【ログ・ホライズン】ヘンリエッタの声優は?かわいいもの好きな性格や人間関係を解説

カテゴリーまとめはこちら:ログホライズン

ヘンリエッタは、親友のマリエールと共に行動するシーンが多く見られます。「三日月同盟」自体が主人公シロエと仲が良いため、よく登場し、準レギュラーと言えるでしょう。予習復習を兼ねてヘンリエッタがどんな人物なのか、声優や名言も含めて解説していきます。

記事にコメントするにはこちら

【ログホラ】ヘンリエッタは才色兼備の女傑

ログ・ホライズン外伝 HoneyMoonLogs 2 (電撃コミックス)

ヘンリエッタはギルド「三日月同盟」のメンバーで、【ログホラ】の中でもかなり優秀な人物です。人のために行動し「三日月同盟」だけではなく、アキバの街の危機を救うこともありました。少し極端な性格も持っているので、ヘンリエッタについて詳しく解説していきます。

ギルド「三日月同盟」の幹部

ヘンリエッタはギルド「三日月同盟」で、会計を務めています。ギルドマスターのマリエールと「三日月同盟」の運営を行っているので、事実上サブマスターです。会計能力ではひときわ高い能力を見せており、その能力の高さはシロエも舌を巻くほど。マリエールは「帳簿もってすごまれたら地獄の鬼も逃げ出す」と評しています。

自らの願望に忠実なマリエールと、マリエールの願望を叶えようとするヘンリエッタの名コンビが描かれました。特に何かとお祭り騒ぎをしたがるマリエールに、徹底したサポートで叶える姿は「敏腕」という言葉がピッタリです。

「大災害」という絶望的な状況におかれても、「三日月同盟」が明るい雰囲気を持ち続けられたのは、マリエールとヘンリエッタのコンビあってのことでしょう。

交渉人として重要な局面にも出席

第7話 水楓(すいふう)の乙女たち

ヘンリエッタは「三日月同盟」の中でも、トップを争うほどの切れ者です。シロエが策をもって戦うタイプで、その策が高度なためシロエの陰に隠れてしまいがち。しかしシロエに次ぐほどの能力を持っており、シロエからの信頼も厚いようです。3大生産ギルドのギルドマスターと、交渉を進めたのはヘンリエッタ。マリエールの笑顔という援護もあって、金貨450万枚の融資を取り付けました

2期では、衛兵ネルレスによる連続殺人事件が発生します。ネルレスの力を削ぐため、都市防衛に必要な魔方陣の停止を考える大地人の貴族・レイネシア。魔方陣を管理する供贄(くにえ)一族の菫星(きんじょう)と交渉する際、ヘンリエッタも同行し、交渉に成功しています。

ときには厳しい態度で他人を導く

ヘンリエッタは周りの人間に優しく接し、多くの人から信頼されています。芯の通ったアドバイスができるところも、魅力の1つでしょう。そんな芯の通ったヘンリエッタだからこそ、ときには厳しい態度をとることもあります。

2期終盤で「呼び声の砦」を攻略するとき、指揮官のシロエは迷いの中にいました。指揮に精彩を欠くシロエは、攻略に失敗し一時撤退してしまいます。気まずい空気の中、打開したのはヘンリエッタの平手打ち。ヘンリエッタの叱咤と凜とした態度で、シロエは迷いを振り切ります

その後、本来の調子を取り戻したシロエ。シロエの華麗な指揮で、レイドを攻略してみせました。

無類のかわいいもの好き

第8話 腹ぐろ眼鏡

ヘンリエッタは一見して欠点のない完璧な女性に見えますが、実はかわいいものが大好き。ぬいぐるみのような物ではなく、おもに背の低い女性を好みます。激しいスキンシップのほかにも、着せ替え人形のようにかわいい衣類を着せることが多く見られました。アニメでは半ば病的に表現され、コメディホラーのようなシーンも。

「三日月同盟」のメンバーにも、ヘンリエッタのお気に入りの少女はいるようです。ただアカツキと知り合ってからは、おもにアカツキをターゲットにしています。シロエとの取引に、アカツキが利用されることもしばしば。

この強烈な性癖と優秀さのギャップも、ヘンリエッタの魅力ですね。

現実世界のヘンリエッタ

現実世界のヘンリエッタも、「エルダー・テイル」の世界に負けず劣らず優秀な女性です。経済学部卒業のOLで、務めている企業でも会計事務の仕事をしています。父親の影響を強く受けて、経営学の修士を取得している才女。

名字は明かされていませんが本名は「梅子」で、現実世界でも友人のマリエールは当然知っています。「エルダー・テイル」内にもかかわらず、本名で呼ばれてからかわれているシーンも。ただ、ヘンリエッタは「梅子」呼びを極端に嫌がっていました。

ちなみに「エルダー・テイル」内のサブ職業も「会計士」なので、数字やお金に関わる業務が好きなのでしょう。難しい業務のため、ヘンリエッタの知性を感じられますね。

【ログホラ】ヘンリエッタの周りには癖のある人が多い?

