【映画リゼロ】”Memory Snow”のストーリー紹介!<ネタバレあり>

カテゴリーまとめはこちら:Re:ゼロから始める異世界生活

2期放送も決定した大人気のアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』。その番外編の劇場版『Re:ゼロから始める異世界生活”Memory Snow”』は、キャラクターたちの魅力やアニメ2期の伏線となる要素が詰まっています。今回はそんな本作のストーリーと魅力についてご紹介します。

記事にコメントするにはこちら

目次

【映画】Re:ゼロから始める異世界生活”Memory Snow”とは?

【映画リゼロ】”Memory Snow”作品紹介/公開情報

 

2016年に放送されたアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期。「異世界転移」そして「死に戻り」という設定が話題を集め、2020年7月には続編となる2期の放送が予定されています。

そんなアニメ「リゼロ」1期の番外編として2018年10月に劇場公開されたアニメーション映画が『Re:ゼロから始める異世界生活”Memory Snow”』です。

アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』の原作は長月達平によって書かれた同名のライトノベルで、2020年6月現在MF文庫より本編が22巻、外伝が4巻、短編集が5巻刊行されています。

【映画】リゼロ”Memory Snow”ってどんなストーリー?Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow 通常版 ( イベントチケット優先販売申込券 ) [Blu-ray]

【映画リゼロ】ストーリー紹介・あらすじ

『Re:ゼロから始める異世界生活”Memory Snow”』でストーリーの舞台となるのは、ロズワールの屋敷の中とその近辺。時系列は、主人公のスバルがロズワールの屋敷での「死に戻り」から抜け出した直後となっています。

ヒロインの銀髪少女エミリアと約束していたデートの日が近づき、下見を済ませたスバルはウキウキしながら毎日を過ごします。しかし、前日まで汗ばむほどの暖かな気候は、約束の日が近づくにつれどんどん寒くなっていきます。そして、デートの日を心待ちにしているはずのエミリアもどこか様子がおかしい。やがて屋敷の中でも水が凍りつくほどの気温になり、流石のスバルも疑問を持ちます。

スバルは真相の解明と解決に乗り出します。

【映画リゼロ】アニメ1期最終話まで見ていると、受け取り方が変わる?

『Memory Snow』のお話はアニメで言うと、1期11話と12話の間で起きた物語です。Web・小説版で言うと2章「激動の一週間」の直後に当たりますね。本編と直接は関わらない番外編とはいえ、しっかりと時系列に沿ったキャラクターたちの立場・関係性などが反映されています。

そのため、今から『Memory Snow』を見ようと思っている方はアニメ1期11話までは見ておいた方がよいでしょう。また、12話以降も視聴しているとその後の展開とのギャップが感じられたり、色々と感慨深いシーンを見ることもでき、ストーリーも深く楽しむことができるかと思います。

【映画】リゼロ”Memory Snow”見どころはどこ?

【映画リゼロ】見どころ紹介

『Re:ゼロから始める異世界生活”Memory Snow”』の見どころは、何と言っても番外編ということで、スバルやヒロインたちの「ほのぼのとした日常」が楽しめること。

殺伐としたアニメ本編のストーリーとは異なり、今作ではエミリアやレムたちが羽目を外した、可愛らしい姿をたくさん見ることができます。また、アニメ2期以降で放送される内容の伏線や、メインのストーリーであまり関わりが無かったキャラクターたちの掛け合いなども楽しむことが出来ます。

アニメ1期12話以降を視聴していて辛くなった方や、もっとキャラクターたちの絡みが見たい、といった方にはオススメの作品ですね。

【映画】リゼロ”Memory Snow”視聴可能な配信サービスは?

『Re:ゼロから始める異世界生活”Memory Snow”』はdアニメストア・AbemaTVなどで先行配信されました。2020年6月現在、配信しているサービスとしてGYAO!・フジテレビオンデマンド(FOD)などが都度課金制で公開しているほか、dアニメストア・ビデオパスにて見放題で視聴することができます。

また、2020年1月に再放送されたアニメ本編の新編集版では、11.5話として本作が差し込まれて放送されました。

【映画】リゼロ”Memory Snow”の全あらすじと魅力を紹介!【ネタバレ注意】

ここからは、『Re:ゼロから始める異世界生活”Memory Snow”』の内容・あらすじを詳しくご紹介します。作品のネタバレが前提となるため、まだ視聴していない方はご注意下さい。

また後半では原作小説のストーリーを参考にして、2期で放送予定の内容まで踏まえた魅力のご紹介もあります。アニメのみで追っている方はこちらもご注意下さい。

【映画リゼロ】前半のネタバレ

屋敷で起きた事件による「死に戻り」ループを終え、デートを心待ちにするスバル。しかし、デートの日を心待ちにしているはずのエミリアはどこか様子がおかしく、屋敷の気温もなぜか急激に寒くなってきます。ラムはメイドの仕事を放棄して布団にくるまってしまうほど。

