【鬼滅の刃】”不死川実弥”のかっこいい名言や痣について、すべてわかる!

カテゴリーまとめはこちら:鬼滅の刃

「鬼滅の刃」で風の呼吸を使い鬼を滅する不死川実弥。凶暴な見た目とは裏腹に、内心はとても優しく弟思いな人物であることをご存知でしょうか。この記事ではそんな彼の人となりを伝えるべく、彼の過去や名言、そして出現した痣までたっぷりお伝えしていきます。

記事にコメントするにはこちら

不死川実弥(しなずがわさねみ)とは

荒々しい外見と短気な性格から、一見怖そうなイメージを受ける不死川実弥(しなずがわさねみ)。彼はどんな人物なのでしょうか?

ここでは、実弥のプロフィールから彼の弟、そして驚くべき特殊体質までたっぷりご紹介していきます。

プロフィールを紹介

鬼滅の刃 17 (ジャンプコミックスDIGITAL)

・階級:柱
・誕生日:11月29日
・年齢:21歳
・身長:179cm
・体重:75kg
・出身地:東京府 京橋區(現:中央区 京橋)
・趣味:カブト虫を育てる
・好きなもの:おはぎ
・担当声優:関智一(せきともかず)さん

鬼殺隊の中でも、最高位に君臨する柱のうちの1人です。全集中・風の呼吸を使うことから、「風柱」と呼ばれています。傷だらけの身体や乱暴な口ぶりから凶悪な印象を受けがちですが、根はとても優しい人物です。

また、好物がおはぎという可愛いギャップも持ち合わせています。隊員に厳しい稽古をつけていた時も、彼からはずっとおはぎの香りがしていたとか。おはぎ好きを指摘されて焦る彼の姿も胸キュンものですよ。

弟は不死川玄弥(しなずがわげんや)

鬼滅の刃 13 (ジャンプコミックスDIGITAL)

不死川玄弥(しなずがわげんや)は、兄の実弥を追って鬼殺隊に入りました。全集中の呼吸は使えませんが、大口径南蛮銃と日輪刀、そして鬼を食べて得られる能力を使い、鬼を滅してきたのです

実弥と玄弥は仲の良い兄弟でしたが、ある出来事から実弥が家を出て離れ離れになってしまいます。玄弥が鬼殺隊で彼と再会した時は

俺には弟なんていねェ。」

と一蹴。玄弥は実弥に才能が無いから鬼殺隊を辞めろ。」とまで言われてしまうのです。それでも「鬼を食べてまで会いにきたのに…。」ともらす彼に実弥はさらに激昂します。

しかし、この行動は全て弟への深い愛情ゆえだったのです。詳しくはこの後紹介する、「不死川実弥のかっこいい名言を紹介」をチェックしてください。

鬼を酩酊(めいてい)させる稀血(まれち)の持ち主

稀血(まれち)とは本来、100万人に1人程度の以上の血液のことを指しますが、鬼滅では異なる意味で使われています。

人を食べることで成長していく鬼にとって、稀血を持つ人間は栄養価が高く、1人食べるだけで50~100人を食べることと同等の栄養を取れると言われているのです。そのため、稀血を持つ人間は鬼から狙われやすくなっています。

実弥は、稀血の中でもさらに希少な、鬼を酩酊(めいてい)させる稀血の持ち主です。鬼は彼の血を嗅ぐことで、酔っ払っているかのように脈拍が上がり動きが鈍くなります

彼の身体には多数の傷跡がありますが、これは自分を傷つけて血を流し、鬼の討伐に利用しているのではないかと推測されています。

不死川実弥の全集中・風の呼吸

鬼殺隊員を目指す者は、育手と呼ばれる人物から全集中の呼吸を学びます。

では、そもそも全集中の呼吸とは一体どういうものでしょうか?ここでは全集中の呼吸の意味や、実弥が扱う全集中・風の呼吸について解説していきます。

全集中の呼吸とは

全集中の呼吸とは、鬼を滅するための身体能力向上法です。鍛え上げた心肺で1度に大量の酸素を血中に取り込むことから、身体能力を大幅にアップさせることができますこの呼吸法をしながらそれぞれ流派の型を用いて、鬼と交戦していくのです。

