【2020最新版】『D.Gray-man』キャラクター一覧<黒の教団職員編>

カテゴリーまとめはこちら:D.Gray-man

星野桂先生の大ヒット作『D.Gray-man』。仮想19世紀末の世界を舞台に、「神の結晶」とも呼ばれる不思議な物質イノセンスに適合したエクソシストと、世界を終焉に導くことを目指し暗躍を続けるノアの一族、そして悲劇と機械と魂を材料につくられた悪性兵器「AKUMA」との戦いが描かれます。本記事では、エクソシストが在籍する教皇の秘密結社「黒の教団」に所属する職員を中心にご紹介します!

記事にコメントするにはこちら

目次

『D.Gray-man』とは?

星野桂 D.Gray-manイラスト集 Noche (星野桂 D.Graymanイラスト集 Noche) (愛蔵版コミックス)

「Dグレ」の略称で知られる『D.Gray-man』は、2004年に「週刊少年ジャンプ」にて連載が開始された漫画作品。作者は、2013年に放送されたオリジナルのテレビアニメ『革命機ヴァルヴレイヴ』のキャラクター原案でも知られる星野桂さん。本作は何度か掲載雑誌を移籍した後、2020年現在は季刊誌の「ジャンプSQ.RISE」にて連載が続けられています。

2006年から2年に渡って、原作1〜16巻の内容を元に、オリジナルの展開も込みで制作されたテレビアニメが放送。声優を総入れ替えした上で、2016年に原作17〜23巻の内容を元に制作されたテレビアニメも放送されました。

物語のあらすじ

D.Gray-man コミック 1-25巻セット (ジャンプコミックス)

時は仮想19世紀末。世界の終焉を目論むノアの一族が、人間の悲劇を材料に製造した悪性兵器「AKUMA」を引き連れて暗躍する世界。「神の結晶」とも呼ばれるイノセンスに適合したエクソシストは、唯一これに対抗し得る力を持っています。彼らは教皇の秘密結社「黒の教団」に実働派として所属し、科学班や医療班といったサポート派の人々からのバックアップを受けています。

ここからは、そんな本作に登場する黒の教団の職員を中心にご紹介していきます。なお、年齢や身長などの基本プロフィールは、公式ファンブック「灰色ノ記録(グレイログ)」または「灰色ノ聖櫃(グレイアーク)」の情報を元に記載します。

『D.Gray-man』キャラクター1:室長 コムイ・リー

D.Gray-man 7 (ジャンプコミックスDIGITAL)

コムイ・リーは、黒の教団の室長。年齢は30歳で、誕生日は6月13日。身長193cmで、体重は72kg。中国人で、血液型はAB型。趣味は裁縫と発明です。イノセンスに適合してエクソシストになることを強要された妹・リナリーの傍に行くために、20代前半にして黒の教団のサポート派の最高権力者「室長」の地位にまで上り詰めました。

黒の教団の負の体質を改革してきた優秀な司令官であり、気まぐれな言動と妙な発明で大事件を巻き起こすトラブルメーカーでもあります。聖戦に勝利するため、時に司令官として非情な決断を下さなければならない場面もあり、ひとり執務室で苦悩することもあります。

声優は小西克幸(こにし・かつゆき)さん/井上剛(いのうえ・ごう)さん

旧アニメでコムイの声を担当した小西克幸さんは、賢プロダクションに所属する声優。1973年4月21日生まれで、和歌山県出身。『シャーマンキング』の阿弥陀丸役、『テイルズ オブ シンフォニア』のロイド・アーヴィング役、『マクロスF』のオズマ・リー役などで知られています。

新アニメでコムイの声を担当した井上剛さんは、シグマ・セブンに所属する声優。1978年4月19日生まれで、佐賀県出身。『TIGER & BUNNY』のスカイハイ(キース・グッドマン)役、『黒子のバスケ』の土田聡史役、『神撃のバハムート GENESIS』のカイザル・リドファルド役などで有名です。

『D.Gray-man』キャラクター2:科学班第1班班長 リーバー・ウェンハム

リーバー・ウェンハムは、黒の教団本部の科学班第1班班長。年齢は27歳で、誕生日は9月8日。身長185cmで、体重は70kg。オーストラリア人で、血液型はA型。趣味は射撃、クロスワードパズル、マラソンです。中東支部出身の科学者で、数学と言語学と化学を専門にしています。

真面目で部下思いな性格で、本部が襲撃されて次々と部下が犠牲になっていったときには、「オレの部下をテメェらにやるなんざ、冗談じゃねえ!」と言って、自ら銃を持って前に出る男気を見せました。トラブルメーカーのコムイに振り回されて苦労していますが、彼のことは何があっても全力で支えようと心に決めています。

声優は置鮎龍太郎(おきあゆ・りょうたろう)さん/杉田智和(すぎた・ともかず)さん

旧アニメでリーバーの声を担当した置鮎龍太郎さんは、青二プロダクションに所属する声優。1969年11月17日生まれで、福岡県出身。『BLEACH』の朽木白哉役、『テニスの王子様』の手塚国光役などで有名です。妻は、『Yes!プリキュア5』の水無月かれん(キュアアクア)役、『金色のガッシュベル!!』の大海恵役などで知られる同じ声優の前田愛(まえだ・あい)さん

新アニメでリーバーの声を担当した杉田智和さんは、AGRS(アジルス)に所属する声優。同社の代表取締役も務めています。 1980年10月11日生まれで、埼玉県出身。『涼宮ハルヒの憂鬱』のキョン役、『銀魂』の坂田銀時役、『ジョジョの奇妙な冒険』のジョセフ・ジョースター役などで有名です。

『D.Gray-man』キャラクター3:科学班第1班 ジョニー・ギル

View this post on Instagram

明日のサイン会にいらっしゃる皆さんに、大阪でもお配りしたお土産がありますので、お荷物でなければA4sizeのクリアファイル、または袋などお持ちいただけると、帰り道の邪魔にならないかと思います。 それと、情けないことに少し前に体調を崩して(それは完治したのですが🍡)気管支炎になってしまいまして、サイン会では休憩時間がないので、皆さんの前でちょいちょい龍角散ダイレクトや、のどぬ~るスプレーとかをシャッシャッするかもしれません。 そんな時は、どうか見ないフリをしていただけると助かります・・・( ´∀`) どうぞよろしくお願いいたします🍡

A post shared by hoshino katsura (@katsura_5600) on

ジョニー・ギルは、黒の教団本部の科学班第1班のメンバー。年齢は26歳で、誕生日は7月2日。身長165cmで、体重は57kg。アメリカ人で、血液型はA型。趣味は裁縫、チェス、壊れた機械の修理です。周囲と壁をつくらずに仲良く接することのできる性格で、上司のリーバーからは科学者としての実力だけでなくエクソシストの心に寄り添える器を見込まれていました。

