【鬼滅の刃】鬼殺隊を支える蟲柱・胡蝶しのぶとは

カテゴリーまとめはこちら:鬼滅の刃

鬼滅の刃に登場する蟲柱・胡蝶しのぶ。微笑みを絶やさない彼女の素顔を徹底的にご紹介していきます。

記事にコメントするにはこちら

胡蝶しのぶとは?

少女のような可愛らしい外見ですが鬼殺隊を支える柱の1人として無くてはならない存在の胡蝶しのぶ。彼女はどのような人物なのでしょうか?まずは、彼女の生い立ちとプロフィールについてご紹介していきます。

プロフィール紹介

階級:柱
誕生日:2月24日
年齢:18歳
身長:151cm
体重:37kg
出身地:東京府北豊島郡滝野川村(現在の北区滝野川)
趣味:怪談話
好きなもの:生姜の佃煮

鬼殺隊を支える最上級の剣士であり、全集中・蟲の呼吸を使うことから蟲柱とも呼ばれています。

小柄な体であるため鬼の頸を斬ることは出来ないが、藤の花の毒を使用した鬼を殺すことが出来る毒を開発し、柱の階級まで上り詰めました。

微笑みを絶やさない彼女の容姿は、めちゃくちゃ可愛くて顔だけで飯食っていけそうと善逸が述べています。

過去、幼い頃に両親が鬼に殺害され、間一髪のところで岩柱・非鳴嶼行冥に救われていることから、自分たちが救われたようにまだ壊されていない誰かの幸福を守れるようにと姉カナエと共に鬼殺隊として鬼と戦う道を選びます。

「人も鬼も仲良くすればいいのに」と平和主義者のように振舞うも、しのぶが言う鬼との和解は凄絶な拷問に耐え罪を償ったならばと言う条件があり、鬼からすれば挑発に過ぎないものでした。

これには4年前に上弦の鬼に殺された姉カナエの存在が強く影響しており、人と鬼は仲良くすべきと言う言葉も姉の考えでした。

髪飾りと羽織

しのぶが身につけている髪飾りと羽織は蝶がモチーフとなっております。羽織は姉のカナエが身につけているものだったと連想させるシーンがあることから形見であるようです。

蝶がモチーフの髪飾りは継子であるカナヲ、蝶屋敷にいるアオイや女の子達も身につけています。

しのぶの継子は栗花落カナヲ

継子とは柱が育てる隊士のことであり、次期の柱として見込まれているため、才能があり優秀でないと選ばれないようです。しのぶには、カナヲ以外にも継子が少なくても3人ほどいたが、鬼に殺されてしまっています。

カナヲは炭治郎と同期の剣士であり、花の呼吸の使い手です。自分の感情を表に出すことが苦手なのは、幼少期に両親から虐待を受けて育てられたことが影響しており、苦しみから逃れるため心を閉ざしてしまいました。

その後、親に人買いに売られていたところをカナエとしのぶに保護され、一緒に蝶屋敷で過ごすようになります。カナエやしのぶを始め、身内を鬼に殺されてしまってから蝶屋敷にいる女の子達の姿を見て、次第に鬼に対して許せない気持ちを持つようになった事から鬼殺隊に入ることを決意します。

炭治郎に出会ってからカナヲは自分の心の声をよく聞くことと励まされ、「心のままに生きる」を少しずつ実行するようになります。

カナヲがつけている蝶の髪飾りは、163話でカナエの形見であったことが明かされています。

胡蝶しのぶの蟲の呼吸について

鬼殺隊剣士になるには、最終選抜で生き残る実力が必要なため、自分の育手から全集中の呼吸について教わります。呼吸法には複数の流派があり、育手によって異なります。また、炭治郎や恋柱・甘露寺蜜璃のように最初に習得した呼吸より体に適している呼吸法を見つけて使用する者もいます。

