【ログ・ホライズン】ウィリアムの声優は?名言やあらすじをネタバレ解説

カテゴリーまとめはこちら:ログホライズン

【ログ・ホライズン】に登場するウィリアムは、アキバの5大戦闘系ギルド「シルバーソード」のギルドマスター。実力者でもあるにもかかわらず、アニメ1期ではほとんど活躍しません。2期での大活躍を中心に、声優や名言などをネタバレありで解説します。

記事にコメントするにはこちら

【ログホラ】ウィリアムは5大戦闘系ギルドのギルドマスター

ウィリアムのメイン職業は「暗殺者(アサシン)」で、サブ職業は「狩人」。「ミスリル・アイズ」という二つ名持ちで、強さは折り紙付きです。ウィリアムがどんな人物なのか見ていきましょう。

ウィリアムは「シルバーソード」のギルドマスター

ウィリアムは、アキバの街に存在する5大戦闘ギルド「シルバーソード」のギルドマスターです。【ログホラ】において暗殺者と言えば、多くの視聴者はアカツキを思い出すでしょう。職業は同じですが、ウィリアムは戦闘スタイルがまったく違います。アカツキは、忍者をイメージした近接特化のアタッカー。対してウィリアムは、弓を駆使した遠距離攻撃のスペシャリストです。

得意技の「ラピッドショット」は遠距離型の暗殺者にとって使い勝手のいい特技で、ウィリアムも愛用しています。早撃ちで連続攻撃を行い、1体の敵に集中して大ダメージを与えることも、複数の敵に広範囲で攻撃することも可能です。

駆け出しのころに目指したのは「茶会」

ウィリアムが初めて登場したのは、円卓会議を発足する際の会議でした。その発起人であるシロエに対して、強い憧れを抱いています。

シロエは、伝説のレイド集団「放蕩者の茶会(デボーチェリ・ティーパーティ)」の元メンバーです。「茶会」はギルドという枠にとらわれず、多くの高難度クエストを攻略してきたことでヤマトサーバーでは知らない人がいないほどの実力者揃いでした。

ウィリアムが「エルダー・テイル」を始めたころにも活動しており、ウィリアムはいずれ「茶会」に入ることを目標としていたのです。残念ながらウィリアムがLv90になるころに、「茶会」は解散。ウィリアムの夢は叶いませんでした。

現実世界のウィリアム

ウィリアムの本名は、公開されていません。高校生であることが本人の口から明かされており、協調性に欠け口下手であることから友達は少ないようです。学校生活を楽しんでいるとはいいづらく、勉強すらも「エルダー・テイル」のためと豪語する生粋のゲーマー

「ゲームがなければ友達が作れない」と、自らの性格を口に出したこともあります。そんな自分を「かっこ悪い。ダサい」と続けますが、ゲームのおかげでウィリアムは成長しているのではないでしょうか。人をまとめ上げ、クエスト攻略の戦略を練るのはすごいことですし、現実世界に戻ったらウィリアムは今までとは違う存在になっているでしょう。

【ログホラ】アニメ1期はウィリアムの活躍がない!?

アニメ1期は円卓会議の設立と、その後の活躍を描いています。ウィリアムはその中でほとんど活躍していません。

初登場は、円卓会議を結成させるための会議でした。その12ギルドの1つとして、会議に招集されています。

「街の悪い雰囲気をなんとかしたい」というシロエの思いを聞いたウィリアム。しかし「自分たちは戦闘系ギルドだから街の雰囲気はどうでもいい」と立ち去ってしまいます。ウィリアムは「街の雰囲気を変えることなど不可能」と考えていました。

この後「シルバーソード」は、ススキノへと拠点を移します。1期では、ウィリアムが登場することはありませんでした。

【ログホラ】アニメ2期でシロエとウィリアムの共同戦線

Log Horizon: Season 2 Collection [Region 2]

アニメ1期での沈黙が布石だったかのように、ウィリアムは2期で大活躍します。2期の前半のヤマ場ですので、詳しく解説しますね。

シロエの依頼を2つ返事で快諾

アニメ2期は、円卓会議の財政難から話が始まります。そこでシロエは財政難を解消するため、直継と大地人・リ=ガンとともに極秘でアキバを出発。向かった先はススキノで、相手はウィリアムでした。

