【ネタバレ】BLEACHの最終回まとめ!打ち切りの真相や登場人物のその後にも迫る!

カテゴリーまとめはこちら:BLEACH(ブリーチ)

2018年に連載終了した大人気漫画の『BLEACH』。しかし、2021年連載15周年を迎えることを記念して、BLEACH最終章「千年血戦篇」のアニメ化が決定しました!こちらでは、アニメ化まで待てない方のために、BLEACHの最終回を詳しくご紹介していきます。

記事にコメントするにはこちら

BLEACHってどんな作品?

BLEACH モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

BLEACH』とは、『週刊少年ジャンプ』で2001年から2016年まで連載されていた作品です。作者は久保帯人(くぼたいと)さんで、2004年にはアニメ化も果たしました。

物語は、主人公の黒崎一護(くろさきいちご)が死神である朽木ルキア(くちきルキア)と出会い、家族を守るため死神になるところから始まります。人に危害を与える虚を浄化させながら、数々の困難を仲間たちと乗り越え、成長していくヒューマンストーリーです。

BLEACHの世界累計発行部数は1億2000万部超えており、日本だけではなく世界的にも大人気の作品と言えるでしょう。海外では、アニメイベントでBLEACHのコスプレをする方も多いようです。

最終回までの内容を一挙公開

こちらでは、BLEACHのあらすじを大きく5つに分けてご紹介していきます!最終回をチェックする前に、まずは今までの話を振り返ってみましょう。

死神代行篇

TR8 DVD BLEACH ブリーチ 死神代行篇 2 森田成一 折笠富美子 松岡由貴 杉山紀彰 安元洋貴 野田順子 森川智之 釘宮理恵 桜川朝恵

 

生まれつき霊感が強いこと以外は、普通の高校生だった一護。彼はある日、虚(ホロウ)と呼ばれる悪霊を退治しに来た死神のルキアと出会います。死神の存在を信じていなかった一護ですが、虚に殺されそうな自身の家族を守るため、ルキアが持つ死神の力をもらい死神になるのです。

ルキアの力をほぼ吸い取ってしまった一護は、彼女の代わりに虚を撃退する死神代行として活動していきます。そんなある日、滅却師(クインシー)と名乗る石田雨竜(いしだうりゅう)が一護に戦いを挑むのです。

勝負のため、空座町に大量の虚を集めた雨竜。町が虚の危険にさらされる中で、井上織姫(いのうえおりひめ)と茶渡泰寅(さどやすとら)は秘めていた力を解放します

尸魂界篇

BLEACH 尸魂界 救出篇 5 (完全生産限定版) [DVD]

尸魂界で重罪となるにも関わらず、一護を助けるため彼に死神の力を与えたルキア。処罰を受けるために、彼女は尸魂界へと強制送還されてしまいます。

ルキアを助けようと尸魂界に向かう一護達でしたが、一方尸魂界では藍染惣右介(あいぜんそうすけ)が殺害される事件が起こっていました。

しかし、その事件は惣右介の自作自演であり、全てはルキアの魂魄に隠された崩玉を手に入れるために行ったことだったのです。一護によって助けられたルキアでしたが、黒幕である惣右介と、彼に加担していた市丸ギン(いちまるギン)、そして東仙 要(とうせん かなめ)は虚圏(ウェコムンド)へと姿を消してしまいました。

破面篇

BLEACH破面・滅亡篇 9 [DVD]

惣右介の部下であるウルキオラ・シファーによって、虚圏に連れ去られた織姫。彼女を助けるべく、一護、雨竜、泰寅は虚圏へと向かい、破面と決戦を繰り広げます。さらに尸魂界から、ルキアや更木剣八(ざらきけんぱち)などの死神も応援に来ますが、それこそが惣右介の狙いでした

自身の目的のために空座町を消滅させようとしていた彼は、死神の勢力を分散させるために一護達を虚圏に閉じ込めます。しかし、惣右介の目論見を読んでいた山本元柳斎重國(やまもとげんりゅうさいしげくに)総隊長は、空座町のレプリカを用意して彼らを待ち構えていたのです。

