【マッシュル-MASHLE-】のあらすじを紹介!感想や評判は?

カテゴリーまとめはこちら:MASHLE(マッシュル)

ジャンプ新連載にしてアンケートでも高評価なマジカルマッスルファンタジー『マッシュル-MASHLE-』。緩いギャグと熱いバトルのギャップが魅力の作品をまとめました。

記事にコメントするにはこちら

ジャンプ期待の新連載!マッシュル-MASHLE-

週刊少年ジャンプ(9) 2020年 2/10 号 [雑誌]

週刊少年ジャンプ2020年9号から連載されている『マッシュル-MASHLE-』がジャンプファンの間で熱くなっています。魔法の世界が舞台なのに魔法が使えない主人公、マッシュ・バーンデッドが筋肉で、さまざまな問題や敵に立ち向かっていく姿を描いたマッスルマジカルファンタジー。

コミカルなギャグと迫力あるバトルシーンがギャップが話題を呼び、主人公の読めない行動が他の登場人物やファンを振りまわしていきます。ジャンプのアンケートでも高評価を出しているようで、連載してすぐにセンターカラーを飾りました。

作者は赤塚賞受賞経験を持つ甲本一

『マッシュル-MASHLE-』の作者は甲本一(こうもとはじめ)先生になります。甲本一先生は初連載ですが、柏崎康一と名乗って描いた「爆裂面接試験」第89回赤塚賞佳作を取った実績のある漫画家です。他にも「リベラル風紀委員 山田太郎」などの読み切りも書かれています。

読み切りで出ていたキャラクターが『マッシュル-MASHLE-』でも出てくると、ファンの間では話題になっていたのでチェックしてみるのも面白いでしょう。

マッシュル-MASHLE-のみどころまとめ

多くの名作を見てきて、目が肥えているはずのジャンプ読者の心をわしづかみにしたマッスルマジカルファンタジー作品とはどのような話なのか気になりませんか。

新連載でありながら、多くのファンを獲得している『マッシュル-MASHLE-』の見どころについてここからご説明します。

テンポがいい面白いギャグ

『マッシュル-MASHLE-』の魅力は何といっても、コミカルなギャグの連続です。

主人公であるマッシュは、おじいさんと森の奥で筋トレばかりして暮らしており、人里にはめったに下りてない生活をしていました。そんな生活を送っていたため、マッシュは世間知らずで、この世界の常識もまったく知りません。彼は独特な考え方をしていて、この世のすべては拳で解決できると思っています。

そんなマッシュと他の登場人物の掛け合いが面白くて、つい笑ってしまうような言動や行動が続くのが『マッシュル-MASHLE-』の魅力の1つでしょう。

魔法の世界で魔法が使えない設定の主人公

『マッシュル-MASHLE-』の世界は、魔法が使える人たちの世界で、魔法が使えない人は国によって処分されてしまいます。そんな世界でマッシュは魔法使いの象徴ともいえるアザを持たず、全く魔法が使えない存在だったのです。

しかしマッシュには魔法が使えなくても、自衛用におじいさんに鍛えるように言われた立派すぎるほど強い筋肉があります。その鍛えられた筋肉は、まるで魔法のような現象も起こし、彼の前に立ちふさがる魔法使いたちを倒していくのでした。魔法を理不尽なほど鍛えられた筋肉でねじ伏せていくシーンはスカッとします。

熱く迫力満載のバトルシーン

「ライバルたちが使う強力な魔法」対「マッシュが鍛え上げた理不尽な筋肉」のバトルシーンは『マッシュル-MASHLE-』を語るうえでは避けられないものの1つです。緩くて面白いギャグシーンと熱いバトルシーンのギャップには驚かされます。

基本的に無表情で、感情を顔に出さないマッシュですが、戦闘のシーンでは心が高ぶっているのか、彼の口角が若干上がっていました。すべてを拳で解決しようとするマッシュは脳筋なので、戦いでは生き生きしています。そんな彼の拳は熱く、読者の心も熱狂させるのでした。

マッシュル-MASHLE-あらすじネタバレ1:魔力なしのマッシュ・バーンデッド

『マッシュル-MASHLE-』は魔法使いだけの世界で、みんな顔に魔力を示す線のようなアザを持っています。魔法は神様からもらった神聖なもので、魔法がうまく使えるかどうかで今後の人生が決まると言っても過言ではないのです。しかしマッシュはそんな世界で生まれつきアザがなく、魔法を使うことはできません。