また、全集中の呼吸には全集中“常中”と言われる奥義があります。一時的に使うだけでも相当な体力を消耗する全集中の呼吸を、睡眠中も含めて24時間維持し続けるこの技は、「柱になるための入り口」とされているようです。

徹底的に身体を鍛え抜かないとマスターできない全集中“常中”ですが、これを使用することで身体能力が跳ね上がる上、自力で血を操作して出血を止めることも可能です

基本の呼吸である風の呼吸を一挙紹介

全集中の呼吸を使用する剣術は、全て炎・水・風・岩・雷という5つの流派が基となっていますここでは実弥が使う風の呼吸を紹介しましょう。

・壱ノ型 塵旋風・削ぎ(じんせんぷう・そぎ)
・弐ノ型 爪々・科戸風(そうそう・しなとかぜ)
・参ノ型 晴嵐風樹(せいらんふうじゅ)
・肆ノ型 昇上砂塵嵐(しょうじょうさじんらん)
・伍ノ型 木枯らし颪(こがらしおろし)
・陸ノ型 黒風烟嵐(こくふうえんらん)
・捌ノ型 初烈風斬り(しょれつかざきり)
・玖ノ型 韋駄天台風(いだてんたいふう)

風の呼吸は攻撃範囲と速度に優れており、剣技によって攻撃力を持つ風を引き起こして敵に傷を与えます。まるで暴風のように激しく交戦するのです。

風の呼吸であることを証明するような日輪刀

鬼殺隊の最終選別に通過したものだけが持つことを許される日輪刀。この刀には不思議な性質が備わっているのです。

ここでは、鬼殺隊員に無くてはならない日輪刀についてや、実弥が持つ日輪刀の形状について詳しく言及していきます。

日輪刀とは

日輪刀とは、陽光以外に唯一鬼を倒すことができる日本刀です。太陽に1番近く1年中陽が射すと言われる陽光山で採れた、「猩々緋砂鉄(しょうじょうひさてつ)」と「猩々緋鉱石(しょうじょうひこうせき)」で作られています。

「色変わりの刀」とも言われており、持ち主によって刀の色が変化し彼らの流派に対する適性を表します。一定以上の剣士としての力を持たないと、刀の色は変化しません。

全ての呼吸の基となった「日の呼吸」の使い手である耳飾りの剣士は、日輪刀を赤く染めて戦っていました。赤く染まった日輪刀は、鬼に強大なダメージを与えることができるのです。無限城での戦いでも実弥を含めた5人の隊士が刀を赤く変化させています。

風車を思わせるようなつばと緑色の刀

実弥が持つ日輪刀のつばは、8つのひし形で構成されており、風車を思わせるような形をしています。刀は深い緑色に輝き、彼が風の呼吸に適していることを表しているのです

また、刀には波が風で荒立っているような刃紋が入れられています。そして刃元には、柱が扱う日輪刀にだけ入れられる「惡鬼滅殺」の文字が施されているのです

実弥の日輪刀はグッズとして販売されているようなので、興味のある人はチェックしてみましょう。

不死川実弥の過去をおさらい

柱として最前線で鬼を滅する実弥。彼には想像を絶するような辛い過去がありました。

なぜ弟の玄弥と離れて暮らしていたのか、他の家族はどうしているのか、鬼殺隊に入ったきっかけについてなど、彼の過去について詳しく解説していきます。

幼少期に母親が鬼化!兄弟を守ろうとするが…

実弥は、働き者の母と家族に暴力を振るう父親の元で育った7人兄弟の長男です。父親が人の恨みを買って殺されてしまった時、実弥と次男の玄弥は2人で家族を守ろうと誓い合いました。

ある夜、帰りが遅い母親を実弥が探しに行っている間、突如獣のような影が家に飛び込んできて玄弥とその兄弟を襲いました。この時玄弥以外の兄弟は絶命してしまいます。戻ってきた実弥が一心不乱にその獣を倒しますが、なんと獣の正体は彼らの母親だったのです

返り血を浴びて立ち尽くす兄に、混乱した玄弥

人殺し!!

