【アイシールド21】筧駿はアイシールド21の謎を握る男! プロフィールまとめ

カテゴリーまとめはこちら:アイシールド21

「アイシールド21」は2002年から週刊少年ジャンプで連載され、アニメ化もされたアメフト漫画。本記事では、180cmを超える長身選手を揃えた秋季大会のダークホース、「巨深ポセイドン」の筧駿の魅力をチェックしていきます。

記事にコメントするにはこちら

「アイシールド21」筧駿(かけいしゅん)はどんな選手?

アイシールド21 14 (ジャンプコミックスDIGITAL)

筧駿はアメフトの本場アメリカへの留学経験を持ち、巨深ポセイドンの守備の要となるプレイヤー。普段はクールな筧ですが、正体不明のランナー「アイシールド21」に関しては、熱くなりがちなところがあります。

並み居るライバルたちに比べると、メインでの登場回はそれ程多くありませんが、非常に高い人気を誇るキャラクターです。

筧駿の誕生日や身長体重は?

筧駿は巨深ポセイドンに所属する1年生で背番号は41、ポジションはLB(ラインバッカー)。

6月6日生まれの双子座で、血液型はA。身長は191cm、体重は78kg。40ヤード走は4秒9、ベンチプレスは95kg。長身揃いな巨深ポセイドンの中でも、一際威圧感のある存在です。

筧駿が所属する「巨深ポセイドン」はどんなチーム?

アイシールド21 15 [DVD]

巨深ポセイドンは中堅止まりのチームでしたが、筧駿の入部により格段に戦力アップを遂げます。

持ち味はなんと言っても「高さ」。しかし、高身長の選手は「秘密兵器」としてベンチに控えており、アメフト誌の記事でも「高身長のラインマンがなぜか全員ベンチの小柄なチーム」と評されていました。

ちなみに、「アイシールド21 」公式データブック掲載のアンケート企画において、ベストチームとして巨深ポセイドンが第2位にランクイン。さらに、ベストゲームでは泥門デビルバッツVS巨深ポセイドン戦が第1位に輝きました。筧のキャラクター人気だけでなく、チームとしても読者の支持を集めていることが伺えます。

東京秋季大会での成績は?

長身プレイヤーをベンチに控えたまま迎えた1回戦・柱谷ディアーズ戦で、巨深ポセイドンは14-0とリードを許してしまいます。そこで、ついに「秘密兵器」を投入。31-14と見事逆転を果たし、秋季大会のダークホースと目されるようになります。

続く、葉柱ルイ(はばしらるい)率いる賊学カメレオンズ戦では、筧駿たちが開幕からフル出場し、42-0と完封勝利を治めています。

準決勝出場を賭けての泥門デビルバッツ戦では、筧が小早川瀬那(こばやかわせな)のデビルバットゴーストを破り、一時は優勢に立ちますが、17-18と僅差で惜敗する結果となりました。

他のチームメンバーは?

巨深ポセイドンのもうひとりのキーパーソンが、長身ラインマンの水町健悟(みずまちけんご)。努力家で天性の運動神経を持ち、アメフト経験は浅いもののチームの主力メンバーに成長しました。

QB(クォーターバック)の小判鮫オサムは脅威の早逃げで、一度もパスカットをされたことがないという地味ながら堅実な選手。さらに、筧駿を「先生」と慕う、高校最高身長コンビのLB・太平洋(おおひらひろし)と大西洋(おおにしひろし)も要チェックです。

筧駿の必殺技はアメリカ仕込みのハンドテクニック

筧駿の持ち味は、アメリカで培われたハンドテクニック。長身から繰り出す長い腕で体の中心を捕らえ、相手の動きを完全に封じ込める技です。アニメ版では両腕を錨アンカー(錨)のように伸ばし、左右同時に敵を阻止することから、「モビディック・アンカー」と名付けられました。

また、太平&大西コンビも筧のハンドテクニックを伝授されており、3人のコンビネーションは、全ての敵の攻撃を食い止める「高波(ハイウェーブ)」と恐れられています。

試合終盤では、高波をさらに進化させたフォーメーション「ポセイドン」が登場します。筧と太平&大西に、水町も加えた4人をLBに配置。パスもランも徹底的に潰す巨深の最終兵器で、最後まで泥門デビルバッツを苦しめました。

筧駿と謎の人物・アイシールド21 を巡るミステリー

アイシールド21 34 (ジャンプコミックスDIGITAL)

素顔を隠した最強ランナー・小早川瀬那(こばやかわせな)のコードネーム、「ノートルダム大のヒーロー・アイシールド21」。蛭魔妖一(ひるまよういち)による適当なハッタリと思いきや、アイシールド21は実在する人物だということが判明します。

そして、謎多きランナー・アイシールド21の正体の鍵を握るのが、筧駿なのです。

筧駿は本物のアイシールド21を知る人物

柱谷ディアーズ戦後、アイシールド21のユニフォームを身に付けた小早川瀬那と遭遇した筧駿は、「お前はアイシールド21じゃない」と怒りを露わにします。

じつは、筧は留学中に本物のアイシールド21と会ったことがあり、そこで見たアイシールド21は瀬那のような小柄な選手ではなく、もっと長身でパワフルな走りをしていたとのこと。

また瀬那自身も、そこで初めてアイシールド21が実在の選手だという事実を知ることになります。

筧駿は留学先のアメリカで挫折

小学生にして170cmという長身を持ち、無敵の強さを誇っていた筧駿。力任せのプレイをしてはコーチから「長身を活かしきれていない」と指導されても、聞く耳を持たずにいました。

