【ログ・ホライズン】クラスティとレイネシアの関係は?声優や行方をネタバレ解説

カテゴリーまとめはこちら:ログホライズン

クラスティは主人公シロエと、直接的なつながりはありません。しかしヤマトサーバー最大の戦闘ギルドのギルドマスターで、後に円卓会議の代表となる最重要キャラクター。この記事ではクラスティの声優や、レイネシアと言った人間関係を解説します。

記事にコメントするにはこちら

【ログホラ】クラスティは巨大ギルド「D.D.D」のギルドマスター

クラスティはヤマトサーバー最大の戦闘ギルド「D.D.D」のギルドマスターで、メンバーからは「ミ・ロード(総統)」の愛称で親しまれています。

クラスティの強さの秘密

クラスティの職業は守護戦士で、サブ職業は狂戦士です。高難度クエストでは前衛の働きが重要なため、最前線で敵の攻撃を受け止める守護戦士は高い実力がなければ務まりません。通常は防御力を高めて敵の攻撃を受け止めますが、クラスティは攻撃力とHP吸収能力を高めています

回復性能を高めているのが、凶悪にも見えるデザインの両手斧です。一般的に守護戦士は盾を持ちますが、クラスティは攻撃特化スタイルなので盾を持ちません。クラスティが扱う「鮮血の魔人斧(デモンアックス)」は、最大級の攻撃力を誇る「幻想級」のレア武器。多くの冒険者が欲しがる憧れの武器です。

爽やかで丁寧なクラスティの本性は戦闘狂

敵のまっただ中で「鮮血の魔人斧」を振るう姿は、見ようによっては狂気の沙汰です。しかもクラスティの場合、ゲームを楽しむように笑顔を浮かべています。その姿から2つ名は、サブ職業と同じ「狂戦士」です。初めてクラスティの戦闘を見る者は、衝撃を憶えるでしょう。

「エルダー・テイル」がまだゲームだったときも、その強さやカリスマ性のおかげで数多くのレイドクエストを攻略してきました。特に日本人では攻略不可能と言われた「世界共通レギオンレイド」という100人規模のレイドクエストを指揮した経験があり、世界的にもトッププレイヤーと言われています。

習得の難しい特技・口伝を2種類持つ

 

クラスティは、習得が難しい口伝を2つ持っています。

1つ目の「空を征く瞳」はパーティやレイドメンバーのHPやステータスを、脳内で確認できるという者。敵との戦闘中や、視界が狭い場所でも確認できるため、指揮をする上で大きな恩恵を受けられる口伝ですね。

2つ目の「追憶の断裁」はアニメ2期時点では、まだ習得していない口伝です。死んでも復活する冒険者ですが、代償として記憶を失うことがアニメ2期で判明しました。この口伝はそのシステムを利用したもので、自ら記憶を捧げることで強力な力を得られます。記憶を失うので、リスクはかなり大きいですね。それもあってかクラスティは、「追憶の断裁」を公開していません。

現実世界のクラスティは名家の出身

クラスティの本名は「鴻池晴秋(こうのいけはるあき)」と言います。ハーバード大学の公式ライバル校である、イエール大学を卒業した秀才。現実世界でも、ほとんどのことを並以上にこなす天才肌です。

名家の出身ですが、妾腹のため本家からはいい目で見られません。本家の祖父にはなぜか好かれているようで、祖父の送迎をすることも多いようです。

「大災害」後に何度か死を経験しており、飼っていた猫の名前を忘れています。またレイネシアに似た性格の義妹がいたようで、たまに掃除に来ていたようです。

【ログホラ】クラスティは戦闘でも外交でも大活躍

次は、クラスティの作中での活躍に注目します。シロエが円卓会議の設立に向けて、代表的なギルドのギルドマスターを集めました。その後、円卓会議のキーパーソンとして、ストーリーに深く関わります。

円卓会議の代表に就任

初めて登場したクラスティは、レイドクエストの計画をしていました。そこへ元「放蕩者の茶会(デボーチェリ・ティーパーティ)」参謀のシロエから、会議へ招集されます。

集められた面々はクラスティを始め、アキバの雰囲気が悪くなっていることを止められずにいました。シロエの少し乱暴な会議の進め方に、一瞬会場はざわめきます。しかし最終的にはクラスティの「参加表明」を皮切りに、他ギルドも参加を表明しました。ここに円卓会議は結成されます。