と罵倒してしまいます。

後に家族を守ろうとした兄への暴言を謝り、側で兄を守りたいという想いから、玄弥は彼を追って鬼殺隊に入るのです

隊員との出会いがきっかけで鬼殺隊に入る

母を殺めた後、実弥は鬼を捉えて陽の光で消滅させる行為を続けていました。稀血で鬼を翻弄させ戦っていた彼ですが、鬼殺隊員だった粂野匡近(くめのまさちか)が育手を紹介してくれたおかげで鬼殺隊に入ることができたのです

しかし、鬼との戦いで共に戦った匡近は亡くなり、彼だけが柱へと昇進します。初めての柱合会議で実弥は、鬼殺隊の頭である産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)に「隊員を捨て駒としか思っていない。」と暴言を吐きますが、彼の隊員を想う気持ちに毒気を抜かれてしまいました。

また、匡近の遺書に書かれた「例え自分が生きていなくても、大切な人には生き抜いて欲しい。」という想いに、玄弥を重ねて涙するのです

不死川実弥の名言を紹介

口調は荒っぽいですが、本当は誰よりも優しく弟思いな実弥の名言を紹介していきます。思わず涙腺が緩んでしまうようなシーンをお伝えしていくので、ハンカチとティッシュを用意して読んでください。

「お館様に何しやがった!!」

鬼滅の刃 16 (ジャンプコミックスDIGITAL)

鬼の頭である鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)との戦いに備えて、鬼殺隊員がそれぞれ稽古をしていた時、突然耀哉が住む産屋敷邸に鬼が襲撃したと知らせが届きます。緊急招集を受けて屋敷へと駆け付ける隊員達ですが、耀哉は彼の元を訪れていた無惨を巻き込み、妻と子ども諸共屋敷を爆破させたのです

お館様に何しやがった!!

これは、誰よりも早く現場に到着した無惨に対して放った実弥の言葉です。初対面では耀哉のことを、自分の手を汚さず指図だけする人物であると反骨していた実弥ですが、今では彼の中で大切な存在となっていました。すさまじい迫力で叫ぶ姿から、以前の彼とは別人のように耀哉を想っていたことが分かるシーンと言えます。

「そこには絶対に俺が鬼なんか来させねぇから…。」

黒死牟(こくしぼう)との戦いで胴を切断された玄弥。しかし、鬼の能力を得た彼が絶命しないため、黒死牟はさらに追い討ちをかけようとしますが、その時実弥が現れます。

テメェは本当にどうしようもねぇ弟だぜぇ。

テメェはどっかで所帯持って、家族増やして爺になるまで生きてゃあ良かったんだよ。お袋にしてやれなかった分も、弟や妹にしてやれなかった分もお前が、お前の女房や子供を幸せにすりゃあ良かっただろうが。

そこには絶対に俺が鬼なんか来させねぇから…。

玄弥のピンチを救った彼はこのように話すのです。玄弥に対する実弥の行為は、全て彼を想って行なったことでした。実弥は玄弥に深い愛情を持っていたのです。

「頼む神様!どうかどうか弟を連れて行かないでくれ!」

黒死牟を倒して気絶していた実弥。彼が目覚めた時に見たのは、弟が母親のように消えていく姿でした

兄ちゃんがどうにかしてやる!

と声をかける彼に、玄弥は途切れ途切れの言葉を紡ぎます。

兄ちゃんが俺を守ろうとしてくれたように、俺も兄ちゃんを守りたかった。つらい思いをたくさんした兄ちゃんは幸せになって欲しい。死なないで欲しい。俺の兄ちゃんはこの世で1番優しい人だから。

離れ離れになっていた兄弟が分かり合えた瞬間、再び大きな別れが襲ってきたのです。号泣しながら

頼む神様!どうかどうか弟を連れて行かないでくれ!

