【名探偵コナン】羽田秀吉が養子になった理由は?正体を考察

カテゴリーまとめはこちら:名探偵コナン

謎に包まれた赤井一家の次男である羽田秀吉。プロの将棋棋士である彼はなぜ、羽田家の養子になったのでしょうか?こちらでは、その理由はもちろん、彼の家族や恋人に至るまで徹底的に解説しちゃいますよ。

記事にコメントするにはこちら

羽田秀吉(はねだしゅうきち)とは一体何者?

名探偵コナン 巾着 アールヌーボー 羽田秀吉柄

職業はプロ棋士

「そーいうの覚えるの日本一得意だから。いや世界一かも。」

このセリフでお馴染みの羽田秀吉(はねだしゅうきち)。彼の正体は太閤名人の愛称で親しまれるプロ将棋棋士です。太閤名人とは、豊臣秀吉の改名前の名である羽芝秀吉(はしばひでよし)と関係しています。“太閤”と呼ばれていた羽芝秀吉と名前が似ていることから、太閤名人として知られているのです。

中学時代からプロ棋士だった彼の強さは人並み外れています。当時、自称プロ級を名乗るマンションの管理人と対決したことがありました。その際秀吉は、中学生にも関わらず、完膚無きまでに彼を叩きのめしたのです。敗北した管理人はその腕に惚れ込み、以降ファンを名乗っています。

名人だけで留まらず7冠王を目指しているのは、恋人のある一言が関係しています。3年前、名人位を取ったことで恋人である宮本由美(みやもとゆみ)に、初めて棋士であることを明かそうとした秀吉。しかし、待ち合わせ場所で彼女はあるニュースに注目していました。そのニュースとは、1人の横綱が全6場所連続制覇達成を報じるものだったのです。

「すごいよね、1年間勝ち続けるなんて。こんな王様みたいな人がだんな様だったらお嫁さんは女王様気分ね。」

由美の言葉に火がついた秀吉は、7冠王になるまで彼女に棋士であることを伝えないと誓います。一時は史上2人目の7冠王に輝いた彼ですが、由美から連絡がないことが原因で余裕がなくなり、再び6冠となってしまいました。

名前の由来はガンダム?

GGG 機動戦士Zガンダム クワトロ・バジーナ 約22cm PVC製 塗装済み完成品フィギュア

秀吉の名前の由来はいくつか説があります。

まず、ガンダム説。ガンダムのキャラクターである“クワトロ・バジーナ”を変換していき、太閤名人の由来となった“ハシバ(羽柴)”になったのではないかと考えられています。こちらは、彼の兄と妹である赤井秀一(あかいしゅういち)、そして世良真純(せらますみ)の名前がガンダムに関係していることから語られているようです。

また、名探偵コナンの作者が大のガンダム好きということからも、このように噂されています。ちなみに旧姓の“赤井”はガンダムの“赤い惑星”から取られている説が有効です。

そのほかに、羽田秀吉のモデルとされている羽生善治(はぶよしはる)さんから取ったという説もあります。

初登場時の事件が飛行機事故に関するものだったので、“羽田空港”から取ったのではないかとも言われているようです。

声優は森川智之(もりかわとしゆき)さん

森川智之30周年記念ディナーショー 冬の陽の暖かさに包まれて 2017 ─ in 飛天 グランドプリンスホテル新高輪 ─ [DVD]

・誕生日:1967年1月26日
・出身地:神奈川県
・血液型:O型
・身長:172cm
・所属事務所:アクセルワン (代表取締役社長)
・出演作品:
『ミッション:インポッシブル1・2・3・4』イーサン・ハント役 吹き替え
『NARUTO-ナルト-疾風伝』波風ミナト(なみかぜみなと)、君麻呂(きみまろ)役
『BLEACH』黒崎一心(くろさきいっしん)、東仙要(とうせんかなめ)役
他多数

声優界で知らない人はいない大御所声優です。腹筋と声帯が非常に強いことは、必殺技の叫び声が強烈過ぎてマイクを壊したというエピソードからも分かりますね

アニメ、ゲーム、映画だけではなく、CMやナレーション、ラジオなど多岐にわたって活躍しています。音楽CDも出しているので、ぜひチェックしてみて下さい。

羽田秀吉の家族構成をチェック

色紙 名探偵コナン トレーディングミニ色紙 色紙ART4 赤井一家

・父:赤井務武(あかいつとむ)
・母:メアリー世良(めありーせら)
・長男:赤井秀一(あかいしゅういち)
・次男:羽田秀吉
・長女:世良真純(せらますみ)