ウィリアムはススキノに拠点を移した後、悪徳ギルド「ブリガンティア」を壊滅。「シルバーソード」はススキノの「顔」となっていました。そこへ遠路はるばる訪ねてきたシロエの依頼を、2つ返事で快諾します。シロエの依頼は、レイド攻略でした。

シロエに憧れと尊敬を抱くウィリアムは、「自分を頼ってくれた」ことに内心喜びます。レイド攻略の目的を尋ねることもなく、全面協力を約束するウィリアムでした。

凶悪レイドゾーン・奈落の参道

第9話 変わりゆく戦場

「奈落の参道(アビサルシャフト)」は、「大災害」と深く関係があるとされる12番目の拡張パック「ノウアスフィアの開墾」で実装されたレイドゾーンです。もともとあったダンジョン「パルムの深き場所」の最深部にあります。

最新のレイドだけあって難易度が高く、シロエを加えた「シルバーソード」でも一筋縄ではいきません。時間をかけて攻略を進めましたが、ついに事件とも言える局面に。

今までレイドボスは1体ずつ戦うものでしたが、3体のレイドボスが同時に出現します。1体でも強力なレイドボスが3体同時ともあれば、破壊力は比べものになりません。ウィリアムたちは、あっさりと全滅してしまいました。

自らの思いを語り、「戦友」を鼓舞

第10話 ギルドマスター

シロエはもちろん、「シルバーソード」のメンバーも歴戦の勇士。普通であれば全滅したところで、士気が下がることはありません。しかし圧倒的なレイドボス3体が相手となれば、激しい絶望感を感じて当然。再起不能かと思われたときに、ウィリアムは自分の過去を含めて言葉を発しました

自分のかっこ悪さを認め、それでも諦めてはいけないとメンバーを鼓舞するウィリアム。現実世界ではパッとしないウィリアムだからこそ、この言葉が出たのでしょう。

もともとウィリアムを慕っている「シルバーソード」メンバーは再起します。シロエの新たな策をもって、辛勝ながらも超難関レイドを突破しました

未知のモンスター「常蛾」襲来

シロエが目的を果たしてアキバへ帰ってからも、ウィリアムはススキノに拠点を構えたままです。ある日アキバやミナミも含めたヤマト全域で、新種のモンスターが観測されました。

新種のモンスターは「常蛾(じょうが)」といい、月の出とともに襲来してきます。上空から鱗粉をまき散らすことで、大地人と冒険者を眠らせました。「常蛾」の巣がシブヤと判明し、シロエたちが攻略に出立。

ススキノにいるウィリアムはシロエを信じて、守りに徹します。大地人にわずかな被害は出たようですが、ほとんど無傷で守り通しました。騒動が収まった後、「攻略しがいのありそうなレイドだ」とウィリアムらしい発言をしています。

【ログホラ】ウィリアムは友達が少ない?

1期ではほとんど活躍せず、2期のみの活躍だったため、彼の人間関係が描かれることは多くありませんでした。深く絡みのあった人物を紹介します。

昔からの憧れシロエ

第1話 北の国のシロエ

元「茶会」の名参謀シロエは、ウィリアムにとって昔からの憧れ。「茶会」はギルドという形態をとらずに、高難度クエストを攻略してきた伝説的な集団です。

「茶会」が解散し、ウィリアムが自らのギルド「シルバーソード」を持ってからも憧憬の念は変わりません。ウィリアムはアキバの雰囲気を改善することは無理だと諦めていましたが、シロエはあっさりとやってしまいました。そのことに驚きつつも、尊敬の思いを新たにしています。

「奈落の参道」攻略の依頼を受けたとき、2つ返事で快諾したときもこの思いが根幹にありました。「憧れの人から頼られる」なんて、嬉しくないわけがありませんね。

ヤマト最硬の盾ディンクロン

ディンクロンは「シルバーソード」の筆頭守護戦士です。「シルバーソード」が描かれる際は、必ずと言っていいほど登場しており、円卓会議発足の際にウィリアムが召集されたときも随行しています。

また「奈落の参道」攻略では直継とともに、最前線で敵の攻撃を受け止め続けました。石化や即死を受けつつも攻略に一役買っており、ディンクロンがいなければ攻略は難しかったでしょう。