と懇願する実弥でしたが、「ありがとう兄ちゃん。」の声と共に玄弥は消えてしまいました。

「お袋背負って地獄を歩むよ。」

無惨を倒した後、気絶した実弥は暗闇の中にいました。暗闇の向こうで兄弟たちが遊んでいる中、暗闇に母親の姿を見つけます。実弥が彼女の手を引いて兄弟たちのところへ連れて行こうとしますが、「みんなと同じところへは行けんのよ…。我が子を手にかけて天国は…。」と言って泣いてしまいます

じゃあ俺はお袋と行くよ。俺があんまり早く行ったら玄弥が悲しむだろうし。お袋背負って地獄を歩むよ。

と笑って母の手を取った実弥ですが、父親がその手を振りほどき彼は突き飛ばされてしまいます。「お前はまだあっちにもこっちにも来れねェよ。特別頑丈だ。」と言葉を吐かれた実弥。「くそが…。」と口にしながら目を覚ましたのでした。

戦いの最中、不死川実弥に出現した痣の正体は!?

遊郭編で竈門炭治郎(かまどたんじろう)が、刀鍛冶の里編では時透無一郎(ときとうむいちろう)と甘露寺蜜璃(かんろじみつり)が発現させた鬼の紋様に似た痣。このように、突如出現した痣にはどんな意味があるのでしょうか。

ここでは、実弥が痣を出現させたシーンや、痣の正体について詳しく解説していきます。

黒死牟(こくしぼう)との死闘の中で痣が現れた

DSCOS-TOYS 鬼滅の刃 鬼 黒死牟 抱きまくら ぬいぐるみ おもちゃ コスプレ 小物 萌えグッズ かわいい

無惨の配下として頂点を極めた上弦の壱である黒死牟。今まで出会ったことのない強さの鬼に、実弥を筆頭とした鬼殺隊は苦戦を強いられます。死闘の中で致命傷になり得る傷を受けた実弥は、呼吸を使って出血を止め、筋肉を操って臓物が出るのを防いでいましたが、応急措置ができている訳ではありませんでした。

そんな中、実弥の元へ岩柱の悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)が助太刀に来て「腹の傷は今すぐ縫え。その間は私が引き受ける。」と告げるのです。深い傷を自分で縫いつけ、再び戦闘に戻ろうとする実弥。呼吸を整えて黒死牟を見定めた彼の右頬には、風車のような痣が浮かび上がってきました

痣が表す意味とは

心拍数が200を超えて、体温が39度以上になると身体に鬼の紋様に似た痣が現れます。痣を出現させた人は身体能力はもちろん、回復速度も尋常ではなく上がるので、鬼殺隊では1人でも多くの隊員が痣を出すように稽古をしていました。

しかし、痣は寿命の前借りとされており、痣を出現させた人物は例外なく25歳を待たずに死ぬと言われています。柱はこの話を耀哉から聞かされており、覚悟の上で痣の出現に臨んでいました。

ただ、痣を出現させていたにも関わらず、黒死牟の弟が80歳を過ぎても生存していたことを考えると例外はあるようです。決戦の後、実弥が亡くなった話は書かれていなかったので、彼は天寿を全うしたのかもしれませんね。

竈門兄弟(かまどきょうだい)との関係性

炭治郎と妹の竈門禰豆子(かまどねずこ)は、実弥と衝撃的な出会いを果たしました。果たして初対面の竈門兄弟に彼はどんな行動をとったのでしょうか。

ここでは、ネット上でも騒然となった竈門兄弟と実弥の初対面シーンや、無惨との戦いが終わった後の彼の心境の変化をお伝えしていきます。

当初は竈門兄弟を認めていなかった

 

ちみメガ バディシリーズ! 鬼滅の刃 竈門炭治郎&禰豆子 なかよし兄妹セット

鬼滅の刃の主人公である炭治郎は、鬼になってしまった妹の禰豆子を人間に戻すために鬼殺隊に入りました。しかし、鬼の危険性を十分に理解している実弥は、耀哉の前で禰豆子が人を食べることを証明しようと、彼女を傷つけた上で自分の血を差し出します

