【鬼滅の刃】珠世をこよなく愛す少年、愈史郎について徹底紹介!

カテゴリーまとめはこちら:鬼滅の刃

東京・浅草で出会った鬼、珠世と愈史郎。鬼でありながら人の手助けをする珠世の傍らには常に愈史郎の姿があります。

記事にコメントするにはこちら

愈史郎とは?

鬼滅の刃に登場する少年、愈史郎。鬼でありながら、医者として人助けする珠世と共に彼女を献身的に支えている愈史郎についてご紹介します。

プロフィール紹介

鬼滅の刃 21 (ジャンプコミックスDIGITAL)

愈史郎は鬼でありながら医者として人の手助けをしてる珠世の側におり、2人で過ごす時間を邪魔する者をとことん嫌います。珠世のことは心から尊敬し好意を抱いており、「珠世様」と呼んでいます。

珠世のためなら何かあれば直ぐに飛んでいきたいと愈史郎は常に思っており、作中でも珠世の気配に異変を感じると階段を転げ落ちながら飛んでくる様子が伺えました。珠世に対する無礼には度が過ぎるほど反応し、女性に対する失言をした炭治郎は何度も殴られていました。

嫉妬が激しいが隠そうともせず、珠世に微笑まれて頬を赤くした炭治郎は愈史郎に思いっきり睨まれています。隠し切れないほどの好意を見せつつも、愈史郎は珠世のことが好きなんだねと聞かれると真っ赤になるようです。

珠世によって鬼化された唯一の存在

通常、人を鬼に変えることが出来るのは、鬼の始祖である「鬼舞辻無残」のみだとされていたが、愈史郎は珠世によって鬼化された唯一の存在です。人を喰らうことなく、少量の血を飲むだけで事足りるという鬼で特異な体質となっているためか鬼特有の匂いがしないと炭治郎は感じています。

愈史郎は人である時に不治の病にかかり、このままでは命を落とす状態であった際に、珠世から人でなくなっても生きたいと思うかと問われ、自ら望んで鬼となる道を選びました。珠世自身は鬼を増やしたいとは思っておらず、余命幾ばくもない人にする処置であり、200年以上かかって珠世が鬼にしたのは、愈史郎のみです。

鬼であることに変わりはなく、頭部を破壊されても再生する治癒能力があり、血鬼術も使用出来ます。愈史郎も他の鬼と同じく陽光と日輪刀以外では死なない体となっています。

通常の鬼ならば鬼舞辻無残から生み出されているため、居場所を常に把握されており、無残の名を口にしたり、情報を流そうとすると死に至る「呪い」がかけられていますが、自ら無残の呪いを外した珠世と、珠世が生み出した鬼である愈史郎だけは例外となっています。

無残が倒されれば他の鬼も全て滅ぶとされていたが、珠世に作られた存在であるため、愈史郎は珠世を想いながら現代でもひっそりと生きています。

愈史郎の血鬼術

鬼の中には人間離れした特殊な術を使う者がおり、愈史郎も使うことが出来ます。

血鬼術とは?

鬼が持つ個体に備わる能力のことを血鬼術と呼び、一定以上の実力がある鬼が備えています。

幻術や身体能力を上げるなど人間離れした能力であり、鬼殺隊達は血鬼術を使う鬼に遭遇した際は今までの経験から危険を判断し戦っています。上弦の参の鬼・猗窩座のように、人であった頃の未練やこだわりが血鬼術に反映されている能力もあるようです。

愈史郎の能力

人の視力を遥かに凌駕した視覚に関する能力を持ち、汎用性が高くとても便利です。「目隠しの術」を使うと建物や人を隠すことが可能になるが、存在自体を消せるわけではないため人数が増えるほど痕跡が残り見つかりやすくなってしまいます。

