【ハイキュー!!】宮治はおにぎり屋になった?性格や声優をネタバレ紹介

カテゴリーまとめはこちら:ハイキュー!!

古舘春一原作の高校バレーボール漫画『ハイキュー!!』2012年から連載開始し、今もなお週刊少年ジャンプで人気を誇る作品となっています。今回は『ハイキュー!!』に出てくるキャラクター宮 治(みや おさむ)について解説します!

記事にコメントするにはこちら

ハイキュー!!とは?

ハイキュー!! COMPLETE BEST(DVD付)(期間生産限定盤)

ある日偶然、春高バレーのテレビ中継を見かけた小柄な中学生・日向 翔陽(ひなた しょうよう)は、「小さな巨人」と呼ばれ躍動する地元・宮城県立烏野高校のエースに、心奪われバレーボールを始めます。

低身長という身体的不利を補って、有り余るほどの類稀なる運動神経とバネ、バレーへの情熱を持ち併せていた日向だったが、入学した中学校のバレー部に、自分以外の部員がいないなど環境に恵まれずに、活動すること自体が困難でした。

中学3年の夏、やっとのことでメンバーを集めて出場した、最初で最後の公式戦で、日向率いる雪ヶ丘中は「コート上の王様」と呼ばれる天才セッター・影山 飛雄(かげやま とびお)のいる強豪・北川第一中に負けてしまいます。

影山に中学校での3年間を否定された日向は、影山へのリベンジを果たすべく憧れの烏野高校排球部に入部しました。

部活動初日、体育館に入った日向の目の前には影山の姿がありました。初めは反発し合っていた2人でしたが、それぞれの持ち味を生かしたクイック攻撃、通称・「変人速攻」を編み出して、独りでは見ることのできない「頂の景色」を見るため、個性豊かな烏野高校の仲間たちと全国大会を舞台に、活躍する物語です。

今回は春の全国大会・通称「春高」の2回戦で烏野高校が対決する、強豪校・稲荷崎(いなりざき)高校に所属する宮治(みやおさむ)選手について解説していきます!

宮 治(みやおさむ)とは?

宮 治のプロフィール

・クラス:稲荷崎高校2-1
・ポジション:WS(ウィングスパイカー)
・身長:183.8cm
・体重:74.5kg
・背番号:11番
・誕生日:10月5日
・好物:めし
・最近の悩み:人生最後の日に何を食べられるか決められる気がしないこと。

特徴は銀髪で、双子の宮 侑(みやあつむ)とのセットアップでは、日向・影山の変人速攻を見様見真似でコピーしてしまうほどのコンビネーションを持ち合わせています。

侑いわく、何を食べてもうまそうな顔をして食べるそうです。

宮 治の性格

宮 治は性格上、負けず嫌いなところがあります。
宮 侑よりは比較的落ち着いた性格の持ち主で、冷静に周りを見ることができ、普段は何事にも動じません。

しかし、周りから見れば、負けず嫌いで周りを置き去りにしてしまいます。
侑の怒りが治に向いたときは殴り合いの喧嘩に発展します。

双子で競い合ってきたからこそ、我慢ができないんでしょう。

宮 治は双子?

宮 侑(みや あつむ)の双子の兄弟で、侑のことを『ツム』と呼び、自分は『サム』呼ばれます。治と侑の見た目の違いは髪の毛の色で、侑は金髪、治は銀髪です。

高校バレー界最強ツインズ宮兄弟』と呼ばれていて、「たとえ宮侑を崩しても双子の”治”が補完する」と評されている。実際にそのような場面が出てきます。

小学校からバレーを始めたが、ずっと治の方が一枚上手で、侑が治に挑み続けていましたが、今となっては侑の方が技術力が上のようで、実際に侑の方は全日本ユース選抜にも選ばれていました。

治も侑がユース選抜に選ばれたことは認めていて、作中に「あいつの方が俺よりも少しだけ、バレーを愛しとるからな」と語っていました。

ここは尾白 アラン(おじろ あらん)と宮兄弟との過去の回想シーンでも描かれています。

尾白アランとは小学校の頃のバレー教室が一緒でした。
宮兄弟がお互いを「ツム」「サム」と呼び合うのは尾白の横文字の名前がかっこいいと思ってそう呼ぶことに決めたと本誌では描かれています。

宮 治の現在は?

宮 治は高校を最後にバレーを辞めています。

バレーを辞め現在はおにぎり屋さんとなっていますが、やめる際に侑と喧嘩をしていました。

作中では

『バレーを続けるほうが成功者みたいな認識は何なん!?俺は妥協して道を進んではいない!』

『80歳になった時、俺より幸せだと言えるならその時に馬鹿にしろ!』

『お前がくたばる時に俺のほうが幸せだったって言ってやるよ!』

というような言葉を侑に投げかけ、あくまでも自分のやりたいことをやるためにバレーを辞めたようですね。

宮 治の所属高校や高校の戦績は?