稀血である自分の血を飲まないはずはないと考えていた実弥でしたが、禰豆子は顔を背け1滴も血を口にしなかったのです。この出来事のおかげで彼女は人間を食べないと証明されましたが、炭治郎と禰豆子が活躍しても実弥が彼らを認めることはありませんでした

ちなみに、この話が実弥のアニメ初登場シーンです。気になる人はアニメ22話を観てみましょう。

最終決戦の後にめでたく和解

無惨との戦いが終わった後、蝶屋敷で実弥は禰豆子に偶然出会います。

悪かったな、色々…。無惨倒した後も一悶着あったらしいが、俺はその間寝てたしよ…。

このように彼女に対する今までの暴挙や、最後まで戦いに参戦できなかったことを謝る実弥に、禰豆子は笑ってなんてことのないように受け止めます。

そんな彼女に弟である玄弥の姿を重ねた実弥は、優しい表情を浮かべ彼女の頭を撫でながら

元気でなァ。」

と声をかけて立ち去って行きました。炭治郎との会話は描かれていませんでしたが、きっと彼は禰豆子から実弥の話を聞くことでしょう。根が優しい炭治郎ですから、実弥が謝ってくれたと聞けばきっと許してくれるに違いありません。

最終回で描かれていた姿に号泣…

最終回では鬼と戦っていたのが嘘のような平和な時代に、炭治郎そっくりな竈門炭彦(かまどすみひこ)など決戦で生き残った人の祖先から、亡くなった人が転生した姿までたくさんの人が描かれていました。

実弥と玄弥に瓜二つな2人の人物も描写されており、彼らはそれぞれ先輩警察官、後輩警察官としてパトカーに乗りながら誰かを探しているようでした。そこへパルクールをしながら登校する炭彦の姿を見かけます。

絶対アイツだな、7件通報きてる高校生は…。」

と震えながら話す先輩警察官と、同意する後輩警察官。鬼狩りをしていた頃は悲しい別れを遂げた実弥と玄弥ですが、再び来世で隣にいる彼らの姿を見て胸が熱くなった人も多いでしょう

【ちなみに…】キメツ学園では数学教師を担当!?

キメツ学園とは「中間一貫校!!鬼滅学園物語」の略称で、「鬼滅の刃」の作者によって描かれている現代学園パロディー物語です

単行本18巻で、実弥は数学教師をしていることが判明しました。原作同様、腕っ節でものを言わせるところがあり、「数学なんて将来使わねーし!」と言った生徒を窓から飛ばした伝説があります。お年寄りや女性、子どもにとても優しいですが、子どもに近付くと泣かれてしまうようです。

玄弥は射撃部のエースとして活躍しています。しかし、学校で表彰された時は、兄の実弥に表彰状を破られ「こんなもんいらんから数学を勉強しろ。」と言われ震えていたとか。パロディーでも、玄弥は実弥に頭が上がらないのですね。

小説「鬼滅の刃 風の道しるべ」では不死川実弥の過去が描かれる

鬼滅の刃 風の道しるべ (ジャンプジェイブックスDIGITAL)

2020年7月3日に発売される小説「鬼滅の刃 風の道しるべ」では、本編で語られなかった風柱・不死川実弥の誕生秘話が描かれています

ただ闇雲に鬼を倒していた少年時代の実弥が、匡近と出会って柱を目指していく様や、実弥が柱となるきっかけになった鬼と対峙した時の話など、彼の過去が詳しく記されているのです。

実弥の過去話以外にも、無一郎がからくり人形の緑壱零式を修理する話や、嘴平伊之助(はしびらいのすけ)と栗花落カナヲ(つゆりかなを)との友情話、さらには鋼鐵塚蛍(はがねづかほたる)のお見合い話まで収録されています。「キメツ学園」の話も描かれているので、ぜひチェックしてみましょう。

 

記事にコメントするにはこちら