【ARIA】登場人物プロフィール一覧

カテゴリーまとめはこちら:ARIA

天野こずえさんによる漫画作品『ARIA』。西暦2300年代の火星「アクア」にある観光都市「ネオ・ヴェネツィア」を舞台に、水先案内人ウンディーネになった少女・水無灯里とその周辺の人々の四季折々の日常が描かれます。そんな本作の登場人物を、声優情報を交えてご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

目次

『ARIA』とは?

天野こずえ画集3 Cielo(シエロ)

『AQUA』および『ARIA』は、天野こずえさんによって描かれた漫画作品。2001年に『AQUA』のタイトルで「月刊ステンシル」で連載されていましたが、2002年より「月刊コミックブレイド」に掲載誌を移し、タイトルも『ARIA』に変更された経緯があります。2008年まで1話完結で連載され、『AQUA』『ARIA』両タイトルを合わせて全14巻で完結となりました。

2005年にテレビアニメ第1期『ARIA The ANIMATION』が放送された後、第2期、第3期、そしてOVAの制作も行われています。2015年にテレビアニメ10周年記念プロジェクトの一環として『ARIA The AVVENIRE』のイベント上映も行われました。声優は、本作で監督を務める佐藤順一(さとう・じゅんいち)さんが手がけた『カレイドスター』と多く重複しています。

物語のあらすじ

ARIA 全12巻 完結セット (BLADE COMICS)

舞台は、西暦2300年代の火星「アクア」。その星の入植地の1つ「ネオ・ヴェネツィア」は、マンホーム(地球)のヴェネツィアの慣習や風景を元に築かれた観光都市で、その観光案内をゴンドラを漕ぐ水先案内人の女性「ウンディーネ」が担っています。ウンディーネには、見習いの「ペア」、半人前の「シングル」、一人前の「プリマ」と呼ばれる階級があります。

主人公の少女・水無灯里(みずなし・あかり)は水先案内人の会社の1つ「ARIAカンパニー」に入社し、様々な人たちと出会い素敵な体験を積み重ねながら、一人前のウンディーネへと成長していくことになります。

ここからは、そんな本作に登場するキャラクターについて、声優情報も交えてご紹介していきます!

『ARIA』キャラクター1:遥かなる蒼 水無灯里(みずなし・あかり)

Aria the Masterpiece 1

水無灯里は、ARIAカンパニーに所属するウンディーネ。マンホームの日本出身の15歳の少女で、ウンディーネに憧れてアクアへと移住してきました。誕生日は1月30日で、星座はみずがめ座。身長155cmで、血液型はA型。オールのナンバーは4です。明るく好奇心旺盛な性格で、「はひーっ」や「ほへ」など、やや間延びした口調で喋るのが特徴的。

素敵なものを見つけては素直に感激したコメントを述べ、大抵の場合、藍華(あいか)・S・グランチェスタから「恥ずかしいセリフ禁止!」とツッコまれています。昇格試験に合格してプリマになった際に、先輩のアリシア・フローレンスから「遥かなる蒼(アクアマリン)」の通り名を授けられました。アリシアの結婚と現役引退後、ARIAカンパニーの経営権を受け継ぎました。

声優は葉月絵理乃(はづき・えりの)さん

水無灯里の声を担当する葉月絵理乃さんは、「えりしー」や「えりえり」などの愛称で親しまれている声優。1975年8月3日生まれで、東京都出身。趣味はアロマテラピーと紅茶。特技はタロット占いです。主にナレーターとして活動していましたが、「ARIAシリーズ」の水無灯里役に抜擢されて以降、声優業を行うことも増えるようになりました。

これまでに、『となグラ!』の神楽まりえ役、『あかね色に染まる坂』の橘ミコト役、『はなまる幼稚園』の山本先生役などを担当。2013年の末に一般男性と結婚し、2014年に入ってから葉月絵理乃さんが大好きなハワイテイストのあるカフェでARIA声優陣が集まり、結婚祝いのパーティーが開かれました。

『ARIA』キャラクター2:薔薇の女王 藍華(あいか)・S・グランチェスタ

ARIA 完全版 ARIA The MASTERPIECE 3 (BLADEコミックス)

藍華(あいか)・S・グランチェスタは、ウンディーネの老舗「姫屋」を経営する家の跡取り娘。年齢は16歳で、誕生日は2月2日。星座はみずがめ座。身長160cmで、血液型はO型。オールのナンバーは8です。灯里がアクアで初めてつくった同世代且つ同業者の友人で、勝気で負けず嫌いな性格です。

