【ハイキュー!!】夜久衛輔がかっこよすぎる!名言・エピソードまとめ

カテゴリーまとめはこちら:ハイキュー!!

音駒高校バレーボール部に所属しており、驚異的なレシーブ力を誇る夜久衛輔(やくもりすけ)。この記事では、守備力が高い音駒高校でリベロの座に就いている彼の実力や、男前な名言をお伝えしていきます。夜久の活躍が見えるシーンも紹介しているので、ぜひチェックしてください。

記事にコメントするにはこちら

夜久衛輔(やくもりすけ)とは

音駒高校バレーボール部の守護神とも言われる夜久衛輔(やくもりすけ)。彼はどんな人物なのでしょうか?こちらでバッチリ解説していきます。

プロフィールをおさらい

一番くじ ハイキュー!!〜新・ゴミ捨て場の決戦!〜 J賞 ライバル校ラバーストラップ音駒高校 夜久衛輔 単品

・クラス:音駒高校(ねこまこうこう)3年5組
・ポジション:リベロ(L)
・背番号:3番
・誕生日:8月8日
・身長:165.2cm
・体重:60.2kg
・最高到達点:301cm
・好物:野菜炒め
・最近の悩み:「後輩がなんか色々心配。」
・担当声優:立花慎之介(たちばなしんのすけ)

音駒高校バレーボール部でリベロとしてレギュラーを務める選手です。圧倒的なレシーブ力でチームに貢献しています。

身長が低いことを気にしているため、彼に身長の話をすることは部内でタブーとされているようです。ただ、チームメイトの灰羽リエーフ(はいばリエーフ)は夜久が低身長だと指摘することが多く、作品でよく彼に蹴りをいれられています。

護りの音駒でリベロを担当!驚異的なレシーブ力

音駒高校バレーボール部は高度な守備が売りのチームです。そんなチームで守備専門のリベロを担当するほど、夜久の守備力は圧倒的と言えるでしょう。

彼はスパイカーのフォームやクセ、そして味方のブロックを確認して一瞬でスパイクのコースを絞り込みます。そのため、最初から攻撃を受けやすい位置にいたかのように錯覚させてしまうのです。

すげえレシーバーは必ずしも目立つワケじゃないんだぜ。

と烏野高校の西谷夕(にしのやゆう)が賞賛するほど、自然に相手の攻撃をいなす夜久。梟谷学園と試合の際には、全国5本の指に入るエーススパイカー木兎光太郎(ぼくとこうたろう)に

やっくんのレシーブシビれるねー!

と絶賛されていました。

夜久が所属する音駒高校バレーボール部を紹介

ハイキュー!! 34 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

都立音駒高校バレーボール部は過去に全国大会へ出場したこともある強豪校です。

“天才”と呼べる選手はいないが、高い守備力を有しており穴がない。

と称されるほどの守備力を持ち、烏野高校の烏養繋心(うかいけいしん)コーチにはしなやかな印象を受けるチームだと賞賛されていました。

“梟谷学園グループ”に所属しており、梟谷学園、森然高校(しんぜんこうこう)、そして生川高校(うぶがわこうこう)と合同で、毎年長期合宿を行っています。

横断幕の文字は“繋げ”。そんな音駒高校は、試合前に次の言葉を口に出すことで自身を鼓舞しています。

俺達は血液だ。滞り無く流れろ。酸素を回せ。“脳”が正常に働くために。

夜久衛輔のかっこよすぎる名言

ここでは男前すぎる夜久の名言を紹介していきます。思わず痺れてしまう彼の信念を見ていきましょう。

「お前は5点ミスったって10点獲ってくれりゃあいいんだよ!」

春高予選で音駒高校は梟谷学園に敗北してしまいます。その試合に張り切って臨んでいたにも関わらず、攻撃が空回りしてしまったリエーフは、活躍できなかったことに落ち込んでしまうのです

全国へ行く最後のチャンスをかけて、戸美学園(のへびがくえん)と試合をする前に、自分がしてしまった失敗を思い出してしまうリエーフ。そんな彼に夜久は次のように声をかけます。

