【鬼滅の刃】派手好きな音柱・宇髄天元の素顔を徹底紹介!

カテゴリーまとめはこちら:鬼滅の刃

鬼滅の刃に登場する柱の1人、音柱・宇髄天元。外見からも派手好きが伺える彼の素顔を徹底紹介していきます。

記事にコメントするにはこちら

宇髄天元とは?

派手な外見で目立つ風貌の宇髄天元とは、どのような人物なのでしょうか?まずは、彼のプロフィールや性格、生い立ちについてご紹介していきます。

プロフィール紹介

階級:柱
誕生日:10月31日
年齢:23歳
身長:198cm
体重:95kg
出身地:不明
趣味:嫁と温泉巡り、秘湯探し
好きなもの:ふぐ刺し

鬼殺隊を支える最上級の剣士であり、全集中・音の呼吸の使い手であるため音柱とも呼ばれています。元忍ですが派手好きであり、左目の独特なメイクや爪にもネイルを塗ったり、複数の装飾品を身に付けているなどが特徴です。ちなみにコミックの挿絵で登場した宇髄の使いカラスもド派手な装飾をつけています。

突拍子もない発言をすることもあり、炭治郎達の前で「派手を司る神…祭りの神だ」と自称した際は、善逸が「アホを司っている」と感想を述べています。

嫁3人のことをとても大切におり、嫁達に対する男前な姿勢や発言が多い。遊郭に潜入していた嫁達からの定期連絡が途絶えたと聞いた際に「嫁もう死んでんじゃねぇの?」と伊之助が口にした途端、激怒した宇髄は容赦無く殴り倒しています。

宇髄天元は元忍

衰退していた忍の一族であり、父親から壮絶な訓練を強いられ育てられていました。訓練の中で9人姉弟の内7人が命を落とし、生き残った弟が感情を捨てて部下を駒扱いする父親の生写しとなっていると姿を見て、自分はあんな人間になりたくないと3人のくの一と共に抜け忍となります。

その後は鬼殺隊に入り、葛藤や矛盾を抱えた忍は愚かな弱者とされてきた環境で育ってきた宇髄にとって、辛い道を選択してもなお前を向き人の為に鬼と戦うという自分達の生き方を肯定してくれた産屋敷に心から感謝しています。

素顔がイケメンすぎる

メイクを落とした素顔は整った顔立ちをしており、女将達も頬を赤らめています。女装させられた善逸は男前であることに嫉妬していますが、宇髄本人は地味だと思っているようです。

嫁は3人!?

嫁の名は、「須磨」「まきを」「雛鶴」。

忍の風習で一夫多妻制となっており、宇髄と共に抜け忍となった3人のくの一は彼の嫁でもあります。鬼殺隊任務のために遊郭への潜入捜査など任せているが、自分の命よりも嫁達をとても大切にしています。3人もいると知った善逸は、「なんで嫁3人もいるんだよ、ざっけんなよ!!」と全力で嫉妬しています。

くの一は命を賭けるのが当然という環境で育ってきた嫁達に、宇髄は任務遂行より命を大事にしろと命じています。今までの価値観を派手に壊した宇髄の発言に驚くが、上弦の鬼を倒してからは普通の人間として生きたいと願うようになります。

宇髄が柱を引退した後も嫁3人がしっかり支えています。

宇髄天元の音の呼吸について

鬼殺隊剣士は、自分の育手から全集中の呼吸について教わります。呼吸法には複数の流派があり、育手によって異なります。炭治郎のように、最初に習得した水の呼吸より体に適している呼吸法を使用する者もいます。

全集中の呼吸は、心肺を鍛え上げることで一度に大量の酸素を血中に取り込めるようになり、体中の血の巡りと心臓の鼓動が速くなって体温が上昇し、瞬間的に身体能力を上げて鬼と闘うことが出来る様になります。