主人公のエクソシスト・アレン・ウォーカーが、異端のノア・ネア=D=キャンベルのメモリーをその身に宿した自分の運命と向き合うために黒の教団を離脱した後、ジョニーは危険を承知で彼を追いかけることを決意。再会したアレンに「友としてお前の手助けがしたいんだ」と語って、孤独に苦しんでいたアレンを思わず赤面させました。

声優は坪井智浩(つぼい・ともひろ)さん/市来光弘(いちき・みつひろ)さん

旧アニメでジョニーの声を担当した坪井智浩さんは、81プロデュースに所属する声優。1971年9月30日生まれで、埼玉県出身。『薄桜鬼』の永倉新八役、『ゼーガペイン』のシマ役、『NARUTO -ナルト-』の神月イズモ役などで知られています。

新アニメでジョニーの声を担当した市来光弘さんは、マウスプロモーションに所属する声優。1982年1月10日生まれで、鹿児島県出身。『刀剣乱舞-花丸-』の大和守安定役、『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』の霧島タカトラ役、『お酒は夫婦になってから』の水沢壮良役などで有名です。

『D.Gray-man』キャラクター4:科学班 タップ・ドップ

D.Gray-man 16 (ジャンプコミックスDIGITAL)

タップ・ドップは、黒の教団本部の科学班メンバー。年齢は27歳で、誕生日は10月13日。身長179cmで、体重は128kg。アメリカ人で、血液型はO型。趣味はパズルと模型作りです。ニット帽を被ったふくよかな男性で、北米支部時代からの付き合いであるジョニーのことをよくフォローしていました。

本部が襲撃された際、その優秀な頭脳に目をつけられて守化縷(スカル)に改造されてしまいます。アレンとリナリーの尽力によってレベル4のAKUMAが破壊された後、ジョニーの腕の中で科学班での残業の日々を思い出しながら「イマ生きられルナら、一生ザンギョでもいイ…やぁ…」と言って涙を流し、砂と化して死亡しました。

声優は田中完(たなか・かん)さん

旧アニメでタップの声を担当した田中完さんは、81プロデュースに所属する声優。1964年2月3日生まれで、東京都出身。『デュエル・マスターズ』のDr.ルート役、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のアリウム・ギョウジャン役、『NARUTO -ナルト-』のイワナ役などで知られています。

舞台俳優としても活躍していて、鈴置洋孝(すずおき・ひろたか)さんがプロデュースしていた舞台に数多く出演していました。

『D.Gray-man』キャラクター5:科学班 マービン・ハスキン

マービン・ハスキンは、黒の教団本部の科学班メンバー。出身は南米支部。目が隠れるほどに長い前髪と、ひとつに結った癖のある後ろ髪が特徴的な男性で、いつも口にタバコをくわえていました。

本部が襲撃された際、科学班メンバーと協力して即席で結界装置(タリズマン)を作成。その後、リーバーと協力してAKUMAに捕らえられたジョニーを救い出しましたが、今度は逆に自分が捕らえられてしまいました。アレンに自分を食ったAKUMAがレベル4に進化したこと、ふんばれなくて申し訳ないことを伝えて死亡しました。

『D.Gray-man』キャラクター6:科学班第1班 ロブ・ニール

ロブ・ニールは、黒の教団本部の科学班第1班のメンバー。年齢は43歳で、誕生日は10月2日。身長178cmで、体重は64kg。オーストラリア人で、血液型はO型。趣味は水泳と押し花です。オセアニア支部出身で、短い黒髪と口元の無精髭を特徴としています。

温和な性格で、幼い頃から黒の教団にいるリナリーのことを娘のように可愛がって勉強を教えていました。コムイに振り回されたり部下の面倒を見たりと、何かとストレスの多いリーバーの愚痴を聞いてあげることも。ノアの一族による襲撃を受けて本部が移転してからは、本部で研究を進めるだけでなく、エクソシストたちの任務にも同行するようになりました。

『D.Gray-man』キャラクター7:科学班第1班 キャッシュ・ドップ

キャッシュ・ドップは、黒の教団本部の科学班第1班のメンバー。年齢は26歳で、誕生日は9月19日。身長169cmで、体重は98kg。アメリカ人で、血液型はO型。趣味はボクシング、アウトドア、チェスです。本部の移転に伴って、南米支部から本部に異動してきました。タップの妹で、帽子を被ると兄そっくりの見た目になります。

さっぱりとした性格で胆力があり、ジョニーが過労で倒れたときは、かつて兄がやっていたように彼を背負って医療班に運んであげていました。ジョニーが科学班を辞めてアレンを追いかけると決めたときは、「何があってもアレン・ウォーカーを信じぬけよ」と言って彼を送り出しました。

声優は新田早規(にった・さき)さん

新アニメでキャッシュの声を担当した新田早規さんは、81プロデュースに所属する声優。1990年8月2日生まれで、北海道出身。『弱虫ペダル』の幼少時代の今泉俊輔役、『ポケットモンスター ベストウイッシュ』のジュペッタ役、『境界のRINNE』のブリキナース役などで知られています。

『D.Gray-man』キャラクター8:科学班第1班 ジジ=ルゥジュン

ジジ=ルゥジュンは、黒の教団本部の科学班第1班のメンバー。年齢は48歳で、誕生日は1月19日。身長185cmで、体重は81kg。中国人で、血液型はB型。趣味は秘密箱作りと、飲み会幹事です。丸いサングラスをかけた無精髭の男性で、2年前まで本部科学班に勤務していましたが、上層部と喧嘩してアジア支部に飛ばされてしまい、本部の移転に伴って再び本部科学班に異動してきました。

ノリがよく面倒見のいい性格で、アレンを追いかける計画を立てていたジョニーの怪しい動きをいち早く察知。彼が旅立つときには、涙と鼻水を垂らしながら「いいかぁっ。ゼッテェ死ぬんじゃねェぞ。バカヤロウ!!」と言って送り出しました。

声優は奈良徹(なら・とおる)さん

新アニメでジジの声を担当した奈良徹さんは、ケンユウオフィスに所属する声優。5月7日生まれで、埼玉県出身。『僕のヒーローアカデミア』の砂藤力道役、「カードファイト!! ヴァンガードシリーズ」の石田ナオキ役、『ちはやふる』の西田優征役などで知られています。

『D.Gray-man』キャラクター9:科学班第2班班長 レゴリー・ペック

レゴリー・ペックは、黒の教団本部の科学班第2班班長。年齢は29歳で、誕生日は2月7日。身長183cmで、体重は69kg。英国人で、血液型はAB型。趣味はオペラと観劇です。元は中央庁科学室に勤務していましたが、本部の移転に伴って今の地位に移りました。ヘアバンドで前髪を上げて眼鏡をかけた男性で、プライドが高く、美女には目がありません。