お前は5点ミスったって10点獲ってくれりゃあいいんだよ!あとは相手に獲られなきゃいいハナシだ。

相手に点を獲らせないと言い切る彼に、賞賛や憧れを抱くチームメイト達。リエーフもこの言葉から、落ち着きを取り戻して試合に臨むことができました。

「レギュラーの座は自分の価値で奪え。」

戸美学園との試合中、ボールを繋ぐため観客席まで飛んだ夜久は、足を負傷してしまいます。試合に出られなくなった彼の代わりに、1年生リベロの芝山優生(しばやまゆうき)が出場するのです

急な出場に本領発揮ができない芝山は夜久が話していた言葉を思い出します。

リベロは“小さい奴でも活躍できる”ためのポジションじゃねぇ。レギュラーの座は自分の価値で奪え。『“攻撃”って武器を持たなくても尚コートに立つ価値がある!』って思わせるんだよ。

“護りの音駒”でリベロやるってチョー名誉だろ。」と笑顔で話す彼を思い出し平静を取り戻した芝山は、相手の強烈なスパイクを綺麗に上げることができました。

「過保護上等!セッターを動かさねえのが音駒品質だ。」

春高2回戦、音駒高校は早流川工業(さるかわこうぎょう)と対戦します。音駒のプレースタイルを熟知した上で、セッターから崩そうとする早流川工業。彼らは、決められるスパイクをあえて打たずにセッターを走らせることで、音駒の自滅を図っていました

彼らの作戦に苦戦を強いられてしまう音駒は、とにかくセッターが打ちやすいと思えるトスを上げて現状を打破しようとします。その際に夜久は次のように話すのです。

過保護上等!セッターを動かさねえのが音駒品質だ。

また、「相手を翻弄させるためにわざとレシーブを乱そう。」という案が出た時も、「指示通りの位置に上げろって言われたらやる。」と頼りになる言葉を口にしていました。

夜久衛輔のチームメイトを紹介

夜久にはどんなチームメイトがいるのでしょうか?音駒バレーボール部のメンバーを、プロフィールから性格までたっぷり紹介していきます。

黒尾鉄朗(くろおてつろう)

ハイキュー!! TO THE TOP 黒尾鉄朗 スポーツタオル

・クラス:3年5組
・ポジション:ミドルブロッカー(MB)
・背番号:1番
・誕生日:11月17日
・身長:187.7cm
・体重:75.3kg
・最高到達点:330cm
・好物:サンマの塩焼き
・最近の悩み:「寝癖がとれない。」
・担当声優:中村悠一(なかむらゆういち)

音駒高校の主将を務める選手です。「食えない奴」と称されることもありますが、普段は悪ノリをしながら騒ぎ立てるお調子者の高校生と言えます。

オールラウンダーな選手ですが、特にブロック技術が秀でている彼は、過去に烏野高校の月島蛍(つきしまけい)の指導をしていたことも

トサカヘッドと呼ばれる髪型は、枕を頭の両サイドから押さえて寝ることからつく寝癖です。

海信行(かいのぶゆき)

一番くじ ハイキュー!!〜新・ゴミ捨て場の決戦!〜 J賞 ライバル校ラバーストラップ音駒高校 海信行 単品

・クラス:3年4組
・ポジション:ウィングスパイカー(WS)
・背番号:2
・誕生日:4月8日
・身長:176.5cm
・体重:68.9cm
・最高到達点:309cm
・好物:海ぶどう
・最近の悩み:「些細な気掛かりはありますが、生きていれば何とかなると思っています。」
・担当声優:星野貴紀(ほしのたかのり)

副主将であり、いつもニコニコしている穏やかな選手です。夜久と黒尾が喧嘩をしている時も笑顔で見守っており、時には彼らの代わりに周囲へ謝ることも。

プレイヤーとしては攻守ともに安定した実力を持つ冷静な選手です。烏野高校との試合では、影山飛雄(かげやまとびお)の強烈なサーブをあっさりと打ち上げていました。

孤爪研磨(こづめけんま)