全集中の呼吸は、心肺を鍛え上げることで一度に大量の酸素を血中に取り込めるようになり、瞬間的に身体能力を大幅に上げて鬼と闘うことが出来る様になります。

極めることで全集中の呼吸を24時間維持できる「常中」と呼ばれる技を身につけられ、柱のように強くなるには、まずこの技の会得が求められています。

蟲の呼吸とは

全集中の呼吸は、炎・水・風・岩・雷が基本の呼吸となっており、しのぶは水の呼吸から派生した花の呼吸から更に派生した蟲の呼吸を使用しています。他の呼吸と比べて特殊なものであり、鬼の頸を斬ることを目的としていません。

しのぶは鬼の頸を斬るほどの筋力がない代わりに、押す・突く筋力がズバ抜けて強く岩をも貫通する威力を持っています。水の呼吸の最速の技よりもさらに速いと言われています。

この事から蟲の呼吸は、しのぶが刀に仕込んだ毒を鬼に打ち込むための技となっています。

蟲の呼吸の技

「蝶ノ舞 戯れ」 蝶が舞うように動き視認できない程の速さで複数突き刺し、刀の毒を打ち込む技

「蜂牙ノ舞 真靡き」 一瞬で相手との距離をつめて一突きする技

「蜻蛉ノ舞 複眼六角」 目にも止まらぬ速さで六連突きして大量の毒を打ち込む技

「蜈蚣ノ舞 百足蛇腹」 地面を抉る程の力強い踏み込みと四方八方にうねる百足のような動きで翻弄し深く沈み込んでから突く技

胡蝶しのぶの日輪刀

鬼の頸が斬れないしのぶの日輪刀は特殊な刀となっています。

日輪刀とは?

鬼殺隊になる最終選別で生き抜いて合格した者に支給される刀を日輪刀といいます。

日輪刀の原料となる砂鉄と鉱石は陽の光を吸収する鉄で出来ており、陽光以外で唯一鬼を倒すことが出来る刀です。「色変わりの刀」とも呼ばれており、持ち主によって刀の色が変化します。

毒を仕込んだ特別な刀

しのぶの日輪刀は若い娘が大好きな刀鍛冶の長である鉄珍が作ったものです。

刃の部分を削ぎ落とし切先と柄に近い部分だけを残した細い剣の形をしており、鍔も蝶がモチーフとなっています。

鞘に納めた時に仕込む毒を変えたり調合を変えることが出来るからくりとなっています。

胡蝶しのぶの名言集

可愛いだけじゃないしのぶの名言についてご紹介します。

「鬼を殺せる毒を作ったちょっと凄い人なんですよ」

41話で鬼を毒で倒した後の場面。鬼は頸を斬られていないからまだ安心と思った矢先にしのぶの毒にやられています。

「自分の代わりに君が頑張ってくれていると思うと私は安心する」

50話で炭治郎に自身の胸中を伝える場面。姉カナエの死後は笑顔を絶やぬようにいたが、鬼に対する怒りが蓄積され憎しみが隠しきれないこと、死ぬ間際でさえ鬼に対して同情していたカナエの気持ちを自分は維持出来ずに疲れてしまっていると吐露します。

鬼に対して同情や優しい気持ちを捨てきれない炭治郎に、自分の代わりに鬼と仲良くするとという夢を託したいとしのぶは伝えました。

「この羽織に見覚えはないか」

141話で童磨と遭遇した際に吐き捨てた台詞。初対面から刺々しい言葉を吐くしのぶに「つらいことがあったんだね…聞いてあげよう話してごらん」という童磨に抑えきれない憎しみを顕にしていました。

「とっととくたばれ糞野郎」

163話で自身の命を持って童磨を弱らせ、カナヲ達が頸を切り落としてくれた後の場面。人であった頃から感情に乏しかった童磨が倒された後にしのぶに対して初めての感情を抱いて伝えるが、バッサリと吐き捨てたしのぶの台詞にスッキリしたと感じた人は少なくないです。

