【最新版】地獄楽キャラクター強さランキングTOP15!

カテゴリーまとめはこちら:地獄楽

ジャンプ+の看板作品『地獄楽』には、忍者や侍、打ち首執行人など魅力的なキャラクターがたくさん登場。化け物が跋扈する神仙郷で勝ち抜くには忍術や剣術だけでなく、心の強さやタオと呼ばれる不思議な力を操る能力も必要です。誰が最強なのか!?最新ランキングをまとめました。

記事にコメントするにはこちら

目次

【地獄楽】強さランキングTOP15!誰が最強か格付けしてみた!

地獄楽』はジャンプ+の大人気作品

『地獄楽』はジャンプ+で連載中の忍法浪漫活劇。連載を開始してすぐにジャンプ+の人気NO.1作品として『週刊少年ジャンプ』に出張掲載されたほどの人気作品です。後に1位の座を他作品に譲ったものの、現在もなおジャンプ+の看板作品として評判です。

現在『地獄楽』の単行本は9巻まで出版中。『地獄楽』はジャンプ+で全話無料で読めますが、新刊が出るたびに即重版がかかるほどの好調な売れ行きです。2020年3月時点で累計発行部数は200万部を突破しています。

『地獄楽』の人気の理由の1つが強くて魅力的なキャラクター達。彼らは極楽浄土とされる島を舞台に殺し合い、不老不死の仙人を倒さなければなりません。生き残るためには純粋な力だけでなく、心の在り方も問われます。誰が一番強いのか、彼らの強さをランク付けしてみました!!

『地獄楽』のストーリーを紹介

『地獄楽』は江戸時代の日本を舞台とした作品です。主人公は最強の忍と恐れられていた画眉丸(がびまる)で罪人として捕まっていましたが、超人的な肉体をもつためにどんな処刑方法でも死ぬことができませんでした。

画眉丸が生に執着していると見抜いた打ち首執行人の山田浅エ門佐切(やまだあさえもんさぎり)は、画眉丸に死刑を免れ、無罪放免となるための条件を提示します。それは極楽浄土と噂される島・神仙郷に赴き、不老不死の薬・仙薬を手に入れて幕府に献上すること。

画眉丸と同様の死刑囚たちとそれぞれの監視のために同行した山田家浅エ門は、殺しても死なないような化け物たちが暮らす地獄のような場所で、殺し合い、時に共闘しながら仙薬探しに奮闘します。魅力的なキャラクターばかりで誰が生き残るのか先が気になるストーリーです。

【地獄楽】強さ第15位:ヌルガイ

地獄楽 3 (ジャンプコミックス)

鍛え抜かれた肉体を持つサンカ(山の民)の末裔

ヌルガイは徳川幕府に服従せず、独自の文化で自然の中で生きてきたサンカ(山の民・野人)の少女です。彼女は自分が集落に侍を案内してしまったせいでサンカ達が根絶やしにされてしまったことを悔いていましたが、生きて山に帰るために何としても神仙郷を脱出する決意を固めます。

神仙郷に上陸した当初のヌルガイの戦い方は、自然の中で生きるために独自で身につけたもので、その頃から試一刀流10位の山田浅エ門典坐(てんざ)からも「強い」と評価される実力でした。動きも俊敏で不老不死の天仙の攻撃をかわせるほどです。

典坐の死後は典坐の師匠であった士遠(しおん)から剣術を学びます。戦いでは士遠の補佐が中心で強敵と1人で戦うほどの強さはありませんが、強く優しい心を持っており、典坐が天仙と戦った際には典坐の命を救っています。

【地獄楽】強さ第14位:山田浅エ門仙汰(せんた)

天仙(てんせん)の弱点を見極める洞察力

仙汰は、杠(ゆずりは)の監視を任せられた山田浅エ門の剣士で試一刀流5位。戦闘に参加することは少ないですが宗教学や蘭学など専門知識を豊富に持ち、分析や情報整理が得意で島の歪さにもいち早く気付きました。

