【水は海に向かって流れる】あらすじ&ネタバレ

カテゴリーまとめはこちら:水は海に向かって流れる

2018年から「別冊少年マガジン」で連載している「水は海に向かって流れる」は、「子供はわかってあげない」で各賞を総ナメにしたマンガ家・田島列島先生が描く作品です。「水は海に向かって流れる」のあらすじや登場キャラクターを、ネタバレ込みでご紹介していきましょう。

記事にコメントするにはこちら

目次

「水は海に向かって流れる」とは?

水は海に向かって流れる(1) (週刊少年マガジンコミックス)

2018年から、講談社の少年雑誌「別冊少年マガジン(べっさつしょうねんまがじん)」で連載している「水は海に向かって流れる(みずはうみにむかってながれる)」は、マンガ家・田島列島(たじま れっとう)先生の、男女5人の共同生活を描いたマンガです。

「水は海に向かって流れる」は、これまでに第2巻刊行されています。2019年に開催された宝島社「このマンガがすごい!」2020オトコ編第5位にランクイン。著名人や、マンガ好きな読者の間で話題になっています。

「水は海に向かって流れる」:原作者は誰?

子供はわかってあげない(上) (モーニングコミックス)

「水は海に向かって流れる」の作者・田島列島先生は、2008年、講談社の青年雑誌「モーニング(もーにんぐ)」に、田谷野歩(たやの あやむ)名義の「ごあいさつ」で、マンガ家デビューしています。

2014年に「モーニング」で、「子供はわかってあげない」の連載をスタートさせ、数々の賞を受賞。2020年に実写版「子供はわかってあげない」が、女優の上白石萌歌(かみしらいし もか)さん主演で公開されるのが決定しています。

2020年4月には「第24回手塚治虫文化賞新生賞」を受賞するなど、華麗な経歴を持っている田島列島先生ですが、インタビューで「水は海に向かって流れる」は、当初、グルメマンガだったのを明らかにしていました。

その後の展開から、グルメマンガにはならなかったそうですが、驚きですね。

「水は海に向かって流れる」:このマンガがすごいランクイン!

このマンガがすごい! 2020

「水は海に向かって流れる」は、宝島社「このマンガがすごい!2020」オトコ編第5位に輝いています。

その他にも、マンガ読みが選ぶその年のオススメマンガに与えられる「マンガ大賞2020」第5位、マンガガイド本「フリースタイル(ふりーすたいる)」の「このマンガを読め!2020」第2位、1年間で読んだマンガから面白かった作品を選ぶ企画「俺マンガ大賞2019」第1位など、沢山の賞を受賞。

「子供はわかってあげない」で、各マンガ賞を総ナメにした田島列島先生の最新作「水は海に向かって流れる」も、各マンガ賞を総ナメにする結果となっています。

「水は海に向かって流れる」:無料で読めるの?

2020年6月時点で、「水は海に向かって流れる」は、講談社のマンガ配信サービス「マガポケ(まがぽけ)」で、第1話、第21話が無料で試し読むことが出来ます。

連載スタートから、マンガ好きな人をはじめ、作家や著名人の中でも話題となっていた「水は海に向かって流れる」を、まだ読んでいないという人は、ぜひ、チェックしてみてくださいね。

「水は海に向かって流れる」:あらすじ

水は海に向かって流れる(2) (週刊少年マガジンコミックス)

熊沢直達(くまざわ なおたつ)は、高校に入学すると、親戚の歌川茂道(うたがわ しげみち)の家に引っ越します。歌川茂道の家には、26歳のOL・榊千紗(さかき ちさ)、女装占い師・泉谷(いずみや)さん、海外から帰国したばかりの大学教授・成瀬(なるせ)教授が共同生活をしていました。

ある日、熊沢直達は、自分の父親と榊千紗の母親がW不倫した末に、駆け落ちをしたことがあると言うのを耳にします。親同士が不倫関係だったという、複雑な関係になってしまった熊沢直達と、榊千紗の関係はどうなっていくのでしょうか。