そんな筧は中学でアメリカにアメフト留学へ。しかし、人種の差という壁もあり周囲の選手に歯が立たず、自分が井の中の蛙だったと思い知ることに。心が折れた筧はアメフトから遠ざかり、不良たちとつるむようになります。

ちなみに、イケメン東洋人として、現地のヤンキーガールにも人気があったのでしょう。このとき筧に金髪の彼女ができたようです。

アイシールド21との出会いが筧駿を目覚めさせる

一度はアメフトを辞めた筧でしたが、ノートルダム付属中の日本人選手・アイシールド21が活躍しているという噂を聞き、試合観戦へ。人種の壁などもろともしない、アイシールド21のパワフルな走りを目の当たりにして衝撃を受けます。

筧はプレイが通用しないことを人種のせいにしていた自分を省み、再びアメフトに打ち込もうと決意。猛トレーニングを重ね、長身を活かした超高校級のハンドテクニックを習得するのでした。

偽物のアイシールド21は絶対に許さない

アイシールド21と会っていなければ、アメフトを続けていなかったと言う筧駿。アイシールド21は憧れでもあり、目標でもある大きな存在なのです。

だからこそアイシールド21の名を騙ることが許せず、小早川瀬那に対して「本物のアイシールド21なら俺を抜いてみろ」と宣戦布告します。

余談ですが、後にアイシールド21の正体が帝黒アレキサンダーズの大和猛(やまとたける)だということが判明。ユースワールドカップ編では、大和と筧は同じチームで共闘することになりますが、とくにふたりの掛け合いなどは描かれず、ファンの間に大きな落胆を呼びました。

筧駿のかっこいい名言

「俺 用具汚すとかそういうの好きじゃねぇよ」

秋季大会の1回戦、柱谷ディアーズ戦での初登場シーンから。ベンチに控えていた水町健悟がガムを吐き捨て、ヤードマーカーに命中させはしゃいでいたところを筧駿が窘めます。

初登場時のセリフが用具を汚すチームメイトへのお説教という、筧のアメフトに対する真摯な姿勢を表すひと言です。

「日本人だとか関係ねぇじゃねえか 全部自分のせいじゃねえか…!」

留学中に挫折を味わった筧駿。日本人であるにも関わらず他を圧倒する、アイシールド21の完璧な走りを見て我に返ります。

思うようなプレイができないのは人種のせいではなく、努力不足で視野の狭かった自分のせい。アイシールド21のプレイが、筧にそれを気付かせてくれたのです。

「勝つためなら 恥くらいいくらでもかいてやるよ」

筧駿は日本へ帰国すると、巨深ポセイドンに入部。チームを強化するべく大型選手のスカウトを試みますが、入部希望者は増えず、6月になっても勧誘を続けていました。

偶然通りがかった水町健悟に「6月なのに勧誘?」と茶化され、キャプテンの小判鮫は「恥だよね」とバツが悪そうに笑います。しかし筧は、全国制覇のためなら恥くらいいくらでもかくとキッパリ。

その心意気に感銘を受けた水町は、アメフト部に入部。後にエースとして、チームの柱へと成長することになります。

「アイシールド21」人気投票で筧駿のランキング

アイシールド21 (26) [DVD]

筧駿がキャラクター人気投票に登場するのは第2回から。初登場でいきなり蛭魔妖一、小早川瀬那に続く第3位にランクインする人気ぶりを見せつけました。

第3回では第5位という結果に。読者がベストイレブンを選ぶオールスターファン投票では、ディフェンス部門で進に続き第2位にランクインしています。

筧駿役の声優は竹内幸輔さん

アニメ版「アイシールド21」で筧駿のCVを担当したのは、声優、ナレーターとして活躍されている竹内幸輔(たけうちこうすけ)さんです。

おもな出演作品は「テニスの王子様」の天根ヒカル役、「デュエルマスターズV」のドラゴン龍役など。「アイシールド21」では太陽スフィンクスの原尾王成も兼役。

ちなみに竹内さんは、スケ番姿でお馴染みの桜塚やっくんと、お笑いコンビ「あばれヌンチャク」を結成していたことでも知られています。

筧駿はいつもマジ! ユース戦のその後は?

アイシールド21 13 (ジャンプコミックスDIGITAL)

「アイシールド21」の完璧なプレイをきっかけに、挫折からの復活を遂げた筧駿。卒業後は、自分の性根を叩き直してくれた地でイチからやり直すため、アメリカの大学へと入学。水町健悟には「筧は根がマジすぎ」笑われたようです。

ちなみに、巨深ポセイドンには経験の浅い選手が多いものの、まともな指導者がおらず、筧がプレイングコーチのような役割をも果たしていました。いくらアメリカ帰りとはいえ、高校1年生の筧に戦術面や精神的支柱を強いるのは若干酷というもの。

もし、チームメイトに泥門デビルバッツの蛭魔妖一のような頭のキレる戦略家や、優秀な監督がいれば、また違った結果になったのではないでしょうか。

大学では自分自身の成長に全力投球できるため、ハンドテクニックにも磨きがかかることは間違いなし。いつの日か、小早川瀬那や大和猛たちとフィールドで相対する時が来ることを想像するとワクワクしますね。

 

記事にコメントするにはこちら