北米支部で第二(セカンド)エクソシストのアルマのことを知り、ショックのあまり思わず嘔吐してしまったジョニーに対し、辛辣な言葉を投げかけましたが、その支部が襲撃を受けた際には、彼とリーバーを助けるためにトイレまで戻ってくる気遣いを見せました。

声優は梅原裕一郎(うめはら・ゆういちろう)さん

梅原裕一郎1stフォトブック めっちゃいい塩梅。

新アニメでレゴリーの声を担当した梅原裕一郎さんは、アーツビジョンに所属する声優。1991年3月8日生まれで、静岡県出身。2013年に海外ドラマ『シェキラ!』のモンロー役で声優デビューを果たし、2015年にテレビアニメ『ヤングブラック・ジャック』の間黒男役で初主演を果たしました。

これまでに『キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series』のシズ役、『銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅』のジークフリード・キルヒアイス役、『アイドルマスター SideM』の鷹城恭二役などを担当しています。

『D.Gray-man』キャラクター10:レゴリーの助手 マシュー

マシューは、科学班第2班班長のレゴリーの助手。長い黒髪を前髪ごと後ろでひとつに縛った男性で、前髪が1本だけ上に跳ねているのが特徴的。北米支部で「第三使徒(サードエクソシスト)計画」に関する研究会議に出席したレゴリーに同行し、アルマの過去と現状を知っても動じない精神力の強さを見せました。

「キミはレゴリー・ペックの助手なんだから低レベルな発言はしちゃいけないよ」と話すレゴリーに対して、「はい!ペック班長」と笑顔で敬礼するなど、上司である彼のことをよく慕っている様子です。

声優は米内佑希(よない・ゆうき)さん

新アニメでマシューの声を担当した米内佑希さんは、81プロデュースに所属する声優。1989年12月23日生まれで、秋田県出身。2016年に放送されたテレビアニメ『チア男子!!』の坂東晴希役で初主演を務めました。

これまでに『あんさんぶるスターズ!』の仁兎なずな役、『ピアシェ〜私のイタリアン〜』の北原マロ役、『フューチャーカード 神バディファイト』の騎道セイジ役などを担当しています。

『D.Gray-man』キャラクター11:科学班第3班班長 マーク・バロウズ

マーク・バロウズは、黒の教団本部の科学班第3班班長。年齢は36歳で、誕生日は8月13日。身長190cmで、体重は74kg。インド人で、血液型はA型。趣味は整理整頓です。レゴリーと同じく、本部の移転に伴って中央庁科学室から異動してきました。丸眼鏡をかけた浅黒い肌の男性で、親指と人差し指をコシコシとこすり合せる癖があります。

不潔なものが大嫌いで、本部に着任して早々、科学班第1班班長のリーバーに対して「私の部下が第1班から悪臭がすると言っている。キミの班員は風呂に入らないのか?」とクレームをつけていました。

声優は岩瀬周平(いわせ・しゅうへい)さん

新アニメでマークの声を担当した岩瀬周平さんは、FIRST WIND productionに所属する声優。10月25日生まれで、千葉県出身。『ダンボール戦機WARS』の法条ムラク役、『カミワザ・ワンダ』のソウマ役、『ID:INVADED イド:インヴェイデッド』の羽二重正宗役などで知られています。

『D.Gray-man』キャラクター12:総合管理班料理長 ジェリー

ジェリーは、黒の教団本部総合管理班の料理長。年齢は33歳で、誕生日は11月7日。身長192cmで、体重はヒミツ。インド人で、血液型はO型。趣味はレシピ研究です。幼い頃に「ムエタイ道場を継げ」と迫る父親に逆らって家出し、世界放浪の途中、中国で料理母性に目覚めました。料理の師匠はズゥ・メイ・チャン。そのレパートリーはなんと4桁に届くのだとか。

コムイとは彼が室長に就任する前からの付き合いで、お互いのことを「ジェリぽん」「コムたん」と呼び合うほどに親しい関係を築いています。彼の妹のリナリーとも親しく、休日にはエクソシストのミランダ・ロットーも招いて一緒にお茶会をしています。

声優は鈴木琢磨(すずき・たくま)さん/稲田徹(いなだ・てつ)さん

旧アニメでジェリーの声を担当した鈴木琢磨さんは、81プロデュースに所属する声優。1961年12月7日生まれで、東京都出身。『魁!!クロマティ高校』の林田慎二郎役、『君に届け』の荒井善行役、『NARUTO -ナルト-』の加藤ダン役などで知られています。

新アニメでジェリーの声を担当した稲田徹さんは、青二プロダクションに所属する声優。1972年7月1日生まれで、東京都出身。『ツバサ・クロニクル』の黒鋼役、『鉄のラインバレル』の沢渡拓郎役、『僕のヒーローアカデミア』のエンデヴァー(轟炎司)役などで有名です。新アニメでは他にも、高位エクソシストである元帥のウィンターズ・ソカロ役も担当しています。

『D.Gray-man』キャラクター13:医療班 婦長

婦長は、黒の教団本部の医療班のトップ。年齢は55歳で、誕生日は9月30日。身長176cmで、体重は55kg。イタリア人で、血液型はA型。趣味は刺繍と洗濯です。傷や怪我の多いエクソシストや、ワーカーホリックの団員を般若のような顔で叱りながら、愛情深く丁寧な看護を行っています。

幼い頃に黒の教団に無理やり連れてこられたリナリーの初めての話し相手で、彼女のことを気にかけてきました。本部が襲撃された際、「イノセンスなんて大っきらい」と泣く彼女の悲しみを受けとめ、彼女を戦わせるために連れ出そうとした中央庁のマルコム=C=ルベリエに対し「物のように扱うのはやめてください!」と怒りをあらわにしました。

声優は滝沢久美子(たきざわ・くみこ)さん

旧アニメで婦長の声を担当した滝沢久美子さんは、81プロデュースに所属する声優。1952年8月21日生まれで、東京都出身。劇団ぐるーぷえいとに所属していた頃に女優業と並行して声優業も行い、1977年にテレビアニメ『風船少女テンプルちゃん』で主人公のテンプル・ファーマー役を担当した頃はまだ本格的に声優になるつもりはありませんでしたが、次第にその仕事の奥深さを知っていくようになりました。

テンプル役以外では、『ふしぎの海のナディア』のグランディス・グランバァ役、『銀河漂流バイファム』のルチーナ・プレシェット役、『超時空世紀オーガス』のシャイア・トーブ役などで有名です。

『D.Gray-man』キャラクター14:教団室長補佐役 ブリジット・フェイ

ブリジット・フェイは、黒の教団本部の教団室長補佐役。年齢は25歳で、誕生日は12月24日。身長172cmで、体重は50kg。ドイツ人で、血液型はO型。趣味は筋トレとカリグラフィーです。本部の移転に伴って、中央庁からコムイの補佐役として異動してきました。