幼い頃に落ち込んでいた時にアリシアに元気づけられたことから、彼女に対する強い憧れを抱くようになりました。厳しいものの遠慮なく接してくれる晃(あきら)・E・フェラーリに対する尊敬の念も強く、プリマの昇格試験に合格した後に彼女から「薔薇の女王(ローゼン・クイーン)」の通り名を授けられました。その後は、カンナレージョ地区にある姫屋の若き支店長として忙しい日々を送っています。

声優は斎藤千和(さいとう・ちわ)さん

藍華・S・グランチェスタの声を担当した斎藤千和さんは、アイムエンタープライズに所属する声優。1981年3月12日生まれで、埼玉県出身。趣味は映画鑑賞とバスケットボールで、特技は犬のしつけです。 「ちわ」の愛称で親しまれています。声優になろうと思ったきっかけは、母親にファッション雑誌を買ってきてくれるよう頼んだところ、間違って声優雑誌を買ってきたこと。

1999年に放送されたテレビアニメ『魔術士オーフェン Revenge』のレミ役で声優デビューを果たしました。「〈物語〉シリーズ」の戦場ヶ原ひたぎ役、『魔法少女まどか☆マギカ』の暁美ほむら役、「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤシリーズ」のクロエ・フォン・アインツベルン役などで知られています。

『ARIA』キャラクター3:黄昏の姫君 アリス・キャロル

ARIA 完全版 ARIA The MASTERPIECE 5 (BLADEコミックス)

アリス・キャロルは、オレンジぷらねっとに所属するウンディーネ。年齢は14歳で、誕生日は9月1日。星座はおとめ座。身長145cmで、血液型はB型。オールのナンバーは18です。ミドルスクールのゴンドラ部での実績を元にスカウトされ、オレンジぷらねっとに入社することになりました。

主に操舵術でかなりの実力を誇るものの、無愛想で人付き合いが得意でない性格のため接客が苦手。ひとりで練習していたときに灯里と藍華に出会って以来親しくなり、3人での合同練習を重ねるようになりました。徐々に接客技術も上達するようになり、昇格試験の際に総合的な実力が認められて異例の飛び級でのプリマへの合格を果たし、先輩のアテナ・グローリィから「黄昏の姫君(オレンジ・プリンセス)」という通り名を授けられました。

声優は広橋涼(ひろはし・りょう)さん

アリス・キャロルの声を担当する広橋涼さんは、青二プロダクションに所属する声優。1977年8月5日生まれで、新潟県出身。趣味は旅・映画鑑賞・ボートで、特技は料理をすること。「涼ちゃん」や「りょりょ」などの愛称で親しまれています。2002年に放送されたテレビアニメ『アクエリアンエイジ』の女の子役で声優デビューを果たしました。

『CLANNAD-クラナド-』の藤林杏役、『美少女戦士セーラームーンCrystal』のルナ役、『僕のヒーローアカデミア』の峰田実役などをこれまでに担当。佐藤順一さんが監督を務めた『カレイドスター』では、主人公の少女・苗木野そらの声を担当しています。

『ARIA』キャラクター4:白き妖精 アリシア・フローレンス

Aria the Masterpiece 2

アリシア・フローレンスは、ARIAカンパニーを経営するウンディーネ。年齢は19歳で、誕生日は10月30日。星座はさそり座。身長165cmで、血液型はA型。「水の3大妖精」と称えられるプリマウンディーネの1人で、「白き妖精(スノーホワイト)」という通り名を持っています。15歳のときにプリマに昇格した最年少記録保持者でもあります。

「あらあら」「うふふ」を口癖とした慈愛に満ちた性格の女性で、師匠の天地秋乃(あめつち・あきの)曰く「なんでも楽しむ達人」。唯一の弟子である灯里の成長をあたたかく見守り、彼女のプリマ昇格を機に結婚し、現役を引退しました。ARIAカンパニーの経営を灯里に譲った後は、ゴンドラ協会の要職に就いて活躍しています。

声優は大原(おおはら)さやかさん

ラジオCD「大原さやか朗読ラジオ 月の音色~radio for your pleasure tomorrow~」Vol.2

アリシア・フローレンスの声を担当した大原さやかさんは、東京俳優生活協同組合に所属する声優。1975年12月6日生まれで、神奈川県出身。特技はチェロを演奏すること。 「さぁや」や「さやさや」などの愛称で親しまれています。声優デビューしてから数年間は主にナレーターの仕事をしていましたが、2000年代に入って以降アニメへの出演が増えるようになりました。

これまでに『FAIRY TAIL』のエルザ・スカーレット役、『Fate/Zero』のアイリスフィール・フォン・アインツベルン役などを担当。佐藤順一監督作品の『カレイドスター』では、主人公の苗木野そらにとっての永遠の憧れであるレイラ・ハミルトン役を担当していました。

