【鬼滅の刃】炎柱・煉獄杏寿郎の最後まで真っ直ぐだった男の生き様

カテゴリーまとめはこちら:鬼滅の刃

鬼滅の刃に登場する柱の1人、炎柱・煉獄杏寿郎。彼の強さと真っ直ぐな生き様は主人公の竈門炭治郎たちに多くの影響を与えました。この記事では、煉獄杏寿郎の人柄や生き様、名言についてお伝えしていきます。

記事にコメントするにはこちら

煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)とは?

見た目からも炎のような容姿である煉獄杏寿郎とは、どのような人物なのでしょうか?まずは、彼のプロフィールや性格、家族関係についてご紹介していきます。

<プロフィール紹介>

階級:柱
誕生日:5月10日
身長:177cm
体重:72kg
出身地:東京府 荏原郡 駒沢村(現在の世田谷桜新町)
趣味:能や歌舞伎、相撲観戦
好きなもの:さつまいもの味噌汁

鬼殺隊を支える最上級の剣士であり、全集中・炎の呼吸の使い手であるため炎柱とも呼ばれています。炎をイメージした羽織を着用し、金髪に赤みがかった髪色をしており、炭治郎曰く最初は派手な髪の人という認識だったようです。

正義感が強く、誰よりもまっすぐな男

性格は真っ直ぐで正義感に溢れた男。元柱の煉獄槇寿郎を父に持ち、代々炎柱を継承してきた名家・煉獄家の長男です。病死した母からの「弱き人を助けることは強く生まれた者の責務です」という教えを心の支えとし、その責務を果たすため最前線に立ち鬼を葬っています。

その正義感から柱合会議にて鬼を連れた炭治郎の処遇を「鬼もろとも斬首する」と最初は進言していたが、その後の炭治郎の「鬼舞辻無残を倒します」という意気込みを聞くと「うむ!いい心掛けだ!」と感心している様から相手の良いところを認める素直さも持っています。

真っ直ぐすぎるため時にズレているが人一倍面倒見が良く、「ヒノカミ神楽」について聞きに来た炭治郎と会って間も無く「俺の継子になるといい。面倒を見てやろう!」と誘っています。また、大食いの一面もあり、無限列車で自分を探していた炭治郎に声をかけられても「うまい!うまい!」と止めることなく駅弁11個分を平らげていました。

煉獄の継子について

継子はいないとされていますが、以前は恋柱・甘露寺蜜璃が煉獄の継子として弟子入りしていました。彼女が使用する恋の呼吸は炎の呼吸から派生したものであり、オリジナリティが強すぎるため独立し、柱になるほど強くなったようです。

最後まで真っ直ぐな生き様だった煉獄の姿は、無限列車で一緒に戦っていた炭治郎、伊之助、善逸に大きな影響を与えました。

父は元炎柱の煉獄槇寿郎

View this post on Instagram

#千寿郎 #煉獄槇寿郎 #煉獄杏寿郎

A post shared by 🤨 (@kocho_kimetsu) on

かつては情熱を持ち、熱心に息子たちを育てていたが、己の無能さや能力に限界を感じ剣士を辞めてしまいます。妻の瑠火が病死してからは酒に溺れるようになり、息子たちにきつく当たる姿は元炎柱だった頃とは別人のようでした。そのため、煉獄は父の教えが無くなってから自力で炎の呼吸を身につけました。

煉獄の遺言を伝えに来た炭治郎の前で息子の死を冒涜し、始まりの呼吸である日の呼吸の使い手だと思い殴りかかるなど父親らしからぬ態度だったが、煉獄からの「体を大事にして欲しい」という遺言を聞いた後は涙を流しています。

その後は自身の態度を反省し、炭治郎に謝罪の文を送っています。煉獄家の名に恥じないようにと、無残による産屋敷邸襲撃後に新たに長となった輝利哉の護衛にあたっています。

継子になれなかった弟、千寿郎

兄の杏寿郎にそっくりの容姿をしているが、奥手で気弱な性格。兄の継子となるよう鍛錬に励んでいたが、剣士としての才能が無く、日輪刀の色が変わることが無かった。代々継がれてきた炎柱の継承が途絶えることに責任を感じていたようだが、兄からの「自分の心のまま正しいと思う道を進むように」という遺言を聞き、剣士以外の道で人々の役に立てることをしたいと決心します。