真面目で時間にきっちりとした性格で、ルーズになりがちなコムイの予定を厳しく管理しています。コムイの逃亡癖には手を焼いているようで、彼が書き置きを残して姿を消してしまったときには、本部内を慌てて探し回っていました。新アニメでは、キャッシュ・ドップ役と同じ新田早規さんが声を担当しています。

『D.Gray-man』キャラクター15:本部職員 エミリア・ガルマー

エミリア・ガルマーは、黒の教団本部の職員。年齢は18歳で、誕生日は3月7日。身長165cmで、体重は49kg。フランス人で、血液型はB型。趣味はボランティアと人助けです。パリにあるハースト孤児院で先生をしていた少女で、生意気な少年・ティモシー・ハーストが勉強から逃げれば追いかけ、いたずらを仕掛けてくれば父親直伝の護身術のキックをきめていました。

孤児院を襲撃したAKUMAにティモシーが囚われたときは、銃を手にして「その子を離しなさいッ」と迫る勇敢さを見せたことも。ティモシーのエクソシストとしての入団を機に本部職員になることを決意し、彼の専属家庭教師として勉強を教えています。

声優は洲崎綾(すざき・あや)さん

洲崎綾の7.6 Vol.3 ~フィンランド前編~ [DVD]

新アニメでエミリアの声を担当した洲崎綾さんは、アイムエンタープライズに所属する声優。1986年12月25日生まれで、石川県出身。2019年に、放送作家や脚本家などとして知られる伊福部崇(いふくべ・たかし)さんとの結婚を発表しています。

2010年に放送された『バクマン。』の天音ミサヨ役で声優デビューを果たし、2013年に放送された『たまこまーけっと』の北白川たまこ役でテレビアニメ初主演を果たしました。この他にも、『キルラキル』の満艦飾マコ役、『アイドルマスター シンデレラガールズ』の新田美波役、『暗殺教室』の茅野カエデ役などを担当しています。

『D.Gray-man』キャラクター16:探索班探索部隊 トマ

トマは、黒の教団本部の探索部隊(ファインダー)の1人。口元に包帯を巻いた男性で、礼儀正しく真面目な性格の持ち主。探索部隊は、黒の教団に入った奇怪現象の情報を元に、イノセンスや適合者などを調査する部隊で、エクソシストに随行して道案内を行うこともあります。

南イタリアの古代都市マテールの任務で、トマはエクソシストのアレンと神田ユウに同行。コピー能力を持ったレベル2のAKUMAにアレンの皮を被せられ、正体を怪しんだ神田に攻撃されそうになったところを、本物のアレンによって守られました。任務後はアレンと共に本部に帰還し、コムイの開発したロボット・コムリンの暴走に巻き込まれるも、リナリーのおかげで事なきを得ました。

声優は坂口候一(さかぐち・こういち)さん

旧アニメでトマの声を担当した坂口候一さんは、81プロデュースに所属する声優。1968年2月10日生まれで、東京都出身。『MÄR-メルヘヴン-』のエドワード役、『グラップラー刃牙 -最大トーナメント編-』のジャック・ハンマー役、『ポケットモンスター』のムサシのアーボック役などで知られています。

アニメだけでなく特撮作品にも数多く出演していて、『百獣戦隊ガオレンジャー』のデュークオルグ・ヤバイバの声、『轟轟戦隊ボウケンジャー』のツクモガミ・アクタガミの声、『仮面ライダーゴースト』のナイフ眼魔の声なども担当しています。

『D.Gray-man』キャラクター17:探索班探索部隊 キエ

キエは、黒の教団の探索部隊の1人。年齢は26歳で、誕生日は1月11日。身長188cmで、体重は75kg。中国人で、血液型はA型。趣味は掃除です。中国の妓楼「天青楼」の女主人であり、黒の教団の協力者(サポーター)でもあったアニタの元で働いていましたが、彼女の死後、イノセンスに適合してエクソシストとなった弟分のチャオジー・ハンを心配して入団しました。

イギリスのロンドンでの任務では、探索部隊としてマオサと共にエクソシストに同行したものの、長丁場になりすぎて結界装置のバッテリーが切れてしまい、ミランダのイノセンスに守られることに。無事に任務が完了したときは、ミランダと両手をタッチして喜び合いました。

声優は松井尚吾(まつい・しょうご)さん/徳石勝大(とくいし・かつひろ)さん

旧アニメでキエの声を担当した松井尚吾さんは、2011年まで81プロデュースに所属していた声優。2月2日生まれで、大阪府出身。『スケアクロウマン』のアルフレッド役、『刀語』の般若丸役、『MUNTO』の高森和也役などを担当していました。

新アニメでキエの声を担当した徳石勝大さんは、81プロデュースに所属する声優。10月16日生まれで、鹿児島県出身。『バジリスク 〜桜花忍法帖〜』の碁石才蔵役、『弱虫ペダル』の山口紀之役、『デュエル・マスターズ ビクトリーV3』のコンコルド役などで知られています。新アニメではキエの他にも、調理師や研究員などの役も担当していました。

『D.Gray-man』キャラクター18:探索班探索部隊 マオサ

マオサは、黒の教団の探索部隊の1人。年齢は29歳で、誕生日は7月1日。身長180cmで、体重は60kg。中国人で、血液型はA型。趣味は木彫りです。短い黒髪で糸目の男性で、キエと同じくアニタの元で働いていましたが、弟分のチャオジーの入団を機に探索部隊になりました。

ノアの一族のフィードラ「寄生蟲(ボワズ)」を仕込まれたことで、チャオジーが治療法のない病気に苦しめられた際は、本気で心配し、涙を流しました。後にチャオジーが一時的に回復した際は、「おまえが回復してくれてよかったぜ」と喜ぶキエの後ろで嬉しそうな笑みを浮かべました。

声優は下和田(しもわだ)ヒロキさん/川島慶嗣(かわしま・よしつぐ)さん

旧アニメでマオサの声を担当した下和田ヒロキさんは、ケッケコーポレーションに所属する声優。1976年4月8日生まれで、三重県出身。『緋色の欠片』の犬戒慎司役、『テレパシー少女 蘭』の綾瀬留衣役、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の間田敏和役などで知られています。

新アニメでマオサの声を担当した川島慶嗣さんは、ケッケコーポレーションに所属する声優。1992年4月25日生まれで、東京都出身。『アンゴルモア元寇合戦記』の越前五郎治忠役、『リンクスリングス』のウルティモ役などを担当しています。新アニメではマオサの他にも、研究員やAKUMAなどの役も担当しています。

