【ブラッククローバー】碧の野薔薇 キャラクター紹介

カテゴリーまとめはこちら:ブラッククローバー

男性に遅れをとることなく、気高く美しく戦場で活躍する碧の野薔薇。9つある魔法騎士団の中で、女性団員が非常に多い碧の野薔薇とは、どんな騎士団なのでしょうか。この記事では、大人気作品『ブラッククローバー』に登場する碧の野薔薇の団員達を、たっぷりとご紹介します!

記事にコメントするにはこちら

碧の野薔薇(あおののばら)とは

ブラッククローバー 12 (ジャンプコミックスDIGITAL)

碧の野薔薇とは、クローバー王国を守護する魔法騎士団です。「男を排し、女の身で武勲を示す」を理念としており、女尊男卑で有名な騎士団と言えるでしょう。シンボルは薔薇、シンボルカラーは碧です。

団員はほぼ女性で構成されていて、数少ない男性団員はパシリとして扱われているそう。この風潮は、団長シャーロット・ローズレイの男嫌いから作られたものでした。

しかし、シャーロットがヤミ・スケヒロへの恋心を打ち明けた時、実は団員のほとんどが彼氏持ちであることが判明したのです。碧の野薔薇では、女性は男性より強くあるべきと考えており、恋愛禁止を掲げていましたが、彼女の告白から恋愛に対してオープンな団になりました

【キャラクター紹介】シャーロット・ローズレイ

・所属:碧の野薔薇団長
・年齢:27歳
・身長:171cm
・誕生日:9月18日
・血液型:A型
・好きなもの:私邸内庭園での落ち着いた時間、ヤミ(以外の男はほぼ嫌い)
・担当声優:小林ゆう(こばやしゆう)さん

魔法属性は「荊(いばら)」

「戦場は我が伴侶だ。」と豪語するほど男勝りなシャーロット。彼女は荊魔法の使い手です。腰に差した剣から荊を出し、敵を締め付けることができます。また、小説版では荊で作られた槍を投げて攻撃する姿も描かれていました。

名門ローズレイ家で生まれた貴族の彼女は、元々持っている魔力が非常に膨大です。しかし、それにかまけることなく鍛錬に励んだからこそ、団長として君臨しているのでしょう。

呪詛魔法をかけられていた

幼少期にシャーロットは、ローズレイ家を妬む者によって呪詛魔法をかけられていました。18歳になった時に発動する呪いに打ち勝つため、彼女は修練を重ねてきたのです。彼女の美しさに心を奪われ、言い寄る男性も多くいましたが、自分より弱い相手など呪いを背負えないと考え、相手にしませんでした。

しかし、彼女の努力むなしく呪いは発動してしまいます。もうだめだと諦めかけたその時、ヤミが現れ彼女を助けるのです。「男性に心を奪われること」が呪いを解く条件だったため、彼に恋をしたシャーロットは呪詛魔法から解放されました。

後に、この魔法は異国の禁術を使ったものであることが明らかになったのです。

ヤミ・スケヒロに片想いしている

シャーロットは当初、ヤミについて良い印象を持っていませんでした。しかし、呪詛魔法が発動された時にヤミが現れ

「強ーえ女は好きだぜ?だがたまには誰かに頼ってもいんじゃねーの?」

と声をかけた時、彼女は恋に落ちてしまいます。今まで頑なに1人で呪いと向き合っていたシャーロットの心を、解きほぐしてくれたのかもしれませんね

以降、普段はツンとすましているシャーロットですが、ヤミが絡むと一転して挙動不審になってしまいます。自分で掲げた理念のために、恋心を誰にも話していませんでしたが、団員たちに打ち明けて以来、彼女たちから恋の手ほどきを受けているようです。ちなみに、熱いシャーロットの想いをヤミは気づいていません。

【キャラクター紹介】ソル・マロン

・年齢:18歳
・身長:180cm
・誕生日:5月13日
・血液型:B型
・好きなもの:モンブラン、シャーロット
・担当声優:書上春菜(かきあげはるな)さん

魔法属性は「土」

土で巨大なゴーレムを生成したり、巨大な土の壁を作ったりと土魔法を操るソル。実力は魔法帝のお墨付きで、多くの活躍をした団員として表彰されたこともあります。しかし、表彰の場では

「男性に負けない行動力と独創的な土魔法は凄いけど、ちょっと自由すぎるかもね!!」

と魔法帝にアドバイスされていました。これに対してソルは、「私を縛れるのは団長だけです。」と答えているので、意に介してはいないようですね。

彼女の魔法は、王撰騎士団(ロイヤルナイツ)選抜試験編、そしてエルフ編で見ることができます。特に王撰騎士団選抜試験では、他の魔道士との共闘が描かれているので、絶対に見逃せませんよ!

