【ログ・ホライズン】マリエールの声優は?直継との関係やかわいい人柄も

カテゴリーまとめはこちら:ログホライズン

【ログ・ホライズン】のマリエールはセクシーでありながら女性ギャグ要員で、視聴者に強い印象を残すキャラクターです。作中では積極的に活動し、アキバの街の自治体である円卓会議の一員でもあります。今回はマリエールの魅力と人間関係、声優について深掘りします!

記事にコメントするにはこちら

【ログホラ】マリエールは笑顔の絶えない人気者

マリエールは作中でも人気のある、セクシーな女性キャラクターです。人気の秘密は、なによりもその性格。分け隔てなく人に接し、優しい笑顔はアキバの街でも有名です。マリエールがどんな人なのか、少しずつ解説していきます。

マリエールは「アキバの向日葵」

マリエールの笑顔はアキバで有名で、「アキバの向日葵」と称されるほどです。とても前向きで何事にも一生懸命なので、マリエールに憧れる人も少なくありません。「三日月同盟」というギルドのギルマスを務めており、世話好きな性格もあって高い団結力を誇っています。

スキンシップが激しく、少々行き過ぎてしまいがち。性別に関係なく、抱きつく癖があります。しかし激しいスキンシップ込みの明るい性格が、マリエールの魅力ですね。

マリエールが運営する「三日月同盟」

マリエールは、「三日月同盟」というギルドのギルドマスターです。「三日月同盟」は生産系のギルドで、メンバーのほとんどが初心者や中級者で占められています。マリエールの性格もあってか、常に和気あいあいとした雰囲気が印象的です。

メンバーは30人前後で、「エルダー・テイル」では中規模ギルド。ギルマスが女性というのは「エルダー・テイル」では珍しいので、メンバーに女性プレイヤーも多く見られます。それも、団結力が高い理由のひとつかもしれません。

アキバのためにマリエールは積極的に行動

「大災害」後に荒れた世界も、しばらくして落ち着いていきます。しかしそれはマリエール曰く「ギルドの格付けが終わった」状態で、望ましい形ではありませんでした。大規模ギルドが幅を利かせるようになって、小規模ギルドやソロプレイヤーは泣き寝入りに近い状態に追いやられたのです。

マリエールは、「中規模ギルドで連合を組んで大規模ギルドに対抗しよう」と行動しました。会議を主催したものの、いい案が出ず計画は破綻してしまいます。後にマリエールの行動を聞いたシロエは心を打たれ、及び腰だったシロエが動くきっかけとなりました。そしてマリエールの構想を昇華した形で、円卓会議が結成されたのです。

「記録の地平線」と共同戦線!軽食販売クレセントムーン

円卓会議結成を考えたシロエは、そのための方法として自らのギルド「記録の地平線(ログ・ホライズン)」を結成します。そして信頼できる人物マリエールと、そのギルド「三日月同盟」に協力を求めました。

味のある食事の調理方法を知ったマリエールは、「軽食販売クレセントムーン」としてハンバーガーを販売します。「軽食販売クレセントムーン」が有名になったところで、マリエールは大手生産系ギルドに連絡。融資の約束を取り付けて、目標の金貨500万枚を達成します。

この資金を元にシロエはギルド会館を購入し、最終的に円卓会議を結成しました。

アキバ連続殺人事件でアカツキを徹底サポート

円卓会議が機能して、本当の意味で落ち着きを取り戻し始めるアキバの街。そこに連続殺人事件が発生してしまいます。アキバの街は戦闘禁止区域なので、冒険者同士で戦闘行為ができません。犯人は、フレーバーテキスト顕在化の影響を受けた大地人ネルレスでした。

ネルレスの特性上、集団で取り囲むのは逆効果。そこでアタッカーにアカツキを据え、マリエールがヒーラーとして同行します。残りのメンバーは一定距離を置いての徹底サポートという戦略で、ネルレスの打倒に成功。

マリエールはLv90の高レベルプレイヤーですが、実戦経験が少なくレイドは初めてでした。それでもアカツキのサポートを行い、クエストを成功に導いた立役者です。

現実世界のマリエールはニート!?

