【ハイキュー!!】狢坂高校(むじなざか)メンバープロフィールまとめ

カテゴリーまとめはこちら:ハイキュー!!

単行本37巻で梟谷学園との対戦校として登場した狢坂高校。3大エースの1人と称される桐生八を筆頭に、メンバー一丸となって大活躍をしていましたね。今回はそんな狢坂高校のメンバーを、誕生日や背番号などのプロフィールから登場シーン、そしてセリフまでたっぷり紹介していきます。

記事にコメントするにはこちら

ハイキュー!! 狢坂高校(むじなざかこうこう)とは

ハイキュー!! 37 (ジャンプコミックス)

狢坂高校(むじなざかこうこう)は大分県に設立された高校です。バレーボール部は大分県代表として春高に9年連続出場しています。前回のインターハイではベスト4の成績を残していました。春高ではハイキュー!!の主人公、日向翔陽(ひなたしょうよう)が所属する烏野高校(からすのこうこう)とは対戦をせず、東京の強豪校である梟谷学園(ふくろうだにがくえん)と試合を行なっていました

狢坂高校バレーボール部では、全国3大エースの1人と称される桐生八(きりゅうわかつ)がチームキャプテンを務めています。彼が試合で活躍する姿が描かれたのは単行本の37巻の32話からでしたが、烏野高校と東京の強豪校が集まった合同合宿でも名前を挙げられるなど、他校から意識されているようです。

狢坂高校のユニフォームはどんな感じ?

オレンジを基調とした明るいユニフォームですね。袖はネイビーカラーとなっています。キャプテンの桐生だけ、ユニフォームの下に黒いインナーを着ていました。

狢坂高校のユニフォームを手に入れたいと考える方も多いと思いますが、現時点で公式では販売されていません。ユニフォームだけではなくその他のグッズも公式ショップでは見当たりませんでした。

アニメ4期での登場回は?

最近アニメ4期の第1シーズンが終わりましたね。最終話は烏野高校と稲荷崎高校(いなりざきこうこう)との試合が始まったところでしたが、その話は単行本28巻に掲載されている内容です。狢坂高校メンバーが出てくるのは37巻だということ、また第2シーズンは烏野高校VS稲荷崎高校の試合がメインになると予想されるという2点を踏まえると、アニメで彼らの姿を拝めるのはまだまだ先だと考えられますね。

とは言っても、狢坂高校は人気爆発中の梟谷学園と対決をしているのでカットされることはないと見込まれます。彼らの活躍をアニメで観られる日を楽しみに待ちましょう。

狢坂高校のメンバー紹介

桐生 八(きりゅうわかつ)

・クラス:3年1組
・ポジション:ウィングスパイカー(WS)
・身長:188.3cm
・体重:85.6kg
・誕生日:4月8日
・好物:生牡蠣
・最近の悩み:「サーブレシーブ。後輩指導について。妹の髪が茶色くなった。実家に毎日来ていたツバメが最近来ないこと。(以下省略)」

背番号1番。全国3大エースの1人であり、別名「悪球打ちの桐生」と称されています。

“悪球打ち”とは、彼自身が打つスパイクが悪球だと言われているのではありません。彼自身の後ろから上がってくる打ちづらいボールや、ネットから近すぎたり遠すぎるボールなどをパワーを落とさずに相手コートに打ち込みます通常であれば返すことで精一杯のボールを、強化された全身を使って威力を落とさずに打つ。これが「悪球打ちの桐生」と呼ばれる所以です。

解説者から「器用さと強引さが混在した選手」だと褒められる桐生ですが、そのスタイルになった理由は中学時代まで遡ります。初の2回戦へと駒を進めた桐生率いるチーム。「ストレート勝ちで優勝しちゃる。」と笑顔で話すほど、彼は自他共に認めるエースでした。しかし、全国3大エースの1人である牛島若利(うしじまわかとし)と対戦した際に自分の弱さを痛感します。

試合に敗北した際、チームメイトの頼りすぎてごめんという言葉に

全部呼ぶけん。全部打つけん。

と涙ながら誓うのです。

実は仲間の鼓舞や期待をプレッシャーとして恐れていた桐生。しかし、真っ直ぐに向かってくる梟谷の木兎光太郎(ぼくとこうたろう)と対戦していくうちに、

仲間に恵まれた自信はある。強い仲間が期待してくれる。逃げ出すくらいなら自惚れろ。

と考え、自分の弱さから吹っ切れます。パワーが凄まじいだけではなく、仲間想いで心優しい桐生だからこそチームメイトから厚く信頼されているのでしょう。

臼利 満(うすりみちる)

・クラス:2年4組
・ポジション:セッター(S)
・身長:182.2cm
・体重:70.5kg
・誕生日:12月12日
・好物:そぼろご飯
・最近の悩み:「時々目が怖いって言われる。」

背番号9番の正セッターです。桐生のことをとても尊敬しており、

八さんは今日も最強やけん!

