【ダイの大冒険】マァムは慈愛の心を持つ武闘家!11の魅力を紹介!

カテゴリーまとめはこちら:ダイの大冒険

三条陸さんと稲田浩司さんによる大人気漫画作品『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』。魔王ハドラーの復活をきっかけに、デルムリン島で育った主人公の少年・ダイが「勇者」となって世界を冒険し、人々を助けていく様が描かれます。マァムはダイの仲間の少女。元は僧侶戦士でしたが、途中で武闘家に転職することになりました。そんな彼女の魅力を11個の項目に分けてご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

目次

『ダイの大冒険』とは?

DRAGON QUEST ダイの大冒険 文庫版 コミック 全22巻完結セット (集英社文庫―コミック版)

『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』は、原作を三条陸(さんじょう・りく)さん、作画を稲田浩司(いなだ・こうじ)さんが担当した漫画作品。大人気RPG「ドラゴンクエストシリーズ」の世界観や設定を元につくられたオリジナルストーリーで、監修にはそのシリーズの生みの親である堀井雄二(ほりい・ゆうじ)さんが入っています。

1989年第45号から1996年第52号まで「週刊少年ジャンプ」にて連載され、全37巻で堂々の完結。1991年から1992年にかけては東映動画(現・東映アニメーション)制作のテレビアニメが放送され、映画作品も3本公開されることになりました。

新アニメの制作が決定!

連載開始から約30年の時が経過した今、『ダイの大冒険』の完全新作アニメ化が発表されました! 1990年代に放送されたアニメと同じ東映アニメーションが制作を担当します。2020年10月からテレビ東京系列で放送が開始される予定です。

シリーズディレクターは『ワールドトリガー』『ドラゴンボール超』などで演出を担当してきた唐澤和也(からさわ・かずや)さんが担当し、シリーズ構成は『ベイビーステップ』『タイガーマスクW』などでそれを担当してきた千葉克彦(ちば・かつひこ)さんが担当。音楽は『HUGっと!プリキュア』『僕のヒーローアカデミア』などで知られる林ゆうきさんが担当します。

物語のあらすじ

DRAGON QUEST(ドラゴンクエスト)-ダイの大冒険- 未完結セット(ジャンプコミックス)

勇者アバンとその仲間たちが魔王ハドラー率いる魔王軍との戦いに勝利し、平和が取り戻された後の世界が物語の舞台です。南海にある孤島「デルムリン島」では、魔王の支配から解き放たれたモンスターたちが仲良く平和に暮らしていました。赤ん坊の頃にその島に流れ着き、鬼面道士のモンスター・ブラスによって養育された島唯一の人間の少年・ダイは、いつか勇者になれる日を夢見ていました。

魔王ハドラーの復活を機に、世界に再び大きな暗雲が立ちこめます。家庭教師となったアバンからの指導を受けたダイは、アバンの使徒の1人として、仲間たちとともに世界を魔の手から救うための大冒険に出ることになるのです。

マァムはどんなキャラクター?

DRAGON QUEST―ダイの大冒険― 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

マァムは、アバンの使徒の1人。職業は僧侶戦士で、年齢は16歳。母のレイラと共に魔の森の近くにあるネイルの村に住み、村の男性たちがロモス城を守護しに行っている関係で、彼女が主体となって村を守っていました。同じアバンの使徒のダイとポップに出会った彼女は、母に背中を押されて魔王軍と戦う彼らの旅についていくことを決意します。

マァムという名前は英語の「mom(母)」に由来していて、原作者の三条さんによればパーティーのおふくろさん役なのだとか。強気ではっきりとものを言う性格ですが、献身的で優しい一面も持ち合わせています。

ここからは、そんなマァムの魅力についてより詳しくご紹介していきます!

『ダイの大冒険』マァムの魅力1:旧アニメの声優は冨永(とみなが)みーなさん

冨永みーなさんは、東京俳優生活協同組合に所属する声優・女優。1966年4月3日生まれで、広島県出身。1971年に映画『鯉のいる村』のゆうこ役で子役としてデビューし、1975年に海外ドラマ『大草原の小さな家』のキャリー役で声優デビューを果たしました。

テレビアニメでは『サザエさん』の磯野カツオ役、『機動警察パトレイバー』の泉野明役、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の明神弥彦役などを担当。夫の増本庄一郎(ますもと・しょういちろう)さんは俳優・脚本家・監督して活動しており、声優として『ビックリマン2000』のドライ矢役、『それいけ!アンパンマン』のからくりぐんない役を担当したこともあります。

『ダイの大冒険』マァムの魅力2:新アニメの声優は小松未可子(こまつ・みかこ)さん

「Personal Terminal」 完全生産限定盤 [CD+BD+Photobook]