そしてある日スバルが目を覚ますと、なんと部屋中が凍りついています。

「いやどう考えてもおかしいだろ!」

怪しんだスバルはロズワールからヒントを得て、エミリアが事態の真相を握っていると判断します。スバルがエミリアの部屋に突入すると、そこにはあたり一面氷漬けになった光景が広がっていました。エミリアはこの後に及んでごまかそうとしますが、屋敷の他の場所と比べて明らかに異常です。エミリアの必死な様子に耐えかねず、パックが現れ、事情を話してくれます。

急に屋敷が寒くなったのは、パックの発魔期(はつまき)という期間が原因でした。発魔期とは、簡単に言うと大きな魔力を持つ精霊や魔法使いが、溜め込みすぎた力を発散する期間のこと。全力で魔法を使わないでいると、年に1、2度は訪れてしまうようです。

【映画リゼロ】後半のネタバレ

屋敷の中、そして周囲の異常に納得したスバル。しかし、発魔期の期間はまだまだ続くようで、エミリアやベアトリスたちにも打つ手は無さそうです。スバルは、そこであえて雪を積もらせて「雪まつり」をしようと提案します。パックの発魔期というトラブルを、雪を使ってイベントに変えてしまおうというのです。

スバルは近くの村から多くの村人たちを誘い、ベアトリスやロズワールたち屋敷のメンバーも総出で加わり、雪まつりが始まります。村人たちは意外にも楽しんでくれて、レムやラムたちも楽しそう。

スバル肝いりの雪まつりは好評で終わりを迎え、パックは発魔期を無事終えることができます。スバルはエミリアやレム、ベアトリスたちと屋敷で打ち上げをして、余韻に浸り、物語は幕を閉じます。

【映画リゼロ】各キャラクターに着目した魅力(エミリアとレム)

『Re:ゼロから始める異世界生活”Memory Snow”』の魅力は、何といってもキャラクターたちの色々な表情や言動を楽しむことができるところです。

エミリアは次期国王候補として常に気負っている本編とは裏腹に、スバルをごまかそうとする様子や酔っ払ってスバルにじゃれ付く可愛らしい様子を見ることができます。王選に挑もうとする凛々しい姿とのギャップが強く感じられる今作は、エミリアの意外な一面を見ることができるので、彼女のファンなら必見ですね。

次にレム。レムは1期の11話以降の展開を見ると分かりますが、魔獣の事件が終わってから、彼女はスバルに信頼だけでない絶大な好意を抱いています。そのため、本作ではスバルに犬のように甘え、またボケているレムの姿を終始楽しむことができます。

正直なところ、その羽目の外し方はキャラが若干崩壊しているのではないかと思うほど。レムは本作で最も自由に振る舞っているキャラクターと言ってもよいでしょう。これは番外編、ファンディスクならではの魅力と言えますね。

【映画リゼロ】各キャラクターに着目した魅力(ラムとベアトリス)

『Memory Snow』でのラムは、布団にくるまって震えている姿や、耳あてをしている可愛らしい姿を見ることができます。いつも尊大な態度なのに、寒いのに弱いというのも普段とはちょっとギャップがあっていいですね。

ベアトリスはラストでスバルと話すシーンが印象的です。ツンデレのツン成分が多めのベアトリスですが、それでも雪まつりを彼女なりに楽しみ、またパックが喜んでいる姿に満足しているようです。原作を知っている方は、2期に繋がる彼女の心中での葛藤も見ることができます。物語の最後には、ロズワールと意味深なやりとりを行うベアトリスの姿を見ることができます。

【映画】リゼロ”Memory Snow”2期以降のネタバレを踏まえて見た魅力【2期ネタバレ注意!!】

【映画リゼロ】楽しそうなレムの姿はこれで最後?【2期ネタバレ注意!!】

ここからは原作小説のストーリーを参考にして、2期で放送予定の内容まで踏まえた考察と今作の魅力をご紹介します。

個人的には、この作品は「スバルとロズワール邸のキャラたち、特にレムが楽しそうにする、最後の機会」だと考えています。

1期のラストでは、スバルはエミリアや屋敷の住民を救う代わりに、レムを失ってしまいます。つまり、2期以降ではほとんどレムが登場することはありません。

また、現在連載中の原作でも、レムの存在がスバルに大きな役割を果たすことはありますが、レムが復活し、動き回るといった場面は皆無。おそらく、物語の終盤までレムが復活することはないでしょう。そう考えると、レムのいじらしい言動や可愛らしい姿が、かけがえのないものに見えてきます。

またこのストーリーの段階では、レムはスバルに好意を抱いてはいますが、まだ告白はしていません。彼女が告白するのは、スバルの心が折れたとき、つまり、レムは心に秘めていようとしている状況なのです。そう考えると、彼女のいじらしさがいっそう感じられます。

【映画リゼロ】ベアトリスの意味深な態度は後の伏線?【2期ネタバレ注意!!】

Re:ゼロから始める異世界生活 15 (MF文庫J)

また、ラストでロズワールと意味深なやり取りをしていたベアトリス。

原作を読んでいる方はご存知だとは思いますが、ベアトリスはロズワールと深い結び付きがあります。この結び付きは2期でメインに描かれるとは思いますが、その伏線と考えるとこのシーンも中々印象的だなと感じます。

唯一全力で雪まつりを楽しんでいないベアトリス。彼女が胸に秘めた思いを知っている方は、その心の葛藤も捉えることができます。

【映画リゼロ】番外編としての魅力とは?