死闘の中、惣右介は「最後の月牙天衝」を習得した一護に敗北しました。

死神代行消失篇

BLEACH 死神代行消失篇 5 [DVD]

「最後の月牙天衝」を使ったことで、一護は死神の力と生まれ持った霊力を失ってしまいます。そんな一護の前に、死神代行証を持った銀城空吾(ぎんじょうくうご)が現れるのです。

彼に「力を取り戻させてやる。」と話を持ちかけられ、空吾がリーダーを務める集団「XCUTION」に面会する一護。彼らのおかげで、一護は死神の力を取り戻すことができました。しかし、空吾の目的は一護が取り戻した力を奪い、死神として復活した後、自身を裏切った死神達に復讐することだったのです

「斬った人間や物質の過去を改変する」力を持つ月島秀九郎(つきしましゅうくろう)と共に、目的を果たそうとする空吾でしたが、一護に敗北し死亡しました。

千年血戦篇

Bleach, Vol. 55 by Tite Kubo(2013-02-05)

死神代行として活動を続けていた一護ですが、ある日破面らしき人物から襲撃を受けます。無事撃退した一護でしたが、ネリエル・トゥ・オーデルシュヴァンクから虚圏が制圧されたと聞き、ネリエルの仲間を救うべく虚圏に乗り込むことに。一方、尸魂界は滅却師の集団である「見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)」に襲われる事件が発生していたのです

一護や護廷十三隊による必死の攻防で、なんとか見えざる帝国を撤退させることができましたが、総隊長である山本元柳斎重國の死など、尸魂界は凄まじい被害を被りました。

またこの戦いで一護は、自身の亡き母親が滅却師だったこと、そして彼の中に滅却師の力があることを知らされます。

千年血戦篇・訣別譚

BLEACH―ブリーチ― 72 (ジャンプコミックス)

突如精霊邸を飲み込んだ黒い影。その正体は、死神との戦いから1000年もの間、精霊邸の影に身を潜めていた見えざる帝国による襲撃でした。前回の戦いで卍解を取られてしまった死神達でしたが、浦原喜助(うらはらきすけ)による薬で卍解を取り戻し、滅却師達と一進一退の攻防が続きます。

そんな中、霊王を亡き者にするため霊王宮に侵攻する、見えざる帝国ボスのユーハバッハ。彼を追う一護達と、ユーハバッハを霊王宮で待ち構える零番隊。彼らはどのような結末を迎えるのでしょうか?

【ネタバレ注意】BLEACHの最終回結末は?

気になる最終回を、こちらでドドン!とお伝えしちゃいます!一護達と尸魂界の死神達VSユーハバッハ率いる滅却師達。どんな戦いを繰り広げて終結したのか、刮目してください。

黒崎一護 (くろさきいちご)vs ユーハバッハの戦いが勃発

現世、尸魂界のどちらも守るため、ユーハバッハを倒そうと戦闘を繰り広げる一護。今までは強敵を倒す時、理性を無くしながら虚化し戦っていましたね。しかし、自分のルーツを知り手に入れた新しい斬魄刀と、ユーハバッハが持つ滅却師の力で、自身を保ったまま死神、そして虚の力を使いこなすことに成功したのです。

パワーアップした一護は、「月牙天衝」と十刃(エスパーダ)が使用していた「王虚の閃光(グラン・レイ・セロ)」が混ざり合った攻撃を、ユーハバッハに繰り出します。この攻撃は、

「素晴らしい力だ一護!!油断する余地も無い程にな!」

と、零番隊をも倒したユーハバッハに言わせるほど凄まじいパワーでした。

チートすぎるユーハバッハの「未来を変える力」に大苦戦

怒涛の攻撃を仕掛ける一護ですが、ラスボスのユーハバッハはそれだけでは倒せません。

「未来とはここより先にばら撒かれた無数の砂のようなもの。私は、その砂粒の全てを遥か高みから眺める事ができる。」

と話すユーハバッハは、未来を改変する能力を持っていたのです。立ち向かおうと卍解をした一護でしたが、解放した瞬間彼が見たのは、天鎖斬月がすでに折られている姿でした。一護の卍解を脅威に感じたユーハバッハは、未来ですでに斬魄刀を折っておいたのです。