とよく全力で褒めています。しかし、尊敬が度を越してトンチンカンな発言をしてしまうことも。梟谷学園との試合後半、彼は桐生を警戒する相手チームを出し抜くよう彼はツーブロックを繰り出します。その際臼利は、

八さんに注目が集まることを利用したツーやけん。八さんがツーを決めたち言うて過言や無えっス!

と元気に主張するのですが、「過言やろ。」と冷静に桐生に突っ込まれていました。

頭の回転が早い選手でもあり、梟谷学園の赤葦京治(あかあしけいじ)のメンタルを折るために様々な仕掛けを施します。「あとはトスが乱れてくれたらバッチリなんやけどなー!」と考える臼利を、チームメイトは

臼利ってハツラツと性格が悪いよな。

と称していました。

また、彼は梟谷学園との試合で敗北した際、桐生に

試合によってはマークキツくても上げ続けて、それでん俺は上げてえけん、上げました…!!

と話しています。もしかすると、臼利は自分のトスが桐生にとってプレッシャーになっていると気付いていたのかも知れませんね。しかし、仕方なく上げていたのではなく、彼だからこそ決めると心の底から信じて上げていたのでしょう。その気持ちを汲み取った桐生は「トスが上がるけん、がんばれたんや。」と応えています。桐生にも、臼利も葛藤をしながらお互いを信頼していることが分かりますね。

雲南 恵介(うんなんけいすけ)

・クラス:3年3組
・ポジション:ミドルブロッカー(MB)
・身長:190.3cm
・体重:79.8kg
・誕生日:1月29日
・好物:いくら
・最近の悩み:「あと1cmでいいから身長伸びろ。」

背番号4番。190cm越えの身長を活かし、ブロッカーとして活躍しています。梟谷学園との試合では、試合直後に裏をかいた攻撃を仕掛けられた狢坂高校ですが、きっちりと対応してブロックを決めていました。その後も木兎の威力が高いスパイクを止め、解説者からは狢坂高校ツインタワー」と称されていました。

ちなみに狢坂高校ツインタワー」のもう1人、猯望(まみのぞむ)には対抗心を持っているようです。鮮やかなブロックを決めた直後、ベンチで待機している猯に向かって

お前、この試合、ブロック0本。

と身振り手振りで表現し煽っていました。

いつも真顔で感情を表に出さない雲南ですが、梟谷との試合に負けた際には泣きそうな表情で猯と2人隅っこでうずくまっていました。普段はライバル関係の2人ですが、同時に気が置けない仲であるとも言えるのでしょう。

猯 望(まみのぞむ)

・クラス:3年6組
・ポジション:ミドルブロッカー(MB)
・身長:190.4cm
・体重:84.2kg
・誕生日:8月1日
・好物:鯛茶漬け
・最近の悩み:「なんとかして石原さとみと結婚できないか。」

背番号2番。狢坂高校ツインタワー」の1人として称されるほど実力のある猯ですが、ツインタワーのもう1人、雲南に煽られてすぐに激昂するなど、やや直情的な性格であると言えるでしょう。

しかし、その単純明快な性格はチームの盛り上げ役となることも。梟谷学園との試合も終盤。余計なことは一切考えずに真っ直ぐバレーボールをする木兎を見て、エース桐生は「怯えも焦りも無く、ただ自分の身体を思うまま操る。『楽しい』こそが『最強』なんや。」と呟きました。彼は仲間の声援や期待が重荷になってしまい、必要以上に考え過ぎてしまう節があります。思うがまま動けなくなる桐生は木兎が羨ましかったのですね。

そんな時、猯は次のように主張します。

「わかる!!『かわいいは正義!』みたいな感じやろ!!」

なんと反応していいのか分からずにポカンとする桐生に対し、彼は次のように続けるのです。

「残念ながらお前は『カワイイ』にはなれんちゃけど、『楽しい』は作れる!!きっちい筋トレと練習次第で!!お前は全部やってきたけんな。」

彼は物事をあまり深く考えていない単純な性格のように思われがちですが、実は本質をしっかり見抜くことができる才能の持ち主なのです。

蝦夷田 尚陽(えぞたなおはる)

・クラス:3年5組
・ポジション:ウィングスパイカー(WS)
・身長:182.2cm
・体重:75.6kg

背番号7番。チームのメンバーからは「エゾ」や「エゾさん」と呼ばれています。公式で発表されている能力パラメーターは、5段階中バネとスタミナが4です。スタミナのパラメーターが高いことから、長く続く試合が多く1日に複数の試合を行う春高でも活躍できる選手であると言えるでしょう。

また、スタミナだけではなくレシーブも秀でています。ハイキュー!!で登場するキャラクターの中でも一際ハイスペックな能力を持つ、梟谷学園の鷲尾辰生(わしおたつき)。蝦夷田はそんな彼の強烈なスパイクも拾い上げるほど高い技術を持っています。

