胡蝶しのぶの能力は死ぬことで本領発揮?死んだ理由とその後についてネタバレ紹介!

カテゴリーまとめはこちら:鬼滅の刃

大人気作品「鬼滅の刃」。今回はその中でも人気の高いキャラクターの一人、鬼殺隊蟲柱の胡蝶しのぶについて、TVアニメの後のストーリーで彼女がどんな活躍を見せるのか詳しくご紹介します!

記事にコメントするにはこちら

「鬼滅の刃」は2016年から2020年まで週刊少年ジャンプで連載されていた社会現象を巻き起こした大人気作品です。2019年にTVアニメが放送されており、2020年10月からは劇場版が公開され、2021年にはプレイステーション4でゲーム化されるなどまだまだその勢いは止まることを知りません。今回はそんな「鬼滅の刃」から鬼殺隊蟲柱の胡蝶しのぶが、TVアニメの後彼女がどんな活躍を見せるのか?ご紹介します!

胡蝶しのぶとは?

鬼滅の刃 6 (ジャンプコミックスDIGITAL)

プロフィール紹介

胡蝶しのぶは鬼殺隊の中でも圧倒的強さを誇る九人「柱」の1人で、担当は蟲柱です。年齢は18歳、誕生日は2月24日、身長は151cmで体重は37kg。趣味は怪談話で、好きな食べ物は生姜の佃煮だそうです。

声優は「新サクラ大戦」のクラリスや、「Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア-」の牛若丸などでも活躍している早見沙織さんです。女性声優の中ではトップレベルの演技力と歌唱力の持ち主で、胡蝶しのぶの演技も素晴らしかったですね。

TVアニメ第1期では第15話から登場しており、主に戦いの後の事後処理を担当することが多くどちらかと言えば裏方が多いキャラクターです。また、物凄く美人でそのレベルは我妻善逸から「顔だけで生活できるほどだ」と言われる程です。

姉は胡蝶カナエ

鬼滅の刃 Chibiぬいぐるみ 胡蝶しのぶ

姉は胡蝶カナエです。鬼殺隊の1員で「花の呼吸」の使い手で柱の1人でしたが、ある鬼に殺されました。しのぶには鬼殺隊をやめて普通の女の子の幸せを手に入れてお婆さんになるまで生きて欲しいと願っていました。しかし、しのぶはカナエの仇を取るため鬼殺隊に残りました。

また、鬼と仲良くする事が夢で、自分が死ぬ間際でも鬼を哀れんでいました。そんな彼女と同じく鬼も可哀想な存在と思っている炭治郎にしのぶはカナエの夢を託します。カナエからしのぶの笑顔が好きだと言われており、それ以来常に笑顔を絶やさないようにしています。

継子は栗花落カナヲ

鬼滅の刃 栗花落 カナヲ ぎゅぎゅっと アクリルキーホルダー

継子は栗花落カナヲです。主人公の炭治郎とは同期で、しのぶと同じく事後処理の担当で現場の指揮をしています。幼い頃親に捨てられそうになったところをカナエとしのぶに助けらました。その後は彼女たちと共に生活しています。

幼い頃は肉体的にも精神的にも苦しい生活をしており、その苦しみから逃げるために心を閉ざし自分から何かを考えて自分の意思で判断する事をしなくなりました。そのレベルは食事をするなど生活に必要な行為も決めれないのです。

これを見た姉のカナエはカナヲに表と裏が書かれたコインを渡し、指示がない場合はコイントスで行動するようになりました。その後炭治郎に出された「表が出たら心のままに生きる」という指示により彼女はコイントスなしでも判断できるようになったのです。

胡蝶しのぶの蟲の呼吸について

青島文化教材社 ファニーナイツ 鬼滅の刃 胡蝶しのぶ 1/7スケール ATBC-PVC/ABS製 塗装済み 完成品 フィギュア

蟲の呼吸とは?

蟲の呼吸はしのぶが花の呼吸から派生させたオリジナルの呼吸です。その特徴は鬼の首を斬らないという唯一の呼吸という事です。しのぶは体重37kgで、筋力は柱の中でダントツの最下位です。その為、筋力に頼らないスタイルを確立する必要があったのです。

そこでしのぶは毒で殺す方法を編み出しました。その為、剣を振ることが基本的な型なのに対ししのぶは剣を突くスタイルで敵に毒を注入する型が完成しました。毒は鬼が苦手とする藤の花から作られています。

ただ、毒殺にも欠点はあります。それは鬼が毒に免疫をつけるということです。その為無駄に戦う事は避けなければならないです。事後処理が多いのはこの事も影響があるかもしれませんね。筋力がない分素早い動きで敵を攪乱する戦術を得意としています。

蟲の呼吸に特化した日輪刀

【●鬼滅の刃●公式ライセンス商品●】鬼殺隊●蟲柱●限定●胡蝶しのぶ●フェイス●タオル●漫画●アニメ●キャラクター●グッズ●スポーツ●綿100% 303

毒を与えられる為に作られた特殊仕様

しのぶの日輪刀は毒を与える為に一般的な日輪刀とは違う形になっています。しのぶの攻撃は基本的に槍のように突く攻撃です。突く事に特化した剣と言えばレイピアですよね。そして、レイピアは他の武器と比較すると軽いですね。まさにしのぶが使う最適な武器と言えるでしょう。

しのぶの弱点は先程も言った通り敵が毒の免疫をつけることができるという点ですね。これをしのぶはある方法で解決します。それは、刀を納める鞘で毒をその場で調合して敵によって毒を使い分けるという離れ業をやっています。

胡蝶しのぶの過去をおさらい

鬼滅の刃 デカキーホルダー 胡蝶しのぶ

そもそも何故しのぶが鬼殺隊に入ったか?ですが、両親が鬼に殺されその仇を打つため柱の1人である悲鳴嶼行冥の下で試練を受け姉のカナエと共に鬼殺隊の道に進むことになります。しかし、その後はカナエが鬼に殺されてしまいました。両親と姉の仇を取るべくしのぶは鬼殺隊に残りました。

胡蝶しのぶは何巻で死ぬ?