マリエールの本名は坂本鞠絵(さかもとまりえ)で、28歳の「家事手伝い」です。一時期はパートとして働いていましたが、現在は働いていません。女子校出身で、親友ヘンリエッタ曰く「大阪人の純粋培養」とのこと。警戒心のない過度なスキンシップは、マリエールの天然育ちなところもありそうですね。

マリエールの本名を知っている人は「三日月同盟」内でも少ないようですが、オフ会は何度か行っています。ギルマスがマリエールなので、仲の良いギルドなのは容易に想像できますね。

【ログホラ】マリエールが主人公!「HoneyMoonLogs」

ログ・ホライズン外伝 HoneyMoonLogs 1 (電撃コミックス)

「HoneyMoonLogs」は「三日月同盟」のマリエールとヘンリエッタを主人公とした、【ログホラ】スピンオフ作品です。本編のストーリーを、「三日月同盟」の視点から描かれています。

またオリジナルストーリーも多く、オリジナルキャラの玲央人(れおと)も登場。玲央人はマリエールに呪いをかけ、「三日月同盟」に大きな迷惑をかけます。実はマリエールと現実世界でつながりのある人物で、ちょっとしたイタズラのような行動でした。

マリエールやヘンリエッタが活躍し、ヘンリエッタのかわいいところも見られます。マリエールだけではなく「三日月同盟」のファンならば、ぜひ読んでみてください

【ログホラ】アキバの向日葵・マリエールの人間関係は

「アキバの向日葵」と称されるマリエールの交友関係は、非常に広く見られます。嫌われている様子も描かれておらず、円卓会議の中でも人気があるようです。今回は、マリエールの交友関係の一部を紹介します。

心配なソロプレイヤー・シロエ

第9話 円卓会議

主人公シロエとは「大災害」以前から親交があったようで、マリエールがシロエを頼る描写は多々あります。シロエは過去の経験から人間関係をわずらわしく思うところがあり、自分とは真逆で裏表のないマリエールを尊敬しているようです。

一方マリエールは、常にソロで行動するシロエを強く心配しています。何度か「三日月同盟」に誘ったようで、心配のほどが分かりますね。また、お互いに「マリ姉」、「シロ坊」と呼ぶほどの仲良し。

一緒に戦闘したことは少なく、2期終盤の「呼び声の砦」攻略のときのみです。そのときは実戦経験が乏しいながらレイドメンバーに選抜され、ヒーラーとして活躍しています。

友達以上恋人未満!直継

直継は「記録の地平線」のメンバーで、「大災害」後にシロエの伝手で知り合いました。初対面のときから警戒心のないスキンシップをしたことで、オープンスケベを自称する直継も困惑。果てには、直継に「この姉ちゃん怖い」や「常識わきまえろ」と言われました。

シロエが行動に出てから、マリエールは協力者として、直継は親友としてシロエを支えます。お互いその役割に共通点を感じるようになり、少しずつ親密になりました。直継もマリエールと同じく裏表のない竹を割ったような性格なので、感じるところがあったのかもしれません。

2期からはてとらという恋敵(?)も現れました。今後の展開が気になりますね。

現実でも親友のギルド幹部・ヘンリエッタ

ヘンリエッタは「三日月同盟」の幹部で、マリエールの親友。現実世界でも親友であり、お互いの個人情報もよく知っているようです。マリエールはギルマスとして理想主義なところがあり、後先考えない行動が見られます。ヘンリエッタはそれを制御する現実主義で、2人そろうことで「三日月同盟」はうまく機能しているようです。

天然気味なマリエールはヘンリエッタにいじられることも多く、そのたびに本名「梅子(うめこ)」と呼んで仕返ししています。ギルドに関することなど2人で話すことも多いようで、周りに誰もいなくてもふざけあっていました。この2人だからこそ、「三日月同盟」の絆は強いのでしょうね。

マリエールに憧れる戦闘班長・小竜

小竜は「三日月同盟」の戦闘班長を務め、「三日月同盟」では数少ないLv90プレイヤーです。マリエールに恋心を抱いており、マリエールからのお願いはほぼ無条件で聞き入れます。その際に無意識なのか尻尾をブンブンと振る様子から、ギルドメンバーの飛燕からは「忠犬」とからかわれました。マリエールとの関係から直継を特に意識しており、追いつき追い越そうとする必死さを見せたことも。