赤井一家の家族構成はこのようになっています。

世良真純(せらますみ)の兄であり、赤井秀一(あかいしゅういち)の弟

KADOKAWA 名探偵コナン アクリルスタンドフィギュア デイリースタイルver. 世良真純

世良真純と羽田秀吉は昔から仲の良い兄弟です。アニメ「さざ波の記憶」では、秀吉が年の離れた真純と一緒に遊んであげているシーンもありました。しかし、秀吉は彼女にプロ棋士であることを伝えていないようですね。

真純と離れて暮らしている秀吉ですが、彼女とは今でも連絡を取り合っています。女子高生探偵でもある彼女は、事件に悩んだとき、秀吉にメールや電話をすることも。現場を見ていないのに解決してしまう秀吉は、相当頭のキレる人物だと分かりますね。作中で彼女は、秀吉が兄弟の中で最も頭がキレると話していました

名探偵コナン Chase! (追跡) シリーズ マイクロファイバータオル 赤井秀一

赤井秀一は、父である赤井務武の消息を調べるためにFBIに加入した人物です。過去には、ライというコードネームで、黒の組織に潜入したこともありました。公では死亡したことになっているので、沖矢昴(おきやすばる)として変装をしながら生活しています

何かと秘密を抱えている彼もまた、秀吉と連絡を取り合っています。最近発売された98巻で、秀一は秀吉と連絡を取るためだけの携帯を持っていることが分かりました

秀吉は秀一のことを頼りになる兄だと思っているようです。作中では、由美がピンチの際に

「兄さん、由美タンを守ってくれ!!絶対だよ!!」

というメールを彼が秀一に送っていたシーンもあります。お互い信頼を置いている関係だからこそ、秀一も真純やメアリーには話さなかった「赤井秀一が生きている事実」を彼に打ち明けたのでしょう。

母親と父親は?

名探偵コナン ポストカード(2020メアリー世良)

母親は自らを「領域外の妹」と名乗るメアリー世良です。彼女も工藤新一(くどうしんいち)と同じような薬を飲まされ、幼児化してしまいました

「領域外の妹」とは、新一が幼児化した姿である江戸川コナン(えどがわこなん)に自身の存在を知らせるため、伝えた暗号でした。妹は英訳するとsister、領域の英訳であるterritoryの略称はter。妹から領域を取る、つまりsisterからterを消すとsisという言葉が浮かび上がってきます。sisとはイギリス情報局秘密情報部、通称MI6のことです。自らその名を名乗ったことから、彼女はMI6の諜報員であると推測できます

消息不明の父親代わりにと普段はサバサバした性格をしていますが、秀吉が7冠王になった際には頬を緩めて喜ぶ姿が描かれていました。

父親の赤井務武もメアリーと同じくMI6の諜報員ですが、羽田浩司(はねだこうじ)殺害事件の調査中に消息が途絶えています。メアリーは彼が亡くなったと考えているようですが、遺体が出てきていないことから確定することはまだできないでしょう。

兄弟の名字がそれぞれ違うのも、父親を追っている人達から狙われないようにするためだそうです。あまり本編に出てこない人物ですが、重要なキーパーソンである務武。ちなみに、真澄は秀吉を父親似だと言っていました

羽田秀吉が養子になった理由

将棋の名人である羽田浩司(はねだこうじ)と関係があった

17年前には父方の姓である“赤井”、高校卒業までは母方の姓である“世良”を名乗っていた秀吉。名字を途中で変えたのは、父親を追っている人から身の安全を確保するために行なっていたことだと推測できます。しかし、現在はどちらとも違う“羽田”という名字を名乗っていますね。これは資産家の羽田家に養子として入ったことからでした

将棋の天才だった羽田浩司。彼は黒の組織によって殺害されてしまいました。そこで、当時から将棋の腕をメキメキとあげていた秀吉は、

「羽田家へ養子に入って息子の夢を叶えてくれないか。」

と頼まれたそうです。これについて由美は次のように語っています。

「まあ、養子になった1番の理由は…秀吉が将棋にドハマリしちゃったかららしいけど…。」

中学生の頃からプロ棋士として名を馳せていたこともあり、本当に将棋が好きだということがよく分かりますね。

羽田浩司の父親と秀吉の父親は友人だった

98巻でメアリーは次のように話しています。

「浩司さんがアメリカで謎の死を遂げて…。お父さん(赤井務武)、羽田さんに頼まれてその真相を探りに渡米したんだけど…とんでもない相手がからんでいる事がわかって危険だから念の為に日本に避難するのよ…。」

