間「でぃいらぁ」で、「ビーチ」の全員を「げぇむおおばぁ」にすることが目的だと結論づけました。

「今際の国のアリス」ネタバレストーリー6:「まじょ」は誰だ?

今際の国のアリス(10) (少年サンデーコミックス)

アグニがボーシャを殺害していた

アリスは、アグニはモモカではなくボーシャを殺したのだと暴露。さらに、アリスは、アグニとボーシャは親友関係で、武闘派とカルト派に二分していたのは、ニラギやラスボスなどの暴走を抑制するためだったのでは?とアグニに伝えます。

トランプが揃ってくると暴走し始めたボーシャ。アグニを銃で殺そうと呼び出したボーシャを、アグニは銃殺しました。しかし、ボーシャが持っていた銃には弾が込められておらず、アグニに殺してもらおうとした悲しい事実が判明…。

さらに、アグニの自分も「ビーチ」も「げぇむおおばぁ」になればいいという考えも「げぇむ」側には見抜かれていたため、「まじょ」の守護者にアグニは選ばれてしまったのも明らかになります

「まじょがり」の結末

ボーシャを殺してしまった自責の念から、暴れていたのアグニ。アグニの様子を見ていたアサヒが、真犯人になる手掛かりを言いかけたところで、レーザー攻撃を受け死亡します。

アリスは、アサヒとモモカは仕掛人の「でぃいらぁ」で、「まじょ」は被害者のモモカが志願してなったのだろうという仮説を立てました。そして、アサヒの亡骸を「ごうか」入れると「げぇむくりあ」となったのです。

「今際の国のアリス」のメインストーリーといっても過言ではない「ビーチ」編の悲しい結末も切ないですが、アリスの「まじょ」を見つけていく推理力も素晴らしいですね。

そして、クイナが女性ではなく、元柔道家のニューハーフだったのが明らかになったクイナvsラスボス、ニラギが大やけどを負うきっかけになったチシヤvsニラギの対決も見応えがあります!

「今際の国のアリス」ネタバレストーリー7:「ねくすとすてぇじ」スタート

今際の国のアリス(12) (少年サンデーコミックス)

「いんたあばる」

「ビーチ」で行われた追悼式の後、アリスとウサギは、いいムードに…。しかし、ウサギに拒絶されて、アリスがひどく落ち込むなど「げぇむ」以外のところでの生活の様子が登場しています。

そして、「いんたあばる」というイベントが発生しました。生中継で行われた緊急会見では4人の「でぃいらぁ」が演説を開始します。

「いんたあばる」の最後に告げられた「ねくすとすてぇじ」の開催。次の日の正午から開始される「ねくすとすてぇじ」は、絵札を使う「げぇむ」12会場の設置も完了し、「でぃいらぁ」全員の殺処分も行われました。

さらに「いんたあばる」では、死亡したと思われていたクズリューが「♢K」、「ビーチ」の「まじょがり」に参加していたミラこと加納未来(かのう みら)が「♡Q」だったのが明らかに…。いよいよ、「げぇむ」側も姿を現してきましたね。

「すうとり」とは?

「ねくすとすてぇじ」の絵札12のひとつ「すうとり」は、エントリー数5人、腕輪を装着し、凶器は没収される条件があり、制限時間2時間、難易度「♣K」です。

「すうとり」の「るうる」は、負けたチームのメンバーは全員死亡するという5対5のチーム戦。

両チームは、持ち点・10000点をチームの人数で振り分けます。そして、相手チームの体に触れるだけで、生体電気を腕輪が感知して行う「ばとる」有利に進める「あいてむ」無限の点数が蓄積されている場所「じんち」を駆使して勝敗を決めます。

「じんち」から無数の点数から10000点を奪え、一発逆転も可能。一方で、自分の「じんち」に触れている間、触れている人物の点数は無限です。「じんち」をいかに活用していくかが攻略のポイントとなります。

タッタの死

ヌーディストで軟派なキャラクターとして登場し、読者に衝撃を与えた「♣K」キューマこと久間欣治(きゅうま ぎんじ)。キューマが担当した「すうとり」は、アリス、ウサギ、クイナ、タッタと4人しかいなかったため、アリスチームにニラギが加入します。

激戦の中、最後に残った「あいてむ」をアリスチームが取っても、勝利する可能性がないのが判明。しかし、制限時間ギリギリになると、タッタが腕輪をはめている手をコンテナの扉でアリスに切断させ、腕輪をアリスに託しました。

タッタから託された腕輪を持って、キューマに握手を求めたアリスとの間に「ばとる」が発生。タッタの点数をプラスしたアリスの勝利となり、「げぇむくりあ」となります。最後のアリスの演技力も驚きましたが、「ビーチ」でムードメーカーだったタッタが失血死したというのが衝撃でしたね。