また、目の模様がついた呪符を他者の額に貼ると、愈史郎の超視力を貸すことが出来ます。作中では炭治郎の目では見えなかった鬼の攻撃ルートが見えるようになったり、最終戦で指示を出した輝利哉達が目を借りることで無限城の把握が出来るようになるなど多数で活躍しました。

デメリットもありますが、それでも珠世が無残に奇襲攻撃を仕掛けるまで存在を隠せたこと、屋敷に待機していた非鳴嶼も存在を悟られなかったことなど活躍度が高い能力だということが分かります。

炭治郎たちの助けとなる

鬼を人に戻す治療方法を確立させ鬼舞辻無残を倒したいという珠世と出会った炭治郎。珠世のために愈史郎も全力で助けとなります。

出会いは浅草

指令で浅草へ訪れた炭治郎は、家族の仇である鬼舞辻無残と遭遇するが、その場で鬼に変えられてしまった人を助けるため逃してしまいます。鬼となってしまった人を助けようとする炭治郎の前に、鬼である珠世と愈史郎が現れます。

愈史郎が目くらましの術をかけている場所で、珠世は無残の目から逃れ人の手助けをしていました。無残によって鬼にされてしまった妹の禰豆子を人に戻す方法はあるという珠世から、その治療薬を作る為にはたくさんの鬼の血を調べる必要があり、倒した鬼から血を採取してほしいとお願いされた炭治郎。

無残の血が濃い…上弦の鬼など強い鬼からの血も必要だと言われた炭治郎は、それしか道がないのであれば必ずやり遂げると珠世に約束します。

隠れ家を襲撃された際には、愈史郎の血鬼術である視覚を借りて見事倒すことが出来ました。その後、鬼に居場所を突き止められたため、珠世達は浅草を離れています。

珠世の使い猫・茶々丸

珠世の使い猫である茶々丸。鬼を倒し、愈史郎が作った短刀を使用して血を採取すると現れて珠世の元に運んでくれます。普段は愈史郎の術により見えないようになっています。

最終決戦ではサポートとして参加する

お館様は余命幾許も無かったために自らを囮にして無残を呼び寄せ、総戦力による無残討伐が始まります。その場には珠世の姿があり、鬼を人に戻す治療薬が完成したと無残に使用していた。

無限城で鬼殺隊の救護・援護をするために侵入

View this post on Instagram

#甘露寺蜜璃 #蜜璃 #恋柱 #愈史郎

A post shared by 🤨 (@kocho_kimetsu) on

無残を薬で抑え込むため命を賭けた珠世から、鬼殺隊員の救護及び援護を言いつけられた愈史郎。どんな時でも側にいたいが愛する人の頼みのため断れませんでした。

愈史郎は鬼殺隊員の服を着用し、目だけ人間のように変えて紛れ込みます。上弦の陸を殲滅したが重症を負った善逸は愈史郎に発見され、血鬼止めなど薬を使用してもらい助けてもらいます。

足止めしていた珠世がとうとう無残に殺されたと察知した愈史郎は激怒し、無限城を操っている上弦の鬼・鳴女の制御を奪いに動きます。鳴女に苦戦していた、柱・甘露寺蜜璃に鬼だが味方であると明かし協力を申し出ます。

甘露寺が囮として動いている間、鳴女に接触することに成功した愈史郎は一気に追い込みます。

View this post on Instagram

#鬼滅の刃#愈史郎

A post shared by U🐘 (@o__y888) on

愈史郎は鳴女の脳内に侵入し視覚を乗っ取ろうとするが、気づいた無残が支配を取り戻そうと鬩ぎ合います。自分から珠世を奪ったことに激怒した愈史郎は無残に対して「今からお前を地上へ叩き出してやる!!」と泣き叫びます。