しかしマッシュ本人は魔法が使えないことを特に気にしていないようで、毎日筋トレをし、大好きなシュークリームを食べていました。

大好きなじいちゃんと2人暮らし

マッシュは森の奥で、おじいさんであるレグロ・バーンデットと一緒に暮らしていました。実はおじいさんとマッシュは血はつながっておらず、アザがない捨て子だったマッシュをおじいさんが拾って育ててくれています。

マッシュが魔法が使えないとばれたら大変なことになると知っているおじいさんは、彼に1人で町に行かないようによく言い聞かせていました。しかし彼は限定シュークリームの魅力に勝てず、1人で町に降りてしまいます。そして魔法警察にマッシュにあざがないことを見られてしまうのでした。

魔法が使えないなら物理で殴ればいい

マッシュたちの家を特定した魔法警察は、魔法が使えない人間を国に引き渡せとおじいさんにマッシュの場所を吐くように詰め寄ります。それでも家族を守りたいと思ったおじいさんはマッシュを逃がそうと叫ぶのでした。しかしおじいさんと同じ想いだったマッシュは、魔法警察の1人を殴りながら登場します。

魔法警察は魔法を使ってマッシュを捕まえようとしますが、彼は自前の筋肉で魔法を弾き飛ばしたのです。マッシュの実力に驚いた魔法警察のブラッド・コールマンはマッシュに見逃してやるから、魔法学校で一番優秀な生徒である「神覚者」になれと提案します。その提案にのったマッシュは魔法学校へと向かうのでした。

マッシュル-MASHLE-あらすじネタバレ2:魔法学校編入試験

マッシュが向かったのは由緒ある名門であるイーストン魔法学校で、その編入試験は超難関で、突破率はたったの3%。周りの受験者たちもエリートばかりで、魔法書を読んだり杖の手入れをしたりと、試験に備えていました。そんな中で彼はいつものように筋トレに一生懸命になっていたのです。

そんなマッシュの奇行ともいえるような行動は、試験管であるクロード・ルッチに目をつけられてしまいます。由緒正しいイーストン魔法学校には、由緒正しいやつしかいらないと思っている彼は、へんてこな行動ばかりするマッシュのことは絶対に落としてやると思っていたのです。

魔法が使えなくても筋力で解決

 

魔法が使えないマッシュですが、数々の試験を自分の筋肉で解決していきます。動く問題用紙は握力で脅して動きを止め、水面は沈む前に足を出して走り抜け、大きな岩は親指を1本だけ差し込んで浮かせているように見せるなど、魔法としか思えないようなことを筋肉で起こしていったのです。

このままではマッシュが受かってしまうと思ったルッチは、貧乏で困っていた受験生レモン・アーヴィンにマッシュの邪魔をしたら受からせてやると持ち掛けます。しかしそのたくらみも彼の筋肉によって、試験の迷路の壁と一緒に砕かれてしまうのでした。

校長との最終面接

ルッチの強権によって落とされてしまいそうだったマッシュとレモンですが、ウォールバーグ校長の登場によって助けられます。そしてルッチから校長に試験官が変わり、最終試験は校長との面接になることが決まったのです。

最初の面接になったマッシュに校長は様々な質問をしていき、そして最後に「君より圧倒的に強い人間が立ちはだかった時にどのような行動がとれるか」を問うために、彼の一番大切なおじいさんの魂を古代魔法で人質に取ってしまいました。しかし彼は1歩も引かず、その魔法に立ち向かいます。その姿を見た校長は、マッシュには強きものとしての資質があると判断し、合格を告げるのでした。

マッシュル-MASHLE-あらすじネタバレ3:魔法学校でコイン集め

神覚者になるためには学校の授業や試験などでもらうことができる級硬貨というコインを集めて、最も優秀だということを証明しなくてはいけません。特に3学期が終わるまでに金のコインを5枚以上集めないと神覚者候補にすらなることができないのです。しかも学期ごとにある程度の成績が取れていないと退学にされてしまうという厳しいシステムになっています。

全く魔法が使えず、脳筋で勉強もそんなに得意ではないマッシュにとっては、そんな魔法学校のシステムは大変なものでした。おかしいな行動ばかりしてるマッシュは神覚者になるどころか、すぐに退学になってしまうのではと周りから思われています。