仙汰は山田浅エ門の中でも上位ですが、剣の腕前よりも真面目で勤勉な姿勢が評価されていたようです。山田家に入門したのは家のしきたりだったからであり、人を斬るのも本意ではありませんでした。天仙との戦いの中でも仙汰のタオの才能は「その程度」しかないと言われています。

しかし、知識の豊富さと洞察力、状況の判断力はずば抜けておりムーダンとの戦いの中でも杠たちを的確にサポートします。特にムーダンの弱点を見極めることは仙汰にしかできなかったことです。仙汰がいなければムーダンとの戦いに勝つことは不可能だったでしょう。

【地獄楽】強さ第13位:山田浅エ門威鈴(いすず)

女性ながら豪剣を操る指南役

威鈴は体格の良い大柄な女性で豪剣を振るって戦います。年齢が若いため段位はまだ持ちませんが、実力は認められており、屋号を名乗ることを許されているほどです。神仙郷の増員組に選ばれる前は幕下にて女性の武芸指南役を勤めていました。

罪人は極悪人として絶対に許さないという考えを崩すことはありません。そのため先に神仙郷に上陸していた佐切とは敵対しますが、変化への対応力に欠ける威鈴がタオを修得するのは難しいのではないでしょうか。

増員組の中でも直接の戦闘描写はあまり描かれていませんが、人体や化け物の体に花が咲き乱れる神仙郷の地獄のような景色を目にして戦意を喪失しているようにも見えます。本土で戦う際は相当強いのでしょうが、今後の神仙郷で戦い抜くのは難しいのではないかと予想されます。

【地獄楽】強さ第12位:亜左桐馬(あざとうま)

入門から1ヶ月で浅エ門になった天才剣士

罪人の兄・弔兵衛(ちょうべえ)を救うために山田浅エ門に入門し、わずか1ヶ月という早さで代行免許を得た天才。元は侍の子でしたが、父と母を亡くし兄とともに盗賊になります。状況に応じて変化する適応能力を強さだと考え、誰よりもその能力に長けた兄を信頼しています。

兄と行動を共にしており、弔兵衛が強敵のとの戦いに集中できるように周りの雑魚を一手に引き受けることが多いです。弔兵衛が天仙の弟子である道士と戦う際には化け物である竈神(そうしん)の大軍を1人で制圧します。

運動神経も良く才能がある桐馬ですが、剣士となってからは日が浅いため実力も経験も不足しています。丸腰の民谷厳鉄斎に負けるほどでしたが、自分の弱さを痛感してからは民谷厳鉄斎に教えを請い、実践の剣を習います。今後の成長と活躍が期待できるキャラクター。

【地獄楽】強さ第11位:山田浅エ門付知(ふち)

地獄楽 8 (ジャンプコミックスDIGITAL)

人体構造を解明した頭脳明晰な剣士

試一刀流9位の位を持つ浅エ門の剣士。山田家の中では珍しい二刀流で、刀を構えるだけで民谷厳鉄斎(たみやがんてっさい)に死をイメージさせるほどの腕前があり、画眉丸にも「間違いなく強い」と評されています。

付知は解剖器具を持ち歩いており、人体構造の解明をすることが医学を発展させるための崇高な使命であると考えています。筋肉や骨の隙間に刃を入れて罪人を処刑する山田浅エ門の中でも、人体の構造を誰よりも理解している付知の剣の技術は優れていたでしょう。

戦いでは民谷厳鉄斎の援護をすることが多いですが、戦況を見極める冷静さを持っており、天仙を倒すために亜左兄弟との共闘に応じるなど適応力にも長けています。ただ、目に見えないものや触れないものは信じないという現実主義な一面があるため、タオの修得には至りませんでした

【地獄楽】強さ第10位:山田浅エ門左切

地獄楽 2 (ジャンプコミックス)