上弦の弐、童磨との戦い

産屋敷邸が鬼舞辻無残に襲撃され、駆けつけた柱達は異空間である無限城に引き込まれ、バラバラに散ってしまいます。

1人となってしまったしのぶが出会ったのは、姉の仇である憎き相手である上弦の弐の鬼・童磨。鬼の頸が斬れない不利があるものの、しのぶは1人で立ち向かいます。

姉の仇である宿敵

姉カナエでも敵わなかった実力を持った童磨の特徴は、頭から血をかぶったような鬼で、ニコニコと屈託なく笑い、穏やかに優しく喋り、鋭い対の扇を武器としています。親しげに接してくるが正常とは思えない狂気も感じさせる上弦の鬼です。

人であった頃から万世極楽教の教祖であり、気の毒な人たちを幸せにしてあげたい、助けてあげたいと信者の想いを受け止めて喰べることで自身と共に永遠を生きられると話す童磨の考えに、正気とは思えないと怒りを見せるしのぶ。

しのぶは身につけている羽織を見せ、「この羽織に見覚えはないか」と激しい憎しみで童磨に斬りつけます。技を連発し刀の毒を次々に打ち込むも尽く分解してしまう童磨に斬り付けられてしまうしのぶ。

童磨の血鬼術は自身の血を氷らせて操る術であり、霧状に散布した血を吸ってしまうと人であれば肺が壊死し始めるものです。息が出来ずに追い詰められていくしのぶの前に姉カナエの幻が現れます。

「どんな犠牲を払っても勝つ、私ともカナヲとも約束したんでしょう」「しのぶならちゃんとやれる頑張って」と言われたしのぶは最期の力を振り絞って渾身の一撃を撃ちます。

毒が尽く通じない実力を持った相手

刀で一度に打ち込める毒の量は50ミリ程だが、様々な毒や調合を変えても毒を分解してしまう童磨。しのぶの最期の一撃も毒が効かず、「無駄だというのにやり抜く愚かさ、これが人間の儚さ、人間の素晴らしさだよ」としのぶを抱きしめて涙を流す童磨。

「地獄に堕ちろ」と吐き捨てたしのぶを童磨は両腕で抱きしめ全身の骨を砕き、その後しのぶを丸ごと吸収してしまいます。

しのぶの計画

殺されてしまったしのぶが吸収されていくのを目の当たりにしたカナヲが今までにない憎しみと怒りで童磨と対峙します。しのぶが死ぬ間際に血鬼術の氷を吸うなと指文字で伝えており、避けながら戦うカナヲ。

善戦するも1体1の戦いで次第に押され始めてしまうカナヲは刀を奪われてしまい窮地に追い込まれてしまいます。そこに伊之助が天井を突き破って登場し、しのぶが殺されてしまったことを知ると「噛み殺してやる塵が」と吐き捨て童磨に奇襲を仕掛けます。

カナヲの刀を取り返すことに成功し、今までに会ったことのないタイプの剣士である伊之助に興味が沸いた童磨は、猪の被り物を奪うと伊之助の顔に見覚えがあると伝えます。伊之助の母は琴葉といい、家庭内暴力を受け続けたことから極楽教に助けを求めに来たのです。

琴葉の寿命が尽きるまで手元に置いて殺すつもりは無かったが、彼女は感が鋭く童磨が信者を殺して喰べているところを目撃してしまったことから、仕方なく始末せざるを得なくなったと告げます。琴葉は希望を託して伊之助を崖から落とし、川に落ちた伊之助は猪に育てられています。

実の母の仇としのぶの仇を打つために立ち向かっていく伊之助。2人がかりでも苦戦していたが、カナヲは何かを待っていることを伊之助に伝えます。血鬼術で結晶ノ御子を出し、立ち去ろうとしていた童磨に異変が起きます。片目が落ち、体が崩れ出したのです。

しのぶは血液・内臓・爪の先に至るまで身体中に藤の花の毒が行き渡るように仕込んでおり、1年以上かけて藤の花の毒を摂取していました。

姉カナエの仇である童磨は女を喰うことに異様な執着があることを知っており、身体能力が高い柱であり女であれば間違いなく喰うであろうと予測し、倒すための条件としてしのぶは喰われる必要があると事前にカナヲに伝えていました。