鬼滅の刃 17 (ジャンプコミックスDIGITAL)

17巻で上弦の弐である堂磨に殺される

しのぶは鬼滅の刃の終盤である無限城決戦にて、両親と姉を殺した宿敵である上弦の弐である堂磨と出会いました。これまでの積年の思いをぶつけるべくいつもの笑顔は消え、復讐の怒りに満ちた本来のしのぶとして堂磨に戦いを挑みました。

しかし、毒に対し異常な耐性を持つ堂磨の前にしのぶは苦しい戦いを強いられることになります。戦いの中でしのぶはついに堂磨の首に毒を打ち込む事に成功しました。これまでのしのぶの怒りを込めた魂の攻撃でした…ですが、堂磨は首を刺しても毒が効きませんでした。

カナヲが現場に駆け付けるも時すでに遅し、堂磨はカナヲの目の前でしのぶの体の骨を折り絶命させた後、しのぶの体を体内に吸収することでしのぶを喰ったのです。しのぶの願いは儚くも打ち砕かれてしまいました。

死ぬことも作戦!?しのぶの恐ろしい計画とは?

鬼滅の刃 19 (ジャンプコミックスDIGITAL)

しのぶは殺されてしまいました。しかし、しのぶが死ぬことすら計画の内だったら?何としのぶは自分が死ぬことを覚悟していたのです。それほど上弦の鬼は柱のしのぶであっても格上の強敵であったことが伺えます。

では、死ぬ事を前提に考えていたしのぶの計画とは何だったのでしょうか?その答えは自分自身を毒の体にすることでした。具体的に説明するとしのぶは1年前から藤の花の毒を摂取し続けていました。その結果通常の700倍の毒の効果を与えることに成功しました。

ですが、それでも堂磨の体に毒が回りきるには時間が必要でした。その為しのぶは事前にカナヲにこの作戦を伝えていました。ピンチの場面もありましたが駆け付けた伊之助と一緒に時間を稼ぎ切り見事しのぶは命と引き換えに堂磨を殺すことに成功しました。

その後の活躍。胡蝶しのぶは最後まで戦場にいた!

鬼滅の刃 21 (ジャンプコミックスDIGITAL)

鬼無辻無惨に大打撃を与える

無限城決戦のラスト無惨との決戦。上弦の鬼より強い無惨にこれまでのダメージを引きずりながら戦う炭治郎と柱たちは手も足も出ない状態でした。しかし、戦いの中無惨は自分のスピードが遅くなっていることに気づきました。

それは、死んだ珠世としのぶが無惨に仕込んでいた薬でした。無限城決戦の始まりで珠世は無惨に人間に戻す薬を与えていました。ですが、しのぶは薬が分解される事を先読みしてより作用する薬を仕込みました。それは老化の薬でした。

その効果は、1分で50年老いさせるというとんでもない劇薬だったのです。無惨がこの薬をくらったのが5時間も前でした。実に9000千年も老いていたのです。堂磨のみならず無惨にも決定的なダメージを負わせたしのぶは最後まで戦場にいた鬼殺隊と言えるでしょう。

ラストバトルでも大活躍

ARTFX J 鬼滅の刃 竈門炭治郎 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア

無惨を倒しすべての戦いが終わったかに見えた瞬間無惨は最後の足掻きを見せたのです。それは炭治郎に自らの血を全て与え炭治郎を最強の鬼の王に変えてしまったのです。消耗しきった鬼殺隊の面々は最強の真のボスに歯が立ちませんでした。

しかし、ここでもしのぶは活躍したのです。珠世が作った人間に戻す薬の予備をカナヲに預けていたのです。カナヲは自身の目の視力を犠牲に発動できる花の型終の型を繰り出し炭治郎に薬を打つことに成功したのです。

自らを犠牲に宿敵を倒し、人類の敵である無惨に大ダメージを与え、最強の鬼炭治郎を沈めた。胡蝶しのぶは死んでもなお柱としてその役目を十二分に果たしたのです。

胡蝶しのぶは縁の下の力持ちだった

鬼滅の刃 10(完全生産限定版) [Blu-ray]

柱と医者2つの役割を担った

胡蝶しのぶは柱として鬼に効く毒を発明し多くの鬼を殲滅し、自らの命を犠牲に両親と姉の仇である堂磨と人類の敵無惨の撃破に活躍し、鬼の王となった炭治郎を人間に戻す事にも貢献した立派な鬼殺隊だったでしょう。

そして、戦場の後方支援と怪我をした鬼殺隊の治療まで行った医者としても幅広い活躍をしたまさに裏方、縁の下の力持ちという言葉が似合うでしょう。

記事にコメントするにはこちら