ハイキュー!! TO THE TOP 孤爪研磨 スポーツタオル

・クラス:2年3組
・ポジション:セッター
・背番号:5番
・誕生日:10月16日
・身長:169.2cm
・体重:58.3kg
・最高到達点:295cm
・好物:アップルパイ
・最近の悩み:「夏は暑いし冬は寒いこと。」
・担当声優:梶裕貴(かじゆうき)

鋭い観察眼を持ち、相手がどんな選手なのかを瞬時に見抜くことができる音駒の司令塔です。春高では大会屈指の曲者と称され、チームメイトには相当な負けず嫌いと言われることも。

烏野高校の日向翔陽(ひなたしょうよう)とは友達であり、ライバルです。バレーボールは幼なじみの黒尾に誘われて始めました。

ゲームが大好きで暇さえあればプレイしています。

山本猛虎(やまもとたけとら)

一番くじ ハイキュー!!〜新・ゴミ捨て場の決戦!〜 J賞 ライバル校ラバーストラップ音駒高校 山本猛虎 単品

・クラス:2年1組
・ポジション:ウィングスパイカー(WS)
・背番号:4番
・誕生日:2月22日
・身長:176.7cm
・体重:69.1kg
・最高到達点:322cm
・好物:ヤキソバパン
・最近の悩み:「女性とはどう会話すれば良いのでしょうか。」
・担当声優:横田成吾(よこたせいご)

音駒の熱血エースストライカー。気性が荒く、初対面の相手にも食ってかかることがあります。過去に烏野高校の田中龍之介(たなかりゅうのすけ)と対立していましたが、烏野高校のマネージャーが美人であることで意気投合し、それからは大の仲良しになりました。

過去に孤爪と言い合いになったこともありましたが、今ではお互いを認め合っています

福永招平(ふくながしょうへい)

一番くじ ハイキュー!!〜新・ゴミ捨て場の決戦!〜 J賞 ライバル校ラバーストラップ音駒高校 福永招平 単品

・クラス:2年2組
・ポジション:ウィングスパイカー(WS)
・誕生日:9月29日
・身長:178.3cm
・体重:68.3kg
・最高到達点:315cm
・好物:あたりめ
・最近の悩み:「山本が『もっとしゃべれ。』っていう。」
・担当声優:長南翔太(ちょうなんしょうた)

非常に無口ですが、お笑い好きな選手です。そのせいか、ダジャレを不意に話すことも。以前、山本と孤爪が喧嘩をしていた時も、彼らにバケツで水をかけ

やり過ぎドストエフスキー。

と口にしながら仲裁していました。悪ノリをすることもあるので、決して暗い人物ではありません。

非常に器用な選手で、ブロックがいても変幻自在なコース分けをして得点を決めます

灰羽リエーフ(はいばリエーフ)

一番くじ ハイキュー!! 繋げ!!全国への軌跡!! Q賞 1年ラバーストラップ 灰羽リエーフ

・クラス:1年3組
・ポジション:ミドルブロッカー(MB)
・背番号:5番
・誕生日:10月30日
・身長:194.5cm
(公式では194.3cmと発表されたが、「その時から2mm伸びた。」と本人が言っていたため。)
・最高到達点:345cm
・体重:79.7kg
・好物:おいなりさん
・最近の悩み:「先輩たちがヘンなアダ名つけようとしてくる。」
・担当声優:石井マーク(いしいマーク)

日本人とロシア人のハーフであり、高校からバレーボールを始めた選手です。レシーブが苦手なので、夜久を筆頭に様々な先輩から指導を受けていますが、素直すぎる性格のためによく怒られることも

春高編では、急成長する彼を見ることができます。

犬岡走(いぬおかそう)

一番くじ ハイキュー!!〜新・ゴミ捨て場の決戦!〜 J賞 ライバル校ラバーストラップ音駒高校 犬岡走 単品

・クラス:1年1組
・ポジション:ミドルブロッカー(MB)→ウィングスパイカー(WS)
・背番号:7番
・誕生日:11月11日
・身長:185.3cm
・最高到達点:333cm
・体重:74.3kg
・好物:唐揚げとご飯
・最近の悩み:「食べても食べてもお腹がすくこと。」
・担当声優:池田恭祐(いけだきょうすけ)