所属は兵庫県代表・稲荷崎高校です
作中では吹奏楽部も優秀だと紹介されていました。

稲荷崎高校は全国常連高で、出場回数は3年連続31回目の出場です。
過去の戦歴は『2011年度・インターハイ3位・春高3位』『2012年度・インターハイ準優勝』とまさに強豪校です。そのため今大会では、『最強の挑戦者』とよばれています。

ユニフォームカラーはシンプルな黒でリベロのユニフォームは白です。
横断幕の文字は『思い出なんかいらん』

宮治のチームメイトは?

北 信介(きた しんすけ)

稲荷崎高校バレー部主将・チームキャプテン。控え選手です。名前の由来は「キタキツネ」

・クラス:稲荷崎高校3-7
・ポジション:WS(ウィングスパイカー)
・身長:175.2cm
・体重:67.5kg
・背番号:1番
・誕生日:7月5日
・好物:豆腐ハンバーグ
・最近の悩み:バァちゃんが今から俺の結婚式を楽しみにしている事

決してスター選手ではありませんが、コートに入るだけで空気をシメることができる選手です。

バレーの実力自体は上手い方ですが身体的にも技術的にも特別優れているわけではありません。練習でできていることは試合でも必ずできると監督に評価されています。

チームの親的存在であり、常に冷静で行動には無駄がなくかける言葉も的確です。チームの主力でありながらメンタル的に未熟な侑たちをコントロールすることができる人物です。

「反復・継続・丁寧」を信条としており、バレー部の活動から私生活まで「毎日やる、ちゃんとやる」ことを大切にしています。また、練習でできていることは試合でも必ずできるという自信から試合で緊張するということもないとのこと。

その言動や行動から周囲からは「機械」と言われることもあって、隙がなさすぎると角名 倫太郎は語っています。

中学3年間はスタメンはおろかユニフォームを貰ったことさえなく、高校入学後も3年になるまで試合に出たことはありませんでしたが、その実直な姿勢が評価され、新チームでは主将に選ばれるとともに、背番号1のユニフォームを貰い、涙を流していました。

自分が選手としては平凡であることを自覚しており、春高本戦の烏野戦では試合を「バケモンたちの宴」と称した上で自らを「それに混ざれたラッキーな人間」であると語っています。

尾白 アラン(おじろ あらん)

名前の由来は「オジロスナギツネ」

・クラス:稲荷崎高校3-5
・ポジション:WS(ウィングスパイカー)
・身長:184.7cm
・体重:80.2kg
・背番号:4番
・誕生日:4月4日
・好物:リッツ
・最近の悩み:穴の開いたパンツを「もう1回履いたら捨てよう」と思って結局3回目履いてる

コートキャプテン全国5本指に入るスパイカーと言われています。調子がよければ3本指のスパイカーも凌駕する可能性があるそうです。宮兄弟とは小学生の頃からの顔馴染みで、2人へのツッコミ役を担っています。宮兄弟は互いを「治(サム)」「侑(ツム)」と呼び合っていますが、これは「アラン」という「横文字の名前」に憧れた2人が改名する代わりの妥協案として使い始めたものと作中描かれていました。

大耳 練(おおみみ れん)

名前の由来は「オオミミギツネ」

・クラス:稲荷崎高校3-7
・ポジション:MB(ミドルブロッカー)
・身長:191.5cm
・体重:80.5kg
・背番号:2番
・誕生日:2月17日
・好物:白身魚の刺身
・最近の悩み:北とお茶を飲んでいたら侑に「老夫婦みたい」言われた事

稲荷崎のブロックの要です。
安定感のあるリードブロックが持ち味で、日向の囮を初見で見破り、田中の超インナークロスを「所詮木兎の劣化版」とシャットアウトしていました。

赤木 路成(あかぎ みちなり)

名前の由来は「アカギツネ」

・クラス:稲荷崎高校3-6
・ポジション:リベロ
・身長:174.2cm
・体重:70.8kg
・背番号:15番
・誕生日:4月12日
・好物:さけるチーズ
・最近の悩み:体脂肪率増えてきた…

稲荷崎高校バレー部の守備の要であり、どんなスパイクも確実にレシーブします。

宮 侑(みや あつむ)

宮 治の双子の兄「高校No1セッター」と呼ばれています。

・クラス:稲荷崎高校2-2
・ポジション:S(セッター)
・身長:183.6cm
・体重:73.3kg
・背番号:7番
・誕生日:10月5日
・好物:トロ
・最近の悩み:指先が乾燥ぎみになる季節

セットアップはスパイカーに上手くなったと錯覚させるほどの精度で「腕は2本、指は10本。よりたくさんのもので支えたる」と語るように、無理な体勢でも極力オーバーハンドでトスをあげることに集中しています。