代表について議論されたシーンはありませんが、聡明なクラスティが円卓会議の代表に就任しました。

「ゴブリン王の帰還」では遠征軍の指揮を執る

円卓会議の設立とほぼ同時に、「自由都市同盟イースタル」の貴族からパーティに招かれます。一行が筆頭領主・セルジアッド=コーウェンの宮廷に滞在しているとき、ゴブリン大量発生の報が届きました。

冒険者にとってはなんとかなる事態でしたが、身体能力に劣る大地人にとっては致命的な大問題。しかしセルジアッドの孫娘、レイネシアの心のこもった演説が冒険者の心を打ちます。大地人を守るため、多数の冒険者が名乗りを上げ、その総指揮はクラスティが執りました

フレーバーテキストの顕在化に巻き込まれ、行方不明に

クラスティの指揮するゴブリン討伐遠征軍の活躍で、アキバも大地人も事なきを得ます。その後のクラスティの任務は、ゴブリン残党の殲滅。右腕である高山三佐(たかやまみさ)を連れ、危なげなく任務を遂行していました。その頃アキバの街では、フレーバーテキストの顕在化が話題になります。

タイミングを見計らったように、三佐の持つ武器が暴走。フレーバーテキストの内容は公開されていませんが、三佐は片腕を失います。また三佐をかばったクラスティは転移させられ、行方不明になってしまいました。

中国サーバーでカナミと共にいると判明

シロエたちがレイドゾーン「呼び声の砦」を攻略したあと、通信施設で月と交信しようとします。しかし通信がつながったのは月ではなく、中国サーバーにいる元「放蕩者の茶会」リーダーのカナミでした。シロエとカナミのやりとりの中で、クラスティがカナミと共にいることが判明します。詳細を確認しようにも、通信設備が故障。それ以上のことはわかりませんでした。

【ログホラ】3期はクラスティの活躍から始まる?【ネタバレ】

ログ・ホライズン11 クラスティ、タイクーン・ロード

アニメ2期は、原作の10巻まで映像化されています。原作11巻のサブタイトルは「クラスティ、タイクーン・ロード」で、中国サーバーに転移したクラスティを中心とした話です。

もしも3期が原作に忠実に行うなら、クラスティの活躍から始まってもおかしくありません。ただ11巻にシロエはほとんど姿を現さず、あくまでサブストーリーです。

また原作のストックや、アニメ3期のサブタイトルが原作12巻のサブタイトルと同じく「円卓崩壊」であることから、カットされる可能性も否めません。クラスティのファンとしては活躍を見たいので、順番を入れ替えるなどで映像化してほしいところですね。

【ログホラ】クラスティを慕う個性的なキャラクター

ログ・ホライズン 第1シリーズ コンプリート DVD-BOX (全25話) アニメ [Import] [DVD] [PAL, 再生環境をご確認ください]

「腹ぐろ眼鏡」の異名を持つシロエに負けず、クラスティも裏表の激しいキャラクター。ここでは、クラスティのカリスマ性に惹かれた人物について解説します。

大地人の姫君・レイネシア

第23話 アイザックとイセルス

レイネシアは大地人で、「自由都市同盟イースタル」筆頭領主・セルジアッド=コーウェンの孫娘です。クラスティとは、冒険者を招いたパーティで初めて出会いました。

実は臆病で怠惰な姫ですが、社交場ではそれらしく振る舞っています。大地人からも人気がありますが、クラスティは一目で怠惰な性格を見抜いてしまいました

現実世界の義妹に似ていることから、クラスティはレイネシアにちょっかいを出すように。クラスティはいちいちレイネシアの心を読み、サボりを提案したので、「この人は悪い人だ」と評価されます。

クラスティと共に行動することで、少しずつ惹かれているようです。

「D.D.D」レイド作戦本部長・高山三佐(たかやまみさ)

「D.D.D」の幹部で、クラスティの秘書的な役割もこなす女性が三佐です。円卓会議結成、イースタルの招待、ゴブリン討伐など、あらゆるシーンでクラスティの側に立っています。

完璧に見えるクラスティの補佐をこなしますが、三佐に言わせればクラスティは「いい加減で飽きっぽい」子供のような印象です。優秀な主の補佐というより、目が離せない子供と言ったところでしょうか。ちなみに現実世界の三佐は保育士なので、やっていることはあまり変わらないのかもしれません。