活発で明るい選手です。烏野高校との初練習試合では、日向と影山の超速攻を止めるために奮闘しました。

高さで戦えるチームを作りたいという監督の言葉から、ウィングスパイカーへとポジションを変更しています。より一層レシーブを磨いたことで、春高ではブロックだけではなくレシーバーとしても活躍していました。

芝山優生(しばやまゆうき)

一番くじ ハイキュー!!〜新・ゴミ捨て場の決戦!〜 J賞 ライバル校ラバーストラップ音駒高校 芝山優生 単品

・クラス:1年4組
・ポジション:リベロ(L)
・背番号:12番
・誕生日:12月16日
・身長:162.5cm
・最高到達点:280cm
・体重:53.3kg
・好物:オムライス
・最近の悩み:「皆レシーブが上手くて僕は全然かなう気がしないけれど、練習を頑張りたいと思います。」
・担当声優:渡辺拓海(わたなべたくみ)

戸美学園との試合の際にリベロとして一皮向けた選手です。1人で走ってしまうリエーフにバレーは繋ぐスポーツであることを気付かせ、2人で連携したチームワークを魅せました。

強面な烏野高校の東峰旭(あずまねあさひ)に初めて会った時、ひたすら謝っていたことから、普段は気弱な性格であると思われます

手白球彦(てしろたまひこ)

・クラス:1年6組
・ポジション:セッター(S)
・背番号:9番
・誕生日:1月14日
・身長:172.2cm
・体重:59.2kg
・好物:タラの塩焼き
・最近の悩み:「『怒ってるの?』って聞かれることがある。」

天井サーブを武器に持つ、音駒の控えセッターです。春高で烏野高校との対戦の時、選手として入るのは準備不足と話す球彦に「それを言える度胸と冷静さがお前の武器だ。」と監督は話していました。

初公式戦では東峰の強烈なスパイクを何とか拾いますが、試合終了後に置いてきぼりだった自分を踏まえ、

俺もコートに入りたい。あんな風にバレーやりたい。

と決意を固めました。

夜久衛輔を語るには烏野高校が外せない!

夜久について語るなら、忘れてはいけないのが烏野高校の存在です。ここでは、音駒高校と烏野高校の関係性や、特に絡みのある烏野高校のメンバーを紹介します。

音駒と烏野は永遠のライバル

音駒高校の猫又育史(ねこまたやすふみ)監督と烏野高校の烏養一繋(うかいいっけい)監督は、学生時代からライバル同士でした。その縁から、音駒高校と烏野高校には古くから交流があったのですが、両監督が引退後その関係は途絶えてしまいます。

しかし、猫又監督の復帰後、烏養一繋監督の孫である烏養繋心が監督に就いたため、両校の交流が復活しました

両校とも高校名が「ネコ」「カラス」と取れることから、2チームで行われる試合は「ゴミ捨て場の決戦」と称され、近所でも評判だったそうです

公式戦では1度も対戦したことがないため、春高で対決することが両校の目標にもなっています。

西谷夕(にしのやゆう)とは切磋琢磨する関係

ハイキュー!! セカンドシーズン 西谷夕 アクリルパスケース

・クラス:烏野高校2年3組
・ポジション:リベロ(L)
・誕生日:10月10日
・身長:159cm→160.5cm
・体重:51.1kg
・最高到達点:300cm
・好物:ガリガリ君(ソーダ)
・最近の悩み:「無し!!」
・担当声優:岡本信彦(おかもとのぶひこ)

烏野高校の守護神と称され、中学時代に「ベストリベロ賞」を取っている彼は、初めて対戦した時から夜久に大きな尊敬の念を抱いています。

春高では夜久のスーパープレーに

クッッソかっけえっ…!