『ARIA』キャラクター5:ARIAカンパニーの社長 アリア・ポコテン

ラジオDVD「ARIA The STATION COMPLETO」

アリア・ポコテンは、ARIAカンパニーの社長。水先案内人の業界では「目の青い猫」を社長に据えることになっていて、周りからは「アリア社長」と呼ばれています。元は野良猫だった白く大きな火星猫で、誕生日は不明。「ぷいにゅ」という声で鳴き、歩くと「ぽぷよん」などのかわいらしい足音がします。

糖尿病を心配されるほどの甘党で、嬉しいときや喜んだときには大好きな人に飛びつく癖があります。姫屋の社長・ヒメ・M・グランチェスタに好意を寄せていますが、残念ながらあまり相手にされずしょんぼりとしてしまうことも。逆にオレンジぷらねっとの社長・まぁからは好かれていて、よくお腹に噛みつかれてしまっています。

声優は西村(にしむら)ちなみさん

アリア・ポコテンの声を担当した西村ちなみさんは、81プロデュースに所属する声優。 1970年11月18日生まれで、千葉県出身。趣味・特技は、散歩・映画鑑賞・読書・ギターなど。「ちなみん」や「ちなちな」の愛称で親しまれています。1992年に放送された『こどもにんぎょう劇場』の「たからげた」のはなちゃん役で声優デビューを果たし、1994年に放送されたテレビアニメ『超くせになりそう』の白鳥なぎさ役で初主演を果たしました。

これまでに『おじゃる丸』の坂ノ上おじゃる丸役、『スマイルプリキュア!』の青木れいか(キュアビューティ)役、『AIR』の神奈備命役などを担当。佐藤順一監督作品の『カレイドスター』では、主人公の苗木野そらの親友の少女・ミア・ギエムの声を担当しています。

『ARIA』キャラクター6:グランドマザー 天地秋乃(あめつち・あきの)

天地秋乃は、ARIAカンパニーの設立者。年齢は50歳で、誕生日は9月23日。星座は天秤座。身長140cmで、血液型はB型です。30年に渡ってウンディーネ業界のトップに君臨し続けた「伝説の大妖精」で、現代ウンディーネの母と称えられたその功績に対する敬意から「グランドマザー(通称・グランマ)」と呼ばれています。

かつて姫屋でエースとして活躍していましたが、忙しさに追われる日々に勿体なさを覚えるようになり、当時野良猫だったアリアとの出会いを機に独立を決意。30歳でARIAカンパニーを創設し、不定期ながらウンディーネを採用して弟子として育て、最後の弟子となったアリシアのプリマ昇格を機に引退し、彼女に経営権を譲渡しました。現在はマンホームの城ヶ崎村で隠居生活を送っています。

声優は松尾佳子(まつお・よしこ)さん

天地秋乃の声を担当する松尾佳子さんは、シグマ・セブンに所属する声優。1944年3月5日生まれで、東京都出身。テレビ黎明期の頃から声優として活躍し、1960年代半ばから1970年代後半にかけて、数多くの作品で少年少女の役を担当してきました。『母をたずねて三千里』のマルコ・ロッシ役、『無敵超人ザンボット3』の神北恵子役、『家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ』のフローネ・ロビンソン役などを担当しています。

『ARIA』キャラクター7:ARIAカンパニーの新人 愛野(あいの)アイ

Aria the Masterpiece 7

愛野アイは、ARIAカンパニーに所属するウンディーネ。8月28日生まれで、血液型A型。オールのナンバーは2です。アニメ版オリジナルキャラクターで、第1期第1話の「その素敵な奇跡を…」から登場していました。年の離れた姉が新婚旅行で行ったアクアの自慢話ばかりをしていたことから、アクアのこともネオ・ヴェネチアのことも嫌いになっていましたが、灯里や藍華と友人になったことから次第に好きになっていくようになりました。

原作本編には全く登場してきませんでしたが、最終話で初登場時の灯里たちと同じくらいの年齢になった姿で、ARIAカンパニーにペアのウンディーネとして入社。劇場版『ARIA The AVVENIRE』ではシングルに昇格しています。

声優は水橋(みずはし)かおりさん

愛野アイの声を担当する水橋かおりさんは、アーツビジョンに所属する声優。1974年8月28日生まれで、北海道出身。趣味・特技はイラストを描くこと。2000年に放送されたテレビアニメ『機巧奇傳ヒヲウ戦記』のマチ役で初のアニメレギュラーを担当し、2001年に放送されたテレビアニメ『カスミン』の春野カスミ役で初主演を担当しました。