「今際の国のアリス」ネタバレストーリー8:アリスの参加していない「げぇむ」

今際の国のアリス(13) (少年サンデーコミックス)

「どくぼう」

「すうとり」が終了すると、アリスの参加しなかった、エントリー数20人、首輪を装着し貴金属の持ち込みを禁止した、制限時間1時間の難易度「♡J」の「どくぼう」がスタート。独房を使って行われる「どくぼう」は、自分の首輪に現れたトランプのマークを他人が知らせるというもの。

疑心暗鬼を使った心理戦の「どくぼう」に勝利したのは、「♡J」だったエンジこと松下苑治(まつした えんじ)を、土壇場でタッグを組んで倒したヤバこと矢場旺希(やば おうき)と、バンダこと磐田素那斗(ばんだ すなお)です。

「どくぼう」を「くりあ」した後、ヤバが亡くなったコトコこと志賀琴子(しが ことこ)に思いをはせていた表情が印象に残ります。

「さばいばる」

「どくぼう」の次に描かれたのは、難易度「♠K」の「さばいばる」で、「るうる」は「♠K」を殺せば「げぇむくりあ」。しかし、「ぷれいやぁ」全員が殺されれば、ゲームオーバーです。「さいばいばる」のエリアは、他の絵札11以外の全域という広範囲。

実戦経験に長けている「♠K」のシーラビこと稚羅日勲(しいらび いさお)が積極的に動き回っていきます。

「さばいばる」のポイントといえば、アリスも参加した特別編「げぇむ」「あんけぇと」のドードーこと堂道隼人(どうどう はやと)、特別編「げぇむ」「かまゆで」に登場したヘイヤこと塀谷朱音(へいや あかね)とアグニの出会いでしょう。

ドードーとヘイヤを家族と思い始めたアグニが、シーラビを倒して勝利。しかし、「びざ」の切れるドードーがどうなるのかは、最後の絵札の「げぇむ」にかかっていました。

「びじんとうひょう」

エントリー数4人、難易度「♢K」の「びじんとうひょう」に、心理戦に長けているチシヤが参加。心理戦の最大の敵といってもいい「♢K」のクズリューが担当する「びじんとうひょう」は、制限時間1分間の間に0~100の整数から数字を選ぶというもの。

そして、全員の選んだ数字の平均値を出し、平均値を0.8倍した数字に最も近い者が勝者となります。勝者以外の4人が1ポイント減点になった段階で、1回戦終了。

減点が10ポイントに達した「ぷれいやぁ」は、「げぇむおおばぁ」となり、最後に残った1人だけが「げぇむくりあ」となります。1人死亡するごとに「るうる」が追加された「びじんとうひょう」を制したのは、心理戦が得意なチシヤ。しかし、「げぇむ」に勝利しても、寂しさや虚しさだけが残りましたね。

「今際の国のアリス」ネタバレストーリー9:闇落ちしていたアリスを呼び戻す

今際の国のアリス(14) (少年サンデーコミックス)

ニラギ主導の「ばとるろいやる」

「すうとり」の勝利後、クイナと別れたアリスとウサギ。アリスは、タッタの死に責任を感じ、今後「げぇむ」に参加しないと決めます。そんなアリスに寄り添ったウサギは、アリスと結ばれました。

「げぇむ」に参加しないと決めたアリスの前に、「げぇむ」を勝ち抜いてきたチシヤが現れます。しかし、突然ニラギが現れ、チシヤを銃撃すると、ニラギ主導の「ばとるろいやる」が開始。アリスは戦うのを放棄しますが、ウサギが登場すると、ニラギはウサギに銃口を向けました。

ウサギを守るために、ニラギを散弾銃で攻撃したアリス。ウサギに向けられた弾は、ウサギを庇ったチシヤが受けたのです。ニラギとチシヤの容態も気になりますが、再び戦うのを決めたアリスとウサギの目の前に「♠K」の飛行船が墜落し、最後の「げぇむ」の時が迫ります。

「今際の国のアリス」ネタバレストーリー10:真実が明かされる!

今際の国のアリス(15) (少年サンデーコミックス)

「くろっけい」とは?