と話す西谷ですが、仲間がプレーしやすいように動く西谷に夜久も

あれからずっとお前は怖えな、夕。

と感じています。敵であると同時に互いが互いの師であることが分かりますね。

菅原孝支(すがわらこうし)と仲良し

ハイキュー!! アクリルパスケース 菅原孝支

・クラス:烏野高校3年4組
・ポジション:セッター
・誕生日:6月13日
・身長:174.3cm→174.6cm
・体重:63.5kg
・最高到達点:298cm
・好物:激辛麻婆豆腐
・最近の悩み:「後輩に自分よりデカい奴が多い。」
・担当声優:VOMIC版 宮永恵太(みやながけいた)/テレビアニメ版 入野自由(いりのみゆ)

気配り上手な烏野高校の控えセッターです。夜久とは初練習試合の時から意気投合したのか、それ以降も一緒にいる機会をよく見かけます。合同合宿では、海信行を含めた3人で食事をしている姿も見られました。

春高で烏野が音駒に勝利した際には、2人で肩をぶつけ合いお互いの健闘を讃える姿も描写されています。

夜久衛輔の活躍を見たいなら?

ハイキュー !!オタクの視点から、夜久が活躍する回をご紹介します。もちろん、登場回は他にも多数ありますが、彼の活躍が見たいならこちらのシーンは押さえておきましょう。

音駒高校VS烏野高校1 初試合編

ハイキュー!! 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

『アニメ ハイキュー !!』では11話から、単行本では4巻からチェックすることができます

こちらでは音駒高校の初登場シーンが描かれています。夜久の初登場回でもあるので、まずはチェックしてほしいシーンと言えますね。プレーでは、烏野高校のエースである東峰が放った強烈なサーブを夜久が綺麗に打ち上げるところが見どころです。

また、試合後には西谷とライバル関係になる瞬間も描写されています。

レシーブのレベルが高いチームで、リベロの座にいる実力すげえと思いました。

と話す西谷に夜久は、

彼だって相当レベルの高いリベロなのに、慢心するどころかひたすら上だけを見てる。怖いっすね。

と話し、脅威に感じていました。

音駒高校VS梟谷学園 春高予選編

ハイキュー!! 22 (ジャンプコミックスDIGITAL)

アニメではOVA『ハイキュー !!陸VS空』で、単行本では22巻から見ることができます

普段よく練習試合をする音駒高校と梟谷学園で、春高出場枠を巡って対決する姿が描かれているこちらの回。絶好調な夜久のプレーが見えるので、ファンとしては絶対に見逃して欲しくない話です。

試合では、スパイカーのコースに綺麗に回り込みボールを上げる夜久に、梟谷学園の木兎光太郎も思わず賞賛してしまいます。山本猛虎の妹でもあり、応援団長を務める山本あかね(やまもとあかね)は彼のプレーを見て、

あのレシーブがあるから“脳(セッター)”が存分に力を発揮できるの!

と大絶賛していました。

音駒高校VS烏野高校2 春高編

ハイキュー!! 33 (ジャンプコミックスDIGITAL)

単行本で33巻から見ることのできる回であり、アニメではまだ放送されていません

こちらでは宿敵烏野高校と公式戦での試合が描かれています。2019年に週刊少年ジャンプで掲載された、ハイキューのベストゲーム賞で1位をとるほど、見応えのある試合です。

夜久の超絶プレーを見られるのはもちろん、彼と烏野高校メンバーとの絡みにも注目してほしい回です。最初に会った時から互いを意識していた西谷との戦いなど、見ているだけで心が熱くなっていくシーンが多数描写されています

夜久のプレーを見て、思わず「よく上げた!」と解説者が漏らしてしまうほど、彼の活躍が目白押しであるゴミ捨て場の決戦。アニメ派の人も、ぜひ単行本で確認してもらいたい回です。

男前な夜久衛輔から目が離せない!

【夜久衛輔】 ハイキュー!! トレーディングAni-Art ミニ色紙 Ver.B

圧倒的なレシーブ力でチームを支えている夜久衛輔。リベロとしてただボールを拾うのではなく、相手のコースを見切った上で回り込んで綺麗に仲間へとボールを上げる。その技術力の高さから逆に、目立たないリベロであるとも言えますね。

そんな彼のスーパープレーに目を奪われがちですが、かっこいいのはプレーだけではありません。後輩想いでレシーブ指導を頻繁に行う夜久の優しさや、リベロに対する熱い考えに心を動かされた人も多いのではないでしょうか

ぜひ、ハイキューを見たことがある人もまだ見たことがないという人も、彼の活躍を振り返ってみてくださいね。

 

 

記事にコメントするにはこちら