中道の心でタオを体得した女剣士

山田浅エ門は人体の構造を知り、骨や筋肉の隙間に刃を入れるため、どんなに鍛えた体も斬ることができます。佐切は試一刀流12位ですが、それは次期当主としての格付けであり、女性であることを理由に冷遇された結果。純粋な技能だけなら、山田家の中でも一流の腕前を誇ります。

佐切は相反するものもそのまま自分の中に受け入れる“中道”の信念を持って戦っています。感情を力に変え、かつ理性を見失わないという静と激の狭間に自分を置くことで、画眉丸にすぐには立てないほどの一撃を与えた陸郎太を圧倒するほどの強さを見せることもあります。

タオを習得してからはタオの流れから敵の動きを先読みし、不老不死の天仙を切り刻んで再生速度が遅くなるまでに追い込みます。強さと弱さの両方を兼ね備え、自分に正直で懸命に戦えることが佐切の強さです。

【地獄楽】強さ第9位:傾主の杠(けいしゅのゆずりは)

地獄楽 5 (ジャンプコミックス)

策略と残忍な技で勝ち残るくノ一

島への上陸直後に死刑囚の茂籠牧耶(もろまきや)を殺し、牧耶の体を使って島の虫たちの毒や能力を解明。その情報と引き換えに画眉丸にいち早く共闘を申し入れたくノ一。牧耶に付いていた試一刀流8位の山田浅エ門源嗣(げんじ)も色仕掛けで仲間に引き入れています。

杠は自分の戦力不足から画眉丸と共闘する道を選びますが、彼女自身強力な忍術を使えます。また忍の里では力の源であるタオを戦いに応用していたため、神仙郷に上陸する前からすでにタオを操ることができました

得意技は薬物を飲んで毒液を体から蜘蛛の糸のように分泌し、相手を絡めとる「忍法蜜牢」や相手を切り刻む「忍法線斬行」などがあり、多くの忍法を操ります。タオについては天仙であるムーダンに評価されるほどの潜在的な才能があり、画眉丸と共闘して天仙のランを撃破します。

【地獄楽】強さ第8位:民谷厳鉄斎

洞察力に長ける“剣龍”

民谷厳鉄斎は“剣龍”、“八州無双”と呼ばれた剣豪で藩主からも士官要請が来るほどの腕前でしたが、藩主の屋敷の門を斬り捨てたことで死罪に問われ、神仙郷に送り込まれます。無罪を目的とする他の死刑囚とは違い、天下に轟く偉業を成し遂げ後世に名を遺すことが彼の望みです。

そのため、島についてからも画眉丸や天仙など強者と戦うことを目的に動いています。厳鉄斎の実力は手負いの画眉丸と刺し違えることができるほどで、画眉丸からも「間違いなく強い」と評価されています。

これまでの戦いの経験数が群を抜いて多く、人面の蝶に刺された際も即座に腕を切り落とすことで身を守るなど判断力にも長けています。長らくタオを知覚することができませんでしたが、桃花(タオファ)との戦いの中で修得したことでさらに強くなり、天仙を打ち破ります。

【地獄楽】強さ第7位:山田浅エ門士遠

地獄楽 9 (ジャンプコミックス)

氣を使いこなす盲目の剣士

士遠は生まれつき盲目の剣士ですが、視覚以外の五感を研ぎ澄まし常人以上の動きができるため試一刀流4位の実力者です。タオを知覚することでまるで見えているかのように周囲の状況を把握しており、敵の弱点も瞬時に見抜きます。

士遠は神仙郷に上陸する前からタオを意識して使っていた数少ない人物の1人で、中道の心を持つことによって本来以上の能力を引き出し戦ってきました。上陸後に自分を色仕掛けで籠絡しようとした死刑囚のあか絹を即座に処刑する高潔さも兼ね備えています。

天仙の一人である朱槿(ヂュジン)とほとんど1人で戦った際はタオの相性が悪く決定打に欠けていました。そのため朱槿が再生する傍から200回以上も切り刻んでタオを消費させ、弱点である胚珠のみを引きずり出して刀で串刺しにする方法で戦闘不能にして勝利しました。