小松未可子さんは、ヒラタオフィスに所属する声優。 1988年11月11日生まれで、三重県出身。2010年にテレビアニメ『HEROMAN』のジョーイ役で声優活動を開始し、2012年にテレビアニメ『モーレツ♥宇宙海賊』のイメージソング「Black Holy」で歌手デビューを果たしました。

これまでに『スター☆トゥインクルプリキュア』の香久矢まどか(キュアセレーネ)役、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の戸塚彩加役、『うしおととら』の中村麻子役などを担当。夫の前野智昭(まえの・ともあき)さんも声優で、これまでに『図書館戦争』の堂上篤役、『弱虫ペダル』の福富寿一役、『暁のヨナ』のハク役などを担当しています。

『ダイの大冒険』マァムの魅力3:戦士ロカと僧侶レイラの娘

マァムは、勇者アバンの仲間の戦士ロカ僧侶レイラの間に生まれました。ロカは最も勇敢に魔王ハドラーの侵略に立ち向かったカール王国の騎士団長で、アバンは騎士団員でありロカの友人でもありました。フローラ姫を攫う目的でカール王国に攻め入ったハドラーを一度撃退した後、2人はハドラーを倒すための旅に出発。やがてその旅に、傷つきながら戦い続ける2人を見かねたレイラもついていくことになったのでした。

新作アニメの放送スタートに合わせて、「Vジャンプ」でアバンが勇者として活躍していた頃の漫画が連載されることが発表されました。そちらの方でマァム誕生のエピソードも描かれるかもしれないので、ぜひチェックしてみてください!

『ダイの大冒険』マァムの魅力4:魔弾銃(まだんガン)を使う僧侶戦士

アバンから回復系や防御系の呪文と武道を少し習ったマァムは、卒業式の日に「魔弾銃」を手渡されます。それは魔法の弾丸に呪文を1つ詰めて撃てるものでした。マァムは初めてそれを見たとき怖くて思わず泣いてしまいましたが、アバンから「正義なき力が無力であるのと同時に力なき正義もまた無力なのですよ」と教えられ、あなたなら使い方を誤らないから大丈夫だとそれを託されました。

魔王軍の氷炎魔団長・フレイザードによって氷漬けにされたレオナを救うため、弾丸に2発分の閃熱呪文を詰めて撃った結果、その衝撃で魔弾銃は修復不可能なまでに破損。戦力的に自分を見つめ直したマァムは、僧侶戦士から別の道を模索することを決めたのでした。

『ダイの大冒険』マァムの魅力5:ブロキーナを師として武闘家に転職

DRAGON QUEST―ダイの大冒険― 16 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ダイとの旅からいったん離脱し、拳聖ブロキーナの元で修行を積んだマァムはロモス王国大武術大会に参加。その会場で再会したダイたちから優勝商品の「覇者の剣」が必要なのだと聞かされたマァムは、「きっとこの腕でとってあげるわよ」と約束します。決勝戦まで勝ち進みますが、そこで魔王軍の妖魔学士・ザムザによって彼女を含めた決勝戦参加者たちは「生体牢獄(バイオプリズン)」の中に閉じ込められてしまいます。

マァムは武神流秘奥義「閃華裂光拳(せんかれっこうけん)」によってそれを破壊。その技を駆使して超魔生物と化したザムザにもダメージを与えます。最終的にダイの一撃に敗れたザムザの身体は黒い灰と化して崩れ、マァムはそれに悲しみの眼差しを向けたのでした。

『ダイの大冒険』マァムの魅力6:ロン・ベルク作の「魔甲拳」を使用

魔甲拳は、魔界最高の名工と呼ばれた武器職人であるロン・ベルクによってつくられた武具。使用者の「鎧化(アムド)」の声によって、身体の動かしやすさを維持するとともに完璧な魔法防御を実現した鎧へと変形します。特に装着した方の半身の防御力が高まるので、ロン・ベルクからの「利き腕じゃない方につけておいた方が便利だぞ」というアドバイスに従って、マァムはそれを左手に装着していました。

「鎧化」後に左肩に内臓されたナックルダスター型の武器「メタルフィスト」を取り出して利き手に装着することによって、オリハルコンをも砕ける圧倒的な破壊力を実現。実際の戦闘の際にマァムは左半身で魔法を弾き、右半身で鋭い攻撃を繰り出していました。

『ダイの大冒険』マァムの魅力7:回復補助魔法&武神流の使い手

ホイミ

僧侶戦士から武闘家に転職したマァムは、作中で回復系の呪文は勿論のことブロキーナから指導を受けた武神流の必殺技も繰り出しています。その中から印象的なものをいくつかピックアップしてご紹介します。