第6話 決意

ヘンリエッタが少し癖のある性格だからか、周りの人物も個性的です。登場機会が多いため多くの人物と関わりがあり、頼られることも少なくありません。今回は作中でも、特に関わりのある人物との関係性を解説します。

阿吽の呼吸・現実世界でも親友のマリエール

ヘンリエッタを語る上で外せないのが、「三日月同盟」ギルマスのマリエールです。「三日月同盟」の運営だけではなく、現実世界でも親友の2人は固い絆で結ばれています。マリエールの少し抜けた性格と、事務管理能力の高いヘンリエッタは最高のコンビです。

直継を話題にしてマリエールをからかうこともありますが、実際は心の底から応援しているようです。さりげなく場所をセッティングしたりのろけ話を聞いたり、苦労しているようですがそれすら楽しんでいるように見えます。ヘンリエッタとマリエールがいる限り、「三日月同盟」は安泰ですね。

「かわいい」の極み?アカツキ

第23話 魔法使いの弟子

アカツキが関わると、必ずと言っていいほどヘンリエッタは暴走しています。サマードレスを着せようとしたり、ただひたすら撫でたりと、やりたい放題。アカツキはかわいい服や着ぐるみは、あまり好きではないようで毎回嫌がっています。しかし必要なときはヘンリエッタを何度か訪ねているので、嫌いではないようです。

2期ではアカツキが自信をなくし、身勝手な行動をとってしまいます。それを叱咤したのが、ヘンリエッタです。「かわいがるだけではない」という、ヘンリエッタの芯のブレなさが垣間見えます。ただ事件解決後にパジャマパーティーに参加した際、みんなのパジャマ姿を見て悶絶していたので、そこはヘンリエッタらしいですね。

抱く気持ちは尊敬と恋心・シロエ

第2話 ロカの遭遇戦

シロエとは「大災害」以前から、親交があったようです。「放蕩者の茶会(デボーチェリ・ティーパーティ)」時代のシロエの噂も知っており、異名の「腹ぐろ眼鏡」を飛躍させ、「真っ黒クロエ」や「真っ黒シロエ」と呼ぶことも。作戦参謀として優れた能力を持つシロエを尊敬しており、ヘンリエッタ自身も策を巡らすタイプなので気が合うようです。

一方で男性としても意識しており、ダンスパーティで一緒に踊ったことを思い出して頬を赤らめることもありました。ただ自身の恋愛ごとには淡泊な自覚があり、シロエに想いを寄せるアカツキの応援に徹しています。自身のシロエに対する想いは、片想いを貫くようです。

レイドメンバー「水楓の乙女」で共闘・リーゼ

第8話 アキバレイド

アキバ連続殺人事件の犯人が、大地人ネルレスであると判明。大地人の代表としてアキバの街に駐在するレイネシアは、冒険者との関係悪化を危惧します。レイネシアを定期的に訪ねるメンバーで、ネルレス討伐のレイドパーティが組まれました。レイネシアの駐在する館「水楓の館」に由来し、レイドパーティは「水楓の乙女」と呼ばれます。

女性だけのレイドパーティ「水楓の乙女」の中心人物が、リーゼとヘンリエッタ。リーゼは巨大戦闘系ギルド「D.D.D」の幹部で、教導部隊の隊長です。2人が中心となって作戦を立案。ネルレスの特性を考慮し、ほぼ完璧と言える作戦を立てます。リーゼがレイドの指揮、ヘンリエッタが供贄一族との交渉を受け持つことで、作戦は成功。2人の活躍を中心に、アキバの街は危機を逃れました