それを実現させるだけの身体能力と技術を持ち合わせていて、中総体とインターハイでベストサーバー賞を受賞するなどサーブの名手でもあります。強烈なスパイクサーブと高速ジャンプフローターサーブの両方を操る「二刀流」

双子の弟・治とのコンビプレーは相性抜群で、「宮ツインズ」としてアイドル的人気を誇り女性のファンも多く、春高2回戦の烏野戦では自身の天才的セットアップとも相まりぶっつけ本番で「変人速攻」の真似事・「双子速攻」を成功させていました。

また互いの役割を入れ替えた「双子速攻・裏」、バックトスによる「双子速攻・背」なども繰り出し、烏野高校を混乱させています。

さらに彼は、ユース強化合宿の参加メンバーで、実力も多くの人に認められています。

性格は笑顔で毒を吐いたりするところはありますが、純粋にバレーを愛するバレー馬鹿で、基本子供っぽく、治いわく「試合んなると精神年齢5歳下がる」。兄弟共々突っ走りやすい傾向があります。

角名 倫太郎(すな りんたろう)

名前の由来は「チベットスナギツネ」

・クラス:稲荷崎高校2-1
・ポジション:MB(ミドルブロッカー)
・身長:185.7cm
・体重:73.2kg
・背番号:10番
・誕生日:1月25日
・好物:チューペット
・最近の悩み:双子にツッ込んでたまるか

スロースターターで、序盤はさほど目立たないもの、試合が進むにつれて攻守ともにキレを増していくタイプです。

ブロックの反応が早く、春高の烏野戦ではコースを打ち分けようとする田中を苦しめました。攻撃では強靭な体幹を生かした「打点の幅」をもって相手ブロッカーを翻弄するターン打ち(クロス打ちの反対)の速攻を得意とする選手です。

烏野バレー部のコーチいわく『センスの塊のようなやつ』と作中に語られていました。

稲荷崎の選手の中では唯一標準語を話し、主将・北によると点差がつくか勝ちが見えてくるとサボり出す傾向にあるそうです。

銀島 結(ぎんじま ひとし)

名前の由来は「ギンギツネ」

・クラス:稲荷崎高校2-1
・ポジション:MB(ミドルブロッカー)
・身長:180.3cm
・体重:72.7kg
・背番号:5番
・誕生日:8月21日
・好物:肉巻きポテト
・最近の悩み:尾白さんが俺にも双子へのツッコミを求めてくる

北によると責任感と熱意が強く決め急ぎがちだそうです。

風邪を引いても、部活を休まずバレーをやると意気込む侑のバレー愛に感心するも、北に「体調管理できてないことを褒めるな」と諭される描写が描かれていました。

小作 裕渡(こさく ゆうと)

名前の由来は「コサックギツネ」背番号13番。

理石 平介(りせき へいすけ)

名前の由来は「大理石狐狸(ホッキョクマーブルギツネの中国語名)」

・クラス:稲荷崎高校1-4
・ポジション:WS(ウィングスパイカー)
・身長:185.2cm
・体重:71.5kg
・背番号:14番
・誕生日:3月13日
・好物:テリヤキピザ
・最近の悩み:試合に出るチャンスはあるだろうか…!?

烏野戦では第2セットにピンチサーバーとして出場し「ミスったら元も子もない」と入れるだけのサーブを打ってしまいました。

真面目な性格で、考えすぎる傾向があります。

宮治は単行本やアニメだとどこで登場する?

ハイキュー!!の稲荷崎句稿との試合で出てきますので『28巻から33巻 (計6巻)』で描かれています。

またアニメに関しては、ハイキュー !!4期から出てきますが、稲荷崎戦は2020年7月から放送開始となっています。

宮治の声優は?

株元 英彰(かぶもと ひであき)

1989年4月27日生まれの福岡県出身。
アポロベイに所属し、劇団プレステージの劇団員です。

デビュー当初は舞台や俳優業をメインに活動していましたが、2015年にスマートフォン用ゲーム『ドリフェス!』の主人公たちのライバルユニット・KUROFUNEの黒石勇人役に抜擢され声優として活動を始められました。

現在は声優業と劇団員を兼業されています。

他の出演作品

声優としての主な出演作品は

・風が強く吹いている:ムサ・カマラ役
・厨病激発ボーイ:中村 和博役

さらには映画俳優として

・僕たちの交換日記(2013年)
・斉木楠雄のΨ難(2017年)

以上にも出演されています。

『【ハイキュー!!】宮治はおにぎり屋になった?性格や声優をネタバレ紹介』最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は、稲荷崎高校の主力選手である宮 治について徹底解説していきました。

今後2020年7月からアニメ版でも出演するので是非ご覧ください。

記事にコメントするにはこちら