『D.Gray-man』キャラクター19:探索班探索部隊 ボネール

ボネールは、黒の教団本部の探索部隊の1人。年齢は38歳で、誕生日は11月21日。身長198cmで、体重はヒミツ。フランス人で、血液型はA型。趣味はヨガとキックボクシングとメイクです。厚い唇が特徴的ないわゆる「オネエ」で、ティモシーがパリで巻き起こした「怪盗G」の事件の容疑者の1人として、3ヶ月牢に閉じ込められているうちに囚人たちのボスになりました。

パリ市警まで探索部隊や科学班のメンバーを迎えにきたリーバーに一目惚れし、釈放後に黒の教団に入団。ジェリーのことを嫌っており、小説版のエピソードでは、徹夜明けで弱っているリーバーに何を食べさせるかに関して熱いバトルを繰り広げていました。

『D.Gray-man』キャラクター20:本部職員 65

65は、黒の教団本部の職員。科学班によってつくられた侵入者探知ロボットで、製造日は6月5日。身長194cmで、体重は650kg。趣味は黒の教団内の散策です。口にバッテン印のある幽霊のような見た目のロボットで、本部の周囲をホログラフィで監視していました。

面倒見がよく、5巻第38夜の扉絵には、ソファで仮眠をとっているコムイに毛布をかけている姿が描かれていました。旧本部から動かせない設計だったため移転に伴って解体され、ジジたち科学班が「コムリンに対抗できる機能を備えさせよう」と考えながら、膨大な制作費をつぎ込んで最新型の66号の制作を進めています。

声優は千葉一伸(ちば・いっしん)さん

旧アニメで65の声を担当した千葉一伸さんは、アーツビジョンに所属する声優。1968年6月26日生まれで、宮城県出身。『名探偵コナン』の千葉刑事役、『機動戦士ガンダムSEED』のアーノルド・ノイマン役、『爆闘宣言ダイガンダー』のイーグルアロー役などで知られています。

今でこそ『名探偵コナン』の千葉刑事は、幼馴染の婦警・三池苗子との恋物語が展開されるまでのキャラクターになりましたが、実は元々は千葉一伸さんの名前と容姿をモデルに制作されたアニメ版のオリジナルキャラクターで、原作に逆輸入された経緯があります。

『D.Gray-man』キャラクター21:本部門番 アレスティーナ=ドロエ=ギョナサン=P=ルーボーソン=ギア=アマデウス5号

アレスティーナ=ドロエ=ギョナサン=P=ルーボーソン=ギア=アマデウス5号は、黒の教団本部の5代目の門番。門番勤続歴65年で、全高は2900㎝。体重は6トン。趣味は人間観察です。人間かAKUMAかをレントゲンで見分けられる機能があり、アレンが初めて黒の教団に訪れた際、彼の呪われた左眼に反応して彼をAKUMAだと誤診し、大騒ぎしました。

呪われたアレンにふれられてジンマシンが発生したため、彼のことを恨み続けていました。旧本部から移転する際に解体され、その残骸の一部がモニュメントとして科学班フロアに飾られることになりましたが、夜な夜なそれから呻き声がすると噂されています。

『D.Gray-man』キャラクター22:アジア支部長 バク・チャン

D.Gray-man 8 (ジャンプコミックスDIGITAL)

バク・チャンは、黒の教団のアジア支部長。年齢は30歳で、誕生日は11月11日。身長168cmで、体重は54kg。ドイツ人魔術士の血を引く中国人で、血液型はA型。趣味は密かに想いを寄せているリナリーの写真収集と、本部をちょくちょく覗きに行くことです。黒の教団の創立に関わった魔術士の子孫で、弱冠20歳にして支部の班長を務め、両親の死後に支部長に昇進しました。

実力とプライドを兼ね備えた野心家ですが、純心で涙もろい一面も。黒の教団の負の体質を改革してほしいという両親の遺志を継ぎ、大きな過ちを犯してきたチャン一族の当主としての責任を感じながら、日々昇格のための努力を続けています。

声優は三木眞一郎(みき・しんいちろう)さん/羽多野渉(はたの・わたる)さん

旧アニメでバクの声を担当した三木眞一郎さんは、81プロデュースに所属する声優。1968年3月18日生まれで、東京都出身。『ポケットモンスター』のコジロウ役、『BLEACH』の浦原喜助役、『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』のロイ・マスタング役などで知られています。

新アニメでバクの声を担当した羽多野渉さんは、81プロデュースに所属する声優。1982年3月13日生まれで、長野県出身。『黒子のバスケ』の実渕玲央役、『ユーリ!!! on ICE』のギオルギー・ポポーヴィッチ役、『あんさんぶるスターズ!』の乙狩アドニス役などで有名です。

『D.Gray-man』キャラクター23:アジア支部長補佐役 サモ・ハン・ウォン

サモ・ハン・ウォンは、アジア支部長のバクを支える補佐役。年齢は76歳で、誕生日は9月21日。身長195cmで、体重は96kg。中国人で、血液型はO型。趣味は家事です。代々チャン家に仕える家系に生まれた老人で、前髪を後ろに撫でつけて、後ろ髪を両脇から角のように立てた独特の髪型をしています。

作中で、自分が案内してきたミランダがイノセンスで船を上手く修理した際に親指を立てて得意げな顔をしたり、8巻の裏表紙で科学班のスカートの制服を着てこれまた得意げな顔をしたりと、茶目っ気のある性格の持ち主。バクのために何かをすることが生きがいで、朝起こしに行ったり、お茶を淹れたりと、甲斐甲斐しく世話をしています。

声優は柴田秀勝(しばた・ひでかつ)さん

旧アニメでウォンの声を担当した柴田秀勝さんは、RMEに所属する声優。同社の代表取締役会長も務めています。1937年3月25日生まれで、東京都出身。『ONE PIECE』のモンキー・D・ドラゴン役、『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』のキング・ブラッドレイ役、「戦姫絶唱シンフォギアシリーズ」の斯波田事務次官役などで有名です。

妻は同じ声優の関根明子(せきね・あきこ)さん。『爆丸バトルブローラーズ ガンダリアンインベーダーズ』のコード・イヴ役、『ツヨシしっかりしなさい』の石田春美の母役、『蒼き伝説シュート!』の平松静子役などを担当しています。

『D.Gray-man』キャラクター24:アジア支部の守り神 フォー

フォーは、黒の教団のアジア支部の守り神。年齢は100歳くらいで、人型時の身長は145cm。趣味はバクをいじること、団員を驚かせること、おしゃべりです。アジア支部設立時にバクの曽祖父によってつくられた守り神の結晶体で、戦闘の際は両腕を鋭い鎌の形に変えてスピード感抜群の攻撃を行います。