追い詰められた無残は愈史郎の力を抑え込むことが出来ず、鳴女を処分してしまいます。その後、無限城は崩壊し、炭治郎達は無残を地上に引きずり出すことに成功します。

無残と戦い重傷を負った剣士達を懸命に治療する

View this post on Instagram

#愈史郎

A post shared by をた垢 (@r__________ino) on

無残を地上に引きずり出したが、夜明けまで後1時間半という長い時間が残っていました。炭治郎を始め残った鬼殺隊総戦力で戦いますが、無残の攻撃を喰らってしまい、負傷箇所から無残の猛毒がじわりと追い詰めていき…1人1人と次々に倒れてしまいます。

無残は攻撃する際に自身の血を注入しており、相手の細胞を破壊し死に至らしめることが出来たのです。愈史郎は、戦闘不能になった炭治郎に懸命な治療を行った結果、次第に意識を取り戻し再び戦闘へと戻っていきました。

無残の攻撃を喰らって命が尽きかけていた柱達の元に、珠世の使い猫・茶々丸が駆けつけ、背中の鞄から発射された解毒薬の投与により回復していきます。この薬も珠世が開発した薬です。

この行動に苛立った無残により、茶々丸は胴体を真っ二つにされてしまいますが、珠世と愈史郎により鬼化されていたと明かされ復活しています。

愈史郎は重症を負った柱達の治療を行うも、1人きりで戦っていた炭治郎だけでは無理だと絶望し、珠世に守ってほしいと涙ながらに願っています。

戦いの終わりを迎えた後は

View this post on Instagram

お前もえらい。 #鬼滅の刃#愈史郎

A post shared by 🌰🌸⤵︎ (@bomba_y77) on

多くの犠牲を出しながらも無残を倒すことに成功し、鬼殺隊達は歓喜の声を上げましたが、死ぬ間際に無残は全ての力を注ぎ込み炭治郎を鬼へと変えていました。鬼となった炭治郎は鬼殺隊達に攻撃を始めますが、朝日を一瞬で克服してしまう様を見て、愈史郎は見ていることしか出来ませんでした。

しのぶから鬼を人間に戻す薬を託されていたカナヲが炭治郎に投薬することに成功し、人間に戻ることが出来た禰豆子と仲間の呼びかけで無事に人間へと戻ることが出来た炭治郎。無事を確認した愈史郎は、珠世の形見を握りながら「珠世様、終わりましたよ」と涙を流しました。

戦いの後、意識を取り戻した炭治郎の元へ訪れた愈史郎は、しのぶの薬があったこと、鬼になって最初に噛んだのが禰豆子だったことが不幸中の幸いであり、どちらかが欠けていたら人間に戻れなかったと伝えます。

一瞬で太陽を克服した炭治郎の鬼としての素質はズバ抜けていたが、ギリギリまで自我が消えなかったのも凄いことだと話し、「本当によく頑張ったな、えらいよお前は」と泣きそうな顔で微笑む愈史郎。

珠世のことをずっと覚えていられるのは愈史郎だけだから死なないでほしいと炭治郎は愈史郎に伝えますが、そのまま何も言わずに立ち去ります。

View this post on Instagram

. #鬼滅の刃#愈史郎

A post shared by ぽん!! (@b_k_t001) on

最終回で登場する山本愈史郎は、大正時代から生き続けている愈史郎の現在の姿であり、珠世を忘れないために画家として生きていた証を残しています。その傍らには同じく鬼化した茶々丸が寄り添っています。

アニメの愈史郎は?

アニメでも珠世様一筋の愈史郎の姿が見られます!

担当声優さんは?

愈史郎の担当声優さんは、山下大輝さんです。僕のヒーローアカデミアでは主人公のデクで出演されたりと人気作に引っ張りだこの声優さんで、一見クールな少年だが珠世様に一途な愈史郎にぴったりです。

登場シーンは何話?

愈史郎は第8話で珠世と共に登場します。鬼にされてしまった禰豆子を人間に戻せる希望である珠世との出会い、珠世を支える愈史郎は、物語の最後まで重要なキャラクターです。今後の話も是非アニメ化して活躍して頂きたいです。

記事にコメントするにはこちら