「D.D.D」教導部隊隊長・リーゼ

第8話 アキバレイド

リーゼは三佐と同じく「D.D.D」の幹部で、教導部隊の隊長を務めています。ギルド内の主な仕事は、初心者プレイヤーにレイドの戦術や連携を教えること。

リーゼの姿は初期から描かれていたものの、アニメでクラスティと直接会話したシーンはありません。

レイド「呼び声の砦」をクリア後、行方不明だったクラスティが中国サーバーにいることがわかると、指をわなわなさせて「ミロード、ミロード…」と繰り返しました。普段の凜とした姿からは想像しづらく、かわいい姿でしたね。

円卓会議の発起人・シロエ

第1話 大災害

シロエもクラスティも、ヤマトサーバーでは有名人です。円卓会議が結成された後は、クラスティが代表、シロエが参謀として会話しているシーンが多く描かれています。

レイネシアの演説では、後ろにクラスティとシロエが立って後押ししました。演説の素晴らしさもあって、2人の堂々たる立ち姿は騎士のようでかっこよかったです。

【ログホラ】クラスティの名言3選

登場シーンの多いクラスティはセリフも多く、名言だけではなく迷言もたくさんあります。おもしろいセリフも紹介したいところですが、今回はかっこいいセリフを中心にご紹介。

我ら「D.D.D」は、円卓会議に参加する

アキバの街を代表するギルドが集められた、円卓会議結成のための会議。最初からうまくいくはずもなく、シロエは多くの策を持って徐々に全員の意識を変えていきます。シロエの「ゲームじゃないと認めるべき」という厳しい言葉で、会議は沈黙に。静寂を切り裂いたのが、クラスティの言葉でした。

「我ら「D.D.D」は、円卓会議設立に同意し、これに参加する!」

「D.D.D」は大手戦闘系ギルドでも、最大規模のギルドです。この声を皮切りに、他のギルドも続々と参加を表明するのでした。

遠征の指揮はこのクラスティが執る

ゴブリンの大群に、抵抗する術のない大地人。レイネシアはアキバの街で、冒険者にゴブリン討伐を懇願します。礼節を尽くしたレイネシアに、冒険者は呼応しました。その士気を飲み込むように、クラスティは声を上げます。

「これより初めての遠征へと出陣する。これは円卓会議からのクエストである!」
「我こそは、と思う者は名乗りを上げよ!」
「遠征の指揮はこのクラスティが執る」

クラスティのカリスマ性が、垣間見える瞬間でした。

私を迎えに来てくれるのは一体どちらでしょう?

シロエたちがレイドクエスト「呼び声の砦」攻略後に、偶然から中国サーバーにいるカナミと通信がつながってしまいます。通信設備が故障することで途絶してしまいますが、行方不明となっていたクラスティがカナミと一緒にいることが判明。その後に、クラスティがカナミに言った言葉です。

「相変わらずおもしろいですね、シロエ君は」
「さて、私を迎えに来てくれるのは一体どちらでしょう?」
「三佐か、リーゼか…」

つかみどころのないクラスティなので、どういう意図があったのかはわかりづらいですね。本気だったとしても冗談だったとしても、クラスティが三佐とリーゼを信頼しているのはよくわかる言葉です。

【ログホラ】クラスティの声優は櫻井孝宏(さくらいたかひろ)さん

クラスティは、ベテラン声優の櫻井孝宏(さくらいたかひろ)さんが演じています。

クラスティについては「自身といじわるなところが似ている」「クラスティのようにギルマスとして、人の面倒なんて見てられない」と発言。一方で、クラスティのような奥行きのあるキャラクターを演じるのは嬉しいようです。

代表作は、『鬼滅の刃』冨岡義勇、『ジョジョの奇妙な冒険』岸辺露伴、『FINAL FANTASYシリーズ』クラウド・ストライフなどが挙げられます。

【ログホラ】3期では主役級の活躍に期待!

アニメ3期は、クラスティの活躍が期待できます。ただし、それは原作通りに展開したらの話。構成次第では、原作ほどの活躍はしないかもしれません。しかし2期のクライマックスで再登場するという伏線を残したので、クラスティらしく華麗に回収してくれると期待しましょう。レイネシアとのやりとりや、シロエとの悪巧みをまた見たいものです。

記事にコメントするにはこちら