言葉遣いは荒いですが、姉御肌で優しい性格の持ち主。アレンがイノセンスを復活させられずに悩んでいたとき、アジア支部の科学班の少女・蝋花(ロウファ)に擬態して彼を励まし、それがバレてしまったときには「あーあ、ブチ壊しだぜ!」と恥ずかしそうにしていました。

声優は冨永(とみなが)みーなさん/高森奈津美(たかもり・なつみ)さん

旧アニメでフォーの声を担当した冨永みーなさんは、東京俳優生活協同組合に所属する声優。1966年4月3日生まれで、広島県出身。『それいけ!アンパンマン』のロールパンナ役、『サザエさん』の磯野カツオ役などで知られています。夫は、俳優や脚本家などとして知られる増本庄一郎(ますもと・しょういちろう)さん

新アニメでフォーの声を担当した高森奈津美さんは、プロ・フィットに所属する声優。1987年2月14日生まれで、山梨県出身。『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』の幼少期の空条承太郎役、『アイドルマスター シンデレラガールズ』の前川みく役などで知られています。

『D.Gray-man』キャラクター25:アジア支部科学班 蝋花(ロウファ)

蝋花は、アジア支部科学班の新米研究者の1人。年齢は19歳で、誕生日は3月20日。身長157cmで、体重は40kg。中国人で、血液型はO型。趣味は妄想です。癖のある長い黒髪を下で2つに結っている少女で、やや天然の入った善良な性格の持ち主。頭に眼鏡があることに気づかず、歩きながら「どーしよ。焦ってメガネ忘れたぁ」と言って慌てたことも。

紳士的に微笑むアレンに一目惚れし、ジジ経由で彼の大好物のみたらし団子を差し入れしたことがあります。小説版のエピソードでは、乙女チックな妄想を繰り広げながら、黒の教団本部でアレンを探して走り回っていました。

声優は坂本真綾(さかもと・まあや)さん

坂本真綾20周年記念LIVE“FOLLOW ME" at さいたまスーパーアリーナ [Blu-ray]

坂本真綾さんは、フォーチュレストに所属する声優。1980年3月31日生まれで、東京都出身。『天空のエスカフローネ』の神崎ひとみ役、『Fate/Apocrypha』のルーラー役、『攻殻機動隊 ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE』の草薙素子役などで有名です。

夫は、同じ声優の鈴村健一(すずむら・けんいち)さん。『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のシン・アスカ役ルナマリア・ホーク役、『桜蘭高校ホスト部』の常陸院光役藤岡ハルヒ役、『劇場版 空の境界』の黒桐幹也役両儀式役など、数多くの作品で夫婦共演をしています。

『D.Gray-man』キャラクター26:アジア支部科学班 李佳(リケイ)

李佳は、アジア支部科学班の新米研究者の1人。年齢は20歳で、誕生日は2月17日。身長181cmで、体重は65kg。中国人で、血液型はA型。趣味はランニングです。明るく単純なところからお調子者のようにも見えますが、中身は現実主義者。言うべき時には自分の意見をはっきりと口にします。

方舟から帰還した元帥・クロス・マリアンの逃亡を防いだリナリーに一目惚れし、任務の関係でアジア支部を訪れた彼女を見つけたときには、「リナリーちゃん。どしたの?めずらしいね」と言って目を輝かせていました。

声優は福山潤(ふくやま・じゅん)さん

福山 潤・ひとりのBocchi Show Blu-ray Disc

旧アニメで李佳の声を担当した福山潤さんは、BLACK SHIPに所属する声優。同じ声優の立花慎之介(たちばな・しんのすけ)さんと共同で、同社の代表取締役も務めています。1978年11月26日生まれで、大阪府出身。

1997年に「月刊Asuka」のラジオCMのナレーションで声優デビューを果たし、2000年に放送されたテレビアニメ『無敵王トライゼノン』の神威章役で初主演を果たしました。これまでに、『コードギアス 反逆のルルーシュ』のルルーシュ・ランペルージ役、『青の祓魔師』の奥村雪男役、『おそ松さん』の松野一松役などを担当しています。

『D.Gray-man』キャラクター27:アジア支部科学班 シィフ

シィフは、アジア支部科学班の新米研究員の1人。年齢は20歳で、誕生日は11月25日。身長168cmで、体重は53kg。韓国人で、血液型はA型。趣味は天体観測です。ストレートの短い黒髪に糸目の青年で、冷静沈着な性格の持ち主。蝋花や李佳とは共に本部科学班勤務を目指す同期の関係です。

実は密かに蝋花に想いを寄せており、蝋花の泣いた顔を見ることを嫌っています。李佳が「第三使徒計画」について現実的な意見を述べて蝋花を泣かせてしまった際に、「なにやってんだよ、李佳」と言いながら彼の腹部に肘鉄を入れていました。

声優は下野紘(しもの・ひろ)さん

【Amazon.co.jp限定】下野 紘1stアルバム「WE GO!」[初回限定盤](CD+DVD)(2L判ブロマイド付き)

旧アニメでシィフの声を担当した下野紘さんは、アイムエンタープライズに所属する声優。1980年4月21日生まれで、東京都出身。2001年に発売されたゲーム『リリーのアトリエ〜ザールブルグの錬金術士3〜』に登場するテオ・モーンマイヤー役で声優デビューを果たし、2002年に放送された『ラーゼフォン』の主人公・神名綾人役でテレビアニメデビューを果たしました。

この他にも、「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEシリーズ」の来栖翔役、『進撃の巨人』のコニー・スプリンガー役、『鬼滅の刃』の我妻善逸役などを担当しています。

『D.Gray-man』キャラクター28:アジア支部料理長 ズゥ・メイ・チャン

ズゥ・メイ・チャンは、アジア支部の料理長。イノセンスを加工して対AKUMA武器を生み出す刀匠でもあります。年齢は不明で、誕生日は5月3日。身長158cmで、体重は58kg。中国系ドイツ人で、血液型はAB型。趣味は料理、家庭菜園、養蜂、陶芸、鍛治です。バクの母方の大おじにあたる老人で、かつては中央庁で強大な権力を持っていました。

死に際に、黒の教団の人造使徒「第二エクソシスト」の神田に対し、中央庁在籍時に数々の人体実験を指揮してきた自分こそが全ての憎しみの元凶だったと告白。「じゃあ、あんたも地獄行きだな」と微笑んだ神田が、ズゥの鍛えた刀型の対AKUMA武器「六幻(むげん)」を結晶型に進化させる様を見届けて亡くなりました。

声優は飯塚昭三(いいづか・しょうぞう)さん

新アニメでズゥの声を担当した飯塚昭三さんは、シグマ・セブンに所属する声優。1933年5月23日生まれで、福島県出身。高校在学中に芝居を始め、大学卒業後も仲間と劇団を組んで公演を行っていましたが、洋画の吹き替えを担当したことをきっかけに声優としても活動するようになりました。