最後の「げぇむ」の前には、クイナやドードーなど、アリスたちにゆかりのある「ぷれいやぁ」たちとの再会もありました。そして、いよいよ行われた最後の「げぇむ」は、エントリー数無制限、制限時間なし、武器等の持ち込み可、難易度「♡Q」のミラが担当する「くろっけい」です。

マレットという木槌と2個のボールを使い、相手より早く規定の順序で6つのフープを2度ずつ通過させ、最後にフィニッシング・ペグにボールを当てれば勝利となります。

ただし、「くろっけい」の試合を、3セット最後まで途中棄権せずにやり終えることが「ぷれいやぁ」の唯一の「げぇむくりあ」の条件となっていました。今までの「げぇむ」と違い、「くろっけい」は、クロッケーの規定を守ってプレーをすれば、「げぇむくりあ」できるミラは言っていましたが…。

「くろっけい」で明かされるアリスの秘密

「くろっけい」のセットが終了するたびに行われたミラ主導のティータイムで、アリスの心はミラに乱されていきます。最後のティータイムでアリスは「くろっけい」の最中に、アリスがミラを殺して「げぇむおおばぁ」になるように仕向け、最大の絶望感を与えようとしたのではないかと推測。

すると、ミラはアリスたちのいる「今際の国」は、脳で見せている幻覚で、現実ではないと語り始めました。さらに、ミラは、アリスが列車に飛び込もうとしていたシブキをカルベとチョータが助けようとして、3人共列車にはねられた事故を目撃し、同時に巨大な隕石が落ちてきていたのです。

そのため、3人を助けられなかったアリスに過度なストレスがかかったこと、今際の国で発生した全ての出来事がアリスの脳の中で起こったこと、ミラがアリスを担当している精神科医であることを明かしていました。

「今際の国のアリス」ネタバレストーリー11:登場人物たちはどうなったの?

今際の国のアリス(16) (少年サンデーコミックス)

「今際の国」の結末

全てを思い出したアリスは、自責の念から深い闇に落ちていきます。しかし、ミラが紅茶に幻覚剤を入れていたのがウサギとミラの会話の中で発覚。今までよりもさらに深い闇に落ちてしまったアリスを、ウサギは自分の体を傷つけ、連れ戻そうとします。

ウサギの命をかけた呼びかけに闇から帰ってきたアリスは、「くろっけい」の試合に戻り「げぇむくりあ」になりました。「くろっけい」終了後、ミラはレーザー攻撃で死亡…。

全ての「げぇむ」を終了させ、「今際の国」の「ぷれいやぁ」たちが喜んだのもつかの間、今際の国」の国民になり、次の「げぇむ」に参加することができる「永住権」を取得するか、それとも放棄して死ぬかの選択を迫られます。

クイナが永住権の放棄を宣言すると、ヤバ、バンダ以外のアリスやウサギを含めた「ぷれいやぁ」が永住権を放棄。アリスの前に、「今際の国」の全ての命を支配している唯一の存在「JOKER(ジョーカー)」が登場し、アリスは現実の世界に戻っていきます。

現実世界へ

現実世界へ戻ったアリスは、巨大な隕石が起した「東京隕石災害」で負った怪我のため、病院に入院していました。そして、アリスは、入院していた病院内で右手を負傷しているウサギと再会。その他の「今際の国」の登場キャラクターたちも、現実世界に帰っていったのが描かれています。

しかし、カルベやチョータ、キューマやカルベなど、今際の国」で亡くなった登場キャラクターたちは現実世界でも巨大な隕石「東京隕石災害」に遭ったために死亡…。また、怪我を負っているチシヤや、全身やけどを負っているニラギなども、現実世界でも「今際の国」と同じ部分を負傷し、病院に入院しています。

アリスたちは「今際の国」の記憶がない状態で、現実世界に復帰。さらに、「今際の国」で繋がっていたキャラクターたちが、引き寄せられるように出会うというのも、「今際の国」の不思議な能力なのでしょうか。そして、残ったバンダやヤバがどうなったのかは明らかになっていません。

「今際の国のアリス」感想&見どころ

ひとつひとつの「げぇむ」が作り込まれている

「今際の国のアリス」の魅力は、ストーリーの軸になっている多彩な「げぇむ」でしょう。「げぇむ」で繰り広げられる心理戦は、早く続きが知りたくなるほど面白く、エピソードのスタート時「げぇむ」の「るうる」が詳しく解説されています。

細かいルール設定に、序盤では理解できない部分も多いですが、「今際の国のアリス」のストーリーが進んでいくと、細かいルール設定が明確になっていくのが面白いですね。

「げぇむ」にもがくプレイヤーたち

そして、「げぇむ」を行う「ぷれいやあ」「でぃいらあ」「じょおかぁ」などの呼び名で登場する老若男女の登場人物たちには、職業から日常生活をどう過ごしたかなど、「今際の国」に来るまでの人生が必ず登場します。

さらに、どんなに残忍に「げぇむ」をプレーする登場人物であっても、必ず「心」を持っているというのが描写されているため、最期に人間の温かみがプラスされて亡くなっていくというのも魅力ですね。