【地獄楽】強さ第6位:山田浅エ門清丸(きよまる)

殊現(しゅげん)に認められた実力を持つ少年

清丸は白髪で小柄な少年です。まだ若いため段位は持っていませんが、山田浅エ門の師範代である朱現に「実力は門下でも1・2を争う才器」と評価されるほどで、免許皆伝(おくゆるし)と同等の実力の持ち主と言われています。桐馬以上の実力があるでしょう。

直接の戦闘シーンの描写はまだ少ないですが、動きは俊敏で剣速も速く、自分より巨大な敵からの攻撃も難なくいなします。小柄な体型を活かして戦うスタイルで、敵の体を駆け上りながら細かく切り刻んで殺します。

性格は生意気で口も悪いですが、侍にも忍者にも横柄な態度で堂々と接し、自分の実力を疑うことはありません。自分の発言がきっかけで他人が自害することになっても飄々として気にも留めません。神仙郷に上陸してからも周囲に引けを取らず活躍してくれるでしょう。

【地獄楽】強さ第5位:山田浅エ門十禾(じっか)

山田浅ェ門3位の実力者

十禾は試一刀流3位の実力を持つ山田浅エ衛門で、死刑囚である法流坊(ほうるぼう)の担当として神仙郷に向かいました。しかし法流坊が亜左弔兵衛によって殺され、その後の運の良さもあって行方不明者60人の中の唯一の生還者として本土に帰ります。

十禾は神仙郷の恐ろしさを幕臣に伝え、神仙郷には関わらない方がよいと進言しますが、幕府はそれを聞き入れませんでした。むしろ神仙郷へのさらなる増員を命じたため、山田家の命により十禾も再び神仙郷に上陸することとなります。

戦闘シーンの描写がまだほとんどない十禾ですが、飄々とした性格でありながら戦況を見極める能力に長けており、試一刀流3位という序列からも相当な実力者であることが伺えます。増員組として神仙郷に再上陸してからの十禾の活躍に期待が持てます。

【地獄楽】強さ第4位:シジャ

現・石隠れ衆の筆頭!次代の画眉丸

常軌を逸した修行により、人間の域を超えた技と能力を手に入れた石隠れ衆の現筆頭。『地獄楽』の主人公の画眉丸が里を抜けた後の次期画眉丸となった人物です。主人公と同様に「火法師」などの忍法で戦います。

「がらんの画眉丸」は世襲制で、通常は前任者が死ぬと次の画眉丸が現れますが、主人公の画眉丸が処刑を免れたため、シジャは画眉丸を殺すことを命じられて増員組として島に送り込まれました。シジャ本人は画眉丸の名に執着はなく、主人公を狂愛し、殺し合うことを望んでいます。

気に入らない人物は同胞であっても惨殺する残忍さを持ち合わせた男です。肉体派の主人公に対してシジャは戦況を見極め、相手の弱点を突いて戦いに混乱をもたらし、相手に本来の力を発揮させないことで勝利します。今後描かれるだろう画眉丸との戦いが楽しみです。

【地獄楽】強さ第3位:亜左弔兵衛

地獄にすら適応する“賊王”

状況を即座に飲み込み、最終的にはその場を支配するほどの適応能力に長けています。子供のころ襲われた野盗に取り入って盗賊頭にまで成り上がり、死罪になった青年。“賊王”と呼ばれています。変化に柔軟ながらも、「自分が正しい」という信念は絶対に曲げません。

人間の体を材料に丹を作る穴に落とされた際、逆に丹を取り込んで超人的な再生能力を手に入れ、タオも知覚できるようになりました。通常タオを操るには何年もかけて修行をする必要がありますが、弔兵衛は一度タオを使う敵と戦っただけでタオの操り方を理解します。

画眉丸との戦闘時は画眉丸が記憶をなくしていたとはいえ、怪力と反応の速さで画眉丸をも圧倒しました。天仙との訪中術によってタオの才能がさらに開花、人を超越した強さとなり持ち前の技能と戦略で天仙2体を撃破しました。