「水は海に向かって流れる」ネタバレ1:出会いとポトラッチ丼

熊沢直達は、実家から遠い高校入学を機に、マンガ家をしている叔父・歌川茂道の家に引っ越しするのを決めます。

引っ越しの当日、熊沢直達は、歌川茂道の代わりに迎えに来た榊千紗と一緒に、歌川茂道の家へ向かいました。歌川茂道の家に到着し、榊千紗の手料理「ポトラッチ丼」を食べた熊沢直達は、おいしさのあまり、恋に落ちそうになります。

その後、榊千紗が歌川茂道の彼女ではなく、複数いるルームメイトの1人であり、ポトラッチ丼が、榊千紗の私財で購入した高級なお肉で作られていたというのを知ります。禁断の恋に落ちそうになったと熊沢直達が語るほど、おいしいポトラッチ丼を食べてみたくなりますね。

「水は海に向かって流れる」ネタバレ2:両親がW不倫

熊沢直達は、海外から帰って来た成瀬(なるせ)教授と初対面すると、帰国をお祝いして、歌川茂道の家でバーベキューが始まります。

その後、食べ過ぎて動けなくなった成瀬教授を、榊千紗が部屋に連れて行きました。熊沢直達の父親・熊沢達夫(くまざわ たつお)と、榊千紗の母親がW不倫をして駆け落ちし、榊千紗の母親は戻って来なかったという会話を、泉谷楓(いずみや かえで)と一緒に、立ち聞きしてしまった熊沢直達…。

「これからどうするの。あの家に住むの?」と言った泉谷楓に、「明日の朝、布団の中にイワシの頭が入ってたら、考える…」と返答したところからも、熊沢直達が動揺しているのがわかりますね。

「水は海に向かって流れる」ネタバレ3:榊千紗と熊沢直達の父が鉢合わせ!

ゴールデンウィークに帰省した熊沢直達が熊沢直達の母親と出かけた後、熊沢達夫が歌川茂道の家にやって来ます。

玄関で出迎えた榊千紗は、歌川茂道に、熊沢達夫が来訪しているのを知らせて欲しいと泉谷楓に言うと、淡々と熊沢達夫にお茶を出していました。過去のW不倫のことを、話題に出した熊沢達夫は、榊千紗の母親が家に戻って来なかったと知ると、榊千紗に謝罪…。

「直達はこのことって…」と質問した熊沢達夫に、榊千紗は持っていたお盆を投げつけ、「バチって当たるんですね」と言ってその場を後にしています。お盆が当たった熊沢達夫は、鼻血が出て歌川茂道の家は騒ぎに。

熊沢達夫に、淡々と対応していた榊千紗の”静かなる怒り”が怖いですね。

「水は海に向かって流れる」ネタバレ4:熊沢直達と榊千紗の隠し事とは?

口止めをしていた成瀬教授から、榊千紗に熊沢直達がW不倫の事実を知っているのを話したと聞かされた熊沢直達は、知らずにいる歌川茂道に、事情を説明したほうがいいと諭されます。

歌川茂道にW不倫のことを話そうと決めた熊沢直達は、「俺、この家にいて、いいと思います…?」と、成瀬教授に不安を吐露。

その後、電話で成瀬教授に諭された榊千紗は、歌川茂道にW不倫のことを話さずに、仲直りしよう決意しました。全てを引き受けようとしていた榊千紗に、玄関で鉢合わせした熊沢直達は「いい子じゃなくていいから…半分持ちたい…」と反発しています。

全てを背負い込もうとしていた榊千紗に、熊沢直達の”男性としての意地”が感じられますね。

「水は海に向かって流れる」ネタバレ5:泉谷楓の恋

ある日、熊沢直達から、美術部に所属しているクラスメイトの藤浪(ふじなみ)さんの絵のモデルになって欲しいと頼まれたのは、歌川茂道の家で共同生活をしている女装占い師・泉谷さんの妹・泉谷楓(いずみや かえで)。

美術部から出た後、泉谷楓は、熊沢直達から、口止めされていた歌川茂道の家で起きた問題は解決したと聞きます。

熊沢直達から事情を聞いた泉谷楓は、「アレは、二人の秘密じゃないんだな」と寂しそう…。熊沢直達が立ち去った後、2人の話を美術部の部室で聞いていた藤浪さんから、「熊沢のこと好きなの?」と聞かれた泉谷楓は、黙って頷いています。