織姫の盾も通じず、刀も折られてしまって絶望した一護は、為す術もなくユーハバッハに滅却師の力とそれに混ざり合っていた虚の力を奪われてしまいます。

以前の敵・月島秀九郎(つきしましゅうくろう)が加勢

一護の力、そしてハッシュバルトを含む星十字騎士団の力を奪ったユーハバッハは、尸魂界へと向かいました。

ハッシュバルトは強大な力で、裏切り者の雨竜を粛清しようと戦っていましたが、力を奪われたことで戦いは幕を迎えます。友達を助けたい一心で戦う雨竜に、ハッシュバルトは彼の傷を全て自らに移すよう告げました。

一方、意気消沈している一護に突如刀が刺さります。刀を差したのは、過去を改変する能力を持つ秀九郎でした。「一護の斬魄刀は折られなかった」と過去を変えた彼によって、刀は元通りになったのです。

立ち直った一護は、阿散井恋次(あばらいれんじ)と共にユーハバッハを追いかけます。

最強の敵だった藍染惣右介(あいぜんそうすけ)も加勢

尸魂界に着いたユーハバッハを迎えたのは、京楽春水(きょうらくしゅんすい)が解放した惣右介でした。2人の戦いが勃発しようとした時、一護と恋次がユーハバッハに飛びかかりますが、再び刀を折られてしまい、さらに惣右介の斬魄刀も折られてしまいます。

一護にトドメを刺し、勝利を確信したユーハバッハでしたが、それは惣右介が鏡花水月の能力で見せた幻でした。彼によってユーハバッハは、惣右介を一護だと認識していたのです。

鏡花水月での幻が効かない一護は、惣右介の能力を利用して、ユーハバッハに攻撃を仕掛けます

石田雨竜(いしだうりゅう)の「銀の鏃(やじり)」が炸裂

一護の一撃で倒れたように見えたユーハバッハでしたが、彼は能力を使って、自分が死ぬ未来さえ書き換えてしまいました。再び猛攻を仕掛けるユーハバッハを、突如雨竜が放った銀色の矢が貫きます。

ユーハバッハの聖別(アウスヴェーレン)によって、心臓に銀色の血栓が発生し、殺された滅却師。銀色の矢は、雨竜の父である石田竜弦(いしだりゅうけん)が、その銀の血栓を集めて作った鏃(やじり)だったのです。

聖別で現れた銀は「静止の銀」と呼ばれ、聖別を発動させた者の血を混ぜて放つことで、発動者の能力を全て、一瞬だけ無にすることができます。この一瞬で、雨竜はユーハバッハに付け入る隙を作ったのでした。

一護がユーハバッハを倒す

BLEACH モノクロ版 74 (ジャンプコミックスDIGITAL)

雨竜のおかげで力を発揮できなくなったユーハバッハ。その隙を逃すまいと、一護は斬月で彼に切りかかります。

鏃の効果を退け、一護の斬月を粉々にしたユーハバッハでしたが、新たな斬月を手にした一護に敗北しました。彼に敗北した時、ユーハバッハは次のように話しています。

現世も尸魂界も虚圏も1つになるべきだ。生と死は混ざり合い、1つになるべきだったのに。」

ユーハバッハの真の目的とは、死という概念の無い世界を作ることでした。しかし、その野望を聞いて惣右介は、死の無い世界に希望もないと話しています。

人は恐怖と向き合いながらも希望を見出す生き物である。これがBLEACHのテーマだったのかもしれません。

【ネタバレ注意】登場キャラクターのその後は?

たくさんの犠牲を被りながらも、無事ユーハバッハとの戦いに勝利した一護達。壮絶な滅却師達との戦いから10年の時が過ぎた今、彼らはどんな生活を送っているのかをお伝えしていきます!

10年後の尸魂界はどうなったの?