「シルバーソード」でずっと第一線で活躍してきたディンクロンは、装備やスキルも優秀です。総合的な防御力から、ディンクロンがヤマト最硬と言われています。

ススキノの元暴君デミクァス

デミクァスは、メイン職業が「武闘家(モンク)」の冒険者です。アニメ1期では、デミクァス率いる「ブリガンティア」がススキノを支配していました。

「シルバーソード」がススキノを拠点にしてからは、ウィリアムに「ブリガンティア」を壊滅させられているようです。しかしウィリアムを恨んでいるような描写はなく、やや高圧的ではありますが会話を交わすシーンも。「奈落の参道」攻略に行くように、ある程度の信頼関係はあるようでした。

「常蛾」に襲われたときも話しながら撃退していたため、仲が悪いわけではないようです。お互いに性格がとげとげしいだけで、気は合うのかもしれませんね。

【ログホラ】ウィリアムの名言3選

ウィリアムの名言は、「奈落の参道」攻略のエピソードに集中しています。ウィリアムの数少ない見せ場なので、かっこよくて当然ですね。その中でも一部を紹介します。

わかった、いいぜ

「奈落の参道」を攻略する際、「シルバーソード」を頼るべくシロエはススキノを訪れます。ウィリアムと軽く挨拶を交わし、シロエが「お願いがあってきました」と本題に入り始めたとき、ウィリアムは即座に回答しました。

「わかった、いいぜ」

2つ返事で快諾するウィリアムに、驚くシロエ。ウィリアムは続けます。

「1人の男が北の果てまで訪ねてきたんだ」
「話を聞いてから決めるのは野暮ってもんだろ」

快諾は、シロエへの憧憬があるからに間違いありません。しかしレイドの話を聞いてからのウィリアムは、難関を攻略したいゲーマーの顔になっていました。

理由は…俺らが、クソゲーマーだからだ!

「奈落の参道」攻略中に、レイドボスが3体同時出現するという前代未聞の事態に見舞われたウィリアムたち。いかにシロエやウィリアムでも、規格外の事態にあっさり全滅します。

復活ポイントでは、全員が意気消沈していました。ウィリアムも初めはそうだったかもしれませんが、ゆっくりと自身の思いを吐き出します。「ゲームが好きだから、勝てない戦いでも最後までやりきりたい」というウィリアム。最後にこう締めくくります。

「理由は…」
「俺らが、クソゲーマーだからだ!」

ギルドマスターの熱い思いに、共感するメンバー。シロエの策と、決意を新たにしたメンバーの力で、最難関レイドをなんとか攻略しました。

俺をフレンドリストに登録してくれ

「奈落の参道」を攻略し、アキバへ帰還しようとするシロエたち。ウィリアムを始めとした「シルバーソード」のメンバーが、見送りに集まります。少し照れながらウィリアムが口を開きました。

「俺を…フレンドリストに登録してくれ」

少し驚いた様子のシロエは「何をいまさら」と言わんばかりに、「もうしてあるよ」と返答。ウィリアムにとってシロエは憧れの人なので、切り出すのには勇気が必要だったと思います。ただシロエにこのセリフを言えたことは、ウィリアムにとって大きな成長の証だったのでしょうね。

【ログホラ】ウィリアムの声優は中村悠一さん

中村悠一(なかむらゆういち)さんは、デビュー当初アニメ声優よりもナレーションの実績が豊富でした。
ウィリアムはアニメ1期で少し登場した後、2期まで登場しません。
その間にゲームアプリでの収録があり、演技に苦労したようです。

代表作は、『機動戦士ガンダムOO』グラハム・エーカー、『おそ松さん』松野カラ松、『ジョジョの奇妙な冒険シリーズ』ブローノ・ブチャラティなどが挙げられます。

【ログホラ】アニメ3期のウィリアムは円卓会議に関わる活躍?

ログ・ホライズン完全設定資料集 2015

アニメ3期でウィリアムが、どんな活躍をするのか非常に楽しみです。
ミナミからマークされていない「シルバーソード」は、「円卓崩壊」という危機に救援に駆けつけるのでしょうか。
シロエに憧れ、頼られたウィリアムは、アニメ1期で「円卓会議」を否定していたころより明らかに成長しています。
1期では見られなかった、アキバのために戦う姿を楽しみに待ちましょう

記事にコメントするにはこちら