炭治郎が兄の死に対して暴言を吐いた父に怒ったことに感謝しており、兄の形見である日輪刀の鍔を託します。炭治郎とはその後も文通をする仲になっており、無残討伐後のお見舞いに来た際は抱きつくほど仲良しだという様子が見られました。

煉獄杏寿郎の炎の呼吸について

鬼殺隊剣士は育手から全集中の呼吸を学びます。この呼吸法は複数の流派があり、剣士を育てる育手によって異なります。全集中の呼吸は、心肺を鍛え上げることで一度に大量の酸素を血中に取り込めるようになり、体中の血の巡りと心臓の鼓動が速くなって体温が上昇し、瞬間的に身体能力を上げて鬼と戦うことが出来る様になります。

柱になるためには、全集中の呼吸を24時間維持できる常中と呼ばれる技を身に付けることが最初の一歩になります。

炎の呼吸とは

全集中の呼吸で基本となる炎・水・風・岩・雷の内の1つ。他にもそれらから枝分かれして出来た呼吸法もあり、炎と水の剣士はどの時代も必ず柱となっていたようです。炎の呼吸の使い手の日輪刀は赤色になります。

負傷した炭治郎に呼吸を極めると昨日の自分よりも確実に強くなれると煉獄は教えています。

炎の呼吸の技

煉獄が繰り出す炎の呼吸についてご紹介します。

壱ノ型:不知火(しらぬい)

力強い踏み込みから一気に間合いを詰めて頸を斬り落とす技。

弍ノ型:昇り炎天(のぼりえんてん)

円を描くように下から切りあげる技。

肆ノ型:盛炎のうねり(せいえんのうねり)

前方広範囲に渦巻く炎を繰り出す技。敵の攻撃を防ぐために使用していた。

伍ノ型:炎虎(えんこ)

猛虎の姿を模した燃え立つ炎を繰り出し敵に放つ技。

奥義 玖ノ型:煉獄(れんごく)

一瞬で多くの面積を根こそぎえぐり斬るために繰り出した技。最大限に練り上げた闘気が炎となり、炎を纏った突進から敵に斬り込みに行く。

他の型については作中に登場していませんが、型は壱から順になっているため、歴代の炎柱の書には記載があるのかもしれません。

煉獄杏寿郎の日輪刀

鬼殺隊の最終選別に合格した者が持つことが出来る刀が日輪刀です。陽光以外で唯一鬼を倒すことが出来る刀で、陽の光を吸収する鉄から作られています。別名「色変わりの刀」と呼ばれており、持ち主によって刀の色が変化します。

燃え立つ炎を表した日輪刀

煉獄杏寿郎の日輪刀は燃えるような赤色をしており、炎をモチーフにした鍔をつけています。

死後、鍔は炭治郎の新しい刀に

上弦の参、猗窩座との戦闘で炭治郎たちを守り抜き命を落とした煉獄。死後、形見として届けられた兄の日輪刀の鍔は、「きっとあなたを守ってくれます」と千寿郎から炭治郎に託されます。その後、炭治郎は新しい刀にこの鍔をつけてもらっています。

上弦の参、猗窩座との戦い

炭治郎たちと下弦の壱・魘夢との戦闘後、突如現れた上弦の参・猗窩座との戦いは凄まじいものでした。その戦いぶりを「助太刀に入った所で足手まといでしかないとわかるから動けねぇ」と伊之助が感じています。

圧倒的な力を持つ上弦の鬼

負傷した炭治郎に待機命令を出し、激しい攻撃を繰り広げる煉獄。至高の領域に近い闘気を持ち、素晴らしい才能を持った煉獄に猗窩座は、「お前も鬼にならないか」と誘っていますが、「俺は如何なる理由があろうとも鬼にはならない」と答え、激しい戦闘へと変わっていきます。

今まで対峙してきた鬼とは比べ物にならないほど猗窩座の治癒能力は高く、煉獄が喰らわせた攻撃も瞬く間に完治してしまい、徐々に追い詰められてしまいます。左目は潰され、肋骨が折れても自分の責務を果たそうと立ち向かっていく煉獄。

