「ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風」で大活躍!ブローノ・ブチャラティ徹底解説

カテゴリーまとめはこちら:ジョジョの奇妙な冒険

荒木飛呂彦(あらきひろひこ)先生原作の「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズは1986年に「週刊少年ジャンプ」連載がスタートした人気長寿マンガ作品ですが、中でも男女問わず絶大な支持を集めているのが「ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風」です。
本記事では、「ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風(おうごんのかぜ)」のもう一人の主役と言っても過言ではないキャラクター、ブローノ・ブチャラティについて徹底解説しています。

記事にコメントするにはこちら

「ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風」のアニメ化が話題に!

ブシロード ラバーマットコレクション Vol.364 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風『ジョルノ&ブチャラティ』

「ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風(おうごんのかぜ)」のアニメ化が2018年10月よりスタートし、大きな話題を呼びました。

「ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風」は「ジョジョの奇妙な冒険」全体のテーマである「人間讃歌」と「哀しみ」がテーマになった作品で、イタリアのとあるギャング団「パッシオーネ」の抗争を中心に「パッシオーネ」のボスを暗殺するという目的により物語が進行していきます。

主人公で吸血鬼DIOの息子ジョルノ・ジョバァーナがギャングスターへと成長していく最中に出会ったのが、「パッシオーネ」の一員であるブローノ・ブチャラティなのです。

頼れるパッシオーネのチームリーダー・ブローノ・ブチャラティとは?

ブシロードスリーブコレクション ハイグレード Vol.2132 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風『ブローノ・ブチャラティ』

「ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風」のもう一人の主人公ともいえるブローノ・ブチャラティは、個性的な白いスーツと編み込みのボブヘアが印象的な男性で、1980年9月27日生まれの若干20歳!

彼はギャング組織「パッシオーネ」の地元を仕切るチームリーダーであり、後に幹部に昇進するギャングスター街道を歩む人物なのです。

性格はギャングには珍しい優しい性格で、その人柄から町の人たちから慕われ、多くの人に頼られる存在という面もある一方、仕事のためなら人を殺すことも厭わない面もあります。

ブローノ・ブチャラティはフィギュアでも大人気で、数多くのフィギュアが販売されていることにも注目です。

ブローノ・ブチャラティがギャングになったのは哀しい事件がきっかけ

ブローノ・ブチャラティは、幼少期に実父に瀕死の重傷を負わせ意識不明にさせた麻薬密売人と取引した人物を、父の仇として殺した過去があります。

当時は正当防衛でブローノ・ブチャラティに罪は問われなかったものの、彼は自らの身の安全と父親の身の安全を守るために故郷の町を支配していた「パッシオーネ」に入り、その働きから後に組織に重宝されるようになります。

ブローノ・ブチャラティのスタンド

超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第五部 32.スティッキィ・フィンガーズ (荒木飛呂彦指定カラー)

「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズでは、Part3の「スターダストクルセイダース」から採用された「幽波紋」(スタンド)と呼ばれる精神エネルギーを具現化させ、操る能力がメインの登場人物に付与されています。

ブローノ・ブチャラティもスタンドの使い手!彼のスタンドは人型のスタンドで「スティッキィ・フィンガーズ」と呼ばれています。

スティッキィ・フィンガーズの能力は「拳で振れたものにジッパーを取り付ける」というもの。一見シンプルな能力ではありますが、ジッパーの開閉はブローノ・ブチャラティの意思により自由自在に行うことができるというだけでなく、生きているものから無機質のものまで幅広く取り付けることができます。

2018年には「ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風」のアニメ放映も!

ジョジョの奇妙な冒険 第5部 カラー版 17 (ジャンプコミックスDIGITAL)

冒頭でも触れましたが、「ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風」は2018年にアニメ化も果たし、ファンの間でも大きな話題を呼びました。

これまでのアニメシリーズと同様「ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風」でも原作コミックスの完全再現が行われており、大好評のうちに2019年7月に放送が終了しました。

もちろん、今回の「ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風」のアニメ化によって、ブローノ・ブチャラティの人気は更に加熱しています。

アニメ版ブチャラティのテーマ曲は?

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 O.S.T vol.1 Overture

「ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風」では、キャラクターごとにテーマ曲が設定されているという特徴があります。

ブローノ・ブチャラティのテーマ曲は「nella cerniera」と言い、「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 O.S.T Vol.1 Overture」にも収録されています。

アニメ版ブチャラティの声優は?