極めることで全集中の呼吸を24時間維持できる「常中」と呼ばれる技を身に付けられます。柱のように強くなるには、まずこの技の会得が求められます。

音の呼吸とは

全集中の呼吸は、炎・水・風・岩・雷が基本の呼吸となっており、宇髄は雷の呼吸から派生した音の呼吸を使用しています。

音の呼吸の技

宇髄が使用する音の呼吸の技についてご紹介します。全ての型が作中に登場していませんが、見る限りド派手な技が多く、攻撃に特化しているようです。

「壱ノ型:轟(とどろき)」

二刀を頭上から振り下ろし地面に叩きつけ爆発させる技。地面に大穴を開けるほどの威力を持つ。

「肆ノ型:響斬無間(きょうざんむけん)」

鎖の長さを利用して二刀を高速で振り回し広範囲に攻撃する技。妓夫太郎の攻撃である血鎌を相殺させています。

伍ノ型:鳴弦奏々(めいげんそうそう)

二刀を振り回し斬撃と合わせて爆発させる技。

宇髄天元の日輪刀

通常は背中に背負っている二本の刀。鬼殺隊剣士が持っている日輪刀についてご紹介します。

日輪刀とは?

鬼殺隊になる最終選別で生き抜いて合格した者だけが持つことが出来る刀を日輪刀といいます。

陽光以外で唯一鬼を倒すことが出来る刀で、日輪刀の原料となる砂鉄と鉱石は陽の光を吸収する鉄で出来ています。また、持ち主によって刀の色が変化する事から「色変わりの刀」とも呼ばれています。

巨大な二刀流

伊之助と同じく二刀流を使用しているが、大きさは人の身の丈もあるほど違いがあります。巨大な二本の刀は鎖で繋がれており、リーチを伸ばして使用することもある。また、日輪刀と合わせて、鬼にダメージを与えられる特殊な爆薬丸を使用し攻撃しているため、派手な爆撃を生み出します。

忍獣ムキムキねずみ

見た目の通りムキムキなねずみ達を使用している宇髄。作中では潜入操作をしていた伊之助や善逸の為に、どこからともなく刀を運んできてくれています。

 

宇髄天元の派手派手な名言集

宇髄のド派手な名言についてご紹介します。

「派手を司る神…祭りの神だ」

ド派手好きな宇髄の祭りの神を自称する発言に、最初はとんでもない奴かもしれないと感じた人は少なくない筈です。

「俺は派手にハッキリと命の順序を決めている」

自分の命よりもお前らのが大事だから死ぬなよと3人の嫁達に伝えた言葉。任務遂行よりも自分の命を優先して自分の元に戻ってこいという、今までの生き方をド派手に壊す宇髄の発言がカッコいいです。

「派手にやってたようだな。流石俺の女房だ」

遊郭に潜入し行方が分からなくなっていた嫁達にかけた言葉。嫁達を大事にしている宇髄の優しさが分かります。

「俺に才能なんてもんがあるように見えるか?」

上弦の陸・妓夫太郎に選ばれた才能があって妬ましいと言われた宇髄だが、自分よりも優れた強い存在がいることを知っています。

自分の手の平から今までどれだけの命が零れたかと悔いており、煉獄のようにはいかないと自分の力量を自覚しています。

下弦の壱の鬼から200名の命を守りきり、上弦の参相手に戦った際も頸を斬るまでもう一息のところだった煉獄と比較して、宇髄の力だけでは上弦の陸に押され気味となっています。

View this post on Instagram

#鬼滅の刃#音柱#宇髄天元

A post shared by ((𝚈𝚞𝚢𝚊🦄💭💗 (@0.8.yu__ya) on

「余裕で勝つわボケ雑魚がァ!!」

上弦の陸・妓夫太郎の鎌には毒が仕込まれており、ある程度の耐性があった宇髄が徐々に毒に侵されてきたことを悟られ、俺達は勝つと豪語する場面。挫けずに立ち向かう宇髄に炭治郎は煉獄の姿を重ねています。

View this post on Instagram

イケメン天元様 #鬼滅の刃#宇髄天元

A post shared by 🦖 (@___sknmn09) on

上弦の陸、堕姫・妓夫太郎との戦い

宇髄の嫁達が潜入していた遊郭に巣食っていた鬼は上弦の陸の鬼、堕姫・妓夫太郎。鬼の居場所を突き止める為に炭治郎、伊之助、善逸も宇髄と共に上弦の陸との戦いに参加します。