後に猗窩座の戦闘力は、柱に匹敵するほど強くなった炭治郎と水柱・冨岡義勇の2人でようやく倒せるほどの実力だったと明かされます。

「奥義 玖ノ型:煉獄」を放ったが、それでも猗窩座が倒れることなく、猗窩座の腕が煉獄の胸を貫いてしまいます。煉獄は胸を貫かれても尚、猗窩座の頸を斬ろうと刃に力を込めます。夜明けが近いため必死で逃げようと慌てる猗窩座だが、絶対に逃さないと筋肉を引き締め猗窩座の腕が抜けないようにする煉獄。追い詰められた猗窩座は、両腕を切り捨て逃走し始めます。

負傷した炭治郎たち、乗客は全て守り切った

逃げる猗窩座の背中に炭治郎は日輪刀を投げつけ、「逃げるな馬鹿野郎!!卑怯者!!お前なんかより煉獄さんの方がずっと凄いんだ!!煉獄さんは負けていない!!誰も死なせなかった!!」と泣き叫びます。

無限列車に乗っていた乗客200名、炭治郎たちを全て守り切った煉獄。自分の命がもう長くないと、煉獄は号泣していた炭治郎を呼び寄せ、遺言を伝えます。

最期に母の幻を見た煉獄は、「俺はちゃんとやれただろうか、やるべきこと果たすべきことを全う出来ましたか?」と問い、「立派にできましたよ」と微笑む母の姿が。使命を全うした煉獄は満足したような笑顔でこの世を去りました。

煉獄杏寿郎のかっこいい名言について

正義感に溢れて真っ直ぐな生き様だった煉獄の名言についてご紹介していきます。

「お前には兄がいる。兄は弟を信じている。」

夢の中での千寿郎との会話。炎柱としての継承が自分のせいで断たれてしまうと責任を感じている千寿郎に「どんな道を歩んでもお前は立派な人間になる」と暖かい言葉をかける煉獄。

「老いることも死ぬことも人間という儚い生き物の美しさだ」

至高の領域に近い煉獄がそこまで到達出来ないのは人間だからだという猗窩座に、老いることも死ぬことも人間だからこそと答える煉獄。

「俺は如何なる理由があろうとも鬼にはならない」

鬼に勧誘する猗窩座に人である自分との価値観の違いだと鬼には屈しない真っ直ぐな正義感を見せる煉獄。

「ここにいる者は誰も死なせない!!」

猗窩座に追い詰められても戦いを止めることなく、自分の責務を全うするために立ち向かっていく煉獄。剣士として1人の人間として立派な男の姿を見せます。言葉通り、煉獄以外の死者は出ることなく無事に守り切ります。

「竈門少年、俺は君の妹を信じる」

鬼の禰豆子が血を流しながら乗客を守っていた姿を見て、鬼殺隊の一員であると認めてくれた煉獄。

「胸を張って生きろ」

残された炭治郎たちに対する叱咤激励。柱ならば後輩の盾となるのは当然であり、自分がここで死ぬことを気にせず、自分の弱さや不甲斐なさに打ちのめされても歯を喰いしばって前を向いてほしいという煉獄。

「俺は信じる。君たちを信じる。」

炭治郎、伊之助、善逸の3人なら、これからの鬼殺隊を支えていけると煉獄からの最後のエール。

「心を燃やせ!!」

煉獄の死後、炭治郎を何度も奮い立たせてくれた言葉。

アニメの煉獄杏寿郎さんも熱い!

アニメでも炎をまとった煉獄が見られます。まだ柱合会議でしか登場していませんが、今後は映画で活躍してくれます!

担当声優さんは?

声優さんは過去の出演作でも熱血キャラが多かった日野聡さんで、熱血な煉獄さんを見事に演じていらっしゃいます。

202010月公開予定の映画で煉獄さんが大活躍!

無限列車編が舞台となる映画では煉獄さんの凄まじさが拝めます!アニメでも炭治郎たちの戦闘シーンですら美しいと感じる丁寧な描写が映画の大スクリーンで見れる日が来るとは感激です。

公式ページでも映画の予告編が確認出来ますが、とにかく煉獄さんが鬼を斬る前の登場シーンがカッコ良すぎます。社会現象にまでなっている鬼滅の刃はまだまだ見逃せませんね。

記事にコメントするにはこちら