泉谷楓が熊沢直達を好きだったのは、びっくりですね。

「水は海に向かって流れる」ネタバレ6:熊沢直達の戸惑い…

放課後、会社帰りの榊千紗と会った熊沢直達は、会話に困り、「榊さんって、彼氏とかいるんですか?」と聞いています。すると、榊千紗は「いらない」と言うだけでした。

「彼氏がいる」、「彼氏はいない」という返事が戻ってくるのだとばかり思っていた熊沢直達は、泉谷楓や藤浪さんに相談します。「子供の頃、恋愛にゲンメツするよーなことがあったとか?」という藤浪さん。藤浪さんの言葉から、榊千紗の心にW不倫のトラウマが深く刻まれているのだと、熊沢直達は確信しました。

母親がW不倫をした末に、駆け落ちしたまま戻って来ない…という榊千紗の体験。26歳の大人になっても、榊千紗の心の傷になっているのが気になりますね。

「水は海に向かって流れる」ネタバレ7:熊沢直達の母親が入院!

熊沢直達は、熊沢直達の母親が頭を打って入院したと、熊沢達夫から聞き、急いで病院へ向かいます。病院で、熊沢直達を「第1王子ナオタツ」と、冗談を言った熊沢直達の母を見て、安心した熊沢直達。

「重めのACアダプタを振り回していたら、自分の頭に当たった」と熊沢直達の母親は、熊沢直達に明るく話していました。

その後、熊沢直達は、熊沢達夫から、榊千紗のために榊千紗の母親を探していたのを、熊沢直達の母親に見つかり、ACアダプタを振り回して頭に当たってしまったのだと聞かされます。

登場するたびに、明るい語録で熊沢家を笑顔にしていた熊沢直達の母親も、熊沢達夫のW不倫に苦しめられ続けていたんですね。

「水は海に向かって流れる」ネタバレ8:恋愛をしない理由

雨が降ってきたので、熊沢直達の母親の入院先から帰宅する熊沢直達を、榊千紗が傘を持って迎えに行きます。歌川茂道の家に帰る途中、熊沢直達と榊千紗の話題は、彼氏はいらないと宣言した榊千紗のこと…。

「W不倫をしていたのが原因なんですか?」とストレートに聞いてくる熊沢直達に、榊千紗は「だったら、どーだっていうの」と突き放します。榊千紗の言葉に、「俺も恋愛しません!」と口にした熊沢直達。

熊沢直達の恋愛しない発言は、榊千紗の母親の行方を探している、熊沢達夫を見ていたからでした。後ろ向きな考えを持っている榊千紗と、前向きな考えを持っている熊沢直達の意見がぶつかり合っていますね。

「水は海に向かって流れる」ネタバレ9:探偵・門司明大さん登場

ある日、熊沢直達のスマートフォンに、熊沢達夫から「探偵のもじさんという方がそちらに行くのでよろしく」というメールが入ります。その後、歌川茂道の家にやって来た探偵・門司明大は、榊千紗の母親の居所が記されている調査報告書を榊千紗に手渡し、歌川茂道の家を後にしました。

榊千紗は、何もなかったことにして、今まで通り暮らしたいと熊沢直達に言います。熊沢直達は、前に聞いた時、榊千紗の考え方を怒りたかったのに、怒れなかった、榊千紗の母親になら自分も怒れるかも…と打ち明けました。

その後、熊沢直達と一緒に、榊千紗は榊千紗の母親の住んでいる街へ。熊沢直道の言葉で、榊千紗の心にも変化が出てきたのでしょうか。

「水は海に向かって流れる」ネタバレ10:榊千紗の母親と再会

電車に乗った榊千紗と熊沢直達は、榊千紗の母親の住んでいる家を発見します。榊千紗の母親と思われる女性と、小さい女の子が家から出てきて、思わず走って逃げる榊千紗と熊沢直達…。

榊千紗は、調査報告書で自分の母親が再婚して高島沙苗(たかしま さなえ)となり、再婚相手に連れ子がいるのも知っていました。「もう期待しなくてすむ」とあきらめていた榊千紗を見た熊沢直達は、再び高島沙苗の家に向かいます。