男嫌いになった理由とは…

ソルはシャーロットと同じく、男性があまり好きではありません。これには彼女の過去が関係していました。

4年前、まだ魔法騎士団に所属していなかったソルは、故郷で暮らしていました。大人達が出稼ぎに行ったある夜、突然盗賊が街を襲撃します。「街は私が守る!」と豪語していた彼女でしたが、容易く盗賊に捕まってしまうのです

その時、目の前に男友だちが現れます。彼は過去に「ソルは強くても女だから、俺達が守ってやるよ。」と声をかけてくれた人物でしたが、敵に恐れてソルを置いたまま逃げてしまいました

この時に彼女は、男に期待をしていた自分が恥ずかしくなります。彼女は男が苦手というよりは、弱い男が苦手なのかもしれません。

シャーロットに心酔している

4年前、盗賊に捕まったソルを助けたのは、碧の野薔薇団長シャーロットでした。自分の弱さに打ちひしがれているソルは、彼女に

どうしたらあなたのように強くなれますか。どうしたらあなたのように美しくなれますか!

と尋ねます。それに対してシャーロットは、

お前は十分美しい、あとは魔法と肉体を鍛えることだ。お前なら強くなれる。

と声をかけるのです。彼女の言葉がきっかけで、ソルは碧の野薔薇への入団を決意します。

自分の行く道を示してくれたシャーロットを、彼女は姐さんと呼び、慕っているのです。作中では、戦闘中だけではなくお祭りなどのプライベートでも、シャーロットに付いていくソルの健気な姿が描かれています。

【キャラクター紹介】プーリ・エンジェル

魔法属性は「翼」

プーリは、王撰騎士団選抜試験編で初登場したキャラクターです。ラック・ボルティア、クラウス・リュネットと共にチームを組んで、戦っていました。

敵には攻撃となり、味方には追い風となる魔法を出しながら、チームをサポートするプーリ。彼女の活躍もあって、チームは勝利することができました。

まだまだ、活躍シーンが少ない彼女ですが、今後どのようにストーリーに関わってくるのか楽しみですね。

エルフ化してメレオレナと対決!

選抜試験での活躍が魔法帝に認められ、プーリは無事、王撰騎士団に選ばれました。クローバー王国を守るため、敵である白夜の魔眼のアジトに突入した時、急に彼女の身体が光り始めたのです。この光は、白夜の魔眼の頭首、リヒトによる転生魔法が原因でした。

プーリは、転生魔法によってエルフに身体を乗っ取られ、味方であるメレオレナ・ヴァーミリオンを他のエルフと共に攻撃します。他勢対1人という対戦でしたが、メレオレナを倒すことはできませんでした。

その後、仲間のエルフと共に王都を襲うプーリ達。しかし、黒の暴牛の団員達による猛攻撃に敗北しました。

恋愛のエキスパート

強大な能力を持つプーリですが、実は恋愛のエキスパートとしても名を馳せています。彼女のアドバイスによって、彼の心を射止めた女性も多数存在するとか。

アニメ135話では、プーリの本領を発揮した話が描かれていました。シャーロットの恋心を知った彼女は、どうにかヤミとの関係を築こうと奥手のシャーロットにアドバイスするのです。

男を落とすテクニックで、9割を占めるのがボディタッチ!

と断言するプーリに押されて、ヤミへのボディタッチを試みるシャーロットでしたが、いざ触れた途端に恥ずかしくなり部屋から飛び出してしまいました。まだまだ、プーリの協力が必要なようですね。

【キャラクター紹介】リサッカ・オンダル

水魔法を操るリサッカは、エルフ編で登場した人物です。転生魔法によって、人間に恨みを持つエルフに身体を乗っ取られ、仲間のエルフと共に王都を攻撃していました。

そんな壊滅間際の王都を救ったのは、最低最悪と妨げられていた黒の暴牛の団員だったのです。バネッサ・エノテーカの魔法でリサッカ達の攻撃を回避し、アスタによる反魔法で転生魔法を解くことができました。

エルフ編以降姿現していないリサッカですが、強力な魔法の使い手であることが分かったので今後の活躍が楽しみですね。

強く美しい碧の野薔薇を推し続けたい…!

力で勝る男よりも、強く気高く戦う碧の野薔薇の団員達。隠れて恋愛をしていた団員も多かったようですが、「男を排し、女の身で武勲を示す」という理念に恥じないような強さを持っています

また、誰よりも美しく強大な力を持っているのに、恋に不器用なシャーロット団長がとにかく可愛いですよね!シャーロットに心酔しているソルは、彼女の恋心に戸惑っているようですが、個人的にヤミとの恋心をぜひ成就させてもらいたいです。

まだまだ団員達の活躍シーンが少ない碧の野薔薇ですが、これから先新たな団員達も紹介されるかもしれません。男に負けず強く美しい彼女達の活躍から、今後も目が離せないでしょう。

 

記事にコメントするにはこちら