これまでに「魔法少女リリカルなのはシリーズ」のユーノ・スクライア役高町ヴィヴィオ役、『魔法少女まどか☆マギカ』の巴マミ役、「〈物語〉シリーズ」の忍野扇役などを担当。佐藤順一監督作品の『カレイドスター』では、主人公の親友でありOVAでは主人公を務めたロゼッタ・パッセル役を担当しています。

『ARIA』キャラクター8:真紅の薔薇 晃(あきら)・E・フェラーリ

ARIA 完全版 ARIA The MASTERPIECE 4 (BLADEコミックス)

晃(あきら)・E・フェラーリは、姫屋に所属するウンディーネ。年齢は20歳で、 誕生日は7月29日。星座は獅子座。身長168cmで、血液型はO型。オールのナンバーは27です。「水の3大妖精」の1人に数えられるプリマウンディーネで、「真紅の薔薇(クリムゾンローズ)」という通り名を持っています。

「すわっ!」を口癖とした勝気で面倒見のいい性格の女性で、アリシアとは幼馴染同士の関係。他の「水の3大妖精」のような天賦の才こそありませんが、努力を重ねた結果、抜群の接客技術を持ったウンディーネとなりました。藍華のプリマへの昇格と姫屋の支店開業に伴って、本店と支店を統括するチーフ・ウンディーネに就任しています。

声優は皆川純子(みながわ・じゅんこ)さん

晃・E・フェラーリの声を担当した皆川純子さんは、。東京俳優生活協同組合に所属する声優。11月22日生まれで、茨城県出身。 「純ちゃん」や「純やん」などの愛称で親しまれています。2001年にテレビアニメ『それいけ!アンパンマン』のデカルン役でアニメデビューを果たし、同年に発売されたゲーム『ときめきメモリアル3 〜約束のあの場所で〜』の神条芹華役で初のヒロイン役の1人を担当しました。

低い声質を活かして男の子の声を担当することが多く、これまでに『テニスの王子様』の越前リョーマ役、『.hack//黄昏の腕輪伝説』のシューゴ役、『PandoraHearts』のオズ=ベザリウス役などを担当。皆川純子さんにとって特に越前リョーマの存在は大きく、声優人生を変えた役とまで思っているそうです。

『ARIA』キャラクター9:姫屋の社長 ヒメ・M・グランチェスタ

ヒメ・M・グランチェスタは、姫屋の社長。ロシアンブルーによく似た青い目の地球猫で、誕生日は8月5日。体重は2.50kg。クールで気高い猫で、アリア社長から好意を寄せられていますが、あまり相手にはしていません。しかし、別に特段嫌っているわけでもなく、お月見などでは寄り添って過ごしていることもあります。

ウンディーネの漕ぐゴンドラの先端部を気に入っていて、それに乗っている際はよくそこに座っています。いつもクールなヒメ社長ですが、注射が大嫌いで、健康診断の際には飛び跳ねて逃げ出したことも。その声は、愛野アイ役と同じ水橋かおりさんが担当しています。

『ARIA』キャラクター10:姫屋のウンディーネ あゆみ・K・ジャスミン

あゆみ・K・ジャスミンは、姫屋に所属するウンディーネ。年齢は19歳で、誕生日は6月15日。星座は双子座で、血液型はB型です。灯里がゴンドラを使った渡し船「トラゲット」に参加した際に出会ったシングルのウンディーネで、オレンジぷらねっとのアトラ・モンテヴェルディ、夢野杏(ゆめの・あんず)と共に4人でチームを組みました。

一人称が「ウチ」のさっぱりとした性格の女性で、多くのウンディーネがプリマへの昇格を目指すなか、シングルを貫いたまま地元密着のトラゲット専門のウンディーネになろうと考えています。独特のバランス感覚が求められるトラゲットに初めて挑戦した灯里の腕前を「君がプリマになるのは時間の問題だから。ウチが保証するよ」と、高く評価していました。

声優は白石涼子(しらいし・りょうこ)さん

あゆみ・K・ジャスミンの声を担当した白石涼子さんは、青二プロダクションに所属する声優。1982年9月7日生まれで、奈良県出身。2002年に放送されたテレビアニメ『GetBackers-奪還屋-』の少年期の天野銀次役で声優デビューを果たし、2005年に放送されたテレビアニメ『まほらば Heartful Days』の白鳥隆士役で初主演を果たしました。

ハスキーな声質が特徴的で、これまでに『ハヤテのごとく!』の綾崎ハヤテ役、『SKET DANCE』の鬼塚一愛(ヒメコ)役、『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS 』の秋道チョウチョウ役などを担当。綾崎ハヤテ役に関しては、原作者の畑健二郎(はた・けんじろう)さんたっての希望によってオーディションを経ることなく採用されました。