吉原遊郭に巣食う鬼、堕姫

気配の隠し方が巧妙で宇髄だけでは尻尾が掴めなかった鬼は、花魁として潜んでいた上弦の陸・堕姫でした。身に付けている帯を操つり捕まえた人間を閉じ込めておける能力もあり、自分と切り離すことが出来ます。宇髄の嫁達と善逸はこの帯に囚われていました。

帯の気配を察知した伊之助が地下まで追いかけ、堕姫から切り離された帯と戦闘している音を聞きつけた宇髄も地上から地下まで大穴を開けて駆けつけます。囚われていた人間を救助後、宇髄は伊之助、善逸を連れて、堕姫と戦闘中の炭治郎の元へと急ぎます。

真っ先に到着した宇髄は炭治郎が苦戦していた堕姫の頸をあっさりと斬り落としたが、その後も堕姫の体の崩壊が始まらず不思議に思っていると兄である妓夫太郎が体から登場する。

兄、妓夫太郎から受けた毒

2人で1つの鬼であり、倒すためには両方の頸を同時に斬る必要がありました。しかし、妓夫太郎は堕姫よりも素早く格段に強かった。2体1の戦闘でも堕姫の頸を再び斬ることが出来たが、鎌に仕込まれていた毒によって宇髄は徐々に押されてしまいます。

駆けつけた炭治郎達は宇髄が毒に侵されていることを知らされますが、「勝つぜ!俺たち鬼殺隊は」と鼓舞する宇髄。二手に分かれて戦うも圧倒的な力を持つ妓夫太郎に苦戦し、藤の花の毒を仕込んだクナイを持ちいて妓夫太郎の足を斬ることが出来たが、その毒も一瞬で克服され、二人掛かりで頸を斬ろうとするも防がれてしまいます。

堕姫の頸を斬ることに成功した後に、伊之助は妓夫太郎に胸を刺され倒れる。妓夫太郎と対峙していた筈の宇髄が左手を斬られ倒れているのを見た炭治郎と善逸は、建物の倒壊に巻き込まれてしまいます。

炭治郎以外は動けない絶体絶命の状態になっても諦めずにクナイを使用して妓夫太郎の頸を斬りかかる炭治郎。意識を取り戻した宇髄はサポートに周り、左目を斬られても炭治郎のために妓夫太郎へ攻撃を続け、炭治郎は渾身の力を振り絞って妓夫太郎の頸を斬ることに成功します。

同時に、瓦礫から抜け出した善逸と意識を取り戻した伊之助により、堕姫の頸も斬り落とされ、鬼殺隊の勝利となりました。

禰豆子の血鬼術が3人を救う

自分だけ助かっているのが不思議だと感じた炭治郎だが、毒に侵されて弱っている伊之助の元へ駆け寄った際に禰豆子の血鬼術によって毒が燃やし飛ばされたのだと知ります。同じく、死を覚悟して遺言を伝えようとしていた宇髄も禰豆子のおかげで命を救われます。

柱引退後の宇髄天元は

左手と左目を失ったため、柱は引退することを決意した宇髄。その後、炭治郎とは文通する仲になっている。

柱として退いたが、後に鬼殺隊隊員の育成のため柱稽古に参加するなど励んでいます。鬼舞辻無残の襲撃後、新たな頭首となった輝利哉の警備にあたっていました。

アニメの宇髄天元さんも派手派手だ!

アニメでもド派手な宇髄さんが登場しました。柱合会議の際に登場しましたが、アニメの続きが見られることを期待します。

担当声優さんは?

声優さんは小西克幸さんで、出演作は東京喰種の亜門鋼太郎などをはじめ物語の重要なキャラクターを演じているイメージが強いです。

登場シーンは何話?

アニメの宇髄さんは、柱合会議が開かれる22話で登場します。登場シーンは少ないものの、派手派手な宇髄さんはもう居るだけで存在感たっぷりなので是非チェックしてみて下さいね。

記事にコメントするにはこちら