千年血戦篇で、霊王として世界の均衡を保つために命を落とした浮竹十四郎(うきたけじゅうしろう)。彼のお墓前でお酒を呑む総隊長・春水の姿から、最終ストーリーは始まります。

ユーハバッハとの戦いの後、護廷13隊の面々も大きく変わりました。4番隊の隊長は卯ノ花烈(うのはなれつ)から虎徹勇音(こてついさね)に、7番隊の隊長は狛村左陣(こまむらさじん)から射場鉄左衛門(いばてつざえもん)に襲名されるなど、各々の力量に合わせて順当に席を与えられたようです。

また、最終ストーリーでは13番隊隊長にルキアが任命されたことも描かれていました。これに驚かれた方もいたのではないでしょうか。

黒崎一護と井上織姫(いのうえおりひめ)が結婚!

織姫の片思いが叶った姿に歓喜した方もいたのではないでしょうか。作品では、一護と織姫が結婚し、彼女が一護の家で暮らす姿が描かれていました。

また、2人には黒崎一勇(くろさきかずい)という男の子が生まれています。一護の妹から見てもそっくりだと思われるほど、一勇は一護似です。織姫の言葉によると、猿柿ひよ里(さるがきひより)達と親交があるようですよ。

朽木ルキア(くちきルキア)と阿散井恋次(あばらいれんじ)が結婚!

ルキアと恋次は、流魂街で身を寄せ合って暮らしていた幼馴染でした。貧困した生活から抜け出すため、共に死神を目指していた彼らでしたが、4大貴族の朽木家から養子にならないかとルキアが誘われたことで、2人の間に溝ができてしまいます。

恋次はルキアが現世で犯した罪を処罰するため、一時は尸魂界へ彼女を連行するも、一護と接することでルキアを救出しようと決意し、結果彼女との溝を埋めることができました。

最終話では、結婚した2人が一護の家を訪れていた姿が描かれていました。黒崎家同様、2人の間にも娘の阿散井苺花(あばらいいちか)が誕生していますよ。

石田雨竜(いしだうりゅう)は医者の道を進んだ

雨竜は長年、父である竜弦との間に深い亀裂ができていました。幼い頃、亡くなった母親を解剖していた父の姿を見て、彼を軽蔑してしまったからです。父の姿を見て、亡くなってもなお妻を解剖しなければいけない職業なら、竜弦の後を継いで医者になど絶対にならないと考えていました。

しかしユーハバッハとの戦いで、雨竜は彼が妻を解体していたのは、のちに来る戦いのためだったと知ったのです。決戦の後、竜弦と和解し今は医者として働いているようです。

一護達との縁も切れていなく、10年経った今も仲良くしていることが分かります。

茶渡泰寅(さどやすとら)はボクサーになった

一護の友人である浅野啓吾(あさのけいご)曰く、「俺たちの中で1番有名になった人物。」だそう。なんと泰寅は、世界大会に出場するプロボクサーとして活躍していたのです。

幼少期から体格が良く、強い力を持っていた泰寅。気に入らないことや、いじめを見つければ、その度に暴力を振るっていましたが、祖父と出会ってから自分のために暴力を振るうことをやめました。

一護とは「お互いのために拳を振るう」と約束するほど、強い絆で結ばれています。また、ルキア救出に奮闘したことから、雨竜やルキア達とも親交が深いようです。泰寅が出場する大会を見ようと、ルキアを含めた面々が一護の家に集まっていました。

一護の子どもとルキアの子どもが出会う

10年前に倒したはずのユーハバッハですが、尸魂界にて彼が持つ力の残滓が確認されました。対処しようと現場に駆けつけた隊長達ですが、その時突如残滓が消えてしまったのです。

これは一勇が、一護の部屋から手を伸ばして残滓を消し去ったからでした。一護と織姫の子どもなだけあって、生まれながらに強い能力を持っているようですね。

そんな彼の前に、ルキアと恋次の娘である苺花が現れます。死神として護延隊見習になった苺花は、お盆の時期だけ現世に来ることを許されたとか。

一勇に斬魄刀を突きつけながら「死神見習よ!」と自己紹介する苺花に、彼は「ぼくも死神だよ。」と応える彼。2人を取り巻くストーリーが始まりそうな最後でした。

BLEACHは打ち切りだった?

