【東京ミュウミュウ】桃宮いちご(ミュウイチゴ)のプロフィール【2020アニメ化】

カテゴリーまとめはこちら:東京ミュウミュウ

『なかよし』創刊65周年に伴い、2020年にアニメ化が発表された『東京ミュウミュウ』が、今話題を呼んでいます。今回は主人公である桃宮いちごの詳しいプロフィールや名セリフなどを詳しくご紹介していきましょう!

記事にコメントするにはこちら

東京ミュウミュウとは

東京ミュウミュウ なかよし60周年記念版(1) (なかよしコミックス)

月刊少女漫画雑誌『なかよし』で2000年9月号から2003年2月号まで連載された5人の少女が活躍する”戦隊もの”の物語です。

原作はシナリオを吉田玲子(よしだ れいこ)さん、作画を征海 美亜(いくみ みあ)さんが担当されており、続編やスピンオフなども連載されています。

2018年や2019年には新たなグッズが制作されていて、その人気は今なお衰えることを知りません。

東京ミュウミュウのあらすじをご紹介!

ごく普通の女の子・桃宮いちご(ももみや いちご)は、片想い相手の同級生・青山雅也(あおやま まさや)とのデート中、地震に遭遇してしまいます。

その際全身を謎の光に包まれ、まるで猫が自分の体に入るかのような不思議な感覚に襲われました。それ以来体が異様に身軽になったり、魚を見ると思わずくわえてしまう体質になってしまったのです。

自分の体の変化に戸惑い悩んでいるところに地球征服を目論む「エイリアン」が寄生した生物「キメラアニマ」と、謎の青年・白金 稜(しろがね りょう)が現れ、桃宮 いちごに彼らと戦うことを命じます。

白金 稜は「エイリアン」に対抗するため絶滅危惧種の遺伝子を打ち込んで死滅させる「μプロジェクト」を進めていた人物でした。

しかしその遺伝子が地震の際に誤って桃宮 いちごに打ち込まれてしまったことで、桃宮 いちごの遺伝子がイリオモテヤマネコの遺伝子と合体し、生物兵器『ミュウミュウ』という正義の味方になってしまったのです。

その事実を聞かされた桃宮 いちごは、同じ力を手にした4人の仲間である藍沢 みんと(あいざわ みんと)、碧川 れたす(みどりかわ れたす)、黄 歩鈴(ふぉん ぷりん)、藤原ざくろ(ふじわら ざくろ)と共に、地球の未来を守るために『東京ミュウミュウ』としてエイリアンやキメラアニマと戦うことを決意したのでした。

【東京ミュウミュウ】桃宮いちごとは

東京ミュウミュウ 第6巻 [DVD]

『東京ミュウミュウ』の原作第1部およびアニメの主人公です。

ここからは桃宮いちごの詳しいプロフィールを紹介していきます!

桃宮いちごのプロフィール

・名前:桃宮いちご(ももみや いちご)
・年齢: 13歳
・誕生日:3月15日
・星座:うお座
・血液型:O型
・身長:152cm
・体重:42kg
・所属:第三中学校1年生
・家族構成:両親のみの一人っ子

桃宮いちごの性格

恋に戦いに奔走する天真爛漫な女の子。

少々ドジっ子で天然ボケの慌てん坊で、興奮すると早口になってしまったり機嫌がいいと鼻歌を歌う癖があります。

唆され易い性格のため仲間や敵から頻繁にからかわれその度に怒っていますが、人一倍仲間想いで戦いとなると優れたリーダーシップを発揮します。

同級生の青山 雅也に憧れており、告白する機会を伺っていましたが、ミュウミュウになってからは正体を隠さなければならなくなったため、想いを告げる事ができなくなってしまいます。

さらにミュウミュウの力の影響によりドキドキしたり、びっくりすると猫耳と尻尾がでてしまう体質になってしまったため、青山 雅也とは距離をとることもありました。

桃宮いちごの見た目

髪は短めのボブヘアをストレートのままおろしているか、ツインテールにしていることが多いです。

また青山 雅也とのデート中に遭遇した猫をキメラアニマから助けた際に、手の中に残した鈴付きのリボンをその事件以降首に巻いています。

子猫を思わせる可愛らしいルックスをしていますが、仲間内では中の中扱い。

背は決して高くはないですが、ミュウミュウの中では碧川れたす(みどりかわ れたす)の次にスタイルが良いと言われています。

しかしアニメでは仲間や子供達からは「寸胴体型」や「おばさん」と呼ばれていたこともあります。

【ミュウイチゴ】桃宮いちごの変身

東京ミュウミュウ パーフェクトフィギュア ミュウイチゴ

「ミュウミュウイチゴ、メタモルフォーゼ!」

不慮の事故によりイリオモテヤマネコの遺伝子と合体してしまった桃宮 いちごは「ミュウミュウイチゴ、メタルフォーゼ」の掛け声で『ミュウイチゴ』に変身します。

変身後は黒い猫耳と猫の尻尾が生えた姿になり、語尾に「〜にゃん」とつく事が多くなります。

遺伝子によって得た超パワーにより平常時でも高い所から落ちても無傷で済んだり、車に走って追いつけるなど人間離れした身体能力を発揮できるようになりました。

しかし、猫の超能力なのでさすがにライオンには勝てない様子。

原作では変身前と変わらずツインテールのままの時もありましたが、アニメではウェーブのかかったセミロングヘアで統一されています。
髪の色も原作では変身前後ともにピンクでしたが、アニメでは変身前が赤茶色で変身後がピンクに変わっていました。