謎に包まれた事件の調査を依頼されていることから、羽田浩司の父親と赤井務武は信頼し合う友人であったことが分かります。羽田家もその友人の息子だからこそ、秀吉に浩司の夢を叶えて欲しいと頼んだのではないでしょうか。

また、真純とメアリーは黒の組織に狙われないよう転々とホテル暮らしをしていますが、そのお金も羽田家が工面しているようです。

恋人は宮本 由美(みやもとゆみ)

【宮本由美】名探偵コナン 名探偵コナンスイング2020

馴れ初めをおさらい

10年ほど前、将棋の試合を終えた秀吉は電車に乗っていました。とても後味の悪い試合をしたために精神的にへとへとだった彼は、いつの間にか眠りについてしまいます。由美の声で起こされると、そこはちょうど秀吉が降りる駅でした。

「あなたこの駅で降りるんでしょ?切符持ってるじゃない!じゃあ私、こっちだから…。」

と話してホームに降りる由美。彼女は反対方向のホームに向かいながら電話をかけます。

「あー!美和子(みわこ)?ゴメン、電車の中でウトウトしちゃって駅5、6個すっとばしちゃってさー。今、内回りの電車で戻るとこ…だからカラオケボックスには先に…。」

と話していることから秀吉は、彼女が嫌な顔一つせず目的地に着くまで起こさないでいてくれたことに気付くのです。待っててくれたのか!とつい話しかける秀吉に、

「ええ…あなたの寝顔があんまりかわいかったから♡」

と応える由美。秀吉が由美にぞっこんになる気持ちも分かりますね。

結婚も間近!?2人の関係

お互いを、“チュー吉”、“由美タン”と呼ぶほどラブラブな2人。そんな2人の結婚話に迫るには、ある封筒についてお話ししなければいけません。

3年前のデートでのこと。1人の横綱が全6場所連続制覇達成をしたニュースを見て驚嘆する由美に、秀吉は7冠王になってからプロポーズすることを決意します。そんな覚悟を決めた彼はある日、由美に婚姻届を入れた封筒を渡して次のように話すのです。

「7つ揃うまで開けないで下さい…。揃ったら連絡しますから…。」

それ以降一切連絡のない彼に愛想を尽かした由美は彼を振りますが、彼らはある事件で再会します。それが羽田秀吉登場回である、「現場の隣人は元カレ」です。

その後は無事復縁をし、由美が誘拐された際には、将棋の試合を抜け出してまで助けに行くなどの活躍を見せた秀吉。そんな彼らの関係を語るのに忘れてはいけないのが、「婚姻届のパスワード」回ですね。

この回で初めて由美は、秀吉がプロの将棋棋士だと知るのです。結婚すればお金持ちになれると思い、封筒を探しますが、ひょんなことからマンションの管理人に隠されてしまい、なかなか見つけることができません。やっと見つけた時には、由美からの連絡がないことに悩んでいた秀吉から、敗北したことを告げる電話が鳴ります。

内容は、7冠王にはなれなかったので封筒を捨ててくれとのことでした。羽田浩司の座右の銘である“初志貫徹”。彼と同じようにその言葉を信念にしている秀吉は、決めたことは曲げないと話すのです。そんな話を無言で聞いた由美は、突如封筒をビリビリに破き始めます。

「封筒の中に何入れてたか知らないけど、私に言いたいことがあるなら直接ガチで言えっつーの!あんたがまた、その7つだか8つを揃えて天下獲ったら…その時はしゃーないから、この由美様が話を聞いてやろうじゃないの…だから…。」

「それまで誰にも負けんじゃねぇぞ!!このハゲネズミ!!」

横にいた親友の佐藤美和子(さとうみわこ)も思わず、「かっこいい!」と口に出してしまう男前さですね。98巻では同棲を始めたことも書かれており、交際は順調に進んでいるようです。ただ、王将戦は年に1回なので、結婚はまだ当分先かもしれません。

羽田秀吉の登場回は?