アニメや特撮作品で悪役を担当することが多く、特撮作品『仮面ライダーBLACK』の大神官ダロム役、テレビアニメ『魔神英雄伝ワタル』のドアクダー役などをこれまでに担当。この他にも、『プラネテス』の星野ゴローの声、『カールじいさんの空飛ぶ家』のカール・フレドリクセンの日本語版の声なども担当しています。

『D.Gray-man』キャラクター29:アジア支部長 トゥイ・チャン

トゥイ・チャンは、かつてのアジア支部長でありチャン家の当主。年齢は39歳で、誕生日は9月29日。身長165cmで、体重は52kg。ドイツ人魔術士の血を引く中国人で、血液型はA型。趣味は拳法、料理、剣道です。バクの母親で、黒の教団の負の体質を改革してほしいという想いから厳しい教育を行っていました。

古の魔術を受け継ぐチャン家の当主として、戦死したエクソシストの脳の一部を元に人造使徒を生み出す「第二使徒計画」の技術面を担当。冷徹な決断の裏では、第二エクソシストの神田やアルマの身を案じていました。自分の生まれた真実を知ったアルマが暴走した際、彼によって殺害されました。

声優は幸田夏穂(こうだ・かほ)さん

新アニメでトゥイの声を担当した幸田夏穂さんは、81プロデュースに所属する声優。1967年7月8日生まれで、東京都出身。『幻想魔伝 最遊記』のナタク役、『WOLF’S RAIN』のシェール・ドゥグレ役、『トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察』の宗像亜里沙役などで知られています。旧アニメでは、エクソシストのデイシャ・バリーの母親の声を担当していました。

『D.Gray-man』キャラクター30:アジア支部長補佐役 エドガー・チャン・マルティン

エドガー・チャン・マルティンは、かつてのアジア支部長補佐役。年齢は43歳で、誕生日は4月10日。身長185cmで、体重は71kg。ドイツ人で、血液型はO型。趣味は妻のトゥイを眺めることと笑わせることです。チャン家の分家出身で、トゥイとは生まれる前から決められていた許嫁同士でした。

穏やかな笑顔が印象的な男性で、トゥイのことが大好き。神田とアルマのことを温かく見守っていましたが、一方で人道に反した「第二使徒計画」の残酷さに苦しんでいました。アルマが暴走した際に、彼のイノセンスに腹部を突き刺されて死亡。フォーによってその遺体はトゥイの遺体の隣へと運ばれました。

声優は土田大(つちだ・ひろし)さん

新アニメでエドガーの声を担当した土田大さんは、81プロデュースに所属する声優。1972年2月8日生まれで、東京都出身。『真・女神転生Dチルドレン ライト&ダーク』のゲイル役、『ポケットモンスター XY』のプラターヌ博士役、『うさぎドロップ』の河地大吉役などで知られています。旧アニメでは、アニタの船の船長・ヤン役を担当していました。

『D.Gray-man』キャラクター31:科学評議会議長 サーリンズ・エプスタイン

サーリンズ・エプスタインは、かつての黒の教団の科学評議会議長でありレニーの父親。年齢は55歳で、誕生日は6月11日。身長187cmで、体重は80kg。アメリカ人で、血液型はB型。趣味は気象予測です。右眼にモノクルをかけた男性で、人造使徒の研究に関する指揮権を握っていました。

エプスタイン家は努力で威厳を保ってきた一族で、チャン家が人造使徒実験に非協力的な姿勢を見せるなかで中央庁に取り入り、サーリンズは中央庁の管理職になった経緯があります。罪悪感と一族の立場の間で苦しみながら、第二使徒計画を進めていました。アルマの暴走時、他の研究員とともに死亡しました。

『D.Gray-man』キャラクター32:北米支部長 レニー・エプスタイン

レニー・エプスタインは、黒の教団の北米支部長。年齢は31歳で、誕生日は3月29日。身長178cmで、体重は65kg。アメリカ人で、血液型はB型。趣味は筋トレ、射撃、ジグソーパズルです。短い髪をオールバックにした筋肉質な体格の女性で、若い頃からトゥイへの憧れを抱いています。

21歳の頃に、アルマたちの監視兼世話役として第二使徒計画に参加。アルマが暴走した際、トゥイによって研究所の外に逃がされて生き延びました。北米支部長になった後、本部の襲撃を受けて「人間が悪魔に勝つには代償も必要だ」と考えるようになり、中央庁のルベリエから受け取ったAKUMAの卵殻を元に、禁忌も厭わず人間を半AKUMA化する「第三使徒計画」に着手しました。

声優は恒松(つねまつ)あゆみさん/國立幸(こくりゅう・さち)さん

旧アニメでレニーの声を担当した恒松あゆみさんは、81プロデュースに所属する声優。1981年9月26日生まれで、兵庫県出身。『ガンパレード・オーケストラ』の金城美姫役、『機動戦士ガンダム00』のマリナ・イスマイール役、『Fate/Zero』の久宇舞弥役などで知られています。

新アニメでレニーの声を担当した國立幸さんは、劇団ひまわりに所属する声優・女優。1984年7月9日生まれで、埼玉県出身。『ポケットモンスター サン&ムーン』のバーネット博士役、『おそ松さん』のチビ太役などで有名です。夫は、俳優・振付師として知られる塩崎(しおざき)こうせいさんです。

『D.Gray-man』キャラクター33:オセアニア支部長 アンドリュー・ナンセン

アンドリュー・ナンセンは、黒の教団のオセアニア支部長。年齢は33歳で、誕生日は3月3日。身長171cmで、体重は64kg。オーストラリア人で、趣味は乗馬です。バクから「七三」と呼ばれるほどにきっちりとした七三分けの髪型をした男性で、本部で開かれる諮問会議に向かう途中、ノアの一族のルル=ベルに殺されて姿を写し取られました。

ルル=ベルはアンドリューの姿を借りて本部に侵入した後、大量のAKUMAを呼び込んで本部を襲撃。アンドリューの遺体は、本部の地下水路で発見されました。

『D.Gray-man』キャラクター34:中東支部長 ルイジ・フェルミ

ルイジ・フェルミは、黒の教団の中東支部長。年齢は58歳で、誕生日は5月19日。身長155cmで、体重は52kg。トルコ人で、血液型はA型。趣味はラジオです。赤みを帯びた鼻が特徴的な小柄な男性で、優しい性格の持ち主。

本部の諮問会議に出席した際、鋭い眼光を放つルベリエを見て怯えているバクに対し、彼のストレスを感じるとジンマシンの出る体質を心配して「ジンマシンは大丈夫かね」と声をかけていました。

『D.Gray-man』キャラクター35:中央庁特別監査役長官 マルコム=C=ルベリエ

D.Gray-man 17 (ジャンプコミックス)