メンバーのこともよく見ており、相手セッターのメンタルをへし折るために様々な工夫を凝らす臼利を見て、

「臼利ってハツラツと性格が悪いよな。」

と雲南に声をかけていました。否定をせず笑う雲南から想像するに、的を得た言葉だったのでしょう。嫌味に聞こえないところも彼のいいところですね。

本渡 昴(ほんどすばる)

・クラス:2年2組
・ポジション:ウィングスパイカー(WS)
・身長:179.2cm
・体重:73.3kg

背番号10番。レギュラーに3年生が多い中、2年生でスタメンに入っている実力の高い選手です。5段階の能力パラメータではバネ、テクニック、そして頭脳が4でした。残りのパワー、スピード、スタミナも全て3と公表されており、能力値のバランスが良い選手であると言えるでしょう。

梟谷学園との試合でも、相手コートはもちろん味方の動きも明確に把握して、メンバーへの声かけをしっかりと行っていました。ポジションはセッターではありませんが、乱れたボールをエース桐生が打ちやすいようにセットアップするシーンも。これからが楽しみな選手ですね。

尾新 春馬(びしんはるま)

・クラス:2年1組
・ポジション:リベロ(Li)
・身長:174.6cm
・体重:68.3kg

背番号13番。チーム内で最も身長が低い選手です。本渡と同じく、2年生でスタメンに入っている実力の高い選手です。また、守り専門のリベロに選ばれるほど守備が安定している選手だと言えるでしょう。

5段階の能力パラメーターではスピードとスタミナが4でした。バレーボールをする際、ボールの落下地点に素早く正確に入るためにはスピードがとても重要です。強豪校でリベロとして活躍している所以が分かりますね。

しかし、ノリにのった木兎のサーブに触ることができないなどまだまだ発展途上なところも。彼もまた将来が楽しみな選手ですね。

九刷 みち子(くずりみちこ)

・年齢:42歳
・最近の悩み:「娘がダイエットにハマり出した事。」

狢坂高校男子バレーボール部の監督です。女性の監督ですが、指導するところはビシッと適切に伝える、サバサバとした性格の持ち主です。

梟谷学園との試合では、調子を上げてきた木兎に臆したメンバーの方向を正すことも。木兎対策のために行なっていた作戦が効いてないように感じる彼らは、別の作戦を立てた方がいいのではないかと迷い始めます。そんな時、彼女はこう主張するのです。

攻めは最大の防御!!

迷いを一蹴するこの言葉にチームメイトは再び一致団結したのです。

また、選手の精神も細かく把握しています。桐生が木兎に対して苦手意識を持っていること、またそれを試合中に吹っ切れたことまで気付いていました。「乱れたら全部俺で良いけん。」と言い切る桐生に、

「エースと言えどいつも好調っち限らん。そげな時は他ん好調な誰かを探し出せ。『そん日の主役を』を見極めろ。いつもセッターに言う事やけん。でも八。今日のお前は大丈夫やな。」

と心の中で九刷は思うのです。チームを勝利に導くために伝えていた指示も必要ないと思える程、エースが安定していると感じているのですね。

そんな彼女は選手たちからもちろん信頼されています。梟谷学園の敗北した時、桐生は泣いている臼利に向かって

「来年はみっちゃん先生を胴上げしちゃれっちゃ。」

と笑顔で声をかけるのです。“みっちゃん先生”という愛称で親しまれていること、勝利をした際に彼女を胴上げするという話が出ることから、彼らにとっていなくてはならない大切な存在であることが分かりますね。

メンバーの名前は動物になぞらえている?

狢坂高校メンバーの名前は動物が由来になっているのではないかとファンの間で噂されています。どのような動物だと噂されているのか紹介していきましょう。

・臼利 満:ウスリータヌキ
・雲南 恵介:ウンナンタヌキ
・猯 望:マミ(タヌキまたはニホンアナグマを指す言葉)
・蝦夷田 尚陽:エゾタヌキ
・本渡 昴:ホンドタヌキ
・尾新 春馬:ハクビシン
・九刷 みち子:クズリ(クロアナグマのこと)

エース桐生八だけは、動物名ではなく「桐生が岡動物園のタヌキ」だと予想されているようですね。

彼らが所属している高校名に“狢(むじな)”という文字が入っています。“狢”とは主にアナグマやタヌキ、ハクビシンを表す言葉なのでこのような噂が広まっているのではないでしょうか。

メンバーに対するファンの反応

3大エースの1人と称される桐生を中心に活躍する狢坂高校メンバー。彼らに魅力を感じる方も多いはずです。実際にどのような声が上がっているのか見てみましょう。

狢坂高校は心優しいエースを筆頭に一致団結しているチーム!

梟谷学園との試合で活躍を見せた狢坂高校。チームメンバーの想いを背負って戦う心優しいエース桐生だからこそ、メンバーは彼を慕い、チームは一致団結をしています

彼らの活躍をアニメで観ることは残念ながら先の話になりそうです。単行本では37巻から狢坂高校メンバーが登場しているのでぜひチェックしてみて下さい。

 

記事にコメントするにはこちら