2018年に放映された「ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風」では、シグマ・セブン所属の声優・中村悠一(なかむらゆういち)さんが演じています。

中村悠一さんと言えば、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズのゲーム「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターズバトル」および「ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン」内で、「ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン」の登場キャラクターであるナルシソ・アナスイを演じていました。

また、ブローノ・ブチャラティの幼少時代を演じていたのは、プロ・フィット所属の声優・石上静香(いしがみしずか)さんです。

他にもブローノ・ブチャラティを演じた声優さんがいる

ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン - PS4

また、「ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風」は多くのタイトルで展開していたという過去があり、ブローノ・ブチャラティの声を担当した声優さんはこれまでに2名います。

ブローノ・ブチャラティを演じていた声優は以下の通りです。

  • ゲーム「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の旋風」→ 櫻井孝宏(さくらいたかひろ)さん
  • ゲーム「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターズバトル」、ゲーム「ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン」、「ウルトラジャンプ」CM→ 杉山紀彰(すぎやまのりあき)さん

衝撃!ブローノ・ブチャラティの死!トリッシュ・ウナを守る最後の活躍もかっこいい

「パッシオーネ」のボスから、彼の娘トリッシュ・ウナの護衛任務を任されたブローノ・ブチャラティ達のチームは、通称「護衛チーム」と呼ばれています。

次々と仲間が倒れていく中、ブローノ・ブチャラティは自らの優しさが弱点となり、トリッシュ・ウナを守りながら死亡するのです。

誘拐されたトリッシュ・ウナを目の当たりにし、怒りをあらわにしたブローノ・ブチャラティは、ボス暗殺を試みるもボス本人に気づかれしまい、彼のスタンド能力「キング・クリムゾン」で背後から腹を貫かれます。

致命傷を負いながらも決して戦いを辞めないブローノ・ブチャラティ。最期には致命傷を負いながらトリッシュ・ウナを奪還し、逃げ切ったものの、途中で力尽きてしまいます。

一度聞いたら忘れられない!ブローノ・ブチャラティの名言・名セリフ

ブローノ・ブチャラティは「ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風」の中で、一度聞いたら忘れられないような名言をたくさん残しています。

ここからは、ブローノ・ブチャラティの名言の中で特に印象深いものを厳選して3つご紹介します。

1)アリアリアリアリ…アリーヴェデルチ(さよならだ)

こちらは、ブローノ・ブチャラティがスティッキー・フィンガーズで敵にラッシュ攻撃を仕掛けるときに発せられる名セリフです。

「アリーヴェデルチ(arrivederci)」はイタリア語で誰かと別れるときの別れの挨拶「さようなら」に相当する言葉です。

ブローノ・ブチャラティは、ラッシュ攻撃をこのセリフとともに発した後、必ず「さよならだ」と言いますが、この時の姿が最高にかっこいいとファンの間では有名です。

2)「この味は!……ウソをついてる『味』だぜ……」

このセリフは、ブローノ・ブチャラティがジョルノ・ジョバァーナと初めて遭遇した際、ジョルノ・ジョバァーナの頬に出た汗をブローノ・ブチャラティが舌で舐めるという、初めて見た人は衝撃的なシーンで発せられたセリフです。

ブローノ・ブチャラティは物語の序盤で、汗をなめることでウソを見分けるのが得意と語っています。

これ以降、誰かの汗を舐めるシーンは出てきませんが、「覚悟」を決めてギャングになろうと決意したジョルノ・ジョバァーナの顔を見て彼の本気度を判断したブローノ・ブチャラティは、相手の汗を見ることで相手の細かい心の動きを読み取る能力があると考えられます。

3)吐き気をもよおす『邪悪』とはッ!なにも知らぬ無知なる者を利用する事だ…!!自分の利益だけのために利用する事だ…父親が何も知らぬ『娘』を!! てめーだけの都合でッ!ゆるさねえッ! あんたは今再びッ! オレの心を『裏切った』ッ!

このセリフは、トリッシュ・ウナを護衛して目的地まで目前というところを、ボス自らがトリッシュ・ウナを誘拐し、左手だけをその場に残した卑劣な行為に対して怒りをあらわにしたブローノ・ブチャラティが発したセリフです。

「護衛チーム」は、指定されたヴェネツィアまでトリッシュ・ウナを護衛します。

実はこの護衛任務自体が、ボス自らの手でトリッシュ・ウナを消すために必要だった依頼だったのです。

普段はクールで冷静なブローノ・ブチャラティがこの事実に気づいた時、自らが信じてきた「パッシオーネ」とそのボスに対して、怒りを隠しきれずあらわにします。

ブローノ・ブチャラティの優しさが怒りに変化し、彼がボスとの全面対決を決意した瞬間でもあります。

「ブローノ・ブチャラティの活躍を各タイトルで振り返ってみよう

ジョジョの奇妙な冒険 第5部(30~39巻)セット (集英社文庫(コミック版))

「ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風」でカリスマ性を発揮し、人望も厚く数多くの支持を得ているブローノ・ブチャラティ。

彼はギャングチームの幹部という一見ダークヒーローという立ち位置であるにもかかわらず、私たちからすれば正義のヒーローにも見て取れる珍しいキャラクター性を持っていることも、多くのファンを作り上げている理由なのです。

「ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風」は、原作マンガやアニメ、オールスターゲームシリーズだけでなく、独自のゲーム「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の旋律」もありますので、本記事をきっかけに、各タイトルで活躍するブローノ・ブチャラティの活躍ぶりを振り返ってみませんか?

記事にコメントするにはこちら