ホイミは、傷ついた身体を治癒し、失った体力を回復させる呪文。主に僧侶が得意とする呪文で、僧侶の母を持つマァムはこの系統の呪文を得意としています。

ロモス王国で魔王軍の百獣魔団長・クロコダインと戦闘になった際、ダイは彼の最強の技「獣王痛恨撃」を至近距離で食らいそうになります。マァムはホイミによって傍にいたポップの体力を回復。それによって動けるようになったポップは丸腰のダイに剣を投げ、ピンチを切り抜けたのでした。

ベホイミ

ベホイミは、ホイミと同じ回復系呪文。ホイミ→ベホイミ→ベホマの順で回復力が上がっていきます。マァムは初歩的なホイミだけでなくこちらも使用することができ、魔の森に現れたクロコダインを撃退した後、ボロボロになったダイの肩にふれながらその呪文で回復を行いました。この時ダイが「じいちゃんのベホイミよりぜんぜんいいや」と言っていたことから、マァムの回復魔法における腕の良さが伺えます。

武闘家に転職してからも僧侶戦士時代に覚えた魔法を使用することは可能で、バーンパレスでハドラー親衛騎団の1人・アルビナスと1対1で戦闘を行った際は、ベホイミで自分の身体を回復しながら戦っていました。

キアリク

キアリクは、状態異常を回復できる呪文の1つで、仲間の麻痺を回復できる呪文。魔の森に現れたクロコダインから「焼けつく息(ヒートブレス)」の攻撃を受けてダイが動けなくなってしまった際、マァムはその呪文を込めた弾丸を魔弾銃に装填して発射。それを受けたダイは一瞬で麻痺状態から回復し、クロコダインから振り下ろされた斧の一撃に対して、すぐに反撃することができたのでした。

閃華裂光拳(せんかれっこうけん)

閃華裂光拳は、武神流最大の秘奥義。普通の武術家であれば何年もかかる課題をたった数日でクリアした身体能力の高さ、そして優しさと正義を併せ持った心を見極めた上で、ブロキーナがマァムへと伝授しました。それは武神流拳法と回復系呪文を組み合わせた技で、相手に命中した瞬間に回復系呪文のエネルギーがスパークして、致命的なダメージを与えることができます。

ロモス武術大会の会場で「生体牢獄」の中に閉じ込められた際、マァムはこの技を使用。一緒に閉じ込められた決勝戦参加者たちが怪力も剣も呪文も通じない壁を前に心を折られていくなか、たった一撃で生体牢獄全体を破壊しました。

猛虎破砕拳(もうこはさいけん)

猛虎破砕拳は、拳聖ブロキーナが編み出した奥義の中でも最大の物理的破壊力を持つ超秘技。ヒットした相手の身体の反対側に虎の顔のような亀裂が入ることからその名前がつけられました。全ての闘気を拳の一点に集中させて高速で繰り出す技で、圧倒的な破壊力がありますが、その分自分の身体にかかる負荷も大きいのが難点です。

魔甲拳を「鎧化」して防御力を飛躍的に向上させた状態であれば使用可能で、マァムはアルビナスとの戦いでこれを使用。移動速度が半減した状態で正面から突っ込んできたアルビナスの胸部をその一撃で破壊しました。

『ダイの大冒険』マァムの魅力8:アバンのしるしの魂の色は「慈愛」

ヒュンケルに見せた慈愛の心

仲間に対してのみならず、敵に対しても思いやりの心を見せるマァム。魔王軍の不死騎団長・ヒュンケルとの戦いでは、育ての父を失った悲しみとかつての師のアバンへの憎しみに囚われている彼の心に歩み寄ろうと試みます。

マァムが見つけ出した「魂の貝殻」によってアバンへの誤解が解かれ、ダイの一撃によってヒュンケルが倒れた後、マァムはなおも攻撃を続けようとするダイを止めてその場で彼を膝枕します。敵であるはずの自分に対してマァムがぬくもりと優しさを与えてくれたことに感謝したヒュンケルは、彼女のことを「…聖母だ…!」と思い、涙を流したのでした。

慈愛の心で「アバンのしるし」が赤く輝く

物語後半、大破邪呪文「ミナカトール」を発動させるために、ダイ・ポップ・マァム・ヒュンケル・レオナの5人は、「アバンのしるし」と呼ばれる石を己の魂の力で光らせる必要に迫られます。カール王国の女王となったフローラから「そのアバンのしるしを持って、あなたが今一番心配している人…その身を案じている人の事を思い浮かべてごらんなさい…」と言われたマァムは、仲間になったヒュンケルとクロコダインの姿を思い浮かべます。

アバンのしるしが赤く輝いたのを見て、フローラは慈愛の心こそがマァムの全ての強さの根源なのだと言います。かつてヒュンケルに対して大きな労わりの心を見せたマァムらしい強さの表れだったのでした。