「今際の国のアリス」登場キャラクター1:アリス(有栖良平)

今際の国のアリス 12 OVA付き限定版 (少年サンデーコミックス)

アリスこと有栖良平(ありす りょうへい)は、「今際の国のアリス」の主人公の高校3年生の男の子です。得意ジャンルは「♡」。勉強もスポーツもいまいちなアリスは、カルベとチョータと一緒に「今際の国」に迷い込んでしまいました。

カルベとチョータの死後、ウサギに出会って、大切な人というのができたアリス。「今際の国」でアリスが得た経験は、とても大事なものでしたね。

「今際の国のアリス」登場キャラクター2:ウサギ(宇佐木柚葉)

今際の国のアリス 13 OVA付き限定版 (少年サンデーコミックス)

ウサギこと宇佐木柚葉(うさぎ ゆずは)は、「今際の国のアリス」のヒロインの女子高校生です。クライマーが得意なウサギは、アスリート並みの身体能力を持っています。得意ジャンルは「♠」。

アリスが命をかけても守りたいと思っているウサギは、闇落ちするアリスを唯一助けることができる人物ですね。

「今際の国のアリス」登場キャラクター3:アグニ(粟国杜園)

今際の国のアリス(13) (少年サンデーコミックス)

アグニこと粟国杜園(あぐに もりぞの)は、アグニ派のリーダーで元自衛官の男性です。屈強な体と、並外れた戦闘力を持っています。得意なジャンルは「♠」。

「今際の国のアリス」の中では、強さがトップレベルのアグニ。「げぇむ」を通じて「家族の絆」を感じ始めていましたが、アグニが銃を持ちながら戦う姿は、ターミネーターを思い出させます。

「今際の国のアリス」登場キャラクター4:ニラギ(韮木傑)

今際の国のアリス(11) (少年サンデーコミックス)

ニラギこと韮木傑(にらぎ すぐる)は、アグニ派に所属するゲームエンジニアの男性です。いじめを受けていた過去を持っているニラギは、今際の国でも嫌われる言動を行っています。得意なジャンルは「♢」。

「ビーチ」編で、全身火傷を負ったニラギは、ますます不気味な風貌になっていました。嫌われる言動の一方で、ニラギは、優しさが垣間見えるキャラクターです。

「今際の国のアリス」登場キャラクター5:マヒル(真昼祐二)

今際の国のアリス(17) (少年サンデーコミックス)

マヒルこと真昼祐二(まひる ゆうじ)は、「ビーチ」結成をした当時からの幹部男性です。得意なジャンルは「♠」。

ITベンチャーの経営者をしていたマヒルは、「ビーチ」編後、孤独な旅を続けます。マヒルは弱そうに見え、すぐに死亡するのではないか…と思いましたが、最後まで生き残ったメンバーでしたね。

「今際の国のアリス」登場キャラクター6:クイナ(水鶏光)

今際の国のアリス(8) (少年サンデーコミックス)

クイナこと水鶏光(くいな ひかり)は、アパレル店員です。見た目はスタイル抜群の女性ですが、実はクイナは空手が得意なニューハーフ。当初の得意ジャンルは「♣」でしたが、空手を解禁してからは「♠」となっています。

チョータ、カルベ、シブキが死亡した後に、「ビーチ」編でクイナが登場。クイナの存在は、アリスにとって救いになったのは間違いないでしょう。

「今際の国のアリス」登場キャラクター7:タッタ(竜田康大)

タッタこと竜田康大(たった こうだい)は、フリーターの男性です。売れないお笑い芸人だったタッタは、明るくムードメーカー的存在で、得意ジャンルは「♣」。

タッタは、自らのミスを挽回するために、コンテナの扉で自身の手を切断し、出血多量で死亡してしまうという壮絶な最期でした。さらに、アリスの目の前で行われたことだったので、アリスが闇落ちしてしまうきっかけを作ってしまいました。

【今際の国のアリス】「げぇむ」での心理戦が熱い

2010年から2016年に「週刊少年サンデーS」「週刊少年サンデー」で連載されていた「今際の国のアリス」を、ストーリーや登場キャラクターをネタバレ込みで紹介しました。

「今際の国」という異世界で行われた「げぇむ」は、各ゲームがとても面白い作品です。そして、「今際の国」にいる人間たちの、自らの生死をかけた戦いがハラハラしましたね。

さらに、「ぷれいやぁ」「でぃいらあ」など関係なく、亡くなっていく人のバックボーンも細かく設定され、誰でも平等に「命」は大切なんだなと感じました。

2020年にはNetflixで実写ドラマが配信予定です。アリスたちが実写版でどう蘇るのか楽しみですね!

記事にコメントするにはこちら