『ARIA』キャラクター11:姫屋のウンディーネ あずさ・B・マクラーレン

あずさ・B・マクラーレンは、姫屋に所属するシングルのウンディーネ。誕生日は5月5日で、血液型はO型。『ARIA The AVVENIRE』に登場した茶髪の少女で、支店長になった藍華から直々に指導を受けている自分を「有望株」と言ったり、藍華が自分に惚れ込んでいるのではないかと言ったりするなど、やや自信家なところがあります。一方で、厳しい藍華のことを恐れているところもある様子。

びっくりしたときやぎくっとしたときに「にゃにゃっ」と言う癖があります。アリア社長を連れて、猫の王様・ケット・シーを探していたアイと出会い、オレンジぷらねっとのアーニャ・ドストエフスカヤも引き連れて共にケット・シー探しを行ううちに仲良くなりました。

声優は中原麻衣(なかはら・まい)さん

あずさ・B・マクラーレンの声を担当した中原麻衣さんは、アイムエンタープライズに所属する声優。1981年2月23日生まれで、福岡県出身。趣味は料理で、特技は剣道。「まいまい」や「麻衣さん」などの愛称で親しまれています。2001年にテレビアニメ『パラッパラッパー』の通行人B役で声優デビューを果たし、2002年にテレビアニメ『わがまま☆フェアリー ミルモでポン!』の南楓役で初のヒロイン役を担当しました。

ヒロインを担当する機会が多く、これまでに『ひぐらしのなく頃に』の竜宮レナ役、『CLANNAD』の古河渚役、『東方project』の博麗霊夢役などを担当。佐藤順一監督作品の『カレイドスター』では、主人公のライバル的ポジションにいるメイ・ウォン役を担当しています。

『ARIA』キャラクター12:天上の謳声 アテナ・グローリィ

Aria the Masterpiece 6

アテナ・グローリィは、オレンジぷらねっとに所属するウンディーネ。年齢は21歳で、誕生日は12月24日。星座はやぎ座。身長170cmで、血液型はAB型。オールのナンバーは36です。アリシアや晃と同じく「水の3大妖精」に数えられるプリマウンディーネの1人で、「天上の謳声(セイレーン)」という通り名を持っています。

優れた気配りができますがかなりのドジっ子で、同室に住む後輩のアリスからよく呆れられています。ウンディーネとしては「水の3大妖精」に恥じぬ実力を持っていて、彼女の歌う舟謳(カンツォーネ)の素晴らしさは、ウンディーネの中でも群を抜いています。最終話では、オペラ歌手としての舞台デビューを果たしています。

旧声優は川上とも子(かわかみ・ともこ)さん

アテナ・グローリィの声を担当した川上とも子さんは、ぷろだくしょんバオバブに所属していた声優。1970年4月25日生まれで、東京都出身。 2011年に卵巣がんにより41歳の若さで亡くなりました。1994年に放送されたテレビアニメ『メタルファイター♥MIKU』の男の子役で声優デビューを果たし、1997年に放送されたテレビアニメ『少女革命ウテナ』の天上ウテナ役で初主演を果たしました。

飾り気のない声が魅力的で、これまでに『ヒカルの碁』の進藤ヒカル役、『AIR』の神尾観鈴役、『テイルズ オブ デスティニー2』のナナリー・フレッチ役などを担当。佐藤順一さんが総監督を務めた『ケロロ軍曹』では、ケロロの居候している家の長男・日向冬樹役を担当していました。

新声優は佐藤利奈(さとう・りな)さん

新作映画『ARIA The CREPUSCOLO』でアテナ・グローリィ役を務めることになった佐藤利奈さんは、東京俳優生活協同組合に所属する声優。1981年5月2日生まれで、福岡県出身。特技は書道と弓道。「利奈ちゃん」や「りなっち」の愛称で親しまれています。2003年に放送されたテレビアニメ『犬夜叉』の娘役で声優デビューを果たしました。

2005年に放送されたテレビアニメ『魔法先生ネギま!』の主人公・ネギ・スプリングフィールド役で声優としての注目度を高めています。その他にも、『美少女戦士セーラームーンCrystal』の火野レイ(セーラーマーズ)役、『機動戦士ガンダムAGE』のナトーラ・エイナス役、『夏目友人帳』の多軌透役などで有名です。

『ARIA』キャラクター13:オレンジぷらねっとの社長 まぁ

まぁは、オレンジぷらねっとの社長。小さなパンダのような見た目をした火星猫で、小さくてわかりづらいですが青い目を持っています。誕生日は11月22日で、体重は1.20kg。灯里たちがいつも待ち合わせをしている場所にある日突然現れ、最初にそこにやってきたアリスによって発見されました。名付け親はアリスで、その理由は「まぁ」と鳴くことから。