イメージカラーがピンクなので変身後の衣装もピンクで統一されています。

ミュウイチゴの名セリフ

「地球の未来に、ご奉仕するにゃん!」

この言葉はミュウイチゴに変身した桃宮 いちごが敵に向かって言う決めセリフです。

「地球の為に敵を倒す」という言葉を可愛らしく言い換えており、『東京ミュウミュウ』のファンなら誰もが真似した経験があるでしょう。

アニメで使用されている楽曲が収録されたオリジナルトラックCDのタイトルにも使用されています。

ミュウイチゴの武器

桃宮 いちごことミュウイチゴの主な武器は「ストロベルベル」と呼ばれる鈴のついたハートの形をしたリングです。

基本的にはこのリングから虹色のエネルギー光線や光弾を放って相手を浄化したり、仲間からのエネルギーを使って合体技で攻撃します。

またブーメランのように投げて物理攻撃に使用したり、体の前にかざしてバリアを作ることも可能です。

戦隊ものですが主人公の武器が剣や銃ではなく、可愛らしい見た目をしているところも女性人気が高い理由のひとつかもしれませんね。

東京ミュウミュウのアジトはカフェ?

東京ミュウミュウ 01 桃宮いちご カフェver. キャラアクリルフィギュア

桃宮 いちごたちのサポート役である白金 稜とその仲間である赤坂 圭一郎(あかさか けいいちろう)は、エイリアンに関する情報を集めるためのアジトとして「カフェ ミュウミュウ」を経営しています。

桃宮いちごは表向きはカフェのウェイターとして出入りしており、働きながらエイリアンの情報を探っています。

ウェイターの衣装はイメージカラーに合わせたフリルのついたメイド服となっていて、とても可愛らしいですね。

1人の女の子として、カフェで働くウェイターとして正義の味方『東京ミュウミュウ』として、彼女たちの様々な面を見る事ができるのもこの作品の魅力のひとつと言えるでしょう。

桃宮いちごのその後

桃宮 いちごは原作第1部で波乱の恋模様を展開した末に、意中の青山 雅也とめでたく結ばれます。

第2部では冒頭から青山 雅也と共にイギリスに留学しており、4ヶ月ほどミュウミュウとしての活動を休止することに。

その間にミュウミュウの力が弱まり、ミュウイチゴでいられる時間が短くなったため、リーダーを新たなミュウミュウであるミュウベリー・白雪 ベリー(しらゆき べりー)に譲ります。

ですが聖薔薇騎士団(セントローズクルセイダーズ)と呼ばれる新たな敵の登場により日本に戻り、白雪 ベリーに戦い方や恋のアドバイスをしてあげるなど先輩ぶりを発揮します。

完全新作アニメ化決定!

「東京ミュウミュウ にゅ〜♡」とは

『なかよし』創刊65周年を記念して「東京ミュウミュウ」を原作とした完全新作アニメ化が決定しました!

それが『東京ミュウミュウ にゅ〜♡』です。

公式が記載しているあらすじが原作第1部と同じ内容なので、ストーリー展開は過去の『東京ミュウミュウ』と同じなのではないかと言われています。

公式HPには原作漫画の作画を担当された征海 美亜さんからのイラストコメントも掲載されています。

これには連載当時からのファンも大喜び間違いなしでしょう!

桃宮いちごの声優オーディション

完全新作アニメ化に伴い、主人公である桃宮いちごの声優オーディションが開催されることが明らかになりました。

募集は一般公募から行われ、合格者はポニーキャニオンの声優事務所・スワロウと専属契約し、声優アイドルグループのセンターとしてメジャーデビューすることも決定しています。

ちなみにテレビアニメ第1作の桃宮 いちごの声を担当していたのは、中島 沙樹(なかじま さき)さんです。

中島 沙樹さんは新アニメ化に伴う桃宮 いちご役の声優オーディションに関してのコメントをツイッターで投稿されています。

公式ツイッターも開設されており、オーディションの詳細や最新情報が更新されているので要チェックです!

最後に

年齢問わず愛される『東京ミュウミュウ』。

その主人公である桃宮いちごはおてんばで少しドジなところもありますが、ピンチの時には誰よりも頼りになる正義の味方に変身します。

可愛くて強くて、恋にも戦いにも奮闘する桃宮いちごは女の子の憧れですよね!

声も映像も新しくなって帰ってくる『東京ミュウミュウ にゅ〜♡』での桃宮いちごの活躍が楽しみです!

 

記事にコメントするにはこちら