マルコム=C=ルベリエは、黒の教団の中央庁特別監査役長官。年齢は51歳で、誕生日は1月22日。身長195cmで、体重は98kg。英国人で、血液型はB型。趣味は菓子作り、料理本収集、家庭菜園、養蜂です。ルベリエ家は黒の教団創立時に「聖女」を捧げたことで勢力を拡大させた一族で、その代償に身内を人体実験の被験者として提供してきました。

ルベリエは、その実験に加担してきたかつての聖女・ヘブラスカに激しい憎しみを抱いています。聖戦に勝利するためには手段を選ばず、中央庁の権力者の1人でありながら、異端のノア・ネアを利用して独自の計画を進めようとしています。

声優は大林隆介(おおばやし・りゅうすけ)さん/大川透(おおかわ・とおる)さん

旧アニメでルベリエの声を担当した大林隆介さんは、81プロデュースに所属する声優。1946年3月13日生まれで、福岡県出身。『機動警察パトレイバー』の後藤喜一役、『機動戦士Ζガンダム』のベン・ウッダー役、『らんま1/2』の天道早雲役などで知られています。

新アニメでルベリエの声を担当した大川透さんは、マウスプロモーションに所属する声優。1960年2月28日生まれで、鹿児島県出身。『鋼の錬金術師』のロイ・マスタング役、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』のサイトー役、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のラスタル・エリオン役などで有名です。

『D.Gray-man』キャラクター36:中央庁監査官 ハワード・リンク

D.Gray-man 24 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ハワード・リンクは、黒の教団の中央庁監査官。年齢は20歳で、誕生日は12月29日。身長175cmで、体重は63kg。ドイツ人で、血液型はAB型。趣味は菓子作り、読書、チェス、ルベリエの役に立つことです。中央庁の特殊戦闘部隊「鴉(からす)」で戦闘訓練を受けて育ち、アレンにネアの宿主の疑いがかけられてからは、彼を24時間体制で監視する立場になりました。

「第三使徒計画」の被験者のマダラオたちとは孤児時代からの仲間の関係で、自分がルベリエにAKUMAの卵殻を渡したために彼らをそうしたことに強い責任を感じています。アレンの黒の教団離脱後は、ルベリエの命令でネアの協力者として秘密裏にアレンを尾行。本心では彼が宿主の運命に打ち勝つことを望んでいます。

「鴉(からす)」の秘術と魔導ゴーレム「癒闇蛇(アトゥーダ)」の使い手

「鴉」で戦闘訓練を受けたリンクは暗殺に特化した技術を習得しており、その身体能力の高さはエクソシストに匹敵します。暗器の扱いは勿論のこと、攻撃や拘束のために護符を螺旋状に回転させながら放つ「秘術 縛羽(しばりばね)」、「爆」と書かれた護符を握り潰した上で拳で業火を食らわせる「秘術 黒羽焔气(くれはえんき)」などの技も使用できます。

アレンの黒の教団離脱時にアポクリフォスによって瀕死の重傷を負わされたリンクは、ズゥの魔導ゴーレム「癒闇蛇」によって回復し、彼からそれを継承しました。「癒闇蛇」は人から人へと憑いて生命の理を乱す忌まれた魔術で、自分の精気を他者に与えて傷を癒すことができます。

声優は岸尾(きしお)だいすけさん/立花慎之介(たちばな・しんのすけ)さん

旧アニメでリンクの声を担当した岸尾だいすけさんは、青二プロダクションに所属する声優。1974年3月28日生まれで、愛知県出身。『弱虫ペダル』の手嶋純太役、『ふたりはプリキュア』の藤村省吾役などで知られています。

新アニメでリンクの声を担当した立花慎之介さんは、BLACK SHIPに所属する声優。同社の代表取締役も務めています。1978年4月26日生まれで、岐阜県出身。『イナズマイレブン』の立向居勇気役、『ガンダムビルドファイターズ』のニルス・ニールセン役などで有名です。妻は、『北へ。〜Diamond Dust Drops〜』の白石果鈴役、『ぼくらの』のチズ役などで知られる同じ声優の高梁碧(たかはし・あお)さんです。

『D.Gray-man』キャラクター37:中央庁枢機卿 アポクリフォス

アポクリフォスは、黒の教団中央庁の枢機卿(カーディナル)。人間時の外見年齢は38歳くらいで、実際何年生きているのかは不明。身長185cmで、趣味は懐中時計と面白い言葉の収集です。普段は眼鏡をかけた中年男性の姿をしていますが、その正体は世界で唯一の自立型イノセンス

全てのイノセンスの根源とも言うべき「ハート」を守護するためだけに存在しており、ネアの復活を阻止するために、アレンとの合体を狙って彼を追跡しています。ノアの一族に対しては死神にも等しい強さを誇り、他者の記憶を操作する特殊能力も有しています。

声優は荻野晴朗(おぎの・せいろう)さん

新アニメでアポクリフォスの声を担当した荻野晴朗さんは、賢プロダクションに所属する声優。1971年10月10日生まれで、東京都出身。『進撃の巨人』のデニス・アイブリンガー役、『織田信奈の野望』の近衛前久役、『ヤマノススメ』の倉上健一役などで知られています。

洋画や海外ドラマの吹き替えを担当する機会が多く、たとえば、映画『それでも恋するバルセロナ』のダグ役、ドラマ『アグリー・ベティ』のアーチー・ロドリゲス役、ドラマ『リゾーリ&アイルズ ヒロインたちの捜査線』のバリー・フロスト役を担当しています。

『D.Gray-man』キャラクター38:黒の教団の最高位 大元帥

大元帥は、黒の教団の実働派とサポート派全ての上に立つ最高位の存在。その実体は中央庁にあるようですが、正体や目的は不明。アレンが黒の教団に入団した際に通信で繋がれた人形の姿で登場し、彼に対して「戦え。それがイノセンスに選ばれたお前の宿命…、宿命なのだ」とメッセージを残しました。

アレンとイノセンス「神ノ道化(クラウン・クラウン)」とのシンクロ率が100を突破して、彼が「臨界者」となった際も、同じように通信で繋がれた人形の姿で本部に登場。「臨界者」の誕生に共鳴したイノセンス「石箱(キューブ)」が、ヘブラスカの中で暴れ回る様子を眺めていました。

黒の教団のエクソシスト以外の活躍も見逃せない!

ここまで黒の教団に所属する職員を中心にご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

ファンタジーものの少年漫画といえばやはり戦闘シーンが大きな見せ場となりますが、そういったシーンで活躍するエクソシストやノアの一族以外のキャラクターたちも魅力的に描かれているところが素敵ですよね。これからも彼らの活躍に期待していきましょう!

記事にコメントするにはこちら