その後、家に招き入れられた榊千紗は、高島沙苗から、千紗はずっとこの先も、怒って生きていくの?と言われ、怒りをあらわにしました。

大好きだった母親と、怒ることでしか繋がれていない榊千紗が不器用ですね。

「水は海に向かって流れる」ネタバレ11:宿泊と2度目のカツアゲ

高島沙苗と再会後、海で濡れた熊沢直達と榊千紗は、近くの宿に泊まることに。近くのファミリーレストランで夕食を食べていた時、高島沙苗一家の家族団らんを見てしまった榊千紗は、たまらずファミリーレストランから出て行きます。

「本当にごめんなさい…」と、熊沢直達の後を追いかけて来た高島沙苗。熊沢直達は、高島沙苗にお金を要求した後、ファミリーレストランの募金箱に入れ、熊沢直達は宿に戻って行きました。

熊沢直達がカツアゲは、包帯を巻いて帰って来た熊澤達夫の時と、高島沙苗で2度目。「カツアゲを2回もしたし…」と、熊沢直達は、カツアゲをしたことを懺悔していましたが、心が処理できなくなってしまったんでしょうね。

「水は海に向かって流れる」ネタバレ12:榊千紗が家を出ると宣言

2020年6月時点の最新話では、未来がある熊沢直達に、自分がいないほうが良いと考えた榊千紗は、成瀬教授に「この家を出る」と打ち明けました。

一方の熊沢直達は、高島沙苗に再会した後、榊千紗とすれ違いが続いたため、避けられているのでは…?と考え始めます。

その後、実家に遊びに行った熊沢直達は、熊沢達夫がW不倫していたのを知ったというのをカミングアウト。熊沢直達は、熊沢直達の母親から、気に病むことはないとアドバイスされています。

実家から帰って来た熊沢直達は、玄関先で榊千紗から歌川茂道の家を出て行くというのを告げられました。

榊千紗が出るのを聞いた後の熊沢直達の反応は、まだ描かれていませんが、気になりますね。

「水は海に向かって流れる」登場キャラクター1:熊沢直達

熊沢直達(くまざわ なおたつ)は、高校1年生の男の子です。実家から遠かった高校に入学したため、高校の近くに住んでいる、叔父でマンガ家・歌川茂道の家に引っ越してきました。熊沢直道の父親と榊千紗の母親がW不倫していたのを聞いて、熊沢直道はショックを受けています。

榊千紗が恋愛をしないなら、自分も恋愛をしないと宣言するほど、10歳年上の榊千紗のことが好きです。

歳が離れすぎているため、榊千紗から異性として見てもらえない熊沢直道。榊千紗にいつも寄り添っているのが、熊沢直道の優しさと健気さが感じられますね。

「水は海に向かって流れる」登場キャラクター2:榊千紗

榊千紗(さかき ちさ)は、OLをしている26歳の女性です。マンガ家・歌川茂道の家に住んでいる榊千紗は、熊沢直道の父親と母親のW不倫がトラウマになり、恋愛に後ろ向き。

榊千紗は、キャラの濃い共同生活で、淡々と生活しています。母親のW不倫というトラウマを引き釣り続けている榊千紗。

最新話で、熊沢直達の今後のために、歌川茂道の家を出る決意をした榊千紗が、どのように問題を解決していくのかが鍵ですね。

「水は海に向かって流れる」登場キャラクター3:歌川茂道

歌川茂道(うたがわ しげみち)は、マンガ家をしているメガネをかけた男性です。みんなの住まいを提供している歌川茂道は、熊沢直達の母親の弟で、熊沢直達の叔父にあたります。歌川重道は、マンガ家のペンネーム「ニゲミチ先生」と呼ばれていました。

サラリーマンを辞め、マンガ家として活動している歌川茂道は、10年前に起きた、義理の兄・熊沢達夫と、榊千紗の母親・高島沙苗(旧姓:榊)のW不倫の詳細を知りません。

熊沢直達からW不倫の詳細を聞いた後、「姉貴のダンナの不倫相手の詳細なんて知るもんかーっ」と言った歌川茂道の言葉は、名言と呼んでもいいかもしれませんね。

「水は海に向かって流れる」登場キャラクター4:成瀬教授

成瀬(なるせ)教授は、メガネをかけた大学の教授をしている男性です。マンガ家・歌川茂道の家に住んでいる成瀬教授は、榊千紗の父親の古くからの友人で、「ナルちゃん」と呼ばれ、初鰹が大好き。