現実世界では高校2年生で、本名は章介(しょうすけ)。携帯電話の待ち受け画像は、オフ会で隠し撮りをした鞠絵(マリエール)の写真を日替わりで替えているそうです。

アキバに出向している大地人の貴族・レイネシア

第23話 アイザックとイセルス

レイネシアは大地人の貴族の娘で、イースタル都市同盟からアキバの街に出向。レイネシアが住む館は「水楓の館」と呼ばれ、護衛も兼ねて何人かの女性冒険者が出入りしています。その中には、マリエールの姿もありました。

いい意味で遠慮のないマリエールは、レイネシアと仲良くなります。姫であるレイネシアのことを「シアちゃん」と呼び、当初はヘンリエッタから怒られたものの「別にええやん」と一蹴。

アキバ連続殺人事件のときは、解決後にレイドメンバーとレイネシアでパジャマパーティーを開きました。マリエールを始めとした冒険者と、少しずつ打ち解けていきます。

【ログホラ】マリエールのかわいい名言3選

マリエールは関西弁を使うこともあって、セリフのひとつひとつにインパクトがあります。少々おバカな発言も多いですが、芯を捉えた名言も。今回は3つ選びましたので、紹介します。

おうち、作れたんやね

シロエは「アキバの街をなんとかしたい」と発起します。「協力してほしい」とマリエールに願うシロエは、自らのギルド「記録の地平線」を作ったことを報告します。「ギルド=帰るべき家」と考えるマリエールは、「大災害」後もギルドに所属しないシロエを心配していました。

「シロ坊…。おめでとうな?ギルド、作れたんや」
「シロ坊、作れたんやね。おうち、作れたんやね」

「三日月同盟」に誘われていたのに、「記録の地平線」を作ったことに多少の引け目を感じていたシロエは謝罪します。それでも、涙を流しながら祝福するマリエール。ギルド規模の拡大や有名プレイヤーの加入などではなく、本当にシロエを心配している様子が感動的でした。

直継やんはええ子やな

シロエに協力することを決めたマリエールは、日々激務をこなしていました。シロエやヘンリエッタから容赦なく持ってこられる書類を前に、ついに駄々をこね始めます。そこに差し入れを持って、直継が現れました

直継は「シロの作戦に乗ってくれてありがとう」と、親友とマリエールを気遣う言葉を言います。直継の態度と言葉を聞いたマリエールは、突然直継の頭をなでました。

「直継やんはええ子やな」
「直継やんがシロ坊のそばにおってよかったわ」
「これからも仲良うしたって」

1人だと何かと危なっかしいシロエですが、直継がいれば安心。マリエールは、きっとそう感じたのでしょう。

念話は1日1回

円卓会議の財政難を前にしてシロエと直継は、解決のためにアキバの街を離れます。円卓会議でも一部の人間しか知らない、極秘中の極秘作戦です。

詳しい内容はマリエールも知らなかったようですが、直継と念話(ボイスチャット)をするかまごまごしていました。ヘンリエッタにツッコまれるものの、照れながら言います。

「念話は1日1回、夕飯後の21時なんやもん」

思わず「はあ?」と言ってしまうヘンリエッタ。直継が厳しい任務に就くので、2人で相談して決めたそうです。ある意味初々しい決め事は、周りが赤面してしまうほど。2人の仲を応援しているヘンリエッタでさえも「お腹いっぱい」と、苦笑いしながらその場を立ち去ってしまいました。

【ログホラ】マリエールの声優は原由実(はらゆみ)さん

YOU&ME BD付数量限定盤

原さんは高校卒業後に郵便局で働きながら、声優を志していました。声優として所属先事務所が決まるときに、夢を追いかける道を選びます。普段の仕事では共通語を使いますが、元々大阪育ちのため関西弁の役は自然な声になるようです。マリエールなどはまさに適役ですね。

代表作は『THE IDOLM@STER』四条貴音『オーバーロード』アルベド『ガールズ&パンツァー』マリーなどです。

【ログホラ】円卓崩壊の危機でもマリエールの笑顔が咲く!?

【ログホラ】のアニメ3期は「円卓崩壊」というサブタイトルです。円卓会議・アキバの街に危機が訪れるのは想像できますが、マリエールは円卓会議の一員としてどのように関わるのでしょうか。直接的な活躍はあまりないかもしれませんが、持ち前の明るさで冒険者や視聴者を笑顔にしてくれることを期待しましょう!

記事にコメントするにはこちら