アリスが隠れて飼っていましたが、アテナの気配りで社長に就任させることによって正式に飼うことを認めさせた経緯があります。拾ってくれたアリスと最も仲が良く、いつも一緒にいます。お気に入りはアリア社長の真っ白くもちもちとしたお腹で、よく噛みつきにいっています。

声優は渡辺明乃(わたなべ・あけの)さん

まぁの声を担当する渡辺明乃さんは、大沢事務所に所属する声優。1982年11月18日生まれで、千葉県出身。幼い頃に劇団日本児童に所属する子役として活躍し、2001年に放送されたテレビアニメ『あぃまぃみぃ!ストロベリー・エッグ』のヒロイン・樟葉楓子役で声優デビューを果たしました。声優業の傍ら、ヘヴィメタルバンド「ちびらり」のボーカルも務めています。

これまでに『魔法遣いに大切なこと』のアンジェラ・シャロン・ブルックス役、『To LOVEる -とらぶる-』の結城リト役、『Free!』の松岡江役などを担当。佐藤順一監督作品の『カレイドスター』では主人公の親友のアンナ・ハート役、『ケロロ軍曹』ではガルル小隊の突撃兵であるタルル上等兵役を担当しています。

『ARIA』キャラクター14:オレンジぷらねっとのウンディーネ 夢野杏(ゆめの・あんず)

夢野杏は、オレンジぷらねっとに所属するウンディーネ。年齢は18歳で、誕生日は3月3日。星座は魚座で、血液型はO型です。灯里がトラゲットでチームを組んだシングルのウンディーネで、灯里と出会ったときはついこの間あったプリマへの昇格試験に落ちたばかりでどんよりと落ち込んでいました。

今まで何度も昇格試験に落ちてきたものの、それでも諦めずに挑戦し続けてきた努力家で、灯里に対して今は落ち込んでいてもたくさん修行し直して再チャレンジするんだと語っていました。アフターストーリーであるドラマCDの中では、無事にプリマへの昇格を果たしたことが明らかになっています。

声優は阿澄佳奈(あすみ・かな)さん

夢野杏の声を担当した阿澄佳奈さんは、81プロデュースに所属する声優。1983年8月12日生まれで、福岡県出身。趣味・特技は剣道。「あすみん」や「アスミス」の愛称で親しまれています。2005年に放送されたテレビアニメ『Canvas2 〜虹色のスケッチ〜』のウェイトレス役で声優デビューを果たし、2007年に放送されたテレビアニメ『ひだまりスケッチ』のゆの役で初主演を果たしました。

これまでに『ニセコイ』の橘万里花役、『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』の百江なぎさ役、『WORKING!!』の種島ぽぷら役などを担当。2009年に「第3回声優アワード」で新人女優賞を受賞し、2013年に「第7回声優アワード」で主演女優賞を受賞しています。

『ARIA』キャラクター15:オレンジぷらねっとのウンディーネ アトラ・モンテヴェルディ

アトラ・モンテヴェルディは、オレンジぷらねっとに所属するウンディーネ。年齢は19歳で、誕生日は11月24日。星座はいて座で、血液型はA型です。灯里がトラゲットで一緒にチームを組んだシングルのウンディーネで、緊張している様子の灯里を気遣って「緊張している時はお腹に何か入れると落ち着くわよ」と言って飴玉を1つ渡していました。

半年前にプリマへの昇格試験に落ちてから再挑戦をせず、試験官となる先輩が特別に厳しくどんなに努力をしても全否定で迫ってくるため、プリマになることを諦めてトラゲット専門のウンディーネになろうかと考え始めていました。灯里たちに励まされて昇格試験に再挑戦することを決意し、アフターストーリーとなるドラマCDでは無事にプリマになったことが明かされました。

声優は桑島法子(くわしま・ほうこ)さん

HouKo ChroniCle (DVD付初回限定盤)

アトラ・モンテヴェルディ役を担当した桑島法子さんは、青二プロダクションに所属する声優。1975年12月12日生まれで、岩手県出身。趣味は芸術鑑賞。「ほーちゃん」の愛称で親しまれています。1995年に放送されたテレビアニメ『美少女戦士セーラームーンSS』の女生徒役で声優デビューを果たし、1998年に放送されたテレビアニメ『Bビーダマン爆外伝』のしろボン役で初主演を果たしました。

これまでに『神風怪盗ジャンヌ』の日下部まろん(怪盗ジャンヌ)役、『犬夜叉』の珊瑚役、『ハートキャッチプリキュア!』の明堂院いつき(キュアサンシャイン)役などを担当。佐藤順一さんが総監督を務めた『ケロロ軍曹』では、亡くなった川上とも子さんから引き継いで日向冬樹役を担当しています。