『ダイの大冒険』マァムの魅力9:アルビナスとの真剣対決

バーンパレスの上で、マァムはアルビナスと1対1で対決。アルビナスのハドラーへの強い想いを知ったマァムは、戦いをやめて理解し合いたいという気持ちを示しますが、彼女からは「虫酸の走る良い子ちゃんで良かった…!おかげでためらいも無く殺せます…!!」と一蹴されてしまいます。

マァムは戦うことに抵抗を覚え続けますが、かつてのアバンの「正義なき力が無力であるのと同時に力なき正義もまた無力」という言葉を思い出し、アルビナスが同情すべき相手であっても戦うことを決意。「猛虎破砕拳」で彼女を倒した後、一瞬でも一秒でも長くハドラーに生きていてほしかったという想いを耳にし、それはきっと「愛」だったのだと思ったのでした。

『ダイの大冒険』マァムの魅力10:ミストバーンに身体を乗っ取られる!?

ミストバーンは、魔王軍の魔影軍団長。その正体は、暗黒闘気でできたガス状生命体の魔物「ミスト」。大魔王バーンの全盛期の肉体に憑依した状態でその身体を管理していました。その肉体をバーンに返却した後、本来の姿を現したミストは、マァムの身体に強引に憑依してしまいます。痛みも疲労も感じないミストは、マァムの身体の潜在能力を最大限に引き出した上で、身体が壊れてしまいかねないような無茶な戦闘を行いました。

原作ではほんの一時の出番でしたが、マァムの肌が浅黒く染まった姿、そしていつも優しく思いやりあふれる彼女が大胆不敵且つ好戦的に戦い、ダイパーティーを蹴散らしていったそのギャップにやられた読者も多かったのでした。

『ダイの大冒険』マァムの魅力11:恋の相手はポップ?それともヒュンケル?

ヒュンケルとの関係

DRAGON QUEST―ダイの大冒険― 18 (ジャンプコミックスDIGITAL)

マァムは出会った当初から、ヒュンケルの強い、けれどとても孤独な姿が気になり続けていました。パプニカ王国3賢者の1人・エイミがそんな彼を愛していると知ったとき、マァムは強く動揺します。自分がヒュンケルに対して恋愛感情を持っているのかどうかがわからないとポップに相談したとき、マァムのことが気になっている彼からは感情的に突き放されてしまいます。

その後、バーンパレスでヒュンケルと2人きりになった際、ポップのことが少しでも気になるなら確かめにいけばいいと、マァムは彼から背中を押されます。ヒュンケルは自分ではマァムを幸福にできないと思い、彼女がどうか幸せになることを願いながら、その背中を見送ったのでした。

ポップとの関係

DRAGON QUEST―ダイの大冒険― 11 (ジャンプコミックスDIGITAL)

第一印象こそ最悪に近かったものの、マァムは精神的にも能力的にも大きな成長を遂げていったポップに対して尊敬の念を覚えると同時に、弟みたいで心配で放っておけない気持ちも覚えていました。一方のポップは、出会った当初からマァムに対して恋愛感情を抱いていて、一所懸命背伸びをしながら強くなってきたのは半分はすぐ傍にいるマァムのためだったのでした。

ミナカトールを発動する際、マァムはポップが自分に対して好意を抱いていることを知り、強く動揺します。そのままバーンパレスへと赴いた際、2人の間にはギクシャクした空気が流れ、マァムは感情の整理に困ることになったのでした。

ポップからの告白への返答は?

DRAGON QUEST―ダイの大冒険― 5 (ジャンプコミックスDIGITAL)

バーンパレスでポップと2人きりになった際、マァムはポップから「お前が好きだっ!!」と改めて告白をされます。マァムはポップのその気持ちを嬉しく思っていることを伝えた上で、「今の私には答えが返せない…」と正直に打ち明けます。エイミがヒュンケルを愛したような、あるいはアルビナスがハドラーを愛したような激しく強い感情を知らなかった自分には、その想いに答える資格がないと思ったのです。

その上でマァムは、この戦いで未来を掴み取った先で、改めて自分の中にある気持ちに向き合わせてほしいとポップに訴えます。マァムから真っ直ぐで誠実な回答をもらったポップは、彼女のことを好きになって本当によかったと思ったのでした。

マァムは慈愛の心を持つアバンの使徒!

ここまでマァムの魅力についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

僧侶戦士としても武闘家としても最前線で戦っていくことのできる強さ、敵味方問わず相手の苦しみを理解しようと努める優しさを持ったマァムは本当に素敵な女性キャラクターですよね。そんなマァムが新作アニメではいったいどんな活躍を見せてくれることになるのか。2020年10月放送開始予定の新作アニメに期待しましょう!

記事にコメントするにはこちら