童磨がしのぶを喰った場合、全体重37キロ分の毒を摂取することになり、致死量の700倍であると計算するしのぶ。仇討ちが出来る確率を少しでもあげるため、珠世との共同開発した毒も使っていました。

必ず鬼を弱らせるからカナヲが頸を斬ってとどめをさしてねとしのぶと約束したカナヲは、「花の呼吸 終ノ型 彼岸朱眼」を使い動体視力を極限まで上げて伊之助と共に童磨の頸を斬り落とすことに成功します。

頸を斬られ体が崩れて消えていくのを見て自身の死を悟った童磨だが、死ぬ間際でも人の感情は他人事だったなと認識して消えていきます。意識の中で死んだはずのしのぶと再会し、「やっと死にました?良かった。これで私も安心して成仏できます」と言うしのぶ。

初めて感じる自身の感情に興奮し「一緒に地獄へ行かない?」と口説いてきた童磨に、微笑みながら「とっととくたばれ糞野郎」とバッサリ告げるしのぶでした。

医学・薬学にも精通した、しのぶの薬

負傷した鬼殺隊隊士の治療も行っていたしのぶ。彼女は柱としてだけでなく医者としても優れていました。

蝶屋敷での治療

鬼殺隊隊士が負傷した際は、しのぶの屋敷である蝶屋敷で治療を行い面倒を見ています。

那谷蜘蛛山で人面蜘蛛と変化させられてしまった隊士もしのぶの薬によって命を救われています。

炭治郎たちも蝶屋敷に何度もお世話になっており、全集中の呼吸「常中」が出来るようになったのも、アオイたちの訓練を受けて出来るようになりました。

珠世との共同開発

鬼殺隊隊士の治療だけではなく、藤の花の毒を使用し鬼を殺す毒を作り出したしのぶは、鬼殺隊頭首の産屋敷の命により、珠世と協力して共同開発をすることになります。

しのぶと珠世の共同開発は順調に進み、鬼を人へ戻す薬が完成しました。禰豆子にもこの鬼が人間になる薬が投与され、時間がかかるものの人間化へと成功しています。

珠世が命がけで無残に投与した薬の効果は4つあり、殺して吸収した珠世の細胞の記憶を読み取り、しのぶとの会話シーンで残りの薬の効果が強力に作用することが判明しました。

死してなお、鬼殺隊を支えたしのぶの存在

珠世としのぶが共同開発した薬の効果により、多くの犠牲を出しながらも無残を弱めることに成功し倒すことが出来ました。

無残が消滅する間際に、残りの全ての力を使い炭治郎を鬼化してしまいます。

カナヲは、しのぶから禰豆子のために作った「鬼を人に戻す薬」を託されており、もし禰豆子に使う薬が足りなければと作っておいたものでした。

完全に鬼と化していない炭治郎に、カナヲはしのぶから託された薬を投与するために動きます。炭治郎の攻撃を食らいながらも薬の投与に成功するカナヲ。

禰豆子や仲間たちの呼びかけが届いており、炭治郎は無事に人間へと戻ることに成功しています。

アニメの胡蝶しのぶも可愛い

アニメでも蝶のように舞う可愛い胡蝶しのぶが見られます!

担当声優さんは?

胡蝶しのぶの担当声優さんは早見沙織さんです。

プリキュアシリーズにも出演しており、小さな女の子から大人の女性まで透明感のある声で演じてらっしゃいます。しのぶのおっとりした優しい喋り方もピッタリです。

登場シーンは何話?

しのぶは15話で那谷蜘蛛山での指令で水柱・冨岡義勇と共に登場します。鬼を倒した後に毒にやられて窮地に陥っていた善逸のもとに「もしもーし、大丈夫ですか」と助けにきます。

柱合会議後も炭治郎たちの治療や訓練に当たったりと面倒見が良く、蝶屋敷での様子もアニメで伺えます。

映画の公開も控えていますが、今後のアニメ化を期待しています。

記事にコメントするにはこちら