第785話「太閤恋する名人戦(前編)」

731-732話 現場の隣人は元カレ(前編/後編)

漫画では80巻のFILE.8~10に相応します。映えある秀吉の登場回であり、由美との再会を果たす回でもあります。

741話 蘭(らん)も倒れたバスルーム(後編)

漫画では81巻のFILE.6~8に相応します。秀吉は電話での登場です。推理に行き詰まった真純は、相談をするために彼へと電話をかけます。

744-745話 容疑者か京極真(きょうごくまこと)(前編/後編)

漫画では81巻のFILE.9~11に相応します。こちらでも秀吉は直接登場しません。真純が、コナンと同じ推理をできているのか不安になり、秀吉にメールを送るシーンが描かれています。

754-756話 赤い女の惨劇 (前編/後編)

漫画では82巻のFILE.11から83巻のFILE.3に相応します。秀吉本人が登場するわけではありませんが、同級生から彼の高校時代を聞くことができます。

785~786話 太閤恋する名人戦(前編/後編)

漫画では85巻のFILE.6~9に相応します。誘拐された由美を助けるために奮闘する秀吉が見どころの回です。由美との馴れ初めも語られていますよ。

827~828話 死ぬほど美味いラーメン2(前編/後編)

漫画では88巻のFILE.2~4に相応します。強盗犯を追いかける由美に途中で出くわす秀吉。彼は事件解決に繋がる手がかりを話していました。

849~850話 婚姻届のパスワード(前編/後編)

漫画では89巻のFILE.8~10に相応します。個人的に一押しの回です。由美と秀吉の仲がより深くなる、印象に残るストーリーでしょう。

878~879話 試着室の死角(前編/後編)

漫画では91巻のFILE.10から92巻のFILE.1に相応します。秀吉の姿が登場するわけではありませんが、次の「さざ波の魔法使い」回における伏線回なので、ぜひチェックしましょう。

881~882話 さざ波の魔法使い(前編/後編)

漫画では92巻のFILE.2~4に相応します。赤井家の過去が暴かれるとても重要な回です。劇場版『緋色の弾丸』を観る前に確認しておくと、より楽しめますよ。

972~973話 標的は警視庁交通部(2/3)

漫画では95巻のFILE.10から96巻のFILE.3に相応します。1から4までのシリーズですが、秀吉が登場するのは2と3です。この回では秀吉だけではなく秀一も登場します。

鑑定士殺人事件

漫画では97巻のFILE.10から98巻のFILE.2に相応します。まだアニメ化はされていませんが、赤井家に関しての新たな情報を知ることができるので、ぜひ単行本を読んでみて下さい。秀吉は直接登場しませんが、回想シーンで11歳の彼の姿を見ることができます。

将棋棋士連続殺人事件

漫画では98巻のFILE.7~10に相応します。由美との同棲が判明するこちらの回も、まだアニメ化はされていません。秀吉が大活躍するのでファンにとって見逃せない回でしょう。

赤井家総出動!劇場版『緋色の弾丸』の見どころ

【発売日未定】劇場版 『名探偵コナン 緋色の弾丸』オリジナル・サウンドトラック

赤井家が一挙に集まる『緋色の弾丸』。舞台は、世界最大と言われるスポーツの祭典です。名だたるスポンサーが集まるパーティー会場にはなぜかFBIの姿が。そこで突如起きた事件は、15年前に起きたWSG連続拉致事件と繋がりがあるのではないかとコナンは推理します。しかし、実はその事件もFBIの管轄だったのです。

キーパーソンが羽田秀吉を筆頭にした赤井ファミリーということで、楽しみにしているファンも多いですが、コロナウィルスの影響で公開は延期されています。公開日が決定次第、公式HPに情報が載せられるとのことなので見逃さないようにしましょう。

まだまだ謎が多い羽田秀吉から目が離せない

名探偵コナン 羽田秀吉 アクリルスタンド Vol.13

時にはコナンさえも凌ぐほどの頭脳を持つプロの将棋棋士であり、宮本由美とラブラブな羽田秀吉。しかし、彼の養子先である羽田家のことや、実家である赤井家のことなど、まだまだ謎に包まれていることばかりです。

もうすぐ100巻の大台に乗る名探偵コナン。本編で語られる羽田秀吉から目が離せませんね。

 

 

 

 

記事にコメントするにはこちら