大人気のまま幕を閉じたBLEACHですが、中には打ち切りのため連載を終了したのでは?との声もあるようです。こちらでは、その真偽に迫っていきますよ!

打ち切りと噂されている理由とは

第315話 やちるの友!正義の死神登場!

BLEACHが打ち切りと噂されている理由は、未回収の伏線があるからです。

1番気になるのは、剣八と副隊長の草鹿やちる(くさじしやちる)との関係ではないでしょうか。ファンの間では剣八が始解をした途端やちるが消え、彼がピンチの時に突如彼女現れ卍解を教えたことから、やちるは剣八の斬魄刀だったのではと考察されています。

そのほかにも、四大貴族が全て明かされていないことや、浮竹十四郎( うきたけじゅうしろう)や惣右介などのメインキャラクターが卍解を見せずに終わったことなど、数々の伏線が回収されていないようですね。

原作者の願い通り最終回を迎えたと言われている根拠

2001年から20016年まで、15年間連載されていたBLEACH。伏線が未回収であるとの理由から、打ち切りだったとも言われていますが、中には作者の願い通りの形で終わったのではとの声もあります。

これは、「久保先生が『15』に深い思い入れがあるのでは?」と噂されているのが理由です。「何か1つのものを護りとおせるように。」と願いを込めて付けられた主人公の一護という名前も、数字で表すと「15」ですね。

さらに、久保先生自身が「なんとか15年で描き終えることができました。」と発言していることから、元々連載15年目で最終回を迎えようと考えていたと推測できます

最終回時のジャンプ巻末コメントを紹介

BLEACHが最終回を迎えた時、週刊少年ジャンプには、作品に対する様々なコメントが寄せられました。

例えば、『鬼滅の刃』の作者は「久保先生お疲れ様でした。学生の時から大好きでした。」と記していたり、『ハイキュー!!』の作者は「カッコいい画面、常に憧れです。久保先生お疲れ様でした。」とのコメントを掲載していたのです。

さらに、『ONE PIECE』の作者から「久保さんBLEACH連載15年間お疲れ様!よく休んでね。」とのメッセージや、『銀魂』の作者による「Jがまた一つ寂しくなります。久保先生早く帰ってきて下さい。」と書かれた言葉など、大人気漫画の作家から数々のコメントが寄せられていました。

BLEACH実写映画の評判は?

BLEACH(ブリーチ)

2018年にBLEACHは実写映画化されました。監督は『GANTZ』などアクション映画を手がけた佐藤信介(さとうしんすけ)さんが務めており、主人公の一護役は福士蒼汰(ふくしそうた)さん、ルキア役は杉咲花(すぎさきはな)さんが起用されています。

さて、そんなBLEACHの実写化ですが、気になる評価は極端に分かれているようです。「さすが、佐藤監督!特に前半のストーリーが好きです。」との声もあれば、「キャストが合ってないように感じた…。」といったマイナスな声もあるようですね。

そのほかにも、「原作は好きだけど、漫画やアニメを実写化するのは中々難しい。」と言った評価も見られました

【原作は完結したけど…】千年血戦篇のアニメ化が決定!

 

2021年9月に連載20周年を迎えるBLEACH。これを記念して20周年プロジェクト「face again」がスタートすることが発表されました!

このプロジェクトで、BLEACH千年血戦篇がアニメ化すること、2021年冬にBLEACH原画展が開催されることが決定したのです。ファンにとって嬉しすぎるお知らせですね。

さらに、2018年に記念作品として掲載されていた『BURN THE WITCH』が、2020年夏から週刊少年ジャンプで連載を開始し、2020年秋には劇場中編アニメーションとして公開されます

BLEACHアニメや原画展はもちろん、久保先生の新作もぜひチェックしてみてくださいね!

記事にコメントするにはこちら