【地獄楽】強さ第2位:山田浅右衛門殊現

地獄楽 7 (ジャンプコミックス)

山田浅右衛門一の実力者

殊現は試一刀流2位で、実力も浅エ門の中で1番と言われている青年です。試一刀流1位の衛善(えいぜん)が神仙郷に向かってからは師範代として山田家を率いています。その実力と罪人を許さない崇高な性格は広く知られており、幕臣が気を遣うほどの存在。

朱現は味方からも狂人と言われるほど人並外れた強さを持っている人物。その強さの理由は彼の向上心にあります。同門の剣士たちから技や知識を学び、様々なスタイルの剣士に憑依して戦うため、朱現と戦う相手は何人もの剣士を相手にしているような錯覚に陥ってしまいます。

朱現は神仙郷に上陸する前からすでにタオを知覚しており、上陸後には即座にタオの使い方を理解します。浅エ門としての実力も相当なものですがさらにタオを使いこなすようになれば画眉丸を超える強さとなるかもしれません。

【地獄楽】強さ第1位:画眉丸

伝説の忍・がらんの画眉丸!

石隠れ衆の筆頭として画眉丸を名乗っている『地獄楽』の主人公。幼いころから心を持たない「がらんどう」であることが最強と教えられて育ち、非情な手段で任務を遂行する最強の力を持つ忍として有名でした。体温を上げて皮脂を発火させる「火法師」など多彩な忍術を操ります。

しかし妻と佐切から情は弱さではなく、情を貫くことが真の武勇であることを教えられます。強さと弱さの両方の持つ力を理解した画眉丸はタオを修得。相手のタオの強さを利用することで天仙をも打ち破ることができるほどに成長しました。

神仙郷を攻略し、無罪となって妻のもとに帰ることが画眉丸の望みです。妻は弱点のようですが、画眉丸の力の源となっています。失うものがあるものは強いということを体現しているキャラクターです。

『地獄楽』がアニメ化する可能性は!?

地獄楽 うたかたの夢 (JUMP j BOOKS)

現時点では『地獄楽』のアニメ化はまだ発表されていません。しかし、ジャンプ+内での人気ランキングも常に2位と大人気の『地獄楽』。単行本の売れ行きも好調で、『週刊少年ジャンプ』本誌にも出張連載しており、知名度も高い作品です。アニメ化を期待するファンは多いです。

あの『ベルセルク』の作者三浦健太郎先生も対談の中で次のように語っています。

『地獄楽』はアニメでももちろん見たいんですけど、映画でも見たいんですよね。

ジャンプ+の作品がアニメ化した例も多々ありますし、『地獄楽』がアニメ化する可能性は高いと思います。最近の『週刊少年ジャンプ』では人気作品のアニメ化も相次いでいますので『地獄楽』も人気作品の『SPY×FAMILY』と同時期にアニメ化するのではないでしょうか!?

ジャンプ+で『地獄楽』が無料で読める!

地獄楽 1 (ジャンプコミックス)

『地獄楽』はジャンプ+で連載中のオリジナル作品。毎週月曜日に更新される最新話はもちろん、全話無料で読めます。(2話以降は初回のみ無料)公式スピンオフギャグ漫画『じごくらく』も好評連載中です。

『地獄楽』の作者、賀来ゆうじ先生は、フィクションの中にほんの少しのリアルを混ぜることを意識していると話しています。『地獄楽』でもフィクションの舞台の中で、登場人物たちの心の葛藤や残酷な戦闘シーンなどのリアルが描かれることが作品の魅力となっています。

今回のランキングはあくまで現時点でのもの。リアルな作品だからこそ、一概にこのキャラクターが最強とは言い切れません。敵との相性や心情変化、今後の成長などでこのランキングはどんどん変わっていくでしょう。今後どうなっていくのか、ぜひ『地獄楽』を読んでみてください!

記事にコメントするにはこちら