魔法の授業も筋力で解決

魔法を使うことが前提で行われる学校の授業は、マッシュにとっては普通にできるものではありませんでした。鍵を開ける呪文の授業では南京錠を引きちぎり、飛行術の授業では箒を投げてその箒に飛び乗るなど、常人ではない筋肉で解決していきます。

そんな変なことばかりしているマッシュは、魔法局高官の息子であるロイド・キャンベルに目をつけられてしまいます。彼は自分の家の権力を使って、気に入らないやつを退学にしたり、家に嫌がらせをしたり好き放題やっている要注意人物だったのです。

いじめも権力もこぶしでぶち抜く

ロイドはマッシュが神覚者を狙っていることを知り、推薦してやるからパシリになれと持ち掛けるのでした。マッシュはその提案を受け入れ、彼の言うことは何でも聞いて行動します。しかしそれ同時期に、マッシュの教科書が何者かにボロボロにされてしまう事件が何度も発生するのです。

実は教科書を破ったのはマッシュの同室であるフィン・エイムズでした。彼はロイドに脅されて嫌がらせをしていましたが、マッシュに友達と言われて、もういじめはしないとロイドに言います。それに怒ったロイドは魔法で彼を痛めつけますが、それを見たマッシュに殴られて気絶してしまうのでした。

マッシュル-MASHLE-あらすじネタバレ4:コインを狙うライバルたち

箒に飛び乗った飛行術の授業で、すごいタイムを出してしまったマッシュは、ドゥエロという箒に乗って行われるスポーツに参加することになってしまいます。箒に乗れないと断ろうとしても、人の話を聞かないドゥエロの選手であるトム・ノエルズによって無理やり出場させられたのです。

全くやる気のなかったマッシュですが、トムが相手の汚いプレイによって怪我をしてしまってから覚醒します。彼は箒を空に投げ飛び乗り、足をばたつかせて空中でとどまるという離れ業で、チームを勝利に導くのでした。その試合の成果としてマッシュは初めて銀のコインを手に入れます。

編入試験1位ランス・クラウン

 

コインを得ることができたマッシュですが、そのコインをめぐってのバトルが始まってしまいます。編入生試験1位成績だったランス・クラウンもその1人で、フィンたちを人質にとってマッシュに決闘を挑んできました。彼も神覚者を目指しており、マッシュをつぶそうとしています。

実はランスはシスコンで、この世界で一番尊いものは自分の妹だと言い切るほどです。そんな妹は魔力がなくなってしまう難病にかかっており、妹を救うために彼は神覚者になるしかないと思っています。その後ランスはマッシュには勝てませんでしたが、ライバルのような友人として手助けをしてくれるようになるのでした。

高潔主義のレアン寮

マッシュが通っているイーストン魔法学校では、3つの寮に分かれており、主人公たちが所属している勇気と信念のアドラ寮の他に、才能と自尊心のレアル寮があります。レアル寮は神覚者を出すのは高貴なる血統を持つ自分たちだと思っており、アドラ寮からコインを奪おうとしてくるのです。

その中でもマッシュはいろいろと目立ってしまっているので、レアル寮にターゲットにされてしまいます。周りが気を付けるように彼に言いますが、マッシュ自身はあまり深く考えてない様子です。マッシュはその拳でレアル寮のエリートたち、七魔牙(マギア・ルプス)に対抗できるのでしょうか。

マッシュル-MASHLE-を無料で試し読み!

この先の展開も楽しみな『マッシュル-MASHLE-』の見どころとあらすじをここまでお話させていただきました。実際にこの漫画を読みたいと思った方にお得な情報をお教えしましょう。

少年ジャンプ公式サイトで『マッシュル-MASHLE-』を2020年5月の今ならば、3話まで無料で読めます。3話までですとマッシュがイーストン魔法学校の編入試験合格までが読めてしまうのです。緩いギャグも熱いバトルも楽しむことができるのでぜひチェックしてください。

単行本第1巻2020年6月4日発売予定!

マッシュル -MASHLE- アニメイト限定 カード junp122

ファン待望の『マッシュル-MASHLE-』の単行本が、2020年6月4日に発売予定です!単行本の表紙や書き下ろしがあるのかなど、Twitterでも大盛り上がりで発売を心待ちにされています。

週刊少年ジャンプでの連載も、レアル寮との対決が熱くなりそうな展開で、月曜日が楽しみになっているファン続出です。ジャンプの話題作から目が離せませんね。

記事にコメントするにはこちら