大地人のかわいいお姫様・レイネシア

第23話 アイザックとイセルス

レイネシアは、「自由都市同盟イースタル」の筆頭領主・セルジアッド=コーウェンの孫娘。冒険者と大地人の架け橋となるべく、アキバの街に駐在しています。重要な役目を担うお姫様ですが、ヘンリエッタにとってはかわいい少女。さすがに着せ替えすることはありませんが、興奮はしているようです。

ただレイネシアは貴族の出身であるためか、世間知らずなところも。アカツキ同様、アキバ殺人事件で身勝手な行動をとっており、ヘンリエッタに叱責されます。その後ヘンリエッタと共に、供贄一族との交渉に臨みました。お互いに信頼していることが、うかがい知れます。

【ログホラ】ヘンリエッタの名言3選

優秀さよりも性癖が目立つヘンリエッタですが、聡明さや芯の強さが垣間見えるセリフがいくつもあります。迷言を選ぶか迷いましたが、今回はヘンリエッタがメインのシーンから3つの名言を選びました。

交渉のイニシアチブはこっちが握っている

アキバの街の雰囲気を良くするために、シロエから出された依頼は金貨450万枚。法外な額を集めるために、ヘンリエッタとマリエールは3大生産ギルドのギルドマスターと交渉のテーブルにつきます。ギルドマスターの3人は商談のプロで、いずれも海千山千の強者です。しかしヘンリエッタはシロエとの事前の打ち合わせ通り、巧みな話術で交渉を有利に進めます

(クレセントムーンはおいしい餌)
(相手が利益を望んでいる限り、交渉のイニシアチブはこっちが握っている)

クレセントムーンとシロエの存在を活用し、それぞれのギルドから金貨150万枚の融資を得ました。手の内を一切見せずに目的を達成した手腕は、見事と言うほかありません。

殿方は自信のないところを見せてはいけません

「自由都市同盟イースタル」に招待されたパーティで、シロエはダンスを踊ることになってしまいます。ダンスなどしたことのないシロエは、「今回は恥をかいてくるか…」と半ばヤケになりました。その様子を見て、ヘンリエッタがアドバイスをします。

「殿方は自信のないところを見せてはいけません」
「それは空元気であってもです」
「ギルドマスターならばなおさらですよ?」

ヘンリエッタはそのままダンスの相手として、シロエとホールの中央に進み出ました。ヘンリエッタの職業「吟遊詩人」の能力で、未経験ながらもダンスを披露するシロエ。この出来事はシロエに想いを寄せるヘンリエッタにとっても、忘れられない思い出となったことでしょう。

殿方はもっと我がままに生きるものです

「呼び声の砦」というレイドゾーン攻略の際に、レイドボスのタリクタンは「自らに従えば、元の世界に帰還できる」とほのめかします。その言葉を聞いたシロエの中に、1つの迷いが生じました。その迷いが指揮に影響し攻略は失敗、撤退を余儀なくされます。気まずい空気の中、静寂を破ったのはヘンリエッタの平手打ちと厳しい言葉でした。

「シロエ様」
「殿方は、もっと我がままに生きるものです」

シロエには、我がままを言うだけの資格も実績もありました。迷いを吹っ切ったシロエ。もう1度挑んだレイドでは、シロエの特技「全力管制戦闘(フルコントロールエンカウント)」を発揮し、レイド攻略に成功します。

【ログホラ】ヘンリエッタの声優は高垣彩陽(たかがきあやひ)さん

Next Destination

高垣彩陽さんは、幼いころに『セーラームーン』や『スレイヤーズ』をきっかけに声優を夢見たそうです。大学時代に『機動戦士ガンダムSEED』で、本格的に志すことを決意。声優ユニット「スフィア」として、音楽活動も精力的に行っています。他のメンバーは、寿美奈子さん・戸松遥さん・豊崎愛生さんです。

代表作は、『ソードアート・オンライン』リズベット、『デュラララ!!』狩沢絵理華、『戦姫絶唱シンフォギア』雪音クリスなどが挙げられます。

【ログホラ】ヘンリエッタの博識ぶりをアニメ3期でも期待しよう!

3期サブタイトルは、「円卓崩壊」です。円卓会議に危機が訪れることは、容易に想像できます。「三日月同盟」も円卓会議の一員で、ヘンリエッタも深くストーリーに関わることでしょう。マリエールのサポートとして活躍するのか、シロエとの策謀コンビで活躍するのか、どちらにしても期待できます。アカツキへの愛が炸裂することも間違いないので、1,2期同様にギャップを楽しみましょう!

記事にコメントするにはこちら