『ARIA』キャラクター16:オレンジぷらねっとのウンディーネ アーニャ・ドストエフスカヤ

アーニャ・ドストエフスカヤは、オレンジぷらねっとに所属するウンディーネ。誕生日は3月11日で、血液型はB型。『ARIA The AVVENIRE』に登場した銀髪の少女で、静かでおっとりとした雰囲気がありますが、「シベリア送り」という物騒なことを言い出すこともあります。その割に、シベリアのこと自体はよく知らない様子。

友人のあずさと共にケット・シー探しに付き合ったことでアイと仲良くなり、かつての灯里と藍華とアリスのように、所属する会社こそ違うもののプリマウンディーネを目指して3人で合同練習を行う仲になりました。アイの提案で、灯里たちを招いてサプライズパーティーを開いたこともあります。

声優は茅野愛衣(かやの・あい)さん

茅野愛衣「LETTERS」 (TOKYO NEWS MOOK)

アーニャ・ドストエフスカヤの声を担当する茅野愛衣さんは、大沢事務所に所属する声優。1987年9月13日生まれで、東京都出身。「かやのん」の愛称で親しまれています。 2010年にOVA『怪物王女』の紗和々役で声優デビューを果たし、2011年に放送されたテレビアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の本間芽衣子〈めんま〉役で初のヒロイン役を担当しました。

これまでに『ちはやふる』の大江奏役、「戦姫絶唱シンフォギアシリーズ」の暁切歌役、『ソードアート・オンライン アリシゼーション』のアリス役などを担当。茅野愛衣さんが声優を志すきっかけとなったのが今作だったため、アーニャ役に抜擢されて感無量だったとか。

『ARIA』キャラクター17:火炎之番人 出雲暁(いずも・あかつき)

出雲暁は、半人前の火炎之番人(サラマンダー)の青年。年齢は18歳で、誕生日は1月8日。星座はやぎ座。身長178cmで、血液型はO型です。ネオ・ヴェネツィア沖にある浮き島で生まれ育った男性で、そこの炉端部に勤務しています。父親の職業も火炎之番人で、新太という年の離れた兄がいます。

ウンディーネになった灯里の最初の客で、彼女のことを「もみ子」と呼び、会う度にそのもみあげを引っ張っています。アリシアに想いを寄せていますが、当のアリシアや兄からは灯里のことが好きだと勘違いされています。しかし、物語後半では灯里のことが気になっている可能性も見受けられています。アリシアの現役引退を信じられず、彼女が結婚したこともなかなか受け入れられない様子です。

声優は野島裕史(のじま・ひろふみ)さん

出雲暁の声を担当した野島裕史さんは、青二プロダクションに所属する声優。1973年4月16日生まれで、東京都出身。趣味は自転車・ゴルフ・カメラで、特技はデザイン。2000年に放送されたテレビアニメ『ブギーポップは笑わない』の菅沼洋次役で声優デビューを果たし、2002年に放送されたテレビアニメ『OVERMANキングゲイナー』のゲイナー・サンガ役で初主演を果たしました。

これまでに『イナズマイレブン』の豪炎寺修也役、『PandoraHearts』のエリオット=ナイトレイ役、『弱虫ペダル』の石垣光太郎役などを担当。父の野島昭生(のじま・あきお)さん、弟の野島健児(のじま・けんじ)さんも共に声優業で活躍しています。

『ARIA』キャラクター18:風追配達人 綾小路宇土51世(あやのこうじ・うど・51せい)

綾小路宇土51世は、浪漫飛行社に勤める風追配達人(シルフ)の青年。年齢は18歳で、誕生日は8月8日。星座は獅子座。身長185cmで、血液型はO型です。「ウッディー」の愛称で呼ばれている青年で、「〜なのだ」を口癖としています。性格は明るく前向きで、実は地図を持っていないと配達ができないほどの方向音痴。灯里と一緒にエアバイクによる荷物の運送を行ったことがあります。

暁とは家がおとなりさん同士の幼馴染の関係で、彼のことを「あかつきん」という愛称で呼んでいます。地重管理人(ノーム)のアルバート・ピットとも幼馴染の関係です。アリスからは「ムッくん」と呼ばれています。

声優はうえだゆうじさん

綾小路宇土51世の声を担当したうえだゆうじさんは、ポマランチに所属する声優。1967年6月15日生まれで、福岡県出身。1992年に放送されたテレビアニメ『カリメロ』のジュリアーノ役で声優デビューを果たし、1996年に放送された『機動戦艦ナデシコ』のテンカワ・アキト役と同時期に放送された『ハーメルンのバイオリン弾き』のハーメル役でテレビアニメ初主演を果たしました。