10年前に起きた、熊沢達夫と榊千紗の母親・高島沙苗のW不倫を知っています。

海外から帰国した成瀬教授は、熊沢直達に、榊千紗の気持ちを語る代弁者でもあり、歌川茂道の家の良き相談相手です。成瀬教授は、優しくひょうきんなのに、鋭い指摘をしていますね。

「水は海に向かって流れる」登場キャラクター5:泉谷さん

泉谷(いずみや)さんは、女装占い師の男性です。泉谷さんの下の名前は不明ですが、マンガ家・歌川茂道の家に住み、熊沢直道のクラスメイト・泉谷楓の兄。熊沢直道から「泉谷(兄)」と、密かに呼ばれています。

歌川茂道の家の飼い猫になった猫・ミスター・ムーンライトを連れてきた人物です。泉谷楓と似たような、優しく、さっぱりとした性格をしています。

初登場時、女装していたので、熊沢直道から女性だと思われていた泉谷さん。登場回数が少ないのに、女装占い師だったなんて、泉谷さんの印象が強烈ですね。

「水は海に向かって流れる」登場キャラクター6:泉谷楓

泉谷楓(いずみや かえで)は、ポニーテールの女の子です。熊沢直道のクラスメイトで、陸上部所属。また、泉谷楓は、歌川茂道の家に住んでいる泉谷さんの妹です。熊沢直道の父親と、榊千紗の母親のW不倫の話を、熊沢直道が立ち聞きした時に、そばにいた人物。

美少女で高校で有名な泉谷楓は、美術部に所属している藤浪さんの絵のモデルをしています。また、泉谷楓は、熊沢直道が榊千紗を好きなのを知っても、熊沢直道に片思い中。

熊沢直達のために、健気に振る舞う泉谷楓がかわいいですよね。

「水は海に向かって流れる」登場キャラクター7:藤浪さん

藤浪さん(ふじなみさん)は、熊沢直道と同じ学校に通っているメガネをかけた女の子です。美術部に所属している藤浪さんは、美少女の泉谷楓をモデルにして絵を描いています。

泉谷楓の言動から、熊沢直達が好きだと読み取った洞察力の長けている藤浪さん。同世代の目線で、泉谷楓や熊沢直道の悩みを聞いてくれるため、2人にとって藤浪さんは、貴重な相談相手ですね。

「水は海に向かって流れる」登場キャラクター8:ミスター・ムーンライト

ミスター・ムーンライト(みすたー・むーんらいと)は、土手に捨てられていたトラ柄の模様がかわいい猫です。熊沢直達が飼い主を探していた時に、中学生の襲撃を受けて怪我をします。

その後、泉谷さんが中学生から守って動物病院に連れて行き、手当てを受けて回復。泉谷さんの強い後押しで、ミスター・ムーンライトは、歌川茂道の家で共同生活を送っています。

フルネームが長いため、歌川茂道の家で共同生活をしているみんなからは、愛称で「ムーちゃん」と呼ばれていました。いろいろ問題が発生する5人の共同生活を、ムーちゃんが優しく癒やしてくれます。

【水は海に向かって流れる】5人の男女が送る共同生活

2018年から「別冊少年マガジン」で連載している「水は海に向かって流れる」のあらすじと、登場キャラクターをネタバレ込みでご紹介しました。

「子供はわかってあげない」で数々の賞を総なめにした、マンガ家・田島列島先生の最新作となる「水は海に向かって流れる」は、お互いの親がW不倫で駆け落ちをした関係の熊沢直達と榊千紗の心の葛藤を描いています。

W不倫で駆け落ちというディープな設定の中で、登場キャラクターたちの語録がどこかほのぼのとしているのが、「水は海に向かって流れる」の魅力の一つ。

最新話では、榊千紗が熊沢直達の未来を考えて共同生活している家から出て行くと宣言しています。これからの展開が楽しみですね。

記事にコメントするにはこちら