『Re:ゼロから始める異世界生活”Memory Snow”』の作品のコメントを見てみると、賛否両論、かなり評価が分かれてしまっているようです。

本編はダークファンタジーということもあり、スバルたちは常に命の危険に脅かされ、「死に戻り」で絶望感に打ちひしがれることも多いです。そんな殺伐としたメインのストーリーとは対照的に、番外編となる今作は「死に戻り」やスバルが傷を負うシーン、悲しいシーンなどは全くないと言っていいほど削除されています。確かにそう考えるとテーマとしては薄いかもしれません。

しかし、そんな殺伐とした本編の幕間、息抜きのストーリーとして考えると素晴らしいと思います。また、この後に繋がる伏線も感じることができるため、番外編としての完成度はなかなか高いと言えるでしょう。

今作の楽しみ方は、ファンディスク的に見るのが良いかもしれませんね。

【映画】リゼロ”Memory Snow”リゼロに登場するキャラクターを紹介!

【映画リゼロ】「死に戻り」の能力を持った主人公、ナツキ・スバル

主人公のナツキ・スバルは引きこもり気味で少し中二病気味の高校生ですが、異世界転移した際に、死んだ時ある瞬間に戻されて生き返るという「死に戻り」の能力を与えられます。
「死に戻り」の能力は異世界の誰かに話そうとすると激痛に襲われるため、誰かに伝えることはできません。

スバルはその能力だけを駆使して、最初に自分を救ってくれた銀髪の少女エミリアの力になることを決意します。

ナツキ・スバル役の声優は小林裕介が担当しています。『Memory Snow』では、いつも以上に表情豊かでボケとツッコミを演じるスバルの楽しそうな姿を見ることができます。

【映画リゼロ】王選候補者の少女エミリア

メインヒロインとなるエミリアは銀髪のハーフエルフの少女。大精霊パックと契約している氷魔法の精霊術士です。過去に世界を滅ぼしかけた嫉妬の魔女と同じハーフエルフという種族で、その見た目も瓜二つのようです。

物語の中心となるルグニカ王国で、エミリアは次期国王を選ぶ王選に参加する権利を持ち、種族による差別を失くすため国王になることを目指しています。王選の対立候補や魔女教などの敵対組織に狙われるエミリアを守るため、スバルは「死に戻り」を使うことに。

エミリア役の声優は高橋李依が担当しています。

【映画リゼロ】献身的な鬼族のメイド、レム

もう一人のヒロインとなる、ロズワール邸で働くメイドのレムは青髪の少女です。レムは双子の姉ラムと共に屋敷の家事全般を任されていますが、ラムはあまり仕事をしないためレムがほとんどの仕事をしているようです。

鬼族の生き残りであるレムは身体能力が高く、また水系統の魔法も使いこなします。控えめな性格のレムは信頼している相手には献身的で、ラムやスバル相手には全力で尽くす所が魅力です。

レム役の声優は水瀬いのりが担当しています。

【映画リゼロ】レムの姉でいつも毒舌の少女、ラム

レムの姉ラムは、桃色の髪をした少女です。レムと異なり、スバルに対して冷静で辛辣な口調で接するのがラムです。

屋敷の仕事も、多くをレムに任せており怠け者に見える彼女ですが、実は面倒見もよくレムのことも大切にしています。

ラム役の声優は村川梨衣が担当しています。

【映画リゼロ】ベアトリス・ロズワール・パックの紹介

ベアトリスは、ロズワール邸の禁書庫の司書として滞在する金髪ツインテールの少女です。ベアトリス役の声優は新井里美が担当しています。

メイザース領の辺境伯爵ロズワール・L・メイザースは、エミリアとスバルが滞在している屋敷の主です。ピエロのような格好をしたロズワールは言動もどこかふざけている様子で、その真意は分かりません。ロズワール・L・メイザース役の声優は子安武人が担当しています。

エミリアと契約しているパックは、氷系統の魔法を扱う大精霊です。パックは絶大な魔力の力を持っている割には、のんびりとしていてマイペースに振る舞っています。しかし、エミリアのことを思う気持ちはスバルと同等以上のようです。パック役の声優は内山夕実が担当しています。

【映画】本編が好きな方はリゼロ”Memory Snow”をチェック!

今回は劇場版アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活”Memory Snow”』のストーリーと魅力についてご紹介しました。

本編のキャラクターたちが気に入った方は、視聴して損は絶対に無いはずです。また、アニメ2期の伏線となる要素も散りばめられていたりと、考察する点も多いため深く楽しめると思います。

ぜひ、気になった方は視聴してみてください。

記事にコメントするにはこちら