元々は本名の「上田祐司」の表記で活動していましたが、2004年に所属していたアーツビジョンを退所したのを機に現在の平仮名表記に変更。これまでに「ポケットモンスターシリーズ」のタケシ役、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の相楽左之助役、『シャーマンキング』のホロホロ役などを担当しています。

『ARIA』キャラクター19:地重管理人 アルバート・ピット

アルバート・ピットは、半人前の地重管理人(ノーム)の青年。年齢は19歳で、誕生日は5月20日。星座はおうし座。身長140cmで、血液型はAB型。「アル」という愛称で呼ばれています。見た目は小柄ですが、これは地重管理人の身長が平均して低いため。少々発言が親父くさく、アニメ版では親父ギャグを連発する癖を持っていました。

幼馴染の暁とウッディーの中では最年長で、まとめ役を担っていました。藍華から好意を寄せられイベントの際は声をかけられることが多く、彼もまた藍華のことを意識し始めています。最終回では身長が少し伸び、地重管理人として一人前になりました。その声は、まぁ社長役と同じ渡辺明乃さんが担当しています。

『ARIA』キャラクター20:郵便屋のおじさん 庵野波平(あんの・なみへい)

庵野波平は、ネオ・ヴェネツィアにあるカンナレージョ郵便局に勤めているおじさん。年齢は55歳で、誕生日は7月23日。星座はしし座。身長148cmで、血液型はO型です。灯里がアクアで初めて親しくなった男性で、彼女とは共にゴンドラに乗ったり雑談をしたりする気さくな関係を築いています。

他の郵便局員からは「長老」「じぃ」と呼ばれていて、ポストの郵便袋を交換する際は見事な手さばきを見せます。最終話で現場を離れて管理職になることになり、灯里のゴンドラを予約してそのことを打ち明けました。

声優は清川元夢(きよかわ・もとむ)さん

庵野波平の声を担当した清川元夢さんは、東京俳優生活協同組合に所属する俳優・声優。1935年4月9日生まれで、神奈川県出身。特技は柔道とフェンシング。舞台俳優が本業ですが、声優としては1962年に海外ドラマ『コンバット!』の兵士役の吹き替えでデビューしました。

これまでに『HELLSING』のウォルター・C・ドルネーズ役、『のだめカンタービレ』のシャルル・オクレール役、『ご注文はうさぎですか?』のティッピー役などを担当。1990年に放送されたテレビアニメ『ふしぎの海のナディア』のガーゴイル役を担当して以来、庵野秀明(あんの・ひであき)さんの作品に出演することが多く、『新世紀エヴァンゲリオン』の冬月コウゾウ役、『彼氏彼女の事情』の川島先生役などを担当しています。

『ARIA』キャラクター21:猫妖精 ケット・シー

ケット・シーは、地球のハイランド地方に古くから伝承されている猫の王様。灯里の身長の2倍くらいはある大きさの謎の猫で、胸に白いブチがあります。あくまでお話の中の存在だと思われていましたが、灯里は何度かケット・シーに遭遇しています。

ケット・シーは灯里に少なからず関心があるようで、サン・ミケーレ島で彼女が「漆黒の君」に連れ去られそうになったときは助けてくれたことがありました。アリア社長とヒメ社長は、ケット・シーが開いている猫の集会に参加しています。アテナによって七不思議の1つとして、ネオ・ヴェネツィアに猫がたくさんいるのは街の守り神がケット・シーだからということが語られています。

声優は丹沢晃之(たんざわ・てるゆき)さん

2006年に発売されたゲーム『ARIA The NATURAL 〜遠い記憶のミラージュ〜』でケット・シーの声を担当した丹沢晃之さんは、アイムエンタープライズに所属する声優。1985年2月23日生まれで、埼玉県出身。趣味はベースの楽器演奏・パソコン・プロレス観戦です。

これまでに『エリアの騎士』の高瀬道朗役、『東京喰種トーキョーグール』の吉田カズオ役、「ハイキュー!!シリーズ」の大平獅音役、『魔法科高校の劣等生』の山中幸典役などを担当しています。

2021年春公開予定の完全新作映画に期待!

ARIA The BOX

ここまで『ARIA』に登場するキャラクターたちについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

アニメ15周年記念プロジェクトとして、2021年春に完全新作映画『ARIA The CREPUSCOLO』が公開される予定です。その映画では灯里たちがどんな活躍をし、どんな癒しのストーリーが展開されるのか。今後